Bazaar : KSHMR & Marnik

2017年11月15日




Yaad Teri Aati Hai
遠くのあなたをいつも思っている


 2015年にインドのゴアで開催された EDM のイベント Sunburn Festival の公式讃歌です。上の歌詞はヒンドゥ語で意味が全く分からないのですが、YouTube のコメント欄に英語に訳してくれている人が何人かいました。人によってニュアンスが微妙に違いますが、次のような英訳です。I am missing you. Remembering you so much. I miss you so much. Remembrances of you come to me. Your memories are haunting me. ちなみに bazaar は「市場」を意味する英語です。
 インド系アメリカ人のカシミアが父祖の地を思う歌詞なのでしょうか。

Back To Me : KSHMR feat. Crossnaders & Micky Blue

2017年11月06日




※ Paint my roses red right before the end *1
私の薔薇を赤く塗る。お終いになってしまう前に
I will let the raindrops carry me *2
私は雨粒に流されよう
All we ever said, dancin' through my head
私たちがかつて口にした事。頭の中でぐるぐると舞い踊る
Wait until it all comes back to me *3
そのすべてを思い出すまで待って
Paint my roses red right before the end
私の薔薇を赤く塗る。お終いになってしまう前に
I will let the raindrops carry me
私は雨粒に流されよう
All we ever said, dancin' through my head
私たちがかつて口にした事。頭の中でぐるぐると舞い踊る
Wait until it all comes back to me
そのすべてを思い出すまで待って

All we ever said, we ever said
私たちがかつて口にしたすべての事

Back to me ※
それが私の元に戻るまで

※~※


備考
  1. ※ルイス・キャロル『不思議の国のアリス』第8章冒頭。アリスはトランプの庭師たちが白いバラを一生懸命赤く塗っているのを見る。赤いバラを植えるようにとのハートの女王の命令に間違って白いバラを植えてしまった庭師たちは、見つかって首をはねられる前になんとかごまかそうと必死でペンキで赤く塗っていたのだった…。
    ※上のエピソードから "paint the roses red" という言葉は「自分の間違いによって起きたまずい結果を必死になって糊塗すること」の隠喩として使われることがあるらしい。過ちによって起きてしまった事実、過去の歴史を変えることはできないが、それを隠蔽、改変し自分の都合よく見せかけることはできる、という感じだろうか。
     参考動画
     
    ※また、上記の説明がこの文の意味として適切だとすると、この一文は命令形ではなく文頭に付くべき "I" が省略されているのではないだろうか?
    right : [副詞] 正しく、公正・正当に、正確に。適当に、ふさわしく、都合よく。真っ直ぐに、まともに。全く、完全に、すっかり。すぐに、直ちに。きっかり、ちょうど
  2. carry : 運ぶ。保持する。支える。(風・水流などが物を)運ぶ、流す。
  3. come back to me : 私の元に戻る、思い出される


 2017年に発表されたシングル曲です。歌詞は抽象的でよく意味が分かりません。冒頭の動画に関しては、「私たち人間が犯してきた数々の過ちを元に戻すことや無かったことにすることはできない。そのすべてを思い出し、忘れずにいることが、せめて私たちがこれから同じ過ちを繰り返さないために必要なことである」と言っているように感じます。

Wreath : Perfume Genius

2017年11月03日




Burn off every trace
すべての痕跡を焼き払い
I wanna hover with no shape
姿形もなくして宙を舞いたい
I wanna feel the days go by
日々が過ぎるのを感じたい
Not stack up
一所に積み重なることなく

Running up that hill *1
あの丘に駆け上って
I'm gonna call out every name
すべての名前を呼び上げよう
Until the one I'm meant to take
私の運命の人が
Sends her dove *2
彼女の鳩を送ってくれるまで

I see the sun go down
夕日が見える
I see the sun come up
朝日が見える
I see a light beyond the frame
「枠」の遙か向こうに光が見える
I see the sun go down
沈む太陽が見える
I see the sun come up
また昇る太陽が見える
I see a wreath upon the grave
墓石にかけられた花冠が見える

Needless, free
必要が無い。制約が無い
No light, no sound
光が無い。音が無い
Gone and spent
過ぎ去り尽くされ
I'm high, I'm out
気分は最高。私は抜け出した

I see the sun go down
夕日が見える
I see the sun come up
朝日が見える
I'm moving just beyond the frame
この「枠」の向こうに進もう
I see the sun go down
沈む太陽が見える
I see the sun come up
また昇る太陽が見える
I see a wreath upon the grave
墓石にかけられた花冠が見える

Burn off every trace
すべての痕跡を焼き払い
I wanna hover with no shape
姿形もなくして宙を舞いたい
I wanna feel the days go by
日々が過ぎるのを感じたい
Not stack up
一所に積み重なることなく

Running up that hill
あの丘に駆け上って
I'm gonna peel off every weight
重みをすべて脱ぎ去ろう
Until my body gives away *3
この体が私を手放し
And shuts up
黙り込むまで

I see the sun go down
夕日が見える
I see the sun come up
朝日が見える
I'm moving just beyond the frame
この「枠」の向こうに進もう
I see the sun go down
沈む太陽が見える
I see the sun come up
また昇る太陽が見える
I see a wreath upon the grave
墓石にかけられた花冠が見える


備考
  1. ケイト・ブッシュの "Running Up That Hill" という曲は、男と女がその役割を交換することができるならもっと互いに理解し合えるのではないかという思いを歌っており、それを敷衍すると女である自分の殻を脱ぎ捨てたいという心情も込められている歌にも見える。
  2. dove : 鳩。純潔、柔和、愛情、平和、聖霊。
  3. ※マイク・ハドレアスは同性愛者であることで十代の頃から数々の迫害を受けており、また、クローン病という難病に罹っている。"my body" という言葉にはそうした自らの肉体に対する違和感が込められているように見える。彼自身はあるインタビューでこのことを「自分の体に "betray 裏切る・背く" されたように感じる」と語っている。


 2017年のアルバム "No Shape" より。パヒューム・ジーニアス(本名 Mike Hadreas)を知ったのは五年前でこのブログにコメントをいただいた方に教えてもらいました。その時には、暗く繊細で、壊れやすいガラス細工のような危うい印象を持ったことを覚えています。今年発表されたアルバムには、繊細さはそのままに洗練されたポップな明るさを得て、何かを突き抜けて転生したかのような美しい歌が並んでいます。
 曲名の wreath は肉体的な死を超えてなお存在する魂の美しさを象徴しているのでしょうか?



最新記事