Akidagain

2013年02月17日

Akidagain : Travie McCoy




Let the kid's sing
さあ歌ってくれ、子どもたち

Back in the days when I was young, I'm not a kid anymore *1
幼かった頃を振り返ると「俺はもう子どもじゃない」っていつも思ってたが
But some days I sit and wish I was a kid again
今じゃ時々、また子どもに戻れたらって思うことがある

Thinking back when things were so easy
物事がとても単純だった頃を思い出していると
Got me laughing out loud, for no reason
意味もなく笑い出してしまう
I use to take them cans back and collect them nickels *2
空き缶を拾い集めて5セント銅貨に換えた
Trading garbage pail kid cards for sweet pickles *3
ゴミ箱で漁ったゲームカードと甘いピクルスを交換した
The whole block used to have G.I. Joe battles *4
町じゅうがGIジョーの戦場になった
Yeah yer boy had the original storm shadow *5
本物のストーム・シャドウを持ってる奴もいた
And as of lately things have been slow *6
このところ少し落ち着いてるから
So I reminisce on when we use to break them windows *7
昔語りをしてみようか。俺たちがよく窓ガラスを割ってた頃のことを
Yeah, Til I got snatched by the cops *8
ああ、警察に捕まるまでのことだけどね
With a wiffle ball bat and a hand full of rocks *9
草野球のバットや手にいっぱいの石ころでさ
Consider this song a throw back *10
この歌、なんだか後ろ向きだ
Cause all I wanna do is go back
俺のしたいことが後戻りだからだ
Ya'll sing it with me
みんな。俺と歌ってくれよ

Back in the days when I was young, I'm not a kid anymore
幼かった頃を振り返ると「俺はもう子どもじゃない」っていつも思ってたが
But some days I sit and wish I was a kid again
今じゃ時々、また子どもに戻れたらって思うことがある

Tell em!
あのな
And this was way before playstation *11
これはプレイステーションなんかなかったずっと昔のことだ
Rushing home to watch Video vibrations *12
ビデオ・バイブレーションを見ようと走って家に帰った
Man I tell you Sherry Carter coulda got the business *13
シェリー・カーターがなんて素敵だったか
And I cant forget Rachel from Caribbean rhythms *14
カリビアン・リズムのレイチェルも忘れられない
This was back when Rap city used to play the jams *15
ラップ・シティが即興演奏を生放送してた頃さ
This is how I first heard about the Wutang Clan *16
ウータン・クランを初めて聞いたのもこの放送だ
Banged 36 chambers all summer long *17
「三十六房」にはひと夏じゅうやられっぱなしだった
And to this day canopy's my favorite summer song *18
今でも夏の歌のいちばんお気に入りは「カノピー」だよ
And I can drop names for days *19
名前を挙げればいくらでも言える
Of all my favorite artists who helped to pave the way *20
俺に道をつくってくれた好きなアーティストの名前だよ
But, we probably need a lot more than just 4 minutes
でもたぶん4分じゃ足りないだろうから
So this is how I'm gonna end it
これくらいで終わりにするよ
Everybody sing
みんな、歌ってくれ

Back in the days when I was young, I'm not a kid anymore
幼かった頃を振り返ると「俺はもう子どもじゃない」っていつも思ってたが
But some days I sit and wish I was a kid again
今じゃ時々、また子どもに戻れたらって思うことがある

Yeah, I'm on the bus in the back lounge *21
バスに乗り長椅子にもたれてる
Sweaty, cold confused in another unfamiliar town *22
汗ばんでるのに寒くって混乱する。また、知らない町だ
Another sold out show
また完売御礼のショーだ
Spilling my soul to a ton of people I don't know
自分の魂をたくさんの見知らぬ人たちに吐きつける
And I can feel my skin wearing thinner *23
自分がやせ細っていくような気がする
4th night no appetite for dinner *24
四日目の夜ともなれば食欲もない
Shit goddamn well ain't life grand *25
畜生! なんて素敵な人生なんだよ!
Getting paid to stand on stage with yer heart in yer hand *26
金を払ってもらってステージに立つ。お前らの心がつかめないままに
Sometimes I squeeze it til they get worried *27
時々俺はお前らの心を搾取してるんじゃないかって思う。みんな苦労してるんじゃないかって
If this is groundhogs day I guess I'm Bill Murray *28
もし今日がグランドホッグの日だったら、俺はビル・マーレイさ
And I swear I'm not complaining at all
誓うが、俺は不満をこぼしてるんじゃない
I love each and everyone of ya'll
俺はお前たちみんなを愛している
All I'm really sayin is …
俺が言いたいことは、ただ…

Back in the days when I was young, I'm not a kid anymore
幼かった頃を振り返ると「俺はもう子どもじゃない」っていつも思ってたが
But some days I sit and wish I was a kid again
今じゃ時々、また子どもに戻れたらって思うことがある

NappyBoy *29
縮れ髪小僧の
It's Travie!
トラヴィでした!


備考
  1. back : 背中、背骨、背面、後ろへ、元の場所・状態に戻って、昔にさかのぼって
    ※直訳すると「幼い頃を振り返る。俺はもう子どもじゃない。だが時々子どもに戻りたくなる」となるのだろうが、文脈から訳文のような思いが込められているのではと推測した。
  2. used to : 過去の常習的行為・習慣…よく~したものだった。過去の状態…以前は(昔は)~だった。
    collect : 集める、収集する、徴収する、集金する
    nickel : 米国・カナダの5セント白銅貨、5ドル分の麻薬、500ドル、500年、5年の懲役
  3. garbage : くず、生ごみ、価値のないもの、がらくた
  4. G.I.Joe : アメリカの男児向け人形。Goverment Issue は「政府支給品・官給品」を、G.I.Joe は「米軍兵士」を示す語。
  5. yer = your
    Storm Shadow : G.I.Joe シリーズ内のキャラクター名。本名がトーマス・嵐影という日系アメリカ人で米軍特殊部隊に属す。忍者である。
  6. as of late = lately : このごろの、最近
  7. reminisce : 過去の経験・出来事を楽しく思い出す、思い出を語る、追想を書く
  8. snatch : ひったくる、かっぱらう、ひっつかむ、強奪する、逮捕する
  9. wiffle ball : 屋内や狭い場所で行なう野球を元にした遊び
  10. consider : 熟考する、考察する、検討する、~とみなす・考える、考慮に入れる・斟酌する
    throw back : 投げ戻す、後戻りする
  11. way : [副] あっちへ、とても、ずっと、はるかに、遠くに
  12. Video Vibrations : Black Entertainment Television(BET) で1984年から1997年まで放送された、音楽動画を流すテレビ番組
  13. Sherry Carter : BET の番組司会者
    coulda = could have
    get the business : ひどい目にあう
    ※この一行は分からないので想像で訳した。
  14. BET で放送されていた音楽動画番組 Caribbean Rhythms の司会者が Rachel Stuart(ジャマイカ系カナダ人の女優・モデル)
  15. Rap City : BET で放送されていた音楽動画番組
  16. Wu-Tang Clan : アメリカのヒップホップグループ。1993年デビュー。
  17. 36 chamber : Wu-Tang Clan の1993年のデビューアルバム Enter the Wu-Tang (36 Chambers)。chamber は心臓の心室と心房を指すらしい。メンバーが9人なので9×4で36となる。また、1978年のカンフー映画 The 36th Chamber of Shaolin(少林寺三十六房)から来ているという説もある。
  18. to this day : 今日(に至る)まで
    canopy : 天蓋、日よけ、空。※この歌詞では何を意味するのか不明。
  19. drop names : 会ったことのある有名人の名をやたら口にする
    for days : 何日も
  20. pave : アスファルト・石・タイル等で道路や庭などを舗装する、敷き詰める
    pave the way for : ~への道を開く、~を容易(可能)にする
  21. lounge : 休憩室、待合室、社交室、寝椅子、長椅子
  22. sweaty : 汗まみれの、汗くさい、天候が暑くて汗をかかせる、仕事が労力を要する
    confuse : 困惑させる、まごつかせる、混乱させる、区別がつかない、混同する
  23. thinner : シンナー、薄め液
    thin : 薄い、細い、まばらの、やせた、希薄な
    ※「シンナーをまとった感覚」がよく分からないが「やせ細る」の比喩なのかもしれない。
  24. appetite : 食欲
  25. ※ Shit, goddamn, well はいずれも間投詞。本文 Ain't life grand は本来 ? がつく否定疑問文「人生って素敵じゃないか?」だが、この場合はニュアンスとして反語的な意味合いが強そうなので末尾に ! をつけるのがふさわしいかもしれない。
  26. ※ yer heart in yer hand は、my heart is in your heart が <私の心はあなたの手の中> なのでこのイメージからすると「自分はファンの心を理解あるいは把握できていない」という気持ちだろうと推測した。
  27. squeeze : 強く押す、圧搾する、水分を搾る、搾取する、絞り取る、経済的に圧迫する、強引に(無理やり)取る
  28. Groundhog Day : 聖燭節の日。groundhog は woodchuck ともいう大型リス。この日に groundhog が冬眠から覚めもし晴れていて自分の影を見るとまた冬ごもりし、春の到来が遅れるという言い伝えがある。通常2月2日。
    Bill Murray : アメリカのコメディアン・俳優。
    ※ Groundhog Day(邦題『恋はデジャ・ブ』)は1993年の Bill Murray 主演コメディ映画の題名でもある。主人公が、タイムループに陥って2月2日を何度も繰り返すうちに、自分の高慢で自己中心的な性格を改めて、恋を成就させる話。
  29. nappy : 黒人の小さく縮れた頭髪を指す。


 2010年のアルバム Lazarus に収録。細かいところはよく分かりませんが、この歌詞を同じアルバムの Billionaire と併せて読むと、彼はなかなか繊細な心の持ち主であるように思えます。

2013.3.2 追記
 知人の助言を受けて訳文と備考欄の一部を修正しました。○○さん、有難うございました。

 <関連記事>
   ☆ Billionaire : Travie McCoy (feat. Bruno Mars)


Need You

2010年10月05日

Need You : Travie McCoy




I know its not your fault, but I'm a locked door
わかってる。君のせいじゃない。でも俺は錠のかかった扉なんだ
Anytime I'm a mess by someone before *1
俺は以前はいつだって誰かのやっかい者だった
And I wish that I, I could find a key
でも俺は望んでる。鍵を見つけられたらと
To unlock all the things that you want us to be
俺たちがこうあって欲しいと君が望んでいるすべての事を開放するために
Let me open up and start again,
俺はそれを開けてやり直したいんだ
But there's a safe around my heart *2
でも俺の心は固い金庫でおおわれてる
I don't know how to let you in,
どうやって君を受け入れればいいか分からないんだ
And that's what keeps us apart
それで俺は君にこれ以上近づけない
And that's why I need time
だから時間が欲しいんだ
I said I need you
君が必要なんだ
I need you to understand, you, you, you
君に理解してもらうことが必要なんだ

Call up the locksmith, tell him we need him quick *3
錠前師を呼んでくれ。すぐに必要だと伝えてくれ
We've got a million keys, none of them seem to fit
俺たちは百万の鍵を持っているのに、どれ一つとして合わない
While you're on the phone, call up the clocksmith, *4
電話があるのなら、時計工を呼んでくれ
Cuz I could use some time, even the slightest bit *5
時間が必要なんだ。ほんの少しの時間でいいから
Let me open up and start again
俺の心を開けてやり直させてくれ
And break this safe around my heart
俺の心を閉ざしてる金庫を壊してくれ
I don't know how to let you in,
君をどうやって受け入れればいいのか分からない
And that's what keeps us apart
だから君と俺は引き離されてる
And that's why I need time
だから俺には時間が必要なんだ
I said I need you
君が必要なんだ
I need you to understand, you, you, you
どうか分かって欲しい

I'm thinking now's the time
今がその時かもしれない
Maybe its time to go, if I gave you my heart, be gentle, *6
前に進む時かもしれない。もし俺の心を差し出したら寛く受け入れてくれるかい
I'm tired of laying low
落ち込むのも、もううんざりだ
Lets give the world a show *7
どんな犠牲を払ったっていい。(俺の心を)示すためなら
And when you know, you know
そして君が分かってくれるなら
And when you know, you know
君が分かってくれるなら

And that's why I need time
(でも今は)時間が必要なんだ
I said I need you,
君が必要なんだ
I need you to understand
君に理解してもらうことが必要なんだ

I need you
君が必要なんだ


備考
  1. mess : 汚い人、へまな奴、ばか、まぬけ、どうしようもない奴、不器用な奴
  2. safe : [名] 金庫
    safeness : 安全、無事
  3. locksmith : 錠前師、錠前屋
  4. on the phone : 電話に出ている、電話を引いている
    clocksmith = clockmaker : 時計職人
    smith : 金属加工職人一般を指す。silversmith, whitesmith (ブリキ職人)、blacksmith (鍛冶屋)など。
  5. could use : ~が得られたらいい(ありがたい)、必要である
  6. gentle : 温和な、親切な、優しい、礼儀正しい、丁重な、物静かな、おとなしい、寛大な、ゆるやかな
    give one's heart to : ~に思いを寄せる、~を恋する
  7. lay low : 滅ぼす、殺す、埋める、葬る、打ちのめす、零落させる
    give the world (for または to不定詞): ~のためならどんな犠牲もいとわない
    ※ a show の a は to を表すのではないだろうか。


 2010年のアルバム Lazarus に収録。
 この手の歌詞は苦手なのであまりよく理解できていませんが、何らかの理由で心を閉ざしている男が新しい恋人との関係を深めたいという心情を表現しているのでしょうか。そして *1 の行に by someone とあることから「何らかの理由」は過去の恋愛の傷なのかもしれません。
 "I need you" という台詞が単純に「君が欲しい」という意味合いではないところが、歌詞としてなかなか工夫されていると思います。

Billionaire

2010年08月27日

Billionaire : Travie McCoy (feat. Bruno Mars)




I wanna be a billionaire so fuckin' bad
億万長者になりたいな、マジで
Buy all of the things I never had
今まで持てなかった物が何でも買えるだろうな
I wanna be on the cover of Forbes magazine
フォーブスの表紙を飾ってさ
Smiling next to Oprah and the Queen *1
オプラや女王の隣で微笑んでさ

Oh every time I close my eyes
目を閉じればいつも
I see my name in shiny lights
光り輝く俺の名前が見える
Yeah, a different city every night
そう、毎晩違う町に行ってさ
Oh I - I swear, the world better prepare for when I'm a billionaire *2
そう、きっとだ。みんな備えといた方がいいぜ。俺が億万長者になるんだからさ

Yeah, I would have a show like Oprah
そしたらオプラみたいに自分のショーを持って
I would be the host of
ホストを務めるんだ
Everyday Christmas, give Travie a wish list
毎日がクリスマスだ。俺に「欲しいものリスト」をよこしな
I'd probably pull an Angelina and Brad Pitt *3
それから、アンジェリーナとブラッド・ピットに倣って
And adopt a bunch of babies that ain't never had shit *4
貧しい子どもらを束にして養子にしてやる

Give away a few Mercedes like "here lady, have this"
ベンツくらいくれてやるよ。「お嬢さん、もって行きな」ってね
And last but not least grant somebody their last wish *5
終いには誰のどんな願いだって聞いてやるさ
It's been a couple months since I've single so
一人になってもう二ヶ月だ
You can call me Travie Claus minus the Ho Ho *6
独り身の笑えないサンタ・トラヴィって呼んでいいぜ
Haa, get it?
分かった?

I'd probably visit where Katrina hit
カトリーナの被災地にだって行くさ
And damn sure do a lot more than FEMA did *7
もちろん政府よりもすごい救援をするぜ
Yeah, can't forget about me stupid *8
愚か者として名が残るんだろうな
Everywhere I go Imma have my own theme music *9
どこに行く時も俺自身のテーマ曲をかけようか

Oh, every time I close my eyes
目を閉じればいつだって
(what chu see, what chu see bro?)
(何が見えるんだ?)
I see my name in shiny lights
輝く光の中に自分の名前が見える
(uh huh)
(ハハ)
Ahh, yeah yeah
本当だぜ
(what else?)
(他には?)
A different city every night
毎晩違う町に行くんだ
Oh I - I swear, the world better prepare
きっと、みんな備えた方がいい
(for what?)
(何に対して?)
For when I'm a billionaire
俺が億万長者になることに対してだよ
When I'm a Billionaire
俺が億万長者になる時のために
(let's go)
(さあ、行こう)

I'll be playing basketball with the President
大統領ともバスケットをする仲さ
Dunking on his delegates *10
奴の代議員をやっつけてやるよ
Then I'll compliment him on his political etiquette *11
それで奴の政治手法に明からさまなお世辞を言うのさ
Toss a couple milli in the air just for the heck of it *12
「面白半分で数百万ドルも投げ捨てるのに
But keep the fives, twentys, tens and bens completely separate *13
5ドル札、20ドル札、10ドル札、100ドル札、几帳面に分けてるんですね!」

Yeah, I'll be in a whole new tax bracket *14
俺はまったく新しい税率区分に入るんだろうな
We in recession but let me take a crack at it *15
今は不景気だけど俺にやらせてみろよ
I'll probably take whatevers left and just split it up *16
余分な金は全部使って、分配するぜ
So everybody that I love can have a couple bucks *17
だから、俺の愛するみんなに幾ばくかの金が行き渡るってことさ

And, not a single tummy around me would know what hungry was *18
それで、俺の周りでは腹を空かせる奴なんて一人もいなくなるんだよ
Eating good, sleeping soundly *19
たくさん食べて、ぐっすり眠って
I know we all have a similar dream
みんな、夢見るものは同じだろ
Go in your pocket, pull out your wallet, put it in the air and sing
ポケットを探れ。財布を取り出せ。空に放れ。そして、歌え

I wanna be a billionaire so fuckin' bad
億万長者になりたいよ。本気で
(So bad)
(マジで)
Buy all of the things I never had
持ってないもの何でも買える
(Buy everything, haa)
(何でもな)
I wanna be on the cover of Forbes magazine
フォーブスの表紙を飾りたい
Smiling next to Oprah and the Queen
オプラや女王の隣で微笑むのさ
(What up Oprah? Haaa!)
(オプラだって? は?)

Oh every time I close my eyes
目を閉じればいつだって
(what chu see, what chu see bro?)
(何が見える?)
I see my name in shiny lights
光り輝く俺の名前さ
(what else?)
(他には?)
A different city every night
毎晩違う町にいる
I - I swear, the world better prepare
きっと、みんな備えた方がいいぜ
(for what?)
(何に?)
For when I'm a billionaire
俺が億万長者になることにだよ
When I'm a Billionaire
億万長者になる時のためにだよ

I wanna be a billionaire
なりたいな
so fuckin' bad
ほんとに


備考
  1. Oprah : オプラ・ゲイル・ウィンフリー。米の俳優、司会者、プロデューサー、慈善事業家。一時期世界で唯一の黒人億万長者だった。
  2. better : [副] いっそう良く、さらに多く
    ※ここは、had better の had が省略された形ではないか。
  3. pull a(人名): ~を模倣する、見習う。~と張り合う
  4. adopt : 意見・方針を採用する、養子縁組する、養子にする、政党が候補者として公認する
    bunch : ふさ、たば、一団、一群、牛馬の群れ
    ain't never had shit : 正確な意味が分からないので文脈から訳した
  5. not least : とくに、とりわけ、少なからず
    grant : 承諾する、許可する
    grant him a wish : 彼の願いを聞き届ける
  6. ho ho ho : ホーホー(サンタクロースの笑い声)。また ho は娼婦、尻軽女、女一般を表す。つまり Claus minus the ho は [サンタ]ー[女, 笑い声]=[独り身のサンタ, 笑えないサンタ] となる。
  7. FEMA : Federal Emergency Management Agency 連邦緊急事態管理庁。大災害に対応する政府機関。
  8. forget about : 忘れる
  9. Imma : I'm going to または I am a の略形
  10. dunk on [人] : やっつける、ぶちのめす
    delegate : 代理者、米大統領選の代議員
  11. compliment : 賛辞を述べる、お世辞を言う、ほめる、賞賛する
  12. milli : million (百万ドル)の略か?
    heck = hell
    just for the hell of it : ほんの冗談に、面白半分に
  13. bens : 百ドル紙幣。独立宣言起草委員ベンジャミン・フランクリンの肖像画より。
  14. tax bracket : 税率区分
  15. recession : 一時的不景気、景気後退
    take a crack at : こころみる、ためしてみる、やってみる
  16. split up : 分割する、分離する、分配する、分け合う
  17. buck : 雄ジカ。通貨ドルの俗称。
  18. not a (single) : たった一つの(一人の)~もない
    tummy : (幼児語)おなか、ぽんぽん。
  19. soundly : 健全に、しっかりと、ぐっすりと、充分に


 Travis McCoy [1981年生まれ] は、米ヒップホップグループ Gym Class Heroes のリード・ボーカリストです。この歌は Travie McCoy 名義で出したソロアルバム Lazarus(2010年)に収録されています。
 能天気な憧れと無邪気な良心とでも言うべき素直さにあふれた歌詞ですが、憧れも良心も直接に金に結びついているところが、いかにもアメリカ的です。かくいう私もいつもお金に困っているので、作詞者の気持ちはとてもよく分かります。


 <関連記事>
   ☆ American Life : Madonna
   ☆ Sweetest Girl (Dollar Bill) : Wyclef Jean (feat. Akon, Lil Wayne, Niia)



最新記事