Pagan Poetry

2015年11月27日

Pagan Poetry : Björk




Pedaling through the dark currents *1
暗い流れの中、ペダルを踏みながら
I find an accurate copy *2
私は精密な複写を見つける
A blueprint of the pleasure in me *3
私の中の快楽の青写真を

(Swirling black lilies totally ripe) *4
(渦を巻く黒い百合は完熟している)
A secret code carved, a secret code carved *5
秘密の暗号が刻まれている
(Swirling black lilies totally ripe)
(渦を巻く黒い百合は完熟している)

He offers a handshake
彼は握手の手を差し出す
Crooked five fingers *6
曲げられた五本の指
They form a pattern
それは一つの様式を形作るけれど
Yet to be matched
まだぴったりと合わない

On the surface simplicity
表面は単純
(Swirling black lilies totally ripe)
(渦を巻く黒い百合は完熟している)
But the darkest pit in me
でも私の中の暗黒の穴は
is pagan poetry
異教の詩のように美しい
(Swirling black lilies totally ripe)
(渦を巻く黒い百合は完熟している)
Pagan poetry
異教の詩のように

Morsecoding signals
モールス式の信号が
They pulsate and wake me up *7
脈動し、私を目覚めさす
From my hibernating *8
この冬眠から

On the surface simplicity
表面は単純
(Swirling black lilies totally ripe)
(渦を巻く黒い百合は完熟している)
But the darkest pit in me
でも私の中の暗黒の穴は
And is pagan poetry
異教の詩のように美しい
(Swirling black lilies totally ripe)
(渦を巻く黒い百合は完熟している)
Pagan poetry
異教の詩のように

????? *9
(Swirling black lilies totally ripe)
(渦を巻く黒い百合は完熟している)
?????

I love him, I love him
私は彼を愛している
I love him, I love him
私は彼を愛している
I love him, I love him
私は彼を愛している
I love him, I love him
私は彼を愛している
(She loves him, she loves him)
(彼女は彼を愛している)

This time
今度は
(She loves him, she loves him)
(彼女は彼を愛している)
I'm gonna keep it to myself *10
自分だけのものにしておこう
(She loves him, she loves him)
(彼女は彼を愛している)

This time
今度は
I'm gonna keep me all to myself
自分だけのものにしておこう
But he makes me want to hand myself over *11
でも、彼が私にさせる。自分自身を彼にゆだねるようにと
(She loves him, she loves him)
(彼女は彼を愛している)
And he makes me want to hand myself over
彼のせいで、私は自分自身を彼に引き渡してしまう
(She loves him, she loves him)
(彼女は彼を愛している)


備考
  1. pedal : (ミシン・自転車・ピアノ等の)ペダルを踏む、ペダルを踏んで演奏する、自転車をこぐ
  2. accurate : 間違いのない、正しい、精密な、正確な、周到な、間違いを犯さない
  3. blueprint : 青写真、詳細な計画、設計図
  4. swirl : ぐるぐる回る、渦を巻く、くらくらする、めまいがする。回転させる、かき混ぜる、渦を巻かせる
    ripe : 熟した、実った、食べ頃の、熟成した。唇が赤くふっくらした。円熟した、盛りの。機が熟した。化膿した、いやらしい、くさい
  5. code : 法典、基準、慣例、礼儀作法、信号法、暗号、記号
    carve : 刻む、刻んで作る、彫る、彫刻する
  6. crooked : 不正な、心の曲がった。曲がった、湾曲した、歪んだ。身体に欠陥のある
  7. pulsate : 脈打つ、鼓動する。振動する、震える。振動させる
  8. hibernate : 冬眠する、引き篭もる、活動していない、休止中である
  9. ※ "?????" の部分は歌詞が不明。おそらくハミングのようなもの。
  10. keep ~ to oneself : 秘密にしておく、胸に納めておく、自分のものにしておく、独り占めにしておく
  11. hand ~ over : ~を(人の)保管・管理・保護にゆだねる、~を(人に)手渡す・譲り渡す


   


 2001年のアルバム Vespertine より。
 pagan はキリスト教などアブラハムの宗教からみた異教を指し、仏教やヒンズー教などの確立した宗教の他、キリスト以前の原始的・土俗的な信仰から無宗教まで、あらゆる非一神教的思想に対する侮蔑感情を含んだ言葉です。日本もそうですが、世界中にある原始的な自然信仰では性や性器が崇拝の対象とされることがあります。また、上の公式動画に現れるピアスは、入れ墨や瘢痕文身などとともに古代から人間が行なってきた身体改造の一つですが、近代には未開・野蛮あるいは反社会的だとして一般的には嫌悪されてきたものです。
 このような観点からこの歌詞を見ると、性に非寛容なキリスト教的価値観や異物を排斥する近代的価値観を否定する思想が含まれているように思えます。また、愛することと愛されることの複雑さ、自己愛と他者への愛の対立や葛藤、あるいは痛みと快楽の同一性、美醜の同一性なども歌っているように感じます。

All Is Full Of Love

2013年04月07日

All Is Full Of Love : Björk




You'll be given love
あなたは愛を与えられるでしょう
You'll be taken care of
あなたは気遣ってもらえるでしょう
You'll be given love
あなたは愛を与えられるでしょう
You have to trust it
あなたはそれを信じなければいけない

Maybe not from the sources you have poured yours
あなたが自らを注いだ水源からではないかもしれない
Maybe not from the directions you are staring at
あなたが見つめる先の方向からではないかもしれない

Twist your head around
頭を回して御覧なさい
It's all around you
それはあなたの周りじゅうにある
All is full of love
すべては愛に満ちている
All around you
すべてあなたの周りでは

All is full of love ; You just ain't receiving
すべては愛に満ちている ; ただあなたが受け取ろうとしないだけ
All is full of love ; Your phone is off the hook
すべては愛に満ちている ; あなたの電話は受話器がはずれている
All is full of love ; Your doors are shut
すべては愛に満ちている ; あなたのドアは閉まっている
All is full of love ; <………………>
すべては愛に満ちている ;
All is full of love, all is full of love
すべては愛に満ちている、すべては愛に満ちている


 1997年のアルバム Homogenic より。
 個人的にはこの世が愛に満ちているとはとうてい思えませんが、美しい歌詞、かくあるべき世界を描いた歌詞であろうとは思います。同時に、自分が気づかないところで自分が愛されているという自覚を持つことあるいは持てることは生きていく支えであろうとも思います。歌詞中の <………………> の部分はアルバムの歌詞カードにも印刷されておらず何と歌っているのか分かりません。最後は angel と言っているようにも聞こえますが…。ビョークは多くの歌でこのような意味不明のハミングのようなものを歌っているので、これもその一つであろうと思います。歌の中に意味を持たない声を含ませるのは、意味を持つ言葉あるいは民族語を超えて伝わる何かを込めたいという思いがあるのだろうかと想像します。
 冒頭に掲載した音源はアルバムバージョンです。一方、公式の音楽動画では1999年の米映画 Stigmata の挿入曲の音源が使われているようです。アルバムバージョンの音作りの方が気に入っているのでそちらを冒頭に掲げましたが、映像作品として優れた公式動画も下に紹介しておきます。


 


Joga

2012年10月23日

Joga : Björk




All these accidents that happen follow the dot
このすべての出来事は 一つの点を追っている
Coincidence makes sense only with you *1
偶然の一致が意味を持つのは あなたがいるからこそ
You don't have to speak, I feel
あなたはしゃべらなくていい 私には感じられる

Emotional landscapes, they puzzle me 2
心の震える地形が 私に謎をかける
Then the riddle gets solved
そして その謎が解けた時
And you push me up to this state of emergency *3
あなたは私を駆り立てる この緊急事態へ

How beautiful to be
なんて美しい存在
State of emergency is where I want to be
緊急事態 私が求める場所

All that no one sees, you see what's inside of me
誰もが分からないすべて あなたには分かる 私の心の中
Every nerve that hurts, you heal deep inside of me, ooh
痛みを感じるすべての神経 あなたは私の心の深部を癒す
You don't have to speak, I feel
あなたはしゃべらなくていい 私には感じられる

Emotional landscapes, they puzzle me and confuse
心の震える地形が 私に謎をかけ困惑させる
Then the riddle gets solved
そして その謎が解けた時
And you push me up to this state of emergency
あなたは私を駆り立てる この緊急事態へ
How beautiful to be
なんて美しい存在
State of emergency is where I want to be
緊急事態 私が求める場所
State of emergency
緊急事態
How beautiful to be
なんて美しい存在

Emotional landscapes, they puzzle me
心の震える地形が 私に謎をかける
Then the riddle gets solved
そして その謎が解けた時
And you push me up to this state of emergency
あなたは私を駆り立てる この緊急事態へ
How beautiful to be
なんて美しい存在
State of emergency is where I want to be
緊急事態 私が求める場所


備考
  1. coincidence : 偶然の一致、暗号、合致、符合、同時発生、同時存在
    ※心理学者ユングはシンクロニシティ(共時性)というオカルティックな概念を提唱した。伝統的な因果律とは異なり、因果関係のない複数の事柄の「偶然の一致」にも何らかの原理が働いている場合があるとする。そして、集団や民族、人類などに共通する集合的無意識が人間の意識の形成とコミュニケーションに作用し、同時発生・偶然の一致をもたらすとされる。
  2. ※ emotion は「感情(何かによって引き起こされる心の状態)、感動」だが、語の作りが ex-motion(外に動く)なので、日本語の感情より動的な語感の強い言葉ではないかと思う。
    ※ただし、ビョークはおそらく英語を母語としていないので、このような読み方は彼女の意図を損ねるかもしれない。
  3. state : 状態、ありよう、様子、精神(感情)状態、緊張状態、異常な神経状態


 1997年のアルバム Homogenic より。曲名の「ヨーガ」はビョークの親友のニックネームで、彼女に捧げた歌だそうです。また、ビョークはこの歌について、アイスランドの讃歌あるいはとてもロマンチックで誇り高い伝統的なアイスランド的な歌だと思う、火山の音を表現したかった、等と語っているそうです( http://en.wikipedia.org/wiki/Jóga )。
 アイスランドは自然が豊かで緑が多いというイメージを持っていました。たしかに人口密度は1平方kmあたり3人(ちなみにシンガポール6773人、日本336人、イギリス253人、アメリカ33人、カナダ3.3人)と世界で最も低い国の一つです。しかし、国土の10%が氷河におおわれ、火山灰でやせた土地が多いため森林面積は0.3%(日本は66%)に過ぎません。活動中の火山が30もあり、これは地熱発電や温泉等貴重な資源ではありますが、一方で噴火による災害も数多く起きています。冬の厳しい寒さも含めて、人間が生きていくにはかなり過酷な環境なのではないかと思います。下のPVを見ているうちに、歌詞中の emotional は揺れ動く大地、emergency は火山の噴火の隠喩だろうかと思うようになり、また、push up to や deep inside of なども合わせ全体が性的な隠喩にも思えてきました。

      
  
 この歌ともアルバムとも関係ありませんがビョークのインタビュー記事を見つけたので紹介します。彼女のものの考え方、音楽に対する姿勢などが分かる、とてもいいインタビューだと思います。1996年のものです。
 http://www.myagent.ne.jp/~newswave/bjork.htm




最新記事