Is This Love

2016年10月30日

Is This Love : Bob Marley & The Wailers




I wanna love you and treat you right *1
きみを愛したい。きみを大切にしたい
I wanna love you every day and every night
きみを愛したい。昼も夜も、いつだって
We'll be together with a roof right over our heads *2
一緒にいよう。小さいけど住む家はある
We'll share the shelter of my single bed *3
分かち合おう。ベッドは一人用だけど雨風はしのげる
We'll share the same room, yeah, for Jah provide the bread *4
分かち合おう。部屋は一つだけど、食べ物は神様が与えて下さるから
Is this love, is this love, is this love
これが愛なのか?
Is this love that I'm feelin'?
今感じているこの気持ちが?
Is this love, is this love, is this love
これが愛なのか?
Is this love that I'm feelin'?
今感じているこの気持ちが?
I wanna know, wanna know, wanna know now
俺は知りたい。今この時に
I got to know, got to know, got to know now
知らなくちゃいけないんだ。今この時にこそ

I-I-I-I-I-I-I-I-I, I'm willing and able *5
俺には、やる気もある。それをこなす力もある
So I throw my cards on your table *6
だから正直にこの気持ちをさらすんだ
I wanna love you, I wanna love and treat, love and treat you right
きみを愛したい。そして、大切にしたい
I wanna love you every day and every night
きみを愛したい。昼も夜も、いつだって
We'll be together, yeah, with a roof right over our heads
一緒にいよう。小さいけど住む家はある
We'll share the shelter, yeah, oh now, of my single bed
分かち合おう。ベッドは一人用だけど雨風はしのげる
We'll share the same room, yeah, for Jah provide the bread
分かち合おう。部屋は一つだけど、食べ物は神様が与えて下さるから

Is this love, is this love, is this love
これが愛なのか?
Is this love that I'm feelin'?
今感じているこの気持ちが?
Is this love, is this love, is this love
これが愛なのか?
Is this love that I'm feelin'?
今感じているこの気持ちが?
Wo-o-o-oah, oh yes, I know, yes, I know, yes, I know now
そうだ。分かる。俺には分かる。今こそ
Oh, Yes, I know, yes, I know, yes, I know now
そうさ。今、やっと分かった

I-I-I-I-I-I-I-I-I, I'm willing and able
意思も能力もある
So I throw my cards on your table
だから気持ちを正直にさらすんだ
See, I wanna love ya, I wanna love and treat ya
愛したい。大切にしたい
love and treat ya right
愛するよ。大切にするよ
I wanna love you every day and every night
愛したい。昼も夜も、いつだって
We'll be together with a roof right over our heads
一緒にいよう。小さいけど住む家はある
We'll share the shelter of my single bed
分かち合おう。ベッドは一人用だけど雨風はしのげる
We'll share the same room, yeah, Jah provide the bread
分かち合おう。部屋は一つだけど、食べ物は神様が与えて下さるから
We'll share the shelter of my single bed …
分かち合おう。ベッドは一人用だけど雨風はしのげる


備考
  1. treat : 扱う、遇する。見なす、思う。治療する、手当てする、処置する。処理する。もてなす、歓待する、供応する。
    ※ "treat you right" は直訳すると「正当に扱う、正しくもてなす」等だが、「心配りをする、大切にする、助ける、友好的にする、親切にする」等の意味を含む。
  2. roof : 屋根、屋上。家、家庭。最高部、てっぺん、頂
    have a roof over one's head : 住む家がある
    right : 正しい、正確な、当然の。健全な、正常な。都合のよい、適した、ぴったりの、申し分のない
  3. shelter : (悪天候・危険・攻撃等を避ける)避難所、小屋。(~を防ぐための)保護、避難。(雨風から身を守る)すみか、宿、家。
    ※ "shelter of my single bed" は「ベッドで出来た避難所、避難所としてのベッド、雨風から身を守るベッド」等の意味なのだろうと思うが、こういう英語の言い回しが普通なのかどうか、よく分からなかった。そのため、若干意訳してある。
  4. Jah : ジャー。ユダヤ・キリスト教の唯一神を指す「ヤハウェ、エホバ」等の略称。ボブ・マーリーの信奉するラスタファリアニズムで好んで使われる言葉。
  5. be ready, willing and able : 準備も意思も能力もある、やる気満々である
  6. lay(put) one's cards on the table : 手の内をさらけ出す、手の内を見せる、事実をすべて公開する、感情や意思を正直にさらす


 1978年のアルバム "Kaya" などに収録。恋愛を扱った歌なのでしょうが、ボブ・マーリーの使う "love" という言葉は、冒頭の動画にも見られるように、恋愛を超えたさまざまな愛を感じさせます。また、清貧という言葉を強く感じさせる歌詞だとも思います。


 <関連記事>
   ☆ Could You Be Loved : Bob Marley & The Wailers

Could You Be Loved

2015年12月01日

Could You Be Loved : Bob Marley & The Wailers




Could you be loved and be loved?
お前は愛されるに値するか?
Could you be loved and be loved?
お前は愛されるに値するか?

Don't let them fool you *1
奴らにお前を馬鹿にさせるな
Or even try to school you. Oh, no! *2
奴らに教育すらさせるな。だめだ
We've got a mind of our own
俺たちには俺たち自身の知性がある
So go to hell if what you're thinking is not right!
だから、もし自分の考えが間違っていれば、ただ地獄に落ちればいい
Love would never leave us alone
神の愛は俺たちを決して一人にはしない
In the darkness there must come out to light
暗闇の中にも必ず光が差すはずだ

Could you be loved and be loved?
だが、お前は愛されるに値するか?
Could you be loved, wo now! and be loved?
お前は愛されるに値するか?

(The road of life is rocky and you may stumble too *3
(人生の道は石ころだらけだ。お前だって躓き転ぶかもしれない
So while you point a finger someone else is judging you) *4
つまり、お前が誰かを指差し非難している時、他の誰かもお前を裁いているんだ)
Love your brotherman! *5
同胞を愛せ。人を愛せ
(Could you be, could you be, could you be loved?)
(だが、お前は愛されるに値するか?)
(Could you be, could you be loved?)
(お前は愛されるに値するか?)

Don't let them change you, oh!
奴らにお前を変えさせるな
Or even rearrange you! Oh, no! *6
奴らにお前を書き換えさせるな。だめだ
We've got a life to live
俺たちは生きるべき命を持っている
They say: only, only
奴らは言う。ただ…、ただ…
Only the fittest of the fittest shall survive *7
ただ最も適した者だけが生き延びるだろうと
Stay alive! Eh!
そうだ。生き続けろ

Could you be loved and be loved?
お前は愛されるに値するか?
Could you be loved, wo now! and be loved?
お前は愛されるに値するか?

(You ain't gonna miss your water until your well runs dry *8
(人は誰でも、井戸が干上がるまで水の価値に気づかない
No matter how you treat him, the man will never be satisfied) *9
お前が誰かをどれほどもてなそうと、そいつは決して満足しないだろう)
Say something! (Could you be, could you be, could you be loved?)
発言せよ。(お前は愛されるに値するか?)

Say something! Reggae, reggae!
発言せよ。レゲエ野郎
Say something! Rockers, rockers!
発言せよ。ロック野郎

Say something! (Could you be, could you be, could you be loved?)
発言せよ。(お前は愛されるに値するか?)


備考
  1. fool : ばかにする、からかう。かつぐ、だます
  2. 教える、仕込む、訓練する、しつける
  3. rocky : 岩石の多い、石ころだらけの。岩石のような。困難の多い。意志の堅い、無感動な
  4. point a finger at : 指差す、名指しで非難する、公然と非難する、責める、なじる、悪口を言う、指弾する
  5. brotherman = man
  6. rearrange : 配列し直す、再整理する、約束の日時を取り決め直す
    arrange : 配列する、整理する。取り決める、前もって準備する。解決する、調停する。編曲する、脚色する
  7. fit : 目的・条件に適った、適した、ふさわしい。仕事・任務に耐えられる、適任の、有能な、値する、資格がある
  8. ※ "You never miss the water till the well runs dry. : [諺] 人は何かを失わない限り、その何かに対して感謝することはない。失って初めてその有難みが分かる。
  9. treat : 人・動物を扱う、遇する。~とみなす。治療する、治す、手当てする。もてなす、おごる、ごちそうする、与える。


 彼の最後のスタジオアルバム Uprising(1980年)より。
 曲名でもあり最も重要だと思える語句 "Could you be loved?" の意味が実は正確には分かりません。"You could be loved." だと「お前は愛される可能性がある、お前は愛されることがあり得る」だろうと思うので、これが疑問文になれば「お前は愛される可能性があるのか、お前は愛され得るのか」となると思うのですが、日本語にするとニュアンスがよく分かりません。この翻訳では一応「愛され得る→愛されるだけの価値がある→愛されるに値する」と訳しましたが、正確な翻訳ではありませんので、どなたか分かる方がいましたら教えていただけると有難いです。
 また、この語句中の you は歌いかける相手の「お前」、第三者である「奴ら」、歌っている自分である「俺」のすべてを含んでいるのではないかと思います。それも特に「自分」自身に対して最も問いかけているように聞こえます。「神の愛は万人に対し平等で、人間は誰も皆等しく生きる権利を持つ。だが、俺自身はそれにふさわしい生き方ができているだろうか」という自問なのではないでしょうか。

Babylon System

2015年11月04日

Babylon System : Bob Marley & The Wailers




We refuse to be what you wanted us to be;
俺たちは拒絶する。お前たちが望むようにはならない
We are what we are:
俺たちは俺たちのままだ
That's the way (way) it's going to be. You don't know!
そういうことになるものなんだ。お前たちには分からないだろうが
You can't educate I for no equal opportunity:
俺を教育することはできない。平等な機会が与えられないままでは
(Talkin' 'bout my freedom) Talkin' 'bout my freedom,
自分の自由について語ること
People freedom (freedom) and liberty!
人民の自由と自主
Yeah, we've been trodding on the winepress much too long: *1
俺たちはあまりにも長い間、葡萄を踏み続けてきた
Rebel, rebel!
抵抗せよ、反抗せよ

Babylon system is the vampire, yea! (vampire) *2
バビロンの支配体制は吸血鬼だ
Suckin' the children day by day, yeah!
毎日毎日子供たちの血を吸っている
Me say: de Babylon system is the vampire, falling empire,
バビロンの支配体制は吸血鬼だ。堕落した帝国だ
Suckin' the blood of the sufferers, yea-ea-ea-ea-e-ah! *3
苦しむ者たちの血を吸っている
Building church and university, wo-o-ooh, yeah! -
教会や大学を建てることで
Deceiving the people continually, yea-ea! *4
絶えず人々を騙し続ける
Me say them graduatin' thieves and murderers; *5
そうだ。彼らは泥棒や人殺しに学位を与えている
Look out now: they suckin' the blood of the sufferers (sufferers). *6
気をつけろ。彼らは苦しむ者の血を吸っているんだ
Yea-ea-ea! (sufferers)

Tell the children the truth;
子供たちに真実を教えろ
Tell the children the truth;
子供たちに真実を教えろ
Tell the children the truth right now!
今すぐに、子供たちに真実を教えろ
Come on and tell the children the truth;
さあ、子供たちに真実を教えろ

'Cause - 'cause we've been trodding on ya winepress much too long:
俺たちはあまりにも長い間、葡萄を踏み続けてきたのだから
Rebel, rebel!
抵抗せよ、反抗せよ
And we've been taken for granted much too long: *7
俺たちはあまりにも長く権利をないがしろにされてきた
Rebel, rebel now!
反抗せよ。今こそ反抗せよ

(Trodding on the winepress) Trodding on the winepress (rebel):
葡萄を踏みながら
got to rebel, y'all (rebel)!
反抗しなければならない
We've been trodding on the winepress much too long - ye-e-ah! (rebel)
俺たちはあまりにも長い間、葡萄を踏み続けてきた
Yea-e-ah! (rebel) Yeah! Yeah!
そうだ(反抗せよ)

From the very day we left the shores (trodding on the winepress)
岸を離れたまさしくその日から(葡萄を踏みながら)
Of our Father's land (rebel),
父祖の土地を離れたその日から(反抗せよ)
We've been trampled on (rebel), *8
俺たちはずっと踏みつけられ、踏みにじられてきた(反抗せよ)
Oh now! (we've been oppressed, yeah!) Lord, Lord, go to …
さあ。(我々は抑圧されてきた) 主よ、主よ。進め…

Now we know everything we got to rebel
今俺たちはすべてが分かる。俺たちは抵抗しなければならない
Somebody got to pay for the work
人は、労働に対しては対価を支払わなければならない
We've done, rebel
俺たちは十分働いた。抵抗せよ


※最後の3行はフェードアウトされて聞こえないが、CDの歌詞カードには記載されている。


備考
  1. ※英語では tread {踏む・歩く・踏みつける・踏み固める} の過去形が trod だが、ジャマイカンパトワでは trod を現在形として使うことがあるらしい。
    winepress : 葡萄を搾るための桶
    ※「私はただ一人で酒舟を踏んだ。諸国の民は誰一人私に伴わなかった。私は怒って彼らを踏みつけ、憤って彼らを踏み潰した。そのため、彼らの血が私の衣に振りかかり、私の着物を汚した」(イザヤ書63章にある神の言葉。"諸国の民" はイスラエルに敵対するエドムの国民を指す)…この歌詞の「葡萄を踏む」は、歌詞全体の文脈から表面的には「過酷な労働、正当な対価を与えられない労働」を意味するが、婉曲的に「神の意に従うこと、神意に敵対する者と戦うこと」を含意しているように思える。
  2. Babylon : メソポタミアの古代都市。新バビロニア王国に滅ぼされイスラエル人が強制移住させられた事がユダヤ教を成長させる一つの契機になった。ユダヤ・キリスト教においては、バビロンは神に敵対するイメージを持ち、堕落・退廃した都市の象徴あるいは悪徳的な資本主義の象徴とされる。
  3. sufferer : 苦しんでいる人、罹災者、被害者、殉教者、殉死者
  4. deceive : 欺く、だます、惑わす
    continually : 絶えず、間断なく、断続的に。頻繁に、頻りに
  5. graduate : 学位を授与する、卒業させる
    thieve : 盗みをする、窃盗を働く
  6. look out : 外を見る、気をつける、用心する、見渡す、見晴らす、~に面している
  7. take ~ for granted : ~を当然のことと思う、(権利等を)当然のこととしておろそかにする・正しく評価しない
  8. trample : ドシンドシンと歩く、踏みつける、踏み潰す、踏みにじる、手荒く扱う


 1979年のアルバム Survival より。



最新記事