Hall Of Fame

2016年09月08日

Hall Of Fame : The Script feat. will.i.am




Yeah, you can be the greatest
偉大な者になれる
You can be the best
最高の人間になれる
You can be the King Kong banging on your chest
誇らしげに胸を叩くキングコングにだってなれる

You can beat the world
世界を打ち負かせる
You can beat the war
戦争を打ち負かせる
You can talk to God, go banging on his door
神とだって話せる。さあ、行って彼の戸を叩け

You can throw your hands up
両手を高らかに上げることができる
You can beat the clock
期限にきっちり間に合わせられる
You can move a mountain
山も動かせる
You can break rocks
岩も砕ける
You can be a master
達人にだってなれる
Don't wait for luck
幸運を待つだけじゃ駄目だ
Dedicate yourself and you gon' find yourself *1
その身を捧げて専心しろ。そうすれば、自分の本分を見出せるだろう

※ Standing in the hall of fame *2
名誉の殿堂に像を立てられ
And the world's gonna know your name
世界中の誰もが名を知るようになるだろう
'Cause you burn with the brightest flame
その思いは輝く炎のように燃えているのだから
And the world's gonna know your name
世界中の誰もが名を知るようになるだろう
And you'll be on the walls of the hall of fame ※
名誉の殿堂の壁に飾られることになるだろう

You can go the distance *3
最後までやり通せる
You can run the mile *4
きっと、もう少し頑張れる
You can walk straight through hell with a smile
地獄だって颯爽と笑顔で通り抜けられる

You can be the hero
英雄にだってなれる
You can get the gold
金メダルも獲得できる
Breaking all the records they thought never could be broke
誰も破れないと思われていた記録を破ることだってできる

Yeah, do it for your people
みんなのためにやれ
Do it for your pride
自らの誇りのためにやれ
How are you ever gonna know if you never even try? *5
とにかくやってみなければ何も分からないだろう?

Do it for your country
国のためにやれ
Do it for your name
自分の名のためにやれ
'Cause there's gonna be a day when you're standing in the hall of fame
いつかその日が来るのだから。名誉の殿堂に立つ、その時が来るのだから
And the world's gonna know your name
そして世界中に名を知られるようになる
'Cause you burn with the brightest flame
その思いは輝く炎のように燃えているのだから
And the world's gonna know your name
世界中の誰もが名を知るようになるだろう
And you'll be on the walls of the hall of fame
名誉の殿堂の壁に飾られることになるだろう

Be a champion, be a champion, be a champion, be a champion
チャンピオンになれ
On the walls of the hall of fame
名誉の殿堂に飾られる立場になれ

Be students, be teachers, be politicians, be preachers
学生になれ。教師になれ。政治家になれ。伝道師になれ
Be believers, be leaders, be astronauts, be champions, be truth seekers
信奉者になれ。指導者になれ。宇宙飛行士になれ。チャンピオンになれ。真実の探究者になれ

Be students, be teachers, be politicians, be preachers
Be believers, be leaders, be astronauts, be champions

※~※

(Be a champion)
You can be the greatest
You can be the best
(Be a champion)
You can be the King Kong banging on your chest

(Be a champion)
You can beat the world
You can beat the war
(Be a champion)
You can talk to God, go banging on his door

(Be a champion)
You can throw your hands up
(Be a champion)
You can beat the clock
You can move a mountain
(Be a champion)
You can break rocks

(Be a champion)
You can be a master
Don't wait for luck
(Be a champion)
Dedicate yourself and you gon' find yourself
何でもいい。その身を捧げろ。そうして初めてあるべき自分を見つけられるだろう

Standing in the hall of fame
名誉の殿堂に立つのは、お前だ


備考
  1. gon' = gonna = going to
    ※ここでは "you are going to find" と「未来形」なのだろうと思う。
    find oneself : 自分の力・才能・性格を知る、自分の天職・適所を見出す
  2. hall of fame : 殿堂。ある分野で傑出した業績を残した人物を称え記念する博物館、顕彰館。
  3. go the distance : 最後までやりぬく。(野球で投手が)完投する。(アメフトで)タッチダウンする
  4. go the extra mile : もうひと頑張りする
    run a mile : 一目散に逃げる、とっとと逃げる、さっさと逃げる、できるだけ避ける
  5. ※直訳すると「もしやってみないとしたら、どうして分かるようになるだろうか。いや、分かるはずがない」という「反語」の言い回しなのだろうと思う。


 2012年のアルバム "#3" に収録。この歌についてメンバーの Danny O'Donoghue(ダニー・オドナヒュー)がインタビューで次のように語っています。拙訳は細部が間違っているかもしれないので原文を読まれることをお奨めします。
「僕たちは、ただ有名になることだけを目指すのは止めた方がいいってみんなに促がしたかったんだ」
「懸命に頑張って政治家になること、学校教師になること、他の何でもいい。すべてが社会を支える柱なんだ。そういうことが今、見失われてる。みんな "テレビに出たがる" からだよ。ただ "何か" になればいい。そうしたら、他の誰も知らなくても、君の回りの人たちの目には有名人として映るようになるんじゃないかって思うんだ」
 (http://www.huffingtonpost.co.uk/2012/08/30/the-script-danny-odonoghue-william-album-number-3_n_1842729.html)

Paint The Town Green

2016年04月29日

Paint The Town Green : The Script




And I know you're missing home, it's been so long since you've been
故郷が恋しいんだね。離れてずいぶん長い時が経ってる
And that life you had in Dublin now ain't nothing but a dream *1
ダブリンでの暮らしは、今や夢でしかない
To be right there in the moment, you'd give anything to be
ほんの一時だけでも戻れるなら、君はそのために何でも差し出すだろうね

It's alright
分かった。大丈夫だ
'Cause tonight we're gonna paint the town green *2
今夜、みんなでこの町を "緑" に塗ろう

Your friends are on the phone there, now it's so close to Paddy's Day *3
向こうの友達と電話してるんだね。もう、パディの祭日がすぐだ
And it kills you not to be there, but life got in the way *4
その日故郷にいられないのは辛いだろう。生活があるから仕方ないんだね
If I had to break the bank, spend every penny on your dreams *5
仮に有り金を使い果たせという天命でもあれば、君の夢のためにすべて使うよ

※ It's alright
でも、大丈夫
'Cause tonight we're gonna paint the town green *6
なぜって、今夜、僕たちはこの町を "緑" に塗りつくすから
Just like home, let's color the streets like our own
まるで故郷のように、この通りを僕たちの色に染めよう
Let's make this place feel like our own, if it's just you and me
この場所を僕たちの町だと感じられるように。僕と君だけでも
It's alright
大丈夫
'Cause tonight we're gonna paint the town green ※
今夜、この町を "緑" に塗ろう

And we travel on the subway like it was the Luas line *7
僕たちの乗る地下鉄はルアス線みたいだ
Change the Hudson to the Liffey where we kissed for the first time *8
ハドソン川をリフィ川に変えよう。僕たちが初めてキスをした所だね
Turn the city into Dublin, yeah, wherever we may be
この町をダブリンに変えよう。そうさ、どこに居たって大丈夫さ

※~※

Just like home, let's color the streets like our own
まるで故郷のように、この通りを僕たちの色に染めよう
Let's make this place feel like our own, if it's just you and me
この場所を僕たちの町だと感じられるように。僕と君だけでも
It's alright
大丈夫
'Cause tonight we're gonna paint the town green
今夜、この町を "緑" に塗ろう

Paint the town green
この町を "緑" に


備考
  1. Dublin : アイルランドの首都。
  2. 年間の気温差が小さく降水量も一定しているアイルランドは、エメラルドの島という異名があるほど緑が多いらしい。
  3. be on the phone : (人が)電話をしている(状態)
    Paddy's Day = St Patrick's Day : 聖パトリックの祝日。紀元5世紀にアイルランドにキリスト教を広めた司教 Patricius の命日である3月17日。カトリック教会では祭日、アイルランド共和国では祝祭日とされている。アイルランド国内各地で盛大なパレード等が催される他、アイルランド移民の多いアメリカやオーストラリア等海外でも様々な催し物が開かれる。
  4. get in the way : 邪魔(妨げ・障害)になる
  5. break the bank : 銀行をつぶす、(賭けに勝って)胴元をつぶす。有り金を使い果たす。無一文にする。(否定文で)大した金額ではない
    ※この "have to" は「外的状況により~しなければならない、せざるを得ない」という意味で、それを仮定法で「現実にはあり得ないけれど」というニュアンスを込めているが、上手く日本語に訳せなかった。
    penny : (英)ペニー。100分の1ポンド。(米)1セント銅貨。
  6. ※聖パトリックの祭日には、パレードの団員や多くの人が緑色の物を身につけ、緑色のビールが売られ、川や噴水が緑色に染められる。
  7. travel : 旅行する。行く、移動する。進む、走る。
    Luas : ダブリン市内を運行する路面電車
  8. Hudson River : 米ニューヨーク州を流れる川
    River Liffey : アイルランドのダブリンを流れる川


 2014年のアルバム "No Sound Without Silence" より。移民の多いアイルランド人に特徴的な心情を表した歌なのでしょう。そして、バンドとして世界的な人気を得て母国を離れることの多くなった彼らの個人的な感情も現れているのだろうと思います。聖パトリックの祝日は昔から宗教的な行事は地味に行なわれていたのですが、今のような盛大なフェスティバルになったのはまだここ数十年ほどの事のようです。この行事は特にアメリカでは世俗的に派手に行なわれ、イリノイ州のシカゴ川では下のようなすごい事になっています。

    

 <関連記事>
  ☆ Fairytale of New York : The Pogues & Kirsty MacColl

Superheroes : The Script

2014年10月20日




All her life she has seen all the meaner side of me *1
これまでずっと君は見てきた。自分の駄目な部分ばかりを
They took away the prophet's dream for a profit on the street *2
それは、街娼で得る金の代償に夢の実現を君から取り上げた
Now she's stronger than you know
でも、今や君は強くなった。君が思っている以上に
A heart of steel starts to grow
鋼の心が育ち始めている

All his life he's been told he'll be nothing when he's old *3
これまでずっと君は言われてきた。大人になっても何にもなれないだろうと
All the kicks and all the blows, he won't ever let it show
どんなに殴られどんなに蹴られても、君はそれを人に見せない
'Cause he's stronger than you know
なぜなら君は強いのだから。君が思っている以上に
A heart of steel starts to grow
鋼の心が育ち始めている

※ When you've been fighting for it all your life
これまでずっと君は人生を闘い続けてきた
You've been struggling to make things right
上手くいくようにもがき続けてきた
That's how a superhero learns to fly *4
そうやってスーパーヒーローは飛ぶことを覚えるんだ
Every day, every hour, turn the pain into power
毎日、毎時間、痛みを力に変えて

When you've been fighting for it all your life
これまでずっと君は人生を闘い続けてきた
You've been working every day and night
毎日、昼も夜も働き続けてきた
That's how a superhero learns to fly
そうやってスーパーヒーローは飛ぶことを覚えるんだ
Every day, every hour, turn the pain into power ※
毎日、毎時間、痛みを力に変えて

All the hurt, all the lies, all the tears that they cry
すべての痛み、すべての嘘、すべての流した涙
When the moment is just right, you see fire in their eyes
時は来た。君の目には今、炎が宿る

'Cause he's stronger than you know
なぜなら君は強いのだから。君が思っている以上に
A heart of steel starts to grow
鋼の心が育ち始めている

※~※

Every day, every hour, turn the pain into power
毎日、毎時間、痛みを力に変えて

☆ She's got lions in her heart, a fire in her soul
君は心にライオンを得た。魂に炎を得た
He's a got a beast in his belly that's so hard to control
君は腹に猛獣を得た。制御するのが難しいほどの
'Cause they've taken too much hits, taking blow by blow
そして、それは君がとても沢山打たれてきたからだ。殴られ続けたからだ
Now light a match, stand back, watch them explode ☆ *5
だから、今こそ火をつけろ。下がれ。見ろ。そいつらが爆発するのを

☆~☆

※~※

Every day, every hour, turn the pain into power
毎日、毎時間、痛みを力に変えて

When you've been fighting for it all your life
これまでずっと君は人生を闘い続けてきた
You've been struggling to make things right
上手くいくようにもがき続けてきた
That's how a superhero learns to fly
そうやってスーパーヒーローは飛ぶことを覚えるんだ


備考
  1. mean : 品質・能力等が劣った、取るに足りない・些細な、みすぼらしい、卑しい、卑劣な、卑怯な、意地悪い、けちな、無礼な、癪に障る
  2. take : 取る、捕らえる、代金を取り立てる・賃金を受け取る、買う・講読する、引用する……
    take away : [他動詞の場合] 運び去る、片付ける、除く、取り上げる、連れ去る、持ち帰る、数学の「引く」
    prophet : 預言者、預言書、神の代弁者
    prophetic dream : 正夢、予知夢、予言的な夢
    profit : 利益、儲け
    on the street : 路上で、街頭で、失業して、路上生活して、街娼をして、世俗の、市井の
    ※この They は前行の "all the meaner side" を指しているのだろうか。また、"profit on the street" も具体的に何を指しているのかよく分からないので、ここでは一応想像で訳しておいた。
  3. nothing : 価値・意味のない物・人・事、つまらない・どうでもいい物・人・事
  4. That's how ~ : そのようにして~、そういうわけで~、それが~するきっかけである
  5. stand back : 後ろへ下がる、離れた所にある、身を引いている
    ※ them(そいつら)が具体的に何なのか分からないが、自分が我慢してきたもの、抑えてきたもの、経験してきた痛み・傷、苦い思い出等を指すのではないかと思う。


 アイルランドのバンド、ザ・スクリプトの2014年のアルバム "No Sound Without Silence" より。
 心が多少捻じ曲がった私は、このようなありきたりな歌詞に感動することはまずありませんが、先日ラジオで知り、曲調と歌い方に聞き惚れました。英語の原文では she、he, you が書き分けられていますが、訳文ではこれらをすべて「君」で通しています。細かなニュアンスは犠牲になりますが、それでも全体の趣旨は損なわれないのではないかと思います。

 <関連記事>
   ☆ True Colors : Cyndi Lauper
   ☆ Indigo : Frida Sundemo



最新記事