Serenade

2010年09月23日

Serenade : Emiliana Torrini





New world for me
私にとっての新しい世界が
Picturesque in its stance *1
絵のように美しく立ち現れる
Midnight calling
真夜中が呼んでいる
Moonlight shadows start to dance
月影が踊り始める

For the dark finds ways of being engraved in the light *2
闇は光に彫り刻まれた生き場所を見つけ
And the heart bears indentations of yesterdays hurting child *3
心は子どもの頃の傷を負い続けるけれども
And now we will run with smiles
もう私たちは微笑みながら走り出そう
Tomorrow will heal the night soul
明日という日が夜の魂を癒やすだろう
Morning comes
朝は必ず来るのだし
Midnight make fast with the sun *4
真夜中は太陽ときつく結ばれているのだから
I can hear my name, be reborn *5
私の名を呼ぶ声が聞こえる。甦りの声が
On the cloud within the sky beneath the dawn
夜明けの空の雲の上に

Oh I
だから私は
Serenade the dawn *6
夜に歌う
Serenade the dawn
暁の歌を


備考
  1. picturesque : 絵のような、美しい、画趣に富む、生き生きした、個性に富む
    stance : 足場、足の位置、心情的・思想的な姿勢・態度・立場、肉体的な姿勢・構え
  2. engrave : 彫刻を施す、彫り刻む、刻み込む
  3. bear : マーク・痕跡等を身につける・帯びる、関係・称号・意味等を持つ、心に持つ・抱く、支える、義務・責任を負う、耐える、我慢する
    yesterdays : 過去
    yesterday's : 昨日の
    indentation : ぎざぎざをつけること、ぎざぎざ、へこみ、くぼみ、圧痕、字下げ
  4. fast : 固着した、ぐらつかない、しっかりした、固く締まった(結び目など)、心の変わらぬ
  5. reborn : 生まれ変わった、再生した、生き返った
  6. serenade : [名] 夜、恋人の部屋の外で歌う(奏でる)こと、またその歌・曲
          [動] (人のために)セレナーデを歌う(奏でる)


 2005年のアルバム Fisherman's Woman より。
 詩的な歌詞で聞く人により解釈がわかれそうな気がしますが、ここでは、傷ついた心とその再生を願う歌だと解しました。そして、歌詞中に「私たち」とあること、serenade が「誰か人のために歌う」という意味を持つことなどから、傷ついた心は自分自身のことであると同時に歌いかける相手のことでもあると思います。「あらゆる傷ついた心のために私は歌う」と感じました。

Sunny Road

2008年12月12日

Sunny Road : Emiliana Torrini




Wrote you this.
あなたへ。
I hope you got it safe.
元気でいるといいけれど…。
It's been so long.
とても長い時間がたったね。
I don't know what to say.
何て言えばいいかしら。
I've travelled 'round through deserts on my horse. *1
わたし、馬に乗って、ずっと荒野を旅してきたの。
But jokes aside, *2
なんて冗談はさておき、
I wanna come back home.
あなたの元へ帰りたいの。
You know that night.
覚えてるかな、あの夜。
I said i had to go.
わたしは「行かなくちゃ」って言った。
You said you'd meet me on the sunny road.
あなたは「また、日の当たる道で会えるよ」って言った。

It's time, meet me on the sunny road.
今がその時よ。日の当たる道でわたしに会って。

I never married, never had those kids.
わたしは結婚しなかった。子どもも持たなかった。
I loved too many. *3
恋はたくさんしたよ。
Now heaven's closed its gates.
だから、天国の門は閉ざされてる。
I know I'm bad to jump on you like this. *4
こんな風にあなたに飛びかかるような真似も、悪いと思ってる。
Some things don't change.
でも、こういう性格、変えられないみたい。
My middle name's still 'Risk'.
わたしのミドルネームは今でも「危険」なの。
I know that night.
わたしはよく覚えてる。あの夜のこと。
So long long time ago.
とても遠い昔のこと。
Will you still meet me on the sunny road ?
まだ、あなたは日の当たる道でわたしに会ってくれる?

It's time, meet me on the sunny road.
今がその時なの。日の当たる道でわたしに会って。

Well, this is it. *5
もう終わりにするね。
I'm running out of space. *6
書くスペースがなくなっちゃった。
Here is my address and number just in case. *7
いちおう、住所と電話番号書いておくね。
This time as one we'll find which way to go.
わたしたちがどんな道を見つけるか、これで決まると思うの。
Now come and meet me on the sunny road.
わたしに会いに来て。日の当たる道で。


備考
  1. desert : 砂漠、荒野 (同じ綴りの別の単語では、功罪、報い、肉親を棄てる、等の意味を持つ)
  2. aside : わきに、かたわらに
    aside from : ~は別として、~はさておき
  3. I loved の対象は手紙の相手ではなく他の複数の男だと思われる。
    もし手紙の相手ならば too much と書くような気がする。
  4. jump on : 人に飛びかかる、激しく非難・攻撃する
  5. This is it : これだ、いよいよ来るぞ
    That's it : そこだ、まさしくそれだ、これでおしまい
  6. run out of : ~を使い果たす、(品物を)切らす
    space : 空間、余白、紙面
  7. (just) in case : 万一に備えて、~するといけないので


 エミリアナ・トリーニの2005年のアルバム Fisherman's Woman より。日本語で書くと「漁師の女」ですね。渋いです。
 サニーロードは歌詞が昔の恋人(?) に向けた手紙の形式をとっています。生ギターだけの伴奏で感情を抑えて淡々と語るように歌う彼女の声は、聞いていると寂しいような温もりのあるような不思議な感覚を覚えます。訳し終えて読み直してみると歌の雰囲気に訳文の文体が若干合わないように思えましたが、私には女性の文体は無理なのでこれくらいが限界です。

Jungle Drum

2008年12月11日

Jungle Drum : Emiliana Torrini




Hey, I'm in love,
ねえ、わたし、恋してるの
My fingers keep on clicking to the beating of my heart. *1
心臓の鼓動に共鳴してる。指が止まらない
Hey, I can't stop my feet,
足もじっとしてられないの
Ebony and ivory and dancing in the street. *2
ピアノの黒鍵、白鍵が踊ってる、通りではみんなが踊ってる
Hey, it's because of you,
ねえ、全部あなたのせいよ
The world is in a crazy, hazy hue. *3
世界が霞んで見える

My heart is beating like a jungle drum.
ジャングルの太鼓のようにハートが鳴り続けてる

Man, you got me burning.
ねえ、あなたがわたしに火をつけたのよ
I'm the moment between the striking and the fire. *4
今にも燃え出しそう
Hey, read my lips,
わたしの唇を読んで
'Cause all they say is kiss, kiss, kiss.
キス、キス、キスって言ってるでしょ
No, it'll never stop.
だめ。もう止まらないの
My hands are in the air, yes I'm in love. *5
両手を高く伸ばして。そう。恋してるの

My heart is beating like a jungle drum.
ドキドキがとまらない。ジャングルの太鼓みたい

備考
  1. click : カチッと鳴る、動く(コンッ、カチカチ、カチリ等)
  2. ebony : 黒檀(家具用材)
    ivory : 象牙
    ※ "Ebony and Ivory" は、ポール・マッカートニー&スティーヴィー・ワンダーによる1982年のヒット曲。曲名はピアノの鍵盤の黒と白の調和を意味するが、黒人と白人の調和という意味も込められているらしい。
  3. hazy : かすんだ、もやのかかった、もうろうとした
    hue : 色合い
  4. strike fire : 火打石を打って発火させる、深い感銘を与える
  5. in the air : 空中に、空に
    ※なお air には「メロディ、曲」という意味もある。


 エミリアナ・トリーニはアイスランド出身。1977年、イタリア人の父とアイスランド人の母の元にレイキャビックで生まれました。実家はアイスランドでは有名なイタリアンレストランを営んでおり、彼女も一時そこでウェイトレスとして働いたこともあるそうです。1994年、17歳の時に Spoon というバンドでレコードデビュー。2002年には、映画「ロード・オブ・ザ・リング~二つの塔~」のエンディングテーマ曲をビョークの代理として歌ったことで世界的に有名になりました。(以上 Wikipedia より)
 ジャングル・ドラムは 2008年発売のアルバム Me and Armini に収録されています。「ドンコ、ドン、ドコドコ」のところが非常に好きです。ちなみにアイスランドにはジャングルどころか森林がほとんどないそうです。


 <関連記事>
   ☆ Joga : Bjork



最新記事