Numb : Linkin Park

2017年02月16日




I'm tired of being what you want me to be
僕は疲れたよ。あなたたちが望むような僕でいることに
Feeling so faithless, lost under the surface *1
何も信じられないけど、それを表に出すこともできない
I don't know what you're expecting of me
僕はわからない。あなたたちが僕に何を期待しているのか
Put under the pressure of walking in your shoes *2
あなたたちに合わせて生きることの重圧を受け
 [Caught in the undertow, just caught in the undertow] *3
  引き潮にさらわれるように
Every step that I take is another mistake to you
僕の踏み出す一歩は、すべて、あなたたちからすれば間違っている
 [Caught in the undertow, just caught in the undertow]
  引き潮にさらわれるように

I've become so numb, I can't feel you there *4
何も感じなくなってきたよ。あなたたちがここにいることすら感じられない
Become so tired, so much more aware *5
とても疲れた末に、よく分かるようになったんだ
I'm becoming this, all I want to do
こうなった今の僕が欲しいのは
Is be more like me, and be less like you
僕らしくあること、あなたたちみたいではなくなることだと

Can't you see that you're smothering me *6
僕の息を止めようとしているってことが分からないの?
Holding too tightly, afraid to lose control
あまりにきつく抱き止められて、自制がきかなくなるかもしれない
'Cause everything that you thought I would be
あなたたちが僕に望んだものはすべて
Has fallen apart right in front of you
あなたたちの目の前で壊れてしまったんだ
 [Caught in the undertow, just caught in the undertow]
  引き潮にさらわれるように
Every step that I take is another mistake to you
僕の踏み出す一歩は、すべて、あなたたちからすれば間違っている
 [Caught in the undertow,just caught in the undertow]
  引き潮にさらわれるように
And every second I waste is more than I can take
そして僕は時間を無駄に使ってばかりいる


I've become so numb, I can't feel you there
何も感じなくなってきた。あなたたちがいることも感じられない
Become so tired, so much more aware
とても疲れたんだ。とても気を使ってきたんだ
I'm becoming this, all I want to do
こうなった今、僕の望みは一つだけ
Is be more like me, and be less like you
もっと僕らしくあること、あなたたちのようではないこと

And I know I may end up failing too *7
また失敗に終わるかもしれない
But I know you were just like me
でも、知ってるよ。あなたたちもきっと僕と同じだったんだ
With someone disappointed in you
あなたたちも誰かに失望されたんだろう

I've become so numb, I can't feel you there
何も感じなくなって、あなたたちさえ分からない
 [Tired of being what you want me to be]
  あなたたちの望む僕でいることに疲れたんだ


備考
  1. faithless : 信義のない、不実な、不貞な、あてにならない
  2. in sb's shoe : 人の地位・立場・境遇に身を置いて
    put oneself in sb's shoes : 人の身になって考える
  3. undertow : 岸から返す引き波、表面の流れとは反対の底流
  4. numb : かじかんだ、麻痺した、無感覚な、鈍い、しびれた、無関心の
  5. aware : 知って、気がついて、承知して、油断なく警戒して、事情通の、もののわかった
  6. smother : 息苦しくする、窒息させる、キス・贈り物・親切などで息もつけないよう圧倒する
  7. end up : 終わる、終える、最期に~になる、~で終わる


 2003年のアルバム Meteora に収録。
 親の期待に応えることに疲れた子どもの心情を歌ったものだそうです。ただし、you は友人、恋人、配偶者、家族、教師などと置き換えてもよさそうです。素の自分を受け入れてくれる存在への願望、周囲に対する疎外感などを歌っているようにも解釈できます。そうすると歌い手である I は大人であってもおかしくないと思います。
 直接的、具体的な表現を避けるとあいまいで意味が分かりにくくなります。しかし、この歌詞はあえてそうすることによって、「大人」に対する「子ども」の反抗、論理の伴わないナイーブな自由への渇望などという形式的な歌詞から解放され、誰もが感情移入できる一般性を得ているように思えます。

※この記事は、2010年1月10日に掲載したものの再掲です。

New Divide : Linkin Park

2017年02月16日




I remembered black skies, the lightning all around me *1
俺は忘れない。暗い空とあたり一面の稲光
I remembered each flash as time began to blur *2
時はそれを消そうとするが、すべての閃光を俺は覚えている
Like a startling sign that fate had finally found me *3
ついに運命が俺をとらえた唐突な徴のようだった
And your voice was all I heard that I get what I deserve *4
そして、お前の声はすべて「当然の報いだ」と聞こえた

So give me reason to prove me wrong, to wash this memory clean *5
俺が間違っていたと納得させてくれ。この記憶を洗い流してくれ
Let the floods cross the distance in your eyes *6
お前の瞳までのこの距離を、涙で渡らせてくれ
Give me reason to fill this hole, connect the space between
どうすれば、この穴を埋め、開いてしまった空間をつなげることができるんだ?
Let it be enough to reach the truth that lies across this new divide *7
この新たな境界の向こうにある真実にたどりつく方法を教えてくれ

There was nothing in sight but memories left abandoned *8
何も見えなかった。ただ、思い出だけが打ち捨てられていた
There was nowhere to hide, the ashes fell like snow
隠れる場所はなかった。灰が雪のように降っていた
And the ground caved in between where we were standing *9
そして、陥没した土地が俺とお前を隔てていた
And your voice was all I heard that I get what I deserve
お前の声はすべて「当然の報いだ」と俺には聞こえた

So give me reason to prove me wrong, to wash this memory clean
俺が間違っていたと納得させてくれ。この記憶を洗い流してくれ
Let the floods cross the distance in your eyes across this new divide
お前の瞳までのこの距離を、涙で渡らせてくれ。この新たな境界を超えて。

In every loss, in every lie, in every truth that you'd deny *10
すべての失敗を、すべての嘘を、そしてすべての事実でさえも、お前は否定した
And each regret and each goodbye was a mistake too great to hide *11
そして、すべての悔恨と告別は、隠すことのできない大きな間違いだった
And your voice was all I heard that I get what I deserve
お前の声はすべて「当然の報いだ」と俺には聞こえた

So give me reason to prove me wrong, to wash this memory clean
俺が間違っていたと納得させてくれ。この記憶を洗い流してくれ
Let the floods cross the distance in your eyes
お前の瞳までのこの距離を、涙で渡らせてくれ
Give me reason to fill this hole, connect the space between
どうすれば、この穴を埋め、開いてしまった空間をつなげることができるんだ?
Let it be enough to reach the truth that lies across this new divide
この新たな境界の向こうにある真実にたどりつく方法を教えてくれ
Across this new divide
この新たな境界を超えて
Across this new divide
この新たな境界を超えて


備考
  1. lightning : 雷光、稲妻、稲光
  2. flash : ひらめき、発火、閃光、瞬間
    blur : ぼんやりさせる、目をくもらせる、目がかすむ、インクをにじませる・にじむ、汚す、汚れる
  3. startling : びっくりさせる、驚くべき、はっとさせる
  4. deserve : [動] ~に値する、~する・される価値がある、~を受けるに足る
    deserved : [形] 功罪に応じた、当然の報いの
  5. reason : 理由、わけ、動機、道理、理屈、理
    prove : 立証する、証明する
  6. flood : 洪水、大水、氾濫、激しい流出・流入
    cross : 交差する・させる、十字を切る、横線を引く、横切る、渡る
    distance : 距離、道のり、間隔、遠距離、遠方、隔たり、時の経過
  7. across : ~を横切って、~を渡って、~の向こう側に、~の向こう側から
    divide : 分界、分水界、分水嶺、境界線、分かれ目
    Great Divide : 大分水嶺、生死の境
    cross the Great Divide : (婉曲的に)死ぬ
  8. abandon : 見捨てる、地位をなげうつ、やめる、諦める、放棄する、遺棄する
    abandoned : 捨てられた、見捨てられた、自暴自棄の、放埓な、破廉恥な、無頼の、奔放な、あばずれの
  9. cave in : 地盤が陥没する、へこむ
  10. loss : 喪失、紛失、遺失、失敗、敗北、損失、失った人、損失物、損害
    truth : 真実、真理、事実、真相、本当であること
  11. regret : 残念、遺憾、哀惜、痛惜、悔恨、悲嘆、落胆、失望
    hide : [他] 隠す、おおう、秘す


 リンキン・パークは、2000年にメジャーデビューしたアメリカのロックバンドです。この曲は映画 "Transformers: Revenge of the fallen"(2009年) の主題歌として作られました。
 歌詞の主題は、あくまで私的な解釈ですが、恋愛・友情・血縁など人と人との「絆の崩壊と修復」ではないかと思います。ただ、初めから映画の主題歌として作詞されたもののようですから、歌詞中の「俺とお前」は、「人類とトランスフォーマー」あるいは「トランスフォーマーとトランスフォーマー」などに置き換えて解釈できるのかもしれません。

※この記事は、2009年7月16日に掲載したものの再掲です。

Final Masquerade

2016年04月13日

Final Masquerade : Linkin Park




Tearing me apart with words you wouldn't say *1
あなたがまだ言わない言葉によって、私は苦しんでいる
And suddenly tomorrow's a moment washed away *2
そして、突然に明日という時が洗い流されてしまう
'Cause I don't have a reason and you don't have the time
なぜなら、私には弁明できる道理がなく、あなたには時間がないからだ
But we both keep on waiting for something we won't find
それでも私たちは何かを待ち続けている。自分で見つけようとはしない何かを

※ The light on the horizon was brighter yesterday
地平線に見える光は、昨日はもっと明るかった気がする
With shadows floating over the scars begin to fade *3
そして暗がりが漂うように広がり、傷跡が徐々に見えなくなって行く
We said it was forever but then it slipped away
私たちは「それが永遠に続く」と言ったが、「それ」はいつの間にか消え去ってしまった
Standing at the end of the final masquerade *4 ※
立ち尽くしている。最後の仮面舞踏会が終わる場所に

The final masquerade
最後の仮面舞踏会

All I ever wanted, the secrets that you keep
私が求めたものは、あなたが今も守っている秘密
All you ever wanted, the truth I couldn't speak
あなたが求めたものは、私が今も口にできない真実
'Cause I can't see forgiveness and you can't see the crime
私は「許し」が理解できないし、あなたは「罪」が理解できない
And we both keep on waiting for what we left behind
だから、私たちは待ち続けている。私たち自身が置き去りにしたものを

※~※

The final masquerade
最後の仮面舞踏会
The final masquerade
最後の仮面舞踏会
Standing at the end of the final masquerade
立ち尽くしている。最後の仮面舞踏会が終わる場所に

※~※

Standing at the end of the final masquerade
立ち尽くしている。最後の仮面舞踏会が終わる場所に
Standing at the end of the final masquerade
立ち尽くしている。最後の仮面舞踏会が終わる場所に
The final masquerade
最後の仮面舞踏会


備考
  1. tear apart : 引き裂く、バラバラにする、分裂させる。引っかき回す、平穏をかき乱す。こき下ろす、けなす、叱る。(人・心を)ひどく苦しめる、悩ます、悲しませる、かき乱す。
  2. moment : 刹那、一瞬、短時間。(特定の)時、時期、機会、節目。
    wash away : [自動詞] (汚れが)落ちる、押し流される、水にさらわれる、(土地が水に)侵食される、やせ衰える、力がなくなる
    ※文の構造は Tommorow has a moment washed away, であり、「明日は moment を洗い流される」という意味になるのだろうと思う。
  3. shadow : 影、暗がり、暗部、気配、不吉な前兆、不安
    fade : 消えていく、弱まる、薄くなる、色褪せる、衰える、しおれる
  4. masquerade : 仮装パーティー、仮面舞踏会、見せ掛け、ごまかし、虚構、偽りの装いの下での行動、偽りの姿(態度)を繕うこと


 2014年のアルバム "The Hunting Party" より。
 先月の終わりに台湾の鴻海精密工業という会社がシャープを買収するという記事を見ました。鴻海精密工業はフォックスコングループ(英米名・Foxconn Technology Group/台湾名・鴻海科技集団/中国名・富士康科技集団)の中核企業です。フォックスコンは電子機器受託生産分野では世界最大の企業であり、デル、ヒューレットパッカード、アップル等の大手メーカーへの部品供給や筐体の組み立て等を行なってきました。近年では米アップル社が最大の顧客の一つだと言われています。
 このフォックスコンの中国拠点である富士康深圳龍華工場では、2000年代初頭から従業員の自殺が多いことで問題とされてきました。原因は明らかになっていませんが、長時間労働や仕事の単調性、秘密主義の強さ、低賃金などが取り沙汰されています。この事件はアメリカでも数年前からよく報道されていたようです。冒頭の動画のコメント欄に、白い作業服を着た人間が飛び降りている場面はこの自殺事件を示唆しているという意見がありました。この意見は私も正しいのではないかと思います。
 この歌詞は、現代社会あるいは現代世界では、人と人(または国と国、集団と集団等)との関係性が嘘や偽りによって壊れてしまっていること、皆が仮面をかぶってだまし合いをしていること、そして、その仮面は取り払われなければならないことなどを述べているのではないかと思います。字面だけを追えば恋愛をイメージすることもできるでしょうが、曲調やチェスター・ベニントンの歌声からはもっと深刻な何かを歌っているように感じられます。動画に現れる天使は神の救済と許しの無力さを示唆するように見えます。そして、赤ん坊は未来への礎であり人間にわずかに残された希望だけれども、その希望は人間が自分たちだけの力で立ち直る術を見出さなければ得ることができないと言っているように思えます。ちなみに動画に何度か現れる落書きの文句は、"Beware of shape shifters 何にでも化ける妖怪に気をつけろ", "Trust no one 誰も信じるな", "Run away 逃げろ", "The end is near 終末が近い" などです。



最新記事