工場日記

気に入った洋楽の歌詞を和訳しています。

What About Us? : P!nk



We are searchlights, we can see in the dark
私たちはサーチライト。暗闇の中でもものが見える
We are rockets, pointed up at the stars
私たちはロケット。天の星に向けられている
We are billions of beautiful hearts
私たちは数十億の美しい心
And you sold us down the river too far *1
あなたはそんな私たちを、利にくらんで裏切り、見捨てた

※ What about us? *2
私たちのことはどうするの?
What about all the times you said you had the answers?
どうするの? 何度も言ったわよね。「答えは、ある」って
What about us?
私たちは一体どうなるの?
What about all the broken happy ever afters? *3
どうするの? 幸せなはずのおとぎ話の結末は壊れてしまったのよ
What about us?
私たちをどうするつもりなの?
What about all the plans that ended in disaster?
どうするの? 悲惨な失敗に終わった数々の計画を
What about love? What about trust?
"愛" はどうするの? "信頼" はどうするの?
What about us? ※
私たちのことはどうするの?

We are problems that want to be solved
私たちは "解決" すべき "問題" の群れ
We are children that need to be loved
私たちは "愛される" ことが必要な "子ども" の群れ
We were willing, we came when you called *4
私たちは快く受け入れた。あなたが呼べばすぐに行った
But many fooled us, enough is enough
でも、その度にだまされた。もう、うんざりよ

※~※

What about us?
私たちのことはどうするの?
What about all the plans that ended in disaster?
どうするの? 悲惨な失敗に終わった数々の計画を
What about love? What about trust?
"愛" はどうするの? "信頼" はどうするの?
What about us?
私たちのことはどうするの?

Sticks and stones they may break these bones *5
"棒きれや石ころ" が、私たちの骨を砕くかもしれない
But then I'll be ready, are you ready?
でも、私は覚悟ができているわ。あなたたちはどうなの?
It's the start of us, waking up, come on
これが私たちの "始まり" よ。目を覚まして。さあ、行こう
Are you ready? I'll be ready
用意はいい? 私はいつでもいいよ
I don't want control, I want to let go
私は統率や管理をしたいわけじゃない。ただ、解放したいの
Are you ready? I'll be ready
用意はいい? 私はいつでもいいよ
Cause now it's time to let them know
なぜなら、今こそ "彼ら" に分からせるべき時だから
We are ready
「私たちは用意ができている」って

What about...
What about us?
What about all the times you said you had the answers?
So what about us?
What about all the broken happy ever afters?
What about us?
What about all the plans that ended in disaster?
What about love? What about trust?
What about us?

What about us? What about us? What about us?

What about us? What about us? What about us?


備考
  1. sell down the river : 利にくらんで裏切る、見捨てる。
    ※上の慣用句の語源は、ミシシッピ川やオハイオ川上流域の農場主が不要な黒人奴隷を楽な仕事だからと騙して、より苛酷な労働を強いられる下流域の農場へ売り飛ばしたことに由来する。
  2. What about ~? : ~はどうするの? ~はどうなの?
  3. They lived happily ever after. : 「その後、二人はずっと幸せに暮らしましたとさ」という「おとぎ話」の結末の決まり文句。
  4. willing : ~をいとわない。進んでする(与える・受け入れる)
  5. Sticks and stones can break my bones, but words never hurt me. : [子どもの口喧嘩での決まり文句] 棒や石じゃないし、口で何言ったって平気だよ!→棒や石は骨を砕くだろうが、言葉では私は傷つかない→どんな批判の言葉にも私は怯まない
    ※ここでの「棒や石」は物理的暴力すなわち「軍や警察」等の支配力を指しているのだろう。

 P!nk What About Us

 2017年10月のアルバム "Beautiful Trauma" の先行シングル曲として同年8月に発売。歌詞はおそらくトランプ政権に対する批判が主旨なのでしょうが、世界に数多く存在する政治家や経済的支配層、あるいは宗教的権威などさまざまな社会的指導層に対する批判も含意するような多少曖昧な内容になっています。
 また、人間を「神に愛されなければ生きられない無力な子ども」と規定するキリスト教思想に対する反感も込められているようにも思いました。人間を無知で無力とけなすあなた自身が何の救済もできない無力な存在ではないかと、神をなじっているように見えます。

Llama In My Living Room : AronChupa feat. Little Sis Nora



My neighbour's knocking and I open carefully
隣人がドアを叩いてる。注意深くあける。
He looks a bit like Ron Jeremy *1
少しロン・ジェレミーに似てる彼が喚いた。
He's screaming at me "damn you little Albatraoz!" *2
「この忌々しい、癪に障る小娘!」
While he smells like chips and calvadaoz *3
フライドポテトとリンゴ酒の匂いを撒き散らしながら、
He said what the hell is going on
彼は続ける。「いったい何やってるんだ?
What is that goddamn growl?
この糞うるさい唸り声はなんだ?
That ain't no sound of Rock 'n' Roll
"ロックンロール" じゃないよな」
I said I'm so sorry but I got this thing I have to show
私は答えた。「ごめんなさい。見せなくちゃいけないわね。
That might be good for you to know
知っておいてもらった方がいいと思うから」
So I brought him inside
そういうわけで、彼を中に入れた。
Don't know why
なぜだろう。
But then suddenly he just passed out
彼が突然卒倒してしまった。
I thought well alright *4
まあ、いいか。
Can't deny
本当の事だから。
That I got a llama in my living room
実は、私の部屋には "ラマ" がいるの。
A llama in my living room
うちにはラマがいるのよ。
A llama in my, llama in my, llama in my, llama in my
Llama in my, llama in my, llama in my...
I got a llama in my living room

I got a
飼ってるの。
A llama in my living room
居間で、"ラマ" をね。
I got a
I got a llama in my living room

I saw my little neighbour shaking on the floor
可哀想な隣人を見ると、床に倒れて震えてる。
I never seen a man like that before
こんな人、今まで見たことない。
He didn't even make it through my kitchen door *5
台所のドアまで辿り着くことさえできないなんて。
He must have thought it was a dinosaur
これが "恐竜" にでも見えたのかしら。
Then he opened up his eyes screaming "I'mma kill that thing!" *6
しばらくして目を開けた彼は叫んだ。「こ、ころしてやる!」
Then his big arm started to swing
そして、大きな腕を振り回し始めた。
I tried to calm him down, told him take it easy now *7
私は、気を静めようと声をかけた。「まあまあ、ちょっと落ち着いて。
It's just my llama named Chow Chow *8
これは私が飼ってる "ラマ" よ。"チャウチャウ" って名前なの」
Then he raced up, he said "what?"
でもそれは彼を勢いづかせたようだ。彼は言った。「何だと?」
I said I'm sorry but I just can't stop
私は返す。「ごめんなさい。でも、やめる事はできないの。
Now you know what
いい? もう分かったでしょ。
What I got
私は、
That I got a llama in my living room
この部屋で、"ラマ" を、飼ってるの!」
A llama in my living room
A llama in my, llama in my, llama in my, llama in my
I got a llama in my living room

I got a
A llama in my living room
I got a
I got a llama in my living room
A llama in my living room
A llama in my living room


備考
  1. Ron Jeremy : アメリカのポルノ男優。一般映画やテレビ番組、ミュージックビデオなどにも多く出演している有名人。
  2. albatraoz : "albatross アホウドリ" の異称。また、「強くて女性らしくない、いらいらさせる、癇に障る女」を指す俗語。
    ※ Albatraoz は、アロンチュパが元々所属していたヒップホップグループの名前でもある。
  3. calvadaoz = calvados : リンゴを原料とする、仏ノルマンディー産の蒸留酒。
  4. alright = all right : 大丈夫。問題ない。無事な。
  5. make it through : 上手くやり遂げる、何とかやっていく、上手く通り抜ける、何とか切り抜ける(乗り越える)。
  6. I'mma = I am going to
  7. take it easy : 1. 気楽に行こう。落ち着いて。焦らずにのんびり行こう。2. じゃあね。またね。
  8. chow : 食べ物。食事。食べる。(中国語の "漬物" あるいは "炒 chao 炒める", "炸 zha 揚げる" 等が語源らしい)
    chow chow : 中国原産の中型犬。

 AronChupa Llama In My Living Room

 アロンチュパ(本名 Aron Michael Ekberg) は、1991年スウェーデン生まれの音楽プロデューサー、DJで、Little Sis Nora は彼の妹だそうです。この曲は2017年に発表されています。

Neurotic Society (Compulsory Mix) : Lauryn Hill



We're living in a joke time, metaphorical coke time *1
ジョークの時代に生きている。喩えればコカコーラと麻薬の時代
Commerce and girl men *2
商業主義と女のような男たちが
Run the whole world men
この世界を動かしている
Bold, drunken debauchery
大胆で鉄面皮な酒宴と肉欲
Old world brutality
古い世界の残虐行為
Cold world killed softly
冷たい世界はそっと穏やかに殺戮した
Whole world run savagely
世界中が獰猛に残忍に動いている
Greedy men and pride fiends
貪欲な男たちと自慢の友人たち
Program TV screens
テレビ番組の画面には
Quick scam and drag queens *3
一攫千金詐欺と女装したホモ
Real life's been blasphemed
現実の世界は冒涜され続けてきた
Think twice its past dream
もう一度よく考えなさい。それは過去の夢なのよ
Crime if you ask clean
廉潔を求めての事だとしても、それは犯罪なの
Quick fast the poison has entered the blood stream
素早く、迅速に。毒はすでに血流に入り込んでいる
Psychological massacre
精神の大虐殺
Consequences are tragedy
その結末は悲劇
Mythological characters
神話の登場人物たちを
Men and women as parody
男たちも女たちも滑稽にまねる
Superficial the vanity
見せ掛けばかりの虚栄心と自惚れ
Borderline the insanity *4
境界線上の狂気
Out of order humanity
故障し壊れた人間性
Crime committed so passively/randomly
受動的かつ無作為に犯される犯罪
Desperados and casualties
ならず者たちと死傷者たち
Corporations want batteries
企業は要塞と砲台を欲し
Explanations and strategies
弁明と戦略を欲する
Domination and mastery
支配と威圧、征服を欲する
Owned, jonesing and bankrupt *5
"所有" されている。麻薬中毒者も破産者も
Grown people so corrupt
大人たちは堕落し腐敗している
Vice lords and yellow men junkies of popularity
悪徳の支配者たち
Culture so in dependence
文化は従属し依存する
Vultures scavenge reality
ハゲワシが現実を漁る
Past feeling, depravity
過ぎ去った感情。邪悪な行い
Decaying social cavity
社会を腐らせ、虫歯のような空洞を作る
Preying on human ignorance
人間の "無知" を餌食とする
Popular immorality
不道徳が大衆の人気を得る
Symptoms of diseased head
頭脳が病に罹る徴候
Population misled
誤った方向へ導かれる市民たち
Self indulgent, past dead
自分を甘やかし、過去(歴史)を死なす
Absence of the God head
神格の不在
Pimps, pushers and harlotry
ポン引きに麻薬密売人、そして売春婦
Nepotism no artistry
縁故主義と身内びいきにより芸術的才能は失われる
Despotism and piracy
専制政治と海賊行為
Desperation, dishonesty
自暴自棄と絶望、そして不誠実と不正行為
Business decision policy
経営的意思決定の方策
More money lesser quality
より多くの金、より低い質
Inflated global ego, imitating reality
自惚れた自我の思い上がりは世界規模にまで膨張し、"現実" を装う
Pseudo psycho new Pharaoh *6
偽りの精神病者、新たなる古代エジプト王
Poisonous bows and arrows
毒を塗った弓と矢
Hypo critics on salary *7
人々を興奮させる批評家たちは、金をもらいながら偽善を演じる
Idle hands devil's agency
仕事のない労働者は、悪魔の代理人によって
Predisposed to complacency
安易な自己満足と現状肯定に仕向けられる
Jealousy and audacity
嫉妬と厚顔
Contagious social gluttony
伝染性の社会的暴飲暴食癖
Stages of mass malignancy
悪性腫瘤の発達段階
Epidemic deception
伝染病のように蔓延する "騙し" の手口
Generation in atrophy
萎縮し衰微する世代
Glam life in debt *8
借金を負いながらの派手で煌びやかな生活
Scam life and editors
詐欺師の人生を送る編集者たち
Bi products of neglect
無視と放置の副産物
Children hiding from creditors
借金取りから身を匿われる子供たち
Absence of self respect
"自分を尊重する心" の欠如
Phony scared of competitors
競争相手に怯える "まがいもの"
Lifestyle of luxury at someone's expense
他人の金を犠牲にした豪華で贅沢な生活様式
Sensitive children used up as sacrifice
生贄として使い尽くされる傷つきやすい子供たち
Blinded to consequence *9
目を眩まされ、
Smoked up in dope pipes
麻薬の煙にまかれ、事の重大さを見えなくされている
Ecstasy, fast life, recklessly pass life
恍惚。享楽と放蕩の人生。無謀で向こう見ずな人生を過ごす
Narcotics and cash fight this neurotic society
麻薬中毒者と金が、この神経症社会と闘っている
Benefactors turned actors
慈善事業家は "俳優" になった
Addiction's crippled captives
中毒や依存症は、それに囚われた者たちを不具にした
Experience manufactured *10
"経験" ですら工場で大量生産される
In this neurotic, toxic society
この神経症と中毒症の社会では

It's like post war *11
まるで第二次大戦後のようだ
they're looking for the communists or who the Marxist is
みんなが捜している。共産主義者はどこだ、マルクス主義者は誰だと
10,000 pictures on Facebook
フェイスブックに載る膨大な数の写真
That's like the pot calling the kettle narcissist *12
自分の事を棚に上げて他人を批判するナルシシストたち 
Come on really
冗談はよしてよ。嘘でしょ?
Saying the devil but you're the chief arsonist
極悪人の噂話なんかしてるけど、あなたが放火犯の首領でしょ?
Hypocrites can't even see their own part in this
偽善者たちは、この状況での自らの役割を見ることすらできない
No reflection
沈思熟考のない
Vampire paradigm *13
人を食い物にする吸血鬼のパラダイムには
No introspection *14
内観もない
This star, that star rants. has a breakdown
大声を張り上げ大言壮語する大立者も必ず衰える
3 months before, pure obsession, picture can't take down
三ヶ月前のものでも、全くの妄想でも、世に出た写真は消すことができない
Children, it's a shake down
子供たちよ。脅して金を巻き上げる "ゆすり" に気をつけなさい
They're just looking for a sacrifice
彼らはただ "生贄" を探し求めてるだけ
They've been doing this since
彼らはずっとこういう事をやってきたの
before Bobby Darrin sang Mack the Knife
ボビー・ダリンが『マック・ザ・ナイフ』を歌う前から
before James Dean's car did a jack knife *15
ジェームズ・ディーンが車でジャックナイフを決める前から
Perhaps because they lack life or lack guts
おそらく、彼らには活力や勇気が欠けているからだろう
Never confuse the head with the butt
「"頭" と "尻" を混同しないようにね」
Opinions are like assholes and most of them stink
「意見や評価なんて "糞ったれ" よ。そのほとんどは悪臭を放つ悪評なんだから」
I was told by a woman so rethink
私がある女性に言われた言葉よ。だから、考え直して
Don't ever let them to lead you to drink
彼らに導かれて酒を飲んじゃいけない
Lead you to doubt
彼らに導かれて人を疑っちゃいけない
Lead you to fall
彼らに導かれて落ちたり倒れたりしちゃいけない
Get up stand up
起きなさい。立ち上がりなさい
Cast Lucifer out
堕天使の魔王など放逐しなさい
Shake it up baby *16
さあ、急いで。体を揺らして
Watch them twist and then shout
見なさい。彼らが苦痛に身をよじり、大声で叫ぶのを
Insecure assholes just looking for a ticket to ride on somebody
自信のない馬鹿野郎たちは、ただ人の尻馬に乗る切符を探してる
Like the Pick It
まるで "掏り" だ
It's fucking wicked
ひどくたちが悪い
Shame on a 'nuh' *17
"否定や拒否" に対する恥辱
This neurotic, toxic society!
この神経症と中毒症の社会
Sick psycho psychology
精神の病に罹った心理
In desperate need of psychiatry
重症で治る見込みはないが、それでも精神科医が必要だ
Exorcisms, sobriety, forcing social lobotomies *18
悪魔祓いの儀式が厳粛に社会的なロボトミー手術を強行している
People stuck in dichotomies *19
誤った二分法にはまって動けなくなっている人々
Pseudo sicko anxieties
偽の狂人の不安神経症
Serial criminals dressed in variety
連続犯罪者は様々な装いをする
Social transvestism *20
社会的な "倒錯異性装"
Subliminal dressed up as piety
信心深い行為に仮装された潜在意識
Transference, projections *21
"転移" と "投影"
Like Cartesian images *22
デカルト劇場の映像のようだ
Robbing innocence
"純潔・無垢" を強奪され
Stealing inheritance
無形の遺産を盗まれ
Quiet victims with no defense
沈黙する犠牲者たちは自己を守る手段もない
Betrayed over dollars and cents
金銭で裏切られ
Maladjusted and ignorant
環境に適応できず、無知であり
Mal addiction and dissonance
悪い依存と悪い不協和
Too much addiction no consciousness
依存と耽溺により、社会に対する意識を持てない
Don't trust it
信じてはいけない
This cosmology's busted, broken
この "宇宙論" は打ち砕かれ、打ち壊され
And returns to the dust
やがて塵に返る
It stinks of corruption
悪臭を放つ政治的腐敗
Oppression, deceit
圧政と嘘偽り
Abuse in repeat
繰り返される虐待と暴行
They don't feel complete
彼らは、これで終わりと感じることがない
Unless they're misleading/robbing the sheep
"羊たち" を誤った道に導いて "強奪" を果たすまでは
Man is not a product
人は "製品や商品" ではない
if you call him that then stop it!
もし、あなたが誰かをそう呼んでいるのなら、やめなさい
In this Neurotic, dominant society
この神経症が支配する社会において


備考
  1. coke : コークス(石炭を乾留させた燃料)。コカコーラ。コカイン。※コカコーラは製品開発当初コカの葉とコーラの実を材料に用いていた。
  2. ※ "girl men" はおそらくゲイを指すのだろう。ローリン・ヒルは人種差別・性差別に批判的な歌詞は数多く発表しているが、LGBT に言及した歌詞は見当たらない。彼女が LGBT についてどう考えているのかは不明だが、この歌詞ではゲイの法的・社会的な認知と受容が高まる現代においてゲイの文化や発現が社会的な影響力を強めていることを皮肉っているように見える。
  3. scam : 詐欺、悪徳商法、汚い手口
    get-rich-quick : 手早く金持ちになる、一攫千金の
    get-rich-quick scheme : マルチ商法やギャンプル攻略法販売など、楽に儲かる話で投資者から金を奪う手口。
  4. borderline personality disorder : 境界性パーソナリティ障害
  5. jones : [動] 欲しくてたまらない [名] 麻薬中毒、麻薬常用癖、夢中になる事、熱中すること
    bankrupt : 破産者、支払い不能者、破綻者。破産させる。破産した、破綻した
  6. Pharaoh : ファラオ。古代エジプト王の称号。
  7. hypo : 皮下注射。刺激する、興奮させる。
    critic : 文学・美術などの批評家・評論家
    ※上の二語は "hypocrite 偽善者、猫かぶり" のもじり
  8. glam = glamorous : グラマーな。魅力に満ちた、魅惑的な。華やかな、活気のある
  9. consequence : 結果、なりゆき。結論、帰結。重要性、重大さ。
  10. ※ゲーム機から軍事技術にまで応用されている "Virtual Reality 仮想現実" がイメージされる。
  11. post war : 直訳では「戦後」だが、ここではおそらく第二次大戦後のアメリカで生じた反共産主義的思潮や運動を指しているのだろう。
  12. pot calling the kettle black : 煤で黒くなった鍋が同じく煤だらけの薬缶を "黒い" と馬鹿にする→自分の事を棚に上げて他人を批判する
  13. paradigm : 科学理論において歴史上の一定期間主流となる認識の枠組み。転じて、固定化・形骸化した思考の枠組み
  14. introspection : 内観、内省。自らの意識体験を自ら観察すること。
  15. jack knife : オートバイで後輪を高く浮かせる技術のことを指すが、四輪車では不可能なので、これはジェームズ・ディーンが交通事故死したことを意味するのだろう。
  16. shake it up : 急ぐ、振り混ぜる、揺さぶる。ここでは、ビートルズの "Twist & Shout" からの引用なので「腰を振って踊る」の意をかけている。次行の "twist" と "shout" も同じく引用だが、元歌の「体をくねらせ歓声を上げる」に対し、ここでは「ルシファーが苦痛に身をよじり叫び声を上げるのを注視しなさい」という意味で使っている。
  17. nuh = no
  18. lobotomy : 前頭葉白質切截術。精神疾患の治療法として大脳の一部を切り取る手術。1930年代から60年代まで世界各地で行なわれていたが、死亡率の高さ、重篤な副作用・後遺症などが問題とされ、現在一般的には医学上「禁忌」とされている。
  19. dichotomy : 二分、両分。論理学の二分法、二項対立。逆説や矛盾の意で使われることもある。
    false dichotomy : 誤った二分法。論理的誤謬の一種。他に選択肢があるのに二つの選択肢だけしか考慮しない状況のこと。
  20. transvestism : 服装倒錯。異性の服を着ることに喜びを感じること。身体的性別と性自認が一致しないトランスジェンダーとは異なる概念である。
  21. transference : 精神分析学用語の一つ。カウンセリングで、患者が過去に接した重要人物(特に親など)に対する感情を目の前の治療者に対して持つようになること。
    projection : 心理学における自己防衛機制の一つ。否定的で認めたくない自己イメージを他人に映し出すこと。
  22. Cartesian : デカルトの、デカルト哲学の
    Cartesian Theater : カルテジアン劇場、デカルトの劇場。デカルト以来の心身二元論に対抗するために米哲学者ダニエル・デネットが提唱した概念。人間の脳内において "精神" は、身体を通して経験された事柄を劇場の中で鑑賞する小人のような役割を果たしているという考え方を指し、デネットはそれを誤りであるとした。

  lauryn hill Neurotic Society

 2013年に発表された作品です。歌詞の細部は私の英語力でははよく理解できませんが、現代の社会の主流となっている思潮や制度などに対する強い違和感を表しているのだろうと思います。なお、冒頭の動画は公式のものではありませんので、ローリン・ヒルの思想とは無関係です。動画制作者が彼女の歌から感じ取ったものを映像化したもので、あくまで動画制作者の思想が込められていると判断して下さい。