Godspell

2016年09月20日

Godspell : The Cardigans *1




I've heard about a great big swindle *2
すごく大掛かりな詐欺について聞いたことがある
I read about it in a book
とある本で読んだのよ
The book flew out the window *3
その本は窓から飛んでいったけれど
Was later found by thieves and crooks
後で泥棒か悪党に拾われたかしら

And now they're singing Hallelujah *4
今も彼らは「主を褒め称えよ」と歌う
I'm wondering just what did they find
彼らはいったい何を見つけたのだろう?
They say, "What's it to ya? *5
彼らは言う。「あなたには関係ないでしょう?
Just take a place in line" *6
大人しく自分の居場所にいなさい」

And wait, so I wait, I wait and wait and I
そして、私は待つ。私は待つ

I'm one of a few survivors
私は、数少ない生き残りの一人
I'm a drawer labeled "lost and found"
私は、「落し物、忘れ物」のラベルが貼られた引き出し
Moon travelers and deep sea divers whose oxygen supply ran out
酸素が尽きてしまった月旅行者、深海の潜水者

Now maybe if their Gods be willing *7
もしも彼らの神々が望むことがあり得るのならば
They'll give us somethin', fill our empty cups
彼らも私たちに何かしらを与え、この空のコップを満たしてくれるのだろう
Sit down in the boat, dont spill it
船の上では座っていなさい。それをこぼしてはいけない
Or we'll just have to line back up *8
さもないと、処刑の列に並ばされることになる

And wait, so we wait, we wait and wait, yes we wait
そして、私たちは待っている
And we wait, we will wait, we will wait 'til we
待っている。私たちが……まで

You can hear it in the beat they march to
"それ" が聞こえるだろう。彼らが行進する太鼓の音の中で
And you can feel the earth shake when they start to dance
感じるだろう。彼らが踊り始めると地が震えるのを
You can tell by the way they move you *9
分かるだろう。人の気持ちを駆り立てる彼らのやり方で
It's not murder, it's an act of faith, baby
「これは殺人ではない。信義に基づく行いなのだよ」

And as the world moves faster
世の中の動きが早くなるにつれて
Whip lashing us round and round *10
私たちを鞭打ち、駆り立てる動きも激しくなる
It's quite a slow disaster *11
それは、緩やかだがまさしく災いであるのに
But people keep on falling down
人々は転がり落ち続けている

As we wait, we wait and we wait
そして、私たちは待っている。待っている
We wait and we wait, we wait, Hallelujah
待っている。待っている。主を褒め称えよ


備考
  1. Godspell : gospel の古い綴り。福音(イエスとその使徒たちの教え)。新約聖書の内の四つの福音書。ゴスペル(黒人霊歌から派生した宗教歌)。語源のギリシャ語では「良い知らせ」の意だが、普通に考えると「神の言葉」だろう。
  2. swindle : 騙すこと、詐欺、騙して金を取ること、詐取。いんちき、ごまかし。まやかし物、偽物
  3. ※おそらく自分で窓から放り投げたか誰かに窓から捨てられたのだろう。文脈から "the book" は聖書ではないと考えられるが、歌い手は「大掛かりな詐欺」に腹を立てていると思われるので、自分で投げ捨てたのではないだろうか。
  4. Hallelujah : 主を褒め称えよ。ユダヤ教に由来する神を賛美する言葉で、キリスト教にも残ったヘブライ語の祈りの言葉の一つ。
  5. What's it to you? : それがあなたに何の関係があるの?、あなたには関係ないでしょ、だったら何だと言うんだ?
  6. take place : (事件などが)起こる、生じる。(行事などが)開催される
    take one's place : 所定の位置に着く、席に着く
    in line : 一列に、真っ直ぐに。(~と)一致・同調・調和して。(行為・行動等を)制御して
  7. ※ "条件・仮定の if 節" で未来を表す場合現代英語では普通「直説法」で動詞は現在形を用いるが、ここで "be" という原形が使われているのは「仮定法現在」として「恐らく現実には起きない事だろうが」というニュアンスを表しているのではないだろうか。
  8. line up : 一列に並べる、一直線にする。(捕虜等を処刑のため)整列させる
    ※掲載した和訳「処刑のため」は間違っているかもしれないが、他の意味は思いつかなかった。
  9. move : 動かす、移動する。(人を)感動させる。(人を)駆り立てて促がす、~する気にさせる
  10. lash : 鞭打つ、打ち据える。駆り立てる、駆り立てて(~の状態に)させる
    lash around : (動物が)尾を強く振る、激しく動く、のた打ち回る
    round and round : ぐるぐると、何度も何度も
  11. disaster : 天災、災害、災難、惨事、思いがけない大きな不幸


 2005年のアルバム "Super Extra Gravity" より。
 人々を騙し、駆り立て、殺し合いをさせる宗教を批判する歌詞なのでしょうが、数少ない「生き残り」である「私」も他の人々と同様に何かを「待つ」ことしかできない無力感も歌われているようです。"Hallelujah" という言葉からこの宗教はキリスト教を指しているようですが、*7 にある "their Gods" という複数形はユダヤ・キリスト教等の唯一神には絶対使わない表現であるため、他のさまざまな宗教も想定されているのだろうと思います。

Don't Blame Your Daughter (diamonds)

2016年03月22日

Don't Blame Your Daughter (diamonds) : The Cardigans




Don't blame your daughter, that's just sentimental *1
あなたの娘を責めないで。あれは、ただ感情的になってただけ
And don't blame your mom for all that you've done wrong *2
あなたのお母さんを責めないで。あなたがやった悪い事を彼女のせいにしないで
Your dad is not guilty, you came out a little faulty *3
あなたのお父さんに罪はない。あなたが口にした事は少し間違っている
And the factory closed, so you can't hold them liable *4
工場は閉鎖されたのよ。誰かに責任があるとみなすことはできない
You come from an island, you're cutting diamonds with a rubbery knife *5
あなたは島の出身で、ゴムのナイフでダイヤモンドを削ろうとしている

Your autograph's worthless, so don't send me letters *6
あなたのサインなんて価値が無い。だから手紙なんて送らないで
And don't mail me cash cause your money is no good *7
お金も送らないで。そんな端金なんて何の役にも立たない
What's left in your mattress is holes and lack of love left *8
あなたのマットレスに残されたものは沢山の開いた穴。愛の不足が残したものは
Some hair from a horse and none of it is yours, man *9
いくらかの馬の毛。そして、そのどれもがあなたのものではない
You come from an island, you're cutting diamonds with a rubbery knife
あなたは島の出身で、ゴムのナイフでダイヤモンドを削ろうとしている

And the song you sing today wasn't always in your head
今日あなたが歌う歌は、昔からあなたの頭の中にあったものとは限らない
The words you're trying to say are the ones you should have said
あなたが言おうとしているのは、かつてあなたが言うべきだった言葉
They're glistening like diamonds, go out and find 'em *10
それらはダイヤモンドのように輝いている。外に出て、それらを見つけて
But don't blame your daughter
だけど、あなたの娘を責めないで

Read me your tombstone, tell me you're sorry *11
あなたの墓碑銘を読んで聞かせて。謝罪の言葉を聞かせて
Fax me your will, you owe me something still *12
遺書をファックスで送って。あなたはまだ私に借りがある
Blood is like water, the bath that you poured me
血は水のように流れ去るものよ。あなたが私にお湯をかけてくれた浴槽は
Has drained and it's gone, don't blame it on your son *13
もう水がすっかり流れ去ってしまった。(でも)それをあなたの息子のせいにしないで

And the song you sing today wasn't always in your head
今日あなたが歌う歌は、昔からあなたの頭の中にあったものとは限らない
The words you're trying to say are the ones you should have said
あなたが言おうとしているのは、かつてあなたが言うべきだった言葉
They're glistening like diamonds, go out and find 'em
それらはダイヤモンドのように輝いている。外に出て、それらを見つけて
But don't blame your daughter
だけど、あなたの娘を責めないで


備考
  1. blame : 非難する、責める、批判する
    sentimental : 理性的でなく感情的な、心情的な、感情からの。(物が)感傷をそそる、感傷的な。(人が)涙もろい、感傷的な
  2. blame A for B : B の責任を A に負わせる、B を A のせいにする
    ※この "mom" と次行の "dad" が何を意味しているかは曖昧。この訳文では「あなた」の母と父すなわち歌い手(娘)の祖母と祖父を指すものと解釈して訳してある。もしかしたら、歌い手が第三者で、1行目が両親に対して、2・3行目が娘に対して歌いかけているという解釈も成り立つのかもしれない。
  3. guilty : 有罪の、罪を犯した。犯罪的な、罪になるような。罪の意識で苦しむ、やましい、後ろめたい
    come out : (言葉が~として)口から出る
    faulty : 欠点のある、不完全な、道徳上非難すべき、考え方などが誤った、罪がある、責めを負うべき
  4. hold : (考え・思い・感情を)抱く、~であると思う・評価する・みなす
    liable : (負債・損害等に)法的責任がある、法的義務がある。(法等に)服すべき、~を免れ得ない。とかく~しがちで、~しそうな。(病気等に)かかりやすい、(疑い等の)余地がある
  5. ※ "island" の出身であることが何を意味するのかは分からない。古臭い伝統的な価値観や保守的な思想などを示唆するものだろうか。それとも、「あなた」の置かれた孤独な環境あるいは「あなた」自身の孤立的な性格などを示唆するものだろうか。
  6. autograph : 自筆の署名、自署、サイン。自筆、肉筆、自筆の原稿・手紙・楽譜
    worthless : くだらない、つまらない。価値の無い、無用の、役立たずの
  7. no good : 使い物にならない、役に立たない、価値の無い、無駄な、駄目な
  8. money under the mattress : 箪笥貯金
    ※「マットレス」は「現金を隠す場所」という連想が働く言葉。
  9. ※ horse-hair(馬のたてがみや尻尾の毛)は通気性、弾力性、耐久性などに優れ、高級なマットレスの詰め物や布張りの素材として使われることがある。
  10. glisten : (濡れた物・磨いた物等が)きらきら輝く、きらめく。
  11. ※ここは「あなた=父親」が死んだことを示唆する。
  12. ※ここは *6 の「手紙を送るな」に連動している。「ファックス」は、父親の生前は手紙すらいらないと言っていた娘が今は少しでも早く父親の言葉が欲しいと思っている心情を示している。
    will : 意志、意思。願望、意図。決意、意地。人に対する気持ち、態度。遺言、遺書
  13. ※ここで唐突に "son" が出てくる意味が分からない。普通に読めば歌い手(娘)の兄弟になるが、この4行全体が「息子」の視点で述べられていると解釈できなくもない。


 2005年のアルバム "Super Extra Gravity" より。
 歌詞の細部とくに備考 *2, *5, *13 の部分などはっきり分からない所もありますが、全体としては娘と父親の確執、娘の父親に対する複雑な心情を歌ったものだろうと思います。私の主観的な印象では、古臭く保守的で娘を自分の思い通りに育てようとする父親と彼の独善的な性格が嫌で家を出た娘の関係が思い浮かびました。"cutting diamonds with a rubbery knife" を父親の娘に対する性的虐待と解釈する意見が海外の掲示板でいくつか見られましたが、私はそうは思いません。曲名の副題にもなっている "diamond" は人と人との関係性とくに家族の絆、そしてそれを維持するために必要な「言葉」の隠喩ではないかと思います。

Please Sister : The Cardigans

2016年02月11日




With a sampled heartbeat and a stolen soul *1
試供品の心臓の鼓動と盗んだ魂で
I sold my songs to have my fortune told *2
私は歌を売って自分の運を占った
and it said "You should know that love will never die
占いは言った。「愛は不滅だということを知りなさい。
But see how it kills you in the blink of an eye" *3
しかし、(同時に)愛はほんの一瞬であなたを殺すことも理解しなさい」

I know love is a hot white light
私は知っている。愛は熱い白色光だと
It knocks you down and then leaves you dry *4
それは誰をも打ちのめし、干からびさせる
Oh how can it be, sweet mama, tell me why? *5
どうしてそんなことになるの? 信じられない。なぜなの?
Why all love's disciples have to wither and die? *6
なぜ愛を信じる者は皆、衰弱して死ななければならないの?

※ Please sister, help me, come on, do what you should
お願い、修道女様。助けて。さあ、すべきことをして下さい
Please give me something I'm not doing so good *7
きっかけでもいいから何か与えて。私ではどうしても上手くできない
I'm gone, done wrong, is there nothing you can say? *8 ※
私はもう駄目。間違ってしまった。何か言ってくれる事はないのですか
Please sister, help me, I'm not feeling okay
お願い、修道女様。助けて下さい。気分が良くないの

Give me believe that my time will come
私にも良い時が来ると信じさせて
And a toll free helpline if I find someone *9
無料の電話相談を教えて。何か見つかるかもしれない
but she said "You gave away what you never really had *10
でも彼女は言った。「あなたが誰かに無償で与えたものは、実はあなた自身が持ったことのないものなのです。
And now your purse is empty, I can see why you're sad"
今あなたの財布は空っぽなのです。あなたの悲しみは分かります」

※~※
Please sister, help me, can you make me feel okay?
お願い、修道女様。助けて下さい。私を治して下さい

So if it's true that love will never die
愛が不滅だということが真実であるのなら
Then why do the lovers work so hard to stay alive?
愛する者たちはそれを永らえさせるのになぜ大変な苦労をするの?
Please
お願いです
Oh please sister, help me
お願いです、修道女様。助けて下さい
Please give me something
何でもいいから与えて下さい

Please sister, you know I do what I can
お願い、修道女様。私もできることは(何でも)します
Oh sweet mama, please descent me a man *11
ああ、どうしよう。お願いです。私は人として堕落してしまった
'Cause I'm gone, gone, is there nothing you can give?
私はもう駄目になった。私に与えられるものは何もないのですか?
Please sister, help me, I just need some love to live
お願い、修道女様。助けて。私はただ生きるためにいくらかの愛が必要なだけなのです

Just a little love to live
生きるためのただほんの少しの愛
And a little love to save *12
命を保つためのほんの少しの愛


備考
  1. sample : 見本をとる、試食・試飲する、標本を抽出する、サンプリングする
  2. tell fortunes : 運勢を占う
  3. blink of an eye : 非常に短い時間、瞬時
  4. leave : 去る、離れる。~をある状態のままにしておく、放っておく。~をある状態にする
  5. sweet mama : 愛人
    sweet mama flapjacks : wow, good grief, oh my gosh, etc.…urbandictionary より。
  6. disciple : 弟子、信奉者。キリストの弟子。キリスト教の信徒。
    wither : しぼむ、しおれる。腐食・腐敗する。色褪せる。音が消えていく。体力・容色・感情等が衰える。元気をなくす
  7. ※直訳すると「私が上手にできない何かを与えて下さい」となる。
  8. ※ "go, do, finish" などの動詞は "be + 過去分詞" でも "have + 過去分詞" と同様に現在完了を表す。あるいは gone と done wrong が形容詞化しているととらえることもできる。
    gone : [形] 過去の。見込みの無い、絶望的な、駄目になった。滅びた、台無しになった。気力の衰えた、滅入るような。使い果たした
    done : [形] 仕上がった、完成した、済んだ。よく煮えた。疲れきった、消耗した
  9. toll : 使用料、税金、サービス料、運送料、電話料金
  10. give away : 贈り物として与える、ただで渡す。正体を暴露する、秘密・真相・真意などを明かす、漏らす。好機などを逸する、逃す
    ※この「本当は持ったことのないもの」はおそらく「愛」を指すのではないだろうか?
  11. descent : [名] 下ること、降りること、下降、降下、下山。下り坂、下り階段。低下、下落、転落、堕落
    descend : [他動詞] 階段・丘などを下る、降りる。道が丘を下っている。~の子孫である、~に由来する
    ※この descent という単語が正しい歌詞だとすると、ここは please の後に descent, me, a man と名詞が3つ続き文の構造が全く分からないので「下さい。下降を。私に。人間を」と直訳し、その後想像で意訳した。当然、誤訳の可能性が高い。
  12. save : [自動詞] 貯金する、倹約する、保存する、食物が腐らない、罪・迷いから神が人間を救済する


 2003年のアルバム "Long Gone Before Daylight" より。
 歌詞の内容は、愛がなければ生きていけないが同時に愛があるために苦しみ傷つくという人間の不合理な在り方に対する嘆きなのでしょう。この嘆きに対する修道女の答はおそらく「あなたが愛と呼ぶものは本当の愛ではない。それは欲望であり自己愛である」というものではないでしょうか。
 この歌詞は直接的には恋愛についてのものなのでしょうが、宗教的な愛、あるいは純粋な愛、無償の愛などに関する省察が感じられます。歌い掛ける相手が sister であり曲名にもなっているのには意味がありそうです。歌い手の悩みは「愛」です。だから、愛の宗教と呼ばれるキリスト教の聖職者つまり愛の専門家である sister に助けを求めているという設定なのでしょう。神の愛と人を悩ます恋愛は次元が違うと切り捨てればそれまでですが、私はこの歌詞から人の愛をいかに神の愛に近づけることができるのかという求道的な問い掛けを感じます。



最新記事