Sexcrime (Nineteen Eighty-Four)

2010年05月11日

Sexcrime (Nineteen Eighty-Four) : Eurythmics




Sexcrime *1
性的背徳

Can I take this for granted with your eyes over me? *2
当たり前のことと受け入れられるものか、私を覆いつくすお前たちの目を
In this place, this wintery home *3
この場所には、この冬枯れのような家には
I know there's always someone in
いつも「誰か」が存在する

Sexcrime, Nineteen Eighty-Four
性的背徳、1984年の

And so I face the wall
だから、私は
turn my back against it all *4
いつも壁に背を向けている
How I wish I'd been unborn wish I was unliving here *5
どんなに願うことか。生まれていなければよかったのに、ここに生きていなければいいのにと

Sexcrime, Nineteen Eighty-Four
性的背徳、1984年の

I'll pull the bricks down one by one
私は、煉瓦をひとつ、ひとつと引きはがす
Leave a big hole in the wall just where you are looking in *6
この穴から脱出するんだ。お前たちがのぞいているこの壁から

Sexcrime, Nineteen Eighty-Four
性的背徳、1984年の


備考
  1. sexcrime は小説『1984』の世界において、思想統制の目的で作られた人工言語の語彙の一つである。「sexcrime は性に関わるあらゆる悪事を網羅する語だった。私通、姦通、同性愛やその他の性的倒錯、さらには、それ自体を目的として行なわれる正常な性交までもがそこに含まれた。…(中略)…原則として、すべて死刑に処すべきものだった……。」(『一九八四年』高橋和久訳、ハヤカワepi文庫より)
  2. take it for granted : ~をもちろんのことと思う。(慣れっこになって)評価しない、軽く見る
  3. wintery = wintry : 冬の、冬のように寒い、荒涼とした、わびしい、冷ややかな、冷淡な
  4. 小説世界では、党員は私生活のすみずみまで監視を受けている。自宅の壁には「テレスクリーン」と呼ばれる双方向性の通信映像機器が埋め込まれており、常時盗聴・盗撮が行なわれている。
  5. unborn : (まだ)生まれていない、おなかの中の、将来の、後世の
    unlive : 辞書には「過去を清算する、なかったことにする、帳消しにする」とあるが、ここでは、unborn と対になって、unliving を形容詞的に「生きていない」と理解するのがふさわしく思える。
  6. leave : 去る、出発する、通り過ぎる、残す、そのままにしておく


 1984年のマイケル・ラドフォード監督の映画『1984』のサントラ "1984 (For the Love of Big Brother)" に収録。
 ジョージ・オーウェルの小説『1984』は架空の国オセアニアが舞台となっています。中央集権体制のオセアニアでは「ビッグ・ブラザー」と呼ばれる党指導者が絶対的権威を持つ存在として仰がれ、徹底した思想統制が行なわれています。オセアニアでは、思想統制の一環として公用語「ニュースピーク」の制作・改訂・普及作業が常時行なわれており、「オールドスピーク」と呼ばれる従来の英語は最終的に絶滅すべきものと考えられています。
 人間が人間を支配しようとする時、言葉がいかに大きな力を持つかということを考えさせられる小説でした。
 私は映画の『1984』は見ていないのに、昔、アルバムだけは持っていました。映画のサントラという制限を超え、単体のアルバムとして優れたものだったと記憶しています。


 <関連記事>
   ☆ Testify : Rage Against The Machine

The Miracle of Love

2009年10月27日

The Miracle of Love : Eurythmics




How many sorrows do you try to hide *1
どれだけ多くの悲しみを、あなたは隠そうとするの?
in a world of illusion that's covering your mind? *2
あなたの心を覆い守る幻想の世界に
I'll show you something good, oh I'll show you something good
いいことを教えてあげましょう
When you open your mind
あなたが心を開きさえすれば
you'll discover the sign that there's something you're longing to find *3
求めてやまないものがすぐそこにあるという奇跡をあなたは見つけるでしょう  

The miracle of love will take away your pain
愛の奇跡はあなたの苦痛を取り去るでしょう
when the miracle of love comes your way again *4
愛の奇跡が再びあなたに訪れさえすれば

Cruel is the night that covers up your fears *5
無慈悲な夜はあなたの恐怖を隠してくれる
Tender is the one that wipes away your tears
優しい人はあなたの涙をぬぐってくれる
There must be a bitter breeze to make you sting so viciously *6
肌を刺す風があなたをひどく苦しめることもあるかもしれない
They say the greatest coward can hurt the most ferociously *7
でも臆病者ほど大きな痛みを感じると言うでしょう

I'll show you something good, oh I'll show you something good
いいことを教えてあげましょう
If you open your heart you can make a new start
心を開けば、あなたはまたスタートを切ることができるのよ
when your crumbling world falls apart *8
あなたの世界が粉々に砕け、崩れ落ちているとしても

The miracle of love will take away your pain
愛の奇跡はあなたの苦痛を取り去るでしょう
when the miracle of love comes your way again
愛の奇跡が再びあなたに訪れさえすれば
The miracle of love will take away your pain  (Must take a miracle)
愛の奇跡はあなたの苦痛を取り去るでしょう   (奇跡はきっと起きるわ)
when the miracle of love comes your way again (Must take a miracle)
愛の奇跡が再びあなたに訪れさえすれば     (奇跡はきっと起きるわ) 

The miracle of love will take away your pain
愛の奇跡はあなたの苦痛を取り去るでしょう
(In the heartless world) *9
(この冷酷無情な世界でも)
when the miracle of love comes your way again
愛の奇跡が再びあなたに訪れさえすれば
(And now it lasts, I know it lasts)
(愛は永続する、そう私は思う、愛は損なわれない)

The miracle of love will take away your pain
愛の奇跡はあなたの苦痛を取り去るでしょう
(People turn and hurt you, they try to hurt you if they could)
(人々は裏切り、あなたを痛めつける。機会さえあればあなたを傷つけようとする)
when the miracle of love comes your way again
愛の奇跡が再びあなたに訪れさえすれば
(And it must take a miracle)
(そして、奇跡はきっと起きるはずよ)

The miracle of love will take away your pain (Must take a miracle)
愛の奇跡はあなたの苦痛を取り去るでしょう  (奇跡はきっと起きるわ)
when the miracle of love comes your way again (Must take a miracle)
愛の奇跡があなたに訪れさえすれば       (奇跡は必ず起きる)


備考
  1. sorrow : 悲しみ、後悔
  2. cover : 包む、おおう、覆い隠す、守る、かばう、保護・援護する
  3. sign : 徴候、兆し、神意のしるし・お告げ・奇跡
  4. come one's way : 手に入る、身に降りかかる、事がうまく運ぶ
  5. cruel : 残酷な、無慈悲な、容赦のない、悲惨な、惨めな、邪険な、つらく当たる
    cover up : すっかりおおう、感情などを包み隠す
  6. breeze : そよ風、微風、波風、けんか、言い争い
    sting : [形・動・名] 針で刺す、ヒリヒリ(ズキズキ)させる、苦しめる
    viciously : 不道徳に、よこしまに、意地悪く、邪険に、ひどく
  7. coward : 臆病者、腰抜け、卑怯者
    hurt : [自] 痛む、痛み・苦痛を感じる、困ったことになる、窮地に陥る
    ferociously : 獰猛に、凶暴に、残忍に、猛烈に
  8. crumble : ぼろぼろにくずれる、砕ける、粉々になる、もろくも消え失せる、滅びる
  9. heartless : 無情な、薄情な、冷酷な


 ユーリズミックスは1981年にレコードデビューしたイギリスのポップ・デュオで、アニー・レノックスとデイヴ・スチュワートの二人組です。
 この曲は1986年に発売された Revenge というアルバムに収録されています。
 どんなに傷つき苦しむ人にも愛の奇跡は必ず訪れるはずだ、奇跡は起きなければならないのだ、という歌詞が、静かに語りかけるようなアン・レノックスの歌声によって神々しくさえ聞こえます。



最新記事