工場日記

気に入った洋楽の歌詞を和訳しています。

Havana : Camila Cabello (feat. Young Thug)





[Intro: Pharrell Williams]
Hey

[Chorus: Camila Cabello & Pharrell Williams]
Havana *1
ハバナ
Half of my heart is in Havana
思いは半ばハバナにある
He took me back to East Atlanta *2
彼は私を東アトランタに連れて来た
Oh, but my heart is in Havana
でも、私の心はハバナにある
There's somethin' 'bout his manners *3
彼の物腰やしぐさには何かしら惹かれるんだけど
Havana
ハバナ

[Verse 1: Camila Cabello & Pharrell Williams]
He didn't walk up with that "how you doin'?" *4
彼はありきたりなダサい台詞で声をかけたりしない
When he came in the room
部屋に来た時、彼はこんな風に言った
He said there's a lot of girls I can do with *5
「モノにしたくなる女はたくさんいるが
But I can't without you
モノにされてしまったのはお前だけだ」
I knew him forever in a minute
彼を知ってから、すべての瞬間が永遠となった
That summer night in June
あの夏。六月の夜
And papa says he got malo in him *6
パパは「あいつは駄目だ」と言ったけれど
He got me feelin' like...
彼には何かを感じるの

[Pre-Chorus: Camila Cabello & Pharrell Williams]
I knew it when I met him, I loved him when I left him
初めて会った時から分かってた。離れる時にはもう愛してるだろうと
Got me feelin' like
彼には何かを感じるだろうと
And then I had to tell him, I had to go
そして、そのうち別れを告げることになるだろうと

[Chorus: Camila Cabello & Pharrell Williams]
※ Havana
ハバナ
Half of my heart is in Havana
思いは半ばハバナにある
He took me back to East Atlanta
彼は私を東アトランタに連れて来た
Oh, but my heart is in Havana
でも、私の心はハバナにある
My heart is in Havana
心はハバナに…
Havana ※
ハバナに…

[Verse 2: Young Thug]
(Jeffery) *7
Just graduated, fresh on campus
高校を卒業したばかり。大学の一年生
Fresh out East Atlanta with no manners, damn (Fresh out East Atlanta)
東アトランタの出で、礼儀知らずの新入生
Bump on her bumper like a traffic jam *8
女の尻は車のバンパー。渋滞みたいに突きまくる
Hey, I was quick to pay that girl like Uncle Sam (Here you go, ayy) *9
女に使う金はけちらない。国にとられる税金と同じ(さあ、どうぞ)
Back it on me (Back it up)
見返りがあるからさ(さあ、戻せ)
Shawty cravin' on me, get to eatin' on me (On me) *10
女は俺を欲しがり、体じゅうを嘗め回すようになる
She waited on me (And what?) *11
女は俺に仕える(それで?)
Shawty cakin' on me, got the bacon on me (Wait up) *12
四六時中俺にまとわりつき、俺を食わせてくれる
This is history in the makin' on me (On me) *13
ところが、今は俺にとっちゃ歴史的瞬間だ
Point blank, close range, that B (Tah, tah) *14
狙いを定める。至近距離で。あの娘に
If it cost a million, that's me (That's me)
そのために百万ドルかかっても構わない。それが、俺だ
I was gettin' mula, pretty baby
それだけ俺は稼いで来たんだよ。お嬢さん

※~※

[Bridge: Starrah & Camila Cabello]
Take me back, back, back like...
帰して
Ooh na-na, oh, na-na-na
Take me back, back, back
帰して。帰して
Ooh, ooh-ooh-ooh-ooh-ooh-ooh-ooh
Take me back to my Havana...
帰してよ。私のハバナに…

※~※

[Outro: Starrah & Camila Cabello]
Oh, na-na-na (Oh, na, yeah)
Oh, na-na-na (No, no, no, take me back)
Havana, ooh na-na
ああ、ハバナ


備考
  1. Havana : カミラ・カベロはキューバの首都ハバナで生まれ、幼い頃は父親の故郷であるメキシコとキューバを行き来する暮らしをしていた。彼女が7歳の時に家族は米フロリダ州マイアミに移住し、カベロはアメリカで成長期を過ごす。
  2. Atlanta : 共演しているヤング・サグはアトランタ出身のラッパーで、喧嘩っ早いことで有名らしい。ちなみにアトランタは、トラップという新しい音楽ジャンル発祥の地で1990年代後半からヒップホップの新しい中心地となっている。同時にアトランタは犯罪発生率とくに殺人発生率の高い都市であり市場調査会社による「全米危険な都市」ランキングで90年代から2000年代前半まで常に上位にランキングされている。犯罪の多い原因は貧困の多さ、失業率の高さだと言われている。ヒップホップの成功者たちが金にこだわり贅沢な生活にこだわるのは、生まれ育った環境が貧困にあふれていることの反動なのだろうか。
    ※カミラ・カベロは「ハバナで出会って恋に落ちた男にアメリカに連れて来られた。そして、二人で頑張ってるんだけど、故郷を恋しく思ってるって感じ…」と語っている。
  3. something : 何か。いくらか。(面白い・興味をそそる)何か。重要な(大切な)物事。たいした(素敵な)物事。
    manner : やり方、方法。態度、物腰、しぐさ、立ち居振る舞い、気品。礼儀、礼節。慣習、風俗。様式、作風。
  4. how you doin'? = How are you? = Hello : 米TVドラマ Friends の登場人物 Joey がナンパする際の常套句で、一般にもジョークとして広まった言い回し。
  5. can do with : 欲しい、必要だ、役に立つ
    ※おそらくこの行と次の行の Jeffery の台詞は、can, with を使った気の利いた言葉遊びなのではないかと思うが、正否と詳細は不明。直訳だと「欲しい女(または遊べる女)は沢山いるが、お前がいないと俺は我慢できない」となるのだと思う。掲載した和訳は想像で多少意訳しているので誤っているかもしれない。
  6. have it in one (to be …) : ~の素質・能力・才能がある
    malo : スペイン語で「悪い」の意。
  7. ※ Young Thug の本名は Jeffery Lamar Williams である。
  8. bump on : ぶつかる、ぶつける、打ち当てる
    bumper : a booty, typically female (urbandictionary より)
    bumper-to-bumper : 交通渋滞、あるいは軽度な接触事故
  9. Uncle Sam : アメリカ政府あるいはアメリカ国歌を擬人化したキャラクター。
  10. shawty = shorty : 可愛い娘、俺の女、魅力的な女。ちび、背の低い者
    crave : 熱望・切望・渇望する、しきりに(無性に)欲しがる。懇願する、熱心に請う、必要とする
    get to [名詞] : ~を始める、~に取り掛かる、~に着手する
    eat : オーラルセックスをする、金を稼ぐ
  11. wait on : 仕える、奉仕する、給仕する
  12. cake : ケーキ。魅力的なお尻(を持つ女)
    cake on : ~にこびりつく、厚く塗る
    bacon : ベーコン。富、金、札束
    bring home the bacon : 生活費を稼ぐ、働いて金を持ち帰る、生計を支える
  13. in the making : 作られつつある、発達中の、製作中の、進行中の、成長中の、修業中の
    history in the making : 歴史的瞬間、歴史が塗り替えられる過程
  14. point-blank : 的に真っ直ぐに狙いを定めた、直射の、至近距離からの。単刀直入の、率直な、あからさまな、露骨な
    point-blank range : 直射可能な距離、至近距離。非常に近距離
    B : 仲間や友人、恋人などへの呼びかけの言葉。あるいは babe, baby の略。

 camila cabello havana

 カミラ・カベロはアメリカのシンガーソングライターです。Xファクターというオーディション番組から生まれたガールズグループ、フィフス・ハーモニーの一員として2013年にデビュー。2016年に脱退し、ソロ活動を始めました。この歌は2017年8月に発売され、2018年のデビューアルバム Camila に収録されています。
 ハバナで恋仲になった旅行者にアメリカに連れて来られたものの、男とアメリカという国にどこかしらなじめないものを感じ、故郷を懐かしむ心が描かれているのでしょう。
 プロデューサーの Frank Dukes はこの歌の制作に際して、アーティストとしてどのように自分を売り出したいかということをカミラ・カベロと沢山話し合ったと言っています。そして、彼女との初めての会見が奇しくもトランプ大統領の就任の日であったと言い、話し合いの中で、彼女が若い女性であること、キューバ系アメリカ人であることが話題に登り、彼女のそのような立場をそのまま表現し、正直な自分を出すことが重要だと話し合ったということです。(https://www.cbc.ca/radio/q/wednesday-july-24-2019-frank-dukes-nandita-das-and-more-1.5221677/canadian-super-producer-frank-dukes-on-working-with-50-cent-drake-and-camila-cabello-1.5221754)
 カミラ・カベロ自身は別の記事で自分の生い立ち、とくに母親が家族のためにいかに苦労したかを述べた後、次のように語っています。
「私はキューバとメキシコの合いの子であることに誇りを持っている。この国は移民に支えられて作られたのよ。移民とは、やり直す勇気を持つ人たち。私たちは全部を捨てる勇気を持っている。そこに、より良い希望があると分かっているから。私たちは、恐れを知らないわけじゃない。ただ、恐れよりも大きい夢を持っているだけ。私たちは跳ぶ。私たちは走る。私たちは泳ぐ。私たちは必要であれば何でもする。そして、今、私たちの国境に "壁" を作ろうと言い出している人たちがいる。でも、覚えておいて欲しい。その壁の向こうには、苦闘や決意や飢餓があることを。そして、その壁の向こうには、新しい癌の治療法、新しい科学者、新しい芸術家、新しいドラマー、新しい未来があるということを。壁の向こうの人たちが、一生懸命頑張って新しいものを作り出す人間になるかもしれないってことを」(https://www.popsugar.com/latina/Camila-Cabello-Her-Cuban-Background-42239921

Dirty $$$ : High Dive Heart



All the money that we have is covered in blood
私たちの持つ金はすべて血に塗れている
Anyone who took a stand is under the mud *1
しっかりした考えを貫く者たちは皆、泥の中にあり
Everybody at the top is holding a gun
銃を構える者たちが、頂上に立つ
All the money that we have is
私たちの持つ金はすべて
taken by these damn politicians like evil magicians
邪悪な魔術師のような政治家たちに奪われる
we hand them our taxes and then they go missing
私たちから血税を取り、彼らは姿をくらます
They actin' like saints on a religious mission
彼らは神の使命を担う聖人を装っているが
But they still got slaves underpaid in the kitchen
その自宅では、不当に安い給料で "奴隷" をこき使う

※ Yo call Mr Clean
どこかに清廉潔白な人物はいないのか
tell him that we need him here on the scene
彼に伝えてくれ。この世界には彼のような人が必要なんだと
Right now call Mr Clean
今すぐにでも清廉な人を呼んでくれ
cause we're drowning in dirty money
私たちは汚れた金に溺れているのだから

We don't need no diamonds, flashy cars or fancy things
ダイヤモンドなどいらない。派手な高級車も豪華な品々も
100 million dollars only numbers on a screen
百万ドルなんて映画でしか見られないお金
When it disappears we know that love is all we need
私たちは失って初めて知る。必要なのは愛だけなのだと
We don't * with the dirty money
私たちは~しない。汚れたお金では
We don't * with the dirty dirty
We don't * with the dirty money
We don't * with the dirty dirty ※

How come we never ever know when enough is enough *2
どうして私たちは分からないのだろう。「もう充分」という時にさえ
You can't live without a bill I'm calling your bluff *3
君たちはお金なしでは生きられない。私は君たちの虚勢を見抜こうとしている
You should be the pin stripes in handcuffs to stand up *4
ビジネスマンたちは囚人服のようなスーツを着せられ、手錠をかけられ立たされる
Turn around and put your hands up
後ろを向いて両手を上げろ
Bankrupt to bailout to bonus *5
破産者には救済措置や補助権を
They blindfold us before they own us *6
彼らはそうやって私たちの目を眩まし、それから私たちを "所有" する
Eat caviar while we get donuts
彼らはキャビアを食べ、私たちはドーナツを食べる
Why do we go nuts? *7
なぜ私たちが怒り狂うのかって?
That's cuz there's so much they owe us!
私たちは彼らにとてつもない額の "貸し" があるからさ

※~※

Nobody cares 'bout the poor man *8
誰も貧乏人のことなど気に掛けていないのに
And they all say they care 'bout the poor man
彼らは言う。貧乏な人のことは心配していると
But nobody cares 'bout the poor man
だが、誰も貧乏人のことは気に掛けていない
Except for the poor man except for the poor man yo!
貧乏人たち以外は。そう、貧乏人だけが貧乏人のことを気に掛ける
We don't * with the dirty money
私たちは~しない。汚れたお金では
We don't * with the dirty dirty
We don't * with the dirty money
We don't * with the dirty dirty

※~※


備考
  1. take a stand : 態度・姿勢を明確にする、立場を公言する、見解を示す
  2. how come : どうして、なぜ
  3. bluff : 空威張り、虚勢、こけおどし、はったり
    call a person's bluff : はったりを見抜く、はったりに挑む、相手のブラフに応じる
  4. pinstripe : 極細縦縞あるいはその織物
    pinstripe suit : ビジネスマンが着る極細縞のスーツ
    ※ヨーロッパでは古来縞模様は悪魔の象徴だと忌み嫌われ、道化、娼婦、犯罪者、異教徒、障害者などの着る服とされた。
  5. bankrupt : 破産者、破産した、破産させる
    bailout : 緊急援助、救済措置、債務棚上げ。保釈、緊急脱出
    bonus : おまけ、景品。賞与、特別手当。補助金、交付金。配当金、株主優待
  6. blindfold : 目隠しをする、目を覆う。迷わせる、判断を曇らせる
  7. go nuts : 気がふれる、興奮する、熱狂する、怒り狂う
  8. care about : 大切にする、大事に思う、気に掛ける。気にする、心配する。関心がある

 High Dive Heart HDH vs MTR PtI

 2016年のアルバム "HDH vs. MTR, Pt. I" より。

Avenue : Agnes Obel



What is wrong at the end of the day *1
いったい何が "間違い" なんだろう。結局何が "誤り" なんだろう
What is really wrong no one dares to say
"本当の悪業" とはどんな事なんだろう。誰もあえて言おうとしないけれど
You know you're wrong when there's only one right
正しい事がただ一つしかないのなら、自分が間違っていると分かるかもしれない
But what is wrong when right is out of sight
でも、正しい事が見えない時は、何が間違いになるんだろう

※ Right rode away long ago *2
"正しさ" なんてとうの昔に走り去ってしまった
Before rescuing wrong from below
この下界から "悪" を救うこともなく
I might be mistaken, I know
私は間違っているかもしれない。それは分かってる
But hey we need to be somewhat *3
でもね。私たちも少しはなる必要があるのよ

Foolish, feebleminded *4
馬鹿になりなさい。愚かになりなさい
Wrong and senseless
間違ってもいい。分別を無くしてもいい
Right rode off long ago
"正しさ" などとうの昔にいなくなってしまった
There's nothing more you need to know
もうこれ以上知るべきことなどない
There's nothing more you need to show
もうこれ以上誰かに示すべきことなどない
Let us disagree *5
異議を唱えさせて。私たちは違う、と
'Cause wrong was made, for you to be ※
なぜなら、間違いや誤りは、あなたが存在するために作られたのだから

What is false when we can't hear no more *6
何が偽りなのだろう。人の声が聞き入れられないような時には
And there is nothing to cover for *7
そして、私をかばってくれるものが何もない時には
What is wrong in this old wasted game *8
何が悪なのだろう。この古くさく無益な駆け引きのお遊戯では
May right and wrong be one and the same *9
正しさと誤りが一つの同じものであればいいのに

※~※


備考
  1. at the end of the day : 一日の終わりに。最後には。最終的には。結局は。つまりは。
  2. ride-rode-ridden : 馬などに乗る、馬などを操る。乗り物に乗る、乗って行く。
  3. somewhat : 多少、幾分、やや、少々、ちょっと、いささか、若干
    ※名詞としても使われるが、ここはおそらく副詞で次行以下の foolish 等にかかっているのではないだろうか。
  4. feeble : 体力の弱った、虚弱な。頭の弱い、意志の弱い。音・光などが弱い、かすかな。力・勢力などが弱い
    feeble-minded : 意志の弱い、頭の弱い、愚かな、知能の低い
    ※ feeble-minded は知能検査で子どもたちを分類する際にかつて学校教育法で使われた「精神薄弱」という言葉に該当する英語。精神薄弱に当たる英語は法的・行政的用語として他に "mental deficiency" という言葉もあるため、feeble-minded はおそらくより一般に使われた言葉で日本語の「知恵遅れ」あるいは「白痴」などのニュアンスを持つのではないかと思われる。現在の日本では「知的障害 intellectual disability」という言葉が使われている。知的能力の劣る子どもを指す医学的・法律的用語は時代とともに、低能・劣等(明治~大正初期)→精神薄弱(大正末期~平成9年)→知的障害(平成10年~)と変遷している。アメリカでもこの用語は "mental deficiency 精神薄弱"→ "mental retardation 精神遅滞"→ "intellectual disability, developmental disability 知的障害, 発達障害" と変遷している。
    ※この歌詞に差別的な意思は全くないと思われ、また私自身も言葉狩りをする意図は全くないが、feeble-minded を検索すると「精神薄弱」という語が頻繁にヒットするのでこの英語のニュアンスを誤解しないように調べてみた結果を記述しておく。「精神薄弱」という語はかつて差別的な意思を込めて「精薄」などの言い方で使われた歴史があり、このことを日本人は忘れてはならないと思う。ちなみに、アグネス・オベルはデンマーク人であり英語は母語ではないため、英語の細かなニュアンスやそれぞれの言葉の歴史的経緯などは知らないと思われる。
  5. disagree : [自動詞] ~と一致しない、食い違う。人と意見が合わない。~に異議がある。口論する、争う。~に同意しない、異議を唱える。賛成できない、反対である。
  6. false : 正しくない、誤った、正確でない。見当違いな、適切でない。本物でない、偽物の、ごまかしの。虚偽の、裏切りの、不誠実な。
  7. cover for : 代理をする。身代わりになる。他人の不正をかばう
  8. wasted : 浪費された。無駄な、役に立たない、使われていない。衰えた、壊れた。疲れきった、酔っ払った。殺された、死んだ。
    game : 遊戯、娯楽、ゲーム。競技、試合、勝負。競争、駆け引き、計略、上手い手段。狩猟の対象となる獲物、白鳥等の群れ。
    ※ここでの game は恋愛の駆け引きを示唆しているように思える。
  9. May A 動詞 : A が~でありますように。祈願・願望・呪いなど。

 agnes obel philharmonics

 2010年のデビューアルバム Philharmonics より。
 訳し初めた時は、善と悪について考える哲学的な歌詞なのかと思いましたが、備考 *8 の "old wasted game 古くからある無駄なゲーム" を見て、恋愛に関わる心情をモチーフにしたものだと思うようになりました。「人は過ちも犯すし、誰かを傷つけたり後悔したりもする。それでも、道理や分別で自らの自然な感情を抑えることはしたくない。少しくらい間違ったっていいんだ」と言っているように思えます。
 曲名の avenue は「大通り、本通り、並木道」ですが、他に「目的を達するための手段・方法・道、ある地点に至る道筋」という意味もあるそうです。