It Ain't Me : Kygo & Selena Gomez

2017年08月11日



I had a dream
夢を見た
We were sipping whiskey neat *1
二人でウィスキーを啜ってた
Highest floor, the Bowery, and I was high enough
バワリーホテルの最上階。私の気分も上々だった
Somewhere along the lines we stopped seeing eye to eye *2
でもそのうちにいつしか、二人の意見は合わなくなっていった
You were staying out all night and I had enough *3
あなたはしょっちゅう外泊し、私はもうたくさんだと思った

No, I don't wanna know where you been or where you're going
知りたくなんかないの。あなたがどこにいたのか、どこに行こうとしてるのか
But I know I won't be home and you'll be on your own *4
分かった。これからは私も家にいない。あなたも好きなようにするだろう

Who's gonna walk you through the dark side of the morning? *5
朝まだ暗い中、これから先、誰があなたを連れ歩くの?
Who's gonna rock you when the sun won't let you sleep?
日が昇ってあなたが眠れない時、誰がゆりかごを揺らしてあげるの?
Who's waking up to drive you home when you're drunk and all alone?
あなたが一人で酔ってる時、誰が車で迎えに行くために起きているの?
Who's gonna walk you through the dark side of the morning?
朝まだ暗い中、これから先、誰があなたを連れ歩くの?
It ain't me *6
もう私じゃないよ

(The Bowery, whiskey neat, grateful, I'm so grateful)
(バワリーホテル。ストレートのウィスキー。嬉しかった。心地良かった)
It ain't me
でも、それは私じゃない

I had a dream
夢を見た
We were back to seventeen
あの十七階の部屋に、私たちは戻っていた
Summer nights and The Libertines, never growing up *7
夏の夜に聞いたリバティンズ。決して大人にならない
I'll take with me the Polaroids and the memories
あの時の写真と思い出はずっと持っていくわ
But you know I'm gonna leave behind the worst of us
でもね。二人の最悪だった事柄は過去に置いていく

Who's gonna walk you through the dark side of the morning?
朝まだ暗い中、これから先、誰があなたを連れ歩くの?
Who's gonna rock you when the sun won't let you sleep?
日が昇ってあなたが眠れない時、誰がゆりかごを揺らしてあげるの?
Who's waking up to drive you home when you're drunk and all alone?
あなたが一人で酔ってる時、誰が車で迎えに行くために起きているの?
Who's gonna walk you through the dark side of the morning?
朝まだ暗い中、これから先、誰があなたを連れ歩くの?

It ain't me, no, no
それは、もう私じゃないのよ
Who's gonna walk you through the dark side of the morning?
朝まだ暗い中、誰があなたを連れ歩くの?
It ain't me
私はもういやよ

(The Bowery, whiskey neat, grateful, I'm so grateful)
(バワリーホテル。ストレートのウィスキー。嬉しかった。心地良かった)
It ain't me
それは、もう私じゃない


備考
  1. neat : きちんとした、小奇麗な。きれい好きな、几帳面な。品のよい、垢抜けた、すっきりした。すばらしい、素敵な。巧妙な、手際の良い。(酒が)ストレートの、生の。
  2. along the line : 途中のどこかで、ある段階(時点)で
    see eye to eye : 意見が一致する、見解が全く同じである、話が合う
  3. enough : 必要を満たすのに十分な、足りる。余裕はないがぎりぎり足りる
    I've had enough. : もうたくさんだ
  4. on one's own : 経済的に独立して、思うとおりに。一人で、独力で
  5. Who's gonna walk = Who is going to walk
    walk : 歩かせる、連れて歩く、引っ張って行く、案内する、付き添う
  6. ain't = is not, am not, are not
  7. The Libertines : イギリスのロックバンド。libertine は「放蕩者」を意味する。


 セレーナ・ゴメスは1992年生まれの、アメリカの歌手、俳優で、2009年よりユニセフ親善大使も務めており、発展途上国の子供たちや病気の子供たちへの慈善活動に熱心だそうです。カイゴはノルウェー出身のDJ、レコードプロデューサーです。この歌はカイゴの2017年のアルバム "NOW That's What I Call Music, Vol. 62" に収録されています。
 彼とのことは思い出としてしまっておこうと言いながら、彼が夢に現れ続けるということは、彼に対する諦めきれない何らかの思いがあるのでしょう。


 <関連記事>
  ☆ The Man Who Would Be King : The Libertines



最新記事