Vertigo

2016年08月31日

Vertigo : U2




Uno, dos, tres, catorce *1
1、2、3、14
Turn it up loud, captain
音を上げてくれ、艦長

Lights go down, it's dark
光が消え、辺りが暗くなる
The jungle is your head, can't rule your heart *2
頭が混乱し、動悸が収まらない
A feeling's so much stronger than a thought
とても強い感情が起こり、思考を超える
Your eyes are wide and though your soul, it can't be bought
目は大きく見開かれている。魂が買われることはないが
Your mind can wander
心は当て所なく彷徨っている

Hello, hello (hola!) *3
ハロー、ハロー(ホーラ)
I'm at a place called Vertigo (dónde está!) *4
ヴァティゴ(眩暈)という所にいるんだ(どこだって?)
It's everything I wish I didn't know
何もかも知らなければ良かったと思うことばかり
Except you give me something
ただあなたが与えてくれるものは違う
I can feel, feel!
感じられる。感じられる

The night is full of holes
この夜のクラブはいくつもの穴が開いている
'Cause bullets rip the sky of ink with gold *5
なぜなら、墨色の天井をミラーボールが金色の銃弾で切り裂いているから
They twinkle as the boys play rock and roll *6
みんな、ロックンロールを奏でる少年たちのようにキラキラ輝いているが
They know that they can't dance, at least they know
自分たちが踊れないことを知っている。ともかく分かってはいる
I can't stand the beat, I'm asking for the check *7
唸る音に耐えられず、勘定を頼む
Girl with crimson nails has Jesus around her neck
真っ赤な爪をした少女が、イエスを首に掛けて
Swinging to the music, swinging to the music
音楽に合わせて踊っている

Hello, hello (hola!)
ハロー、ハロー(ホーラ)
I'm at a place called Vertigo (dónde está!)
ヴァティゴ(眩暈)という所にいるんだ(どこだって?)
It's everything I wish I didn't know
何もかも知らなければ良かったと思うことばかり
But you give me something
でも、あなたは何かを与えてくれる
I can feel, feel!
感じられる。感じられる

Check mated *8
詰まされた
Oh yeah, hours of fun
楽しい時間
Jumping in, yeah
飛び込むんだ

All of this, all of this can be yours *9
このすべてが、このすべてがお前のものになるぞ
All of this, all of this can be yours
All of this, all of this can be yours
Just give me what I want and no one gets hurt
私の求めるものをお前が差し出しさえすれば。そして、誰も傷つきはしない

Hello, hello (hola!)
ハロー、ハロー(ホーラ)
We're at a place called Vertigo (dónde está!)
ヴァティゴ(眩暈)という所にいるんだ(どこだって?)
Lights go down, and all I know is that you give me something
光が消える。ただ分かるのは、あなたが何かを与えてくれるということ
I can feel your love teaching me how
感じられる。どうすればいいかをあなたの愛が教えてくれる
Your love is teaching me how
あなたの愛はやり方を教えてくれる
How to kneel
跪き方を、祈り方を
Kneel
跪くことを

Yeah, yeah, yeah, yeah, yeah, yeah, yeah, yeah


備考
  1. ※スペイン語。catorce が cuatro(4) でない事については次のような説がある。(1)一番目の聖書(旧約)、その中の二番目の書(出エジプト記)、第三章、第十四節を示す。(2)このアルバムが U2 の14番目のアルバムであることを示す。(3)この歌全体が14歳で母を失くしたボノの心情を暗示するものであるという解釈。(4)単なる言い間違い。ボノ自身は明言を避けているがあるインタビューで「少し酒が入ってたからかも」と言っている。ちなみに、出エジプト記 3-14 は次のように記されている。"神はモーセに言われた。「私はある。私はあるという者だ」。そしてまた言われた。「イスラエルの人々にこう言うがよい。『私はある』という方が私をあなたたちに遣わされたのだと。"
  2. jungle : 密林、ジャングル。ごたごたした集まり、寄せ集め、混乱状態にある所。困惑させるもの、迷路。冷酷な生存競争の場、食うか食われるかの社会
  3. hola(スペイン語)= hello
    vertigo : めまい
    ※ "Vertigo" はボノが行ったことのあるナイトクラブを指しているらしい(実名かどうかは不明)
  4. dónde está(スペイン語)= where is
  5. ink : インク、(イカ・タコ)の墨、黒人
    ※ここの "bullets" はおそらくナイトクラブのミラーボールを暗示するものだろう。
  6. "They" は普通の英文であれば前行の "bullets" を指すのだろうが、この歌詞ではナイトクラブにいる人々を指すのだろうと思う。
  7. stand : 立てる、耐える、我慢する、立ち向かう、対抗する、受ける、被る、従う
  8. checkmate : (チェスで相手のキングを)詰める。(相手・計画を)挫折させる、行き詰らせる
  9. ここは新約聖書でイエスが悪魔の誘惑を受けて信仰を試される箇所を示唆している。
    "そこで、悪魔はイエスに言った。「神の子なら、この石にパンになるように命じたらどうだ」。イエスは、「『人はパンだけで生きるものではない』と書いてある」とお答えになった。更に、悪魔はイエスを高く引き上げ、一瞬のうちに世界のすべての国々を見せた。そして悪魔は言った。「この国々の一切の権力と繁栄とを与えよう。それはわたしに任されていて、これと思う人に与えることができるからだ。だから、もしわたしを拝むなら、みんなあなたのものになる」。イエスはお答えになった。「『あなたの神である主を拝み、ただ主に仕えよ』と書いてある」。"(新共同訳聖書 ルカ伝4章3節~8節)


 2004年のアルバム "How to Dismantle an Atomic Bomb" より。
 2009年に出版された "U2 BY U2" というインタビュー集の中で、この歌についてボノが次のように語っています。

"Vertigo" では、みんな一度は行ったことがあるようなひどいナイトクラブの事を考えていたんだ。素敵な時を過ごそうとすごく楽しみにして行くんだよ。そこにあるものはどれも桁外れに普通じゃなくて、飲物は第三世界でバーが一軒買えるくらいの値段なんだ。辺りを見回すと、頂上に太った資本主義が鎮座する山があって、今にも崩れ落ちそうなんだよ。そして、自分が今いるのがどんな所か分かると、頭がふらふらして吐き気がしてくる。こんな所で僕たちは、飲んだり、食べたり、汚染したり、盗んだりといったことを、皆がお互いに死ぬほどやっているんだ。クラブの真ん中には一人の少女がいる。真っ赤な爪をしてる。綺麗かどうかなんて分からないし、どうでもいい。ただ、彼女は首に十字架を下げている。そして、この歌の主人公は、気を落ち着かせるためにその十字架をじっと見つめているんだ。
 <https://en.wikipedia.org/wiki/Vertigo_(U2_song)>

 この言葉を前提に歌詞の趣旨を考えてみると、資本主義に基づく豊かさを享受している主人公は、同時にその豊かさが第三世界の貧困など数多くの他人の犠牲の上に成り立っていることを理解しているため、自責の念にかられています。そして、魂を売る事と引き換えに今得ているよりさらに大きな繁栄を与えてやるという悪魔的な誘惑と闘っている様子が描かれているのでしょう。
 以下に書く事はかなり個人的な感情で、また U2 の活動についてあまり知らないので、客観性は全くありません。流してお読み下さい。この曲は音楽としてはとても好きなのですが、歌詞に関する限りはあまり好きにはなれません。信仰の悩みや罪の告白など、一人で教会の告解室ででもやってくれ、という気持ちすら湧きます。今やキリスト教の神に世界を救う力などないだろう、そんな事よりも、大企業アップルと組んで商売に励むことの是非についてもう少し慎重に考えた方が良かったんじゃないかなどと言いたくもなります。また、恋愛要素や性的な隠喩も含んでいるような言葉の選び方も、ストレートな表現が好きな自分にとっては余計な修辞法に感じられます。

Like A Song

2015年12月31日

Like A Song : U2




Like a song I have to sing
例えば、歌わねばならぬ歌
I sing it for you
俺はそれをお前に歌う
Like the words I have to bring
例えば、伝えねばならぬ言葉
I bring it for you
俺はそれをお前に伝える

And in leather, lace and chains we stake our claim *1
革や飾りや鎖をまとい、俺たちは権利を主張する
Revolution once again
今一度革命をと
No I won't, I won't wear it on my sleeve
いいや。俺はしたくない。袖にそんなものを着けたくない
I can see through this expression and you know I don't believe *2
こんな見せかけの表現には嘘が見える。俺は信じない
Too old to be told, exactly who are you? *3
大人になり言われなくなった。だから今自分に問う。「いったいお前は誰だ」と
Tonight, tomorrow's too late
今夜では、明日では、遅すぎる

And we love to wear a badge, a uniform
俺たちは記章や制服が好きだ
And we love to fly a flag *4
国旗を掲げるのが好きだ
But I won't let others live in hell
でも、誰かに地獄のような生き方をさせたくない
As we divide against each other
俺たちが互いに分裂し対立するのは
And we fight amongst ourselves
俺たちが互いに争うのは
Too set in our ways to try to rearrange *5
自分たちのやり方に頑な過ぎて、それを直すことができないからだ
Too right to be wrong, in this rebel song *6
正しすぎて間違えられないからだ。…この「抵抗の歌」でさえも

Let the bells ring out *7
警鐘を鳴らせ
Let the bells ring out
警鐘を鳴らせ
Is there nothing left?
何も残されてないのか?
Is there, is there nothing?
ないのか? 本当に何もないのか?
Is there nothing left?
残されたものは何もないのか?
Is honesty what you want?
お前の求めるものは誠実で公正なのか?

A generation without name, ripped and torn *8
引き裂かれ、剥ぎ取られた、名前のない世代の俺たち
Nothing to lose, nothing to gain
失うものはない。得るものもない
Nothing at all
まったく何もない
And if you can't help yourself
もし、自分でどうすることもできなくなったら
Well take a look around you
まわりを見渡してみろ
When others need your time
お前の時間を必要とする誰かがいる時には
You say it's time to go... it's your time
こう言え。「行く時だ」…それがお前の時間だ
Angry words won't stop the fight
怒りの言葉は戦いを止めはしない
Two wrongs won't make it right
誤った二つのものが正しいものを作ることはない
A new heart is what I need *9
俺に必要なのは新しい心だ
Oh God, make it bleed *10
ああ主よ。私にも血を流させてくれ
Is there nothing left?
何も残されていないのか?


備考
  1. lace : レース、制服の装飾用モール、靴・服の締め紐
    stake : 植物を杭で支える、動物を杭につなぐ、杭を打って印をする、杭で仕切る、分け前を要求・確保・主張する
    claim : 当然の権利としての要求・請求・主張、支払い要求、賠償請求。要求する権利、請求権、請求物
    ※ "leather, lace and chains" は、1970年代半ばに発生したパンク文化を示唆しているのだろう。パンクロックに代表されるこの文化は、例えばプログレなどロックが音楽的に洗練され高踏的なものとなって行くと同時に素朴なエネルギーを失いつつある中で、その反動として現れた。そして、元々ロックが内包していた反体制や反権威主義、アナキズム、ニヒリズムなどの心情を表現していると解されることが多かった。
  2. see through : 本質を見抜く・理解する・把握する、見破る
  3. exact : 正確な、的確な。かっきりの、ちょうどの。精密な、厳密な、綿密な
    exactly : 質や量が正確・厳密に、あらゆる点で・ちょうど・完全に、(同意の返事で)その通り・まさしく、(不同意の疑問文で)一体全体・そもそも
    ※ "Who are you?" は強い詰問的な言い方で日常会話で使われることは少ないらしい。警官が誰かを容疑者扱いする場合や路上で喧嘩を売られた場合、あるいは迷子に大人が尋ねる場合などはこの言葉が使われるらしい。子供はこの言葉を言われる状況が多いのだろうと判断し、このように訳してみたが間違っているかもしれない。この歌詞での "Who are you?" は「自分がどんな存在で、何をしたいのか、何をすべきなのか」という自問ではないだろうか?
  4. fly the flag = keep the flag flying : 自国への誇りを表明する、競技会でメダルを獲得する、国旗を掲揚される。戦い続ける、信念を貫く
  5. set : [形] 定められた、規定の、所定の。型にはまった、慣習的な。固定した、こわばった、硬直した。断固とした、決心した、頑固な。用意・準備ができている
  6. ※アイルランドでは、占領国であるイギリスに対する「抵抗の歌」が昔から多く作られ歌われてきた。その反英感情は独立した後も主に北アイルランドの領有をめぐり根深く残っている。
  7. ※ bell は「鐘・鈴・ベル」で警戒・警告の意味はなく、通常「警鐘 = alarm bell 」だが、ここは文脈からこう判断した。本当は、何かの典拠があるなど別の意味が込められているのかもしれない。
  8. ※ "ripped and torn" は、個人主義が強くなり政治的・社会的運動や党派的集団活動などが嫌われるようになった1980年頃の風潮、そしてそれを助長する支配体制を示唆するように思える。
  9. ※旧約聖書エゼキエル書36章26,27節に、神がユダヤの民に対して言った言葉がある。「私はあなた方に新しい心を与え、あなた方の中に新しい霊を置こう。あなた方の石の心を取り除き、肉体の心を与えよう。そして、あなた方の中に私の霊を置き、あなた方を私の意志に従って進ませ、私の法を注意深く守らせよう」。
     エゼキエルは紀元前6世紀の預言者で、ネブカドネザル2世によってバビロニアに強制移住させられていたユダヤ人に対する神の言葉を伝えた人物。エゼキエル書はユダヤ王国の壊滅とバビロン捕囚が神の怒りによるものであり、その起因がユダヤ人の不信心であることが記されている。そして、悔い改めて神意に従うことにより、ユダヤ人とその国の回復がなされるとされる。
  10. ※ "Make it bleed" は、生贄となって死んだイエスのように、自分もこの身を捧げて為すべき事を果たしたいという気持ちではないだろうか?


 1983年のアルバム War より。
 「怒りの言葉は戦いを止めはしない」という歌詞があります。これは U2 がこの頃から現在に至るまで終始貫き通している「思想」だとも言えるものです。彼らの発する政治的主張は「争いを止めるために互いの違いを認め合い許し合え」という所に行き着くのだろうと思います。これはある意味正論です。私は一方で、怒りの権化のような Rage Against The Machine の歌もとても好きです。怒りを内包しない社会思想は信用できないとすら思います。ただ、この頃の U2 の音楽は何かに強迫されているかのような切実さが感じられて今聞いてもとても感動します。"Like A Song" という曲名には「たかが歌でしかない。社会変革などには無力かもしれない。それでも自分たちはこれをせざるを得ないんだ」という思いが込められているように感じます。

The Unforgettable Fire : U2

2011年01月08日

2010年米カリフォルニア州ローズボウルスタジアム


1987年仏パリ公演



Ice, your only rivers run cold *1
凍てついた川が 冷たく流れる
These city lights, they shine as silver and gold
街の灯が 金銀に輝く
Dug from the night, Your eyes as black as coal *2
夜から掘り起こされた お前たちの目は石炭のように黒い

Walk on by, walk on through
歩け 私の横を 歩け 私を通り越して
Walk 'til you run *3
歩け そして走れ
And don't look back, for here I am
振り返るな 私はここにいる

Carnival, the wheels fly and the colors spin
馬鹿騒ぎの祝祭 車が飛び色彩が回る
Through alcohol, red wine that punctures the skin *4
アルコールの中で 赤いワインが肌を突き破る
Face to face, in a dry and waterless place *5
顔と顔を合わせて 乾いた、水のない土地で

Walk on by, walk on through
進め 私の傍で 進め 私を通り越して
So sad to besiege your love so head on *6
悲しみがお前たちの愛を取り囲むだろうが 前へ進め

Stay in this time, stay tonight in a lie
とどまれ 今は とどまれ この偽りの夜に
I'm only asking, but I, I think you know
私は頼むことしかできないが お前たちには分かると思う
Come on take me away
さあ連れて行ってくれ
Come on take me home, h ome again
故郷へと連れて行ってくれ 再び故郷へと

And if the mountain should crumble, or disappear into the sea *7
たとえ山々が崩れ 海へ落ち去ったとしても
Not a tear, no not I
涙はない、私は泣かない

Stay in this time, stay tonight in a lie
とどまれ 今は とどまれ この偽りの夜に
Ever after, this love in time *8
そうすれば この愛は間に合う
And if you save your love
もしお前たちがまだ愛を持っているのなら
Save it all
すべてを救え

Don't push me too far, don't push me too far
急き立てないでくれ 追い立てないでくれ
Tonight, tonight
今夜は 今夜だけは


備考
  1. 核の冬 : 核戦争後に大規模な地球環境の変動が起こり人為的に氷期が発生すると予測される現象。1983年にカール・セーガンらによって発表されたレポートによる。(ウィキペディアより)
  2. dig - dug - dug : 掘る、掘り起こす、掘り返す、掘り出す、発掘・採掘する
  3. 'til = till : ~まで(ずっと)
  4. puncture : 刺す、貫く、穴をあける、タイヤに空気漏れさせる
  5. 『申命記』8章。「主はあなたをエジプトの地、奴隷の家から導き出し、……水のない、かわいた地を通り、……」
  6. besiege : 町・要塞を包囲する、押し寄せる、群がる
    head : [動] 先頭に立つ、~に向ける、~に向けて進む
    head-on : [副・形] 正面から(の)、真っ向から(の)
  7. 聖書の記述が連想されるが、Ben E. King の "Stand By Me" の歌詞が直接引かれているようにも思える。
  8. ever after : その後常に(絶えず、繰り返して)
    in time : 間に合って、遅れずに、いつかは、そのうちに


 1984年の同名のアルバムに収録。
 Wikipedia によるとシカゴの平和博物館で広島・長崎の被爆者が描いた絵を見た U2 のメンバーが、そこから感じ取ったものを歌にしたそうです。それが本当だとすれば「忘れられない炎」とはアメリカにより広島と長崎に落とされた原爆の火を指しています。
 歌詞全体からは聖書とくに申命記の内容がイメージされます。申命記は、エジプト脱出から40年に及ぶ荒野での放浪の後に死を目前にしたモーセがイスラエルの民にした説法をその内容としています。40年もの長い間エジプトから「約束の地」カナン(パレスチナ)まで辿り着けなかったのは、イスラエルの民が神の教えを守らず放埓な生活をしていたためです。モーセは彼らに最後の務めとして神の律法を伝え、後継者としてヨシュアを任命します。モーセの死後ヨシュアは民を率いヨルダン川を渡って約束の地へと踏み入るのです。歌詞中の「私」がモーセを、「お前たち」がイスラエルの民を暗喩しているように思えました。
 翻訳する際によく参考にさせてもらう songmeanings.net では、この歌を「一夜限りの情事」「成就しない恋愛」などと解している人が割と多かったのには驚きました。原爆のことを知っている人もいたのですが、それでも恋愛の歌に見えるようです。作詞者はおそらくそう解釈されることを狙って作っているのだろうと思います。恋愛の歌には到底思えなかった私は、やはり自分は英語が感覚的に分かっていないのだろうと少々落胆しました。


 <関連記事>
   ☆ Stand by Me : Ben E. King



最新記事