A Certain Romance : Arctic Monkeys

2017年02月15日




Well oh they might wear classic Reeboks or knackered Converse *1
あいつらが古臭いリーボックやくたびれたコンバースをはいていようと
Or tracky bottoms tucked in socks *2
ダサいジャージを靴下にたくし込んでいようと
But all of that's what the point is not
そんなことは問題じゃない

The points that's there ain't no romance around there
問題なのは、あそこにはロマンが無いってこと、
And there's the truth that they can't see
そして、あいつらに理解できない真実があるってことなんだ
They'd probably like to throw a punch at me
(こう言うと)あいつらに殴られるかもしれないが
And if you could only see them, then you would agree
実際にあいつらを見れば分かると思うよ
Agree that there ain't no romance around there
あそこにはロマンが無いってことがね

You know, oh it's a funny thing you know
おかしいだろ
We'll tell 'em if you like *3
その気があれば、あいつらに言ってみればいい
We'll tell 'em all tonight
今夜にでも
They'll never listen
でも、あいつらは耳を貸さないだろう
Because their minds are made up *4
なぜって、あいつらの品性は出来上がってるからな
And course it's all okay to carry on that way *5
もちろん我が道を行き続けてもらっても構わないんだが

And over there there's broken bones *6
あそこは壊れてしまってるんだ
There's only music, so that there's new ring tones *7
(あそこでは)音楽は新しい着メロのためにあるだけなんだ
And it don't take no Sherlock Holmes to see it's a little different around here
シャーロック・ホームズじゃなくても、こことは違うんだということはすぐに分かる

Don't get me wrong though, there's boys in bands *8
誤解の無いよう言うが、バンドをやってる奴だっているさ
And kids who like to scrap with pool cues in their hands *9
それに、ビリヤードのキューを振り回してけんかするガキだってね
And just cause he's had a couple o' cans *10
二缶飲んだからというだけで
He thinks it's alright to act like a dickhead *11
バカなことをやらかしてもいいと思ってるんだ

Don't you know, oh it's a funny thing you know
おかしなことだと思うだろ
We'll tell 'em if you like
そうしたいなら、あいつらに言ってやればいい
We'll tell 'em all tonight
今夜にでも
They'll never listen
あいつらは聞こうとしないだろうがね
Because their minds are made up
あいつらの知性は完成されてるから
And course it's all okay to carry on that way
まあ、ずっとこのままでもいいんだけど

But I said no!
だが、俺は嫌だ
Oh no!
嫌なんだ
Well you won't get me to go! *12
俺を行かせたくないんだな
Not anywhere, not anywhere.
どこにも
No, I won't go!
俺だって行きたくない
Oh no, no!
嫌なんだ

Well over there there's friends of mine
あそこにいるのは、俺の友達なんだ
What can I say, I've known 'em for a long long time
俺に何が言える。俺はあいつらをずっと昔から知ってるんだ
And they might overstep the line *13
あいつらは一線を越えてしまうかもしれない
But you just cannot get angry in the same way
でも、お前は(俺と)同じようには怒れないはずさ
No not in the same way
同じようには
So not in the same way
そう、同じようには
Oh no, oh no no
だめだ


備考
  1. knacker : 屠殺する、解体する、殺す、ばらす、疲れ切らせる
  2. tracky : trashy(くず、がらくた、くだらない、役立たず)で tacky(やぼな、品のない、みすぼらしい)。 または、tracksuit(運動着)っぽい、という意味もある。
  3. 'em = them
  4. mind : 知的な心、精神、知性、理性
  5. course = of course : もちろん、当然、なるほど、たしかに
  6. have a broken bone : 骨折している
  7. so that : 目的(~するため)、結果(そのため、それで) 等を表す。「音楽はある目的のためだけに存在する。それは、着メロとして存在するためである」という意味だろうか。
  8. get ~ wrong : ~を誤解する、間違える
  9. scrap with : けんかする、つかみ合う、殴り合う、言い争う
    ※辞書によると「けんかする」の scrap は自動詞で、scrap with [人] で「人とけんかする」とあるので、ここの訳は間違っているかもしれない。
  10. o' = of
  11. dickhead : ばか
  12. get ~ to … : ~に…させる
  13. overstep : 行き過ぎる、踏み越える、~の度を越す
    ※「一線を越える」は、犯罪を犯すという意味ではないだろうか。


 2006年発売のデビューアルバム Whatever People Say I Am, That's What I'm Not より。
 「あいつら」は「俺」の古くからの友達、「お前」は新しい友達あるいは彼女でしょうか。(ただ "you" は一般論として「誰でも」という感じかもしれません)。そして there は「あいつら」のいる所、here は今の「俺」がいる所であるというように、成長の過程でなぜか道が分かれてしまった悲しみが表されているように思えました。
 songmeanings.net という歌詞解釈を投稿し合うサイトがあります。そこでは「あいつら」を chav と解釈する人たち、また、「あそこ」をアメリカ文化またはそれにかぶれた連中のいる所と解釈する人たちが複数いました。chav が分からなかったので調べたところ、イギリスである種の特徴を持つ十代の少年少女を指す言葉らしいです。労働者階級の白人家庭に育ち、公営団地に住み、学歴が低く無職。ジャージにスニーカーで、キャップ、金の装身具、ヒップホップを好み、路上やファーストフード店、ショッピングセンターにたむろして、飲酒して騒ぐ…というような説明が各所にありました。日本風に言えば「ヤンキー」でしょうか。この解釈は当たっているのかもしれません。私はイギリスや彼らの出身地であるシェフィールドという都市についてほとんど知りませんし、彼らとは年齢もずいぶんと開いているので、この歌詞を感覚的に理解することはできません。
 しかし、この歌詞の主題は、chav やアメリカ文化についてではないであろうと思います。
 幼い頃には仲良く遊んでいた仲間達が、大きくなるに従い家庭環境その他諸々の事情によって物の考え方に隔たりが生じ離れ離れになっていくことの切なさを歌っているように思えます。
 また、「俺」が正しく「あいつら」が間違っていると書かれているものの、その根拠として romance という(私見では)陳腐な言葉を使っているあたりは、自分自身をも多少戯画化しているのではないかと思いました。ちなみに romance という英語の意味を私は実はよく知らないのですが、この歌詞では「ドキドキ、ワクワク、ハラハラさせるもの」というくらいの意味ではないかと思います。『少年ジャンプ』風に言えば「友情、努力、勝利」、あるいは「勇気、冒険」といったところでしょうか。子どもの頃俺たちはいつもロマンを追ってたじゃないか、今お前たちのやってることには心躍るものが何もないじゃないか、と歌っているようにも聞こえます。

※これは、2010年3月22日に掲載した記事の再掲です。歌詞中の "you" の意味についてコメントでご教示いただいていたのですが、コメントは再掲できません。コメントを下さった方々にはお詫び申し上げます。

Secret Door : Arctic Monkeys

2017年02月15日




Fools on parade cavort and carry on for waiting eyes *1
愚か者たちが勢揃いしてはしゃぎ騒ぐ。待ち望む多くのまなざしに応えるため
That you would rather be beside than in front of *2
向かい合う存在よりも、自らの傍らに立つ存在のほうが大事じゃないのか
But she's never been the kind to be hollowed by the stares *3
彼女は注視されることくらいでへこむようなことはなかったんだ

She swam out of tonight's phantasm *4
彼女はこの幻のような催しを気に入らなかった
Grabbed my hand and made it very clear
僕の手をつかむ、その感じで、それがはっきりと分かった
There's absolutely nothing for us here
ここには僕たちの求めるものは何一つとしてない
It's a magnolia celebration to be attempted on a Wednesday night *5
まるで水曜の夜に企画されたモクレン祭りみたいだ
It's better than to get a reputation as a miserable little tyke *6
せいぜい、惨めな田舎もののガキと噂をたてられるよりはましという程度だ
At least that's the conclusion she came to in this overture *7
ともかく、これが開始早々に彼女が出した結論だ

The secret door swings behind us
秘密の扉が僕たちの後ろで揺れている
She's saying nothing
彼女は何も言わない
She's just giggling along *8
ただくすくすと笑っている

Her arms were folded most indignant *9
彼女は腕を組み憤然としていたが
Not looking like she was soon to leave
すぐに去る素振りは見せていない
I had to squint in order to believe *10
僕は(去ろうとしない彼女の思いを)確認するために、ちらちらと横目で見なければならなかった
And then like a butler pushing on a bookshelf I'm unveiling the unexpected *11
すると、執事が書棚をパタンと閉じるように、意外なことが明らかになった
I, who was earlier reluctant, was suddenly embarrassed and corrected *12
嫌なのをしぶしぶここにいた僕だったが、突然、自分が誤っていたことが分かった
How could such a creature survive in such a habitat *13
こんな生き物がこんな生息地には生存しているんだ(と思えばいいんだ)

The secret door swings behind us
秘密の扉が僕たちの後ろで揺れている
She's saying nothing
彼女は何も言わない
She's just giggling along
ただくすくす笑っているだけ
And even if they were to find us
もし、彼らの目的が僕たち二人だとしても
I wouldn't notice, I'm completely occupied *14
僕は気にしない。そんなことに構っている暇はないんだ

At all the fools on parade *15
まったく、この列をなした愚か者たちときたら
Cavort and carry on for waiting eyes
はね回り、騒ぎまくる。待ち望む多くの眼があるからなのか
That you would rather be beside than in front of
僕たちの前にいるより、自分のパートナーの傍らにいるほうがよほどいいんじゃないかと思うけど
But she's never been the kind to be hollowed by the stares
でも、彼女は注目されることで落ち込むような人間じゃなかった
Fools on parade
列をなした愚か者たちが
Frolic and fuck about to make her gaze *16
浮かれた馬鹿騒ぎをして彼女の関心を引こうとしている
Turn to a scribble on a page by a picture *17
彼女が写真一枚でそんな駄文を見るとでも思ってるのか
That holds her options
それは彼女が決めることだ
But you're daft to think she'd care *18
ところが君たちは彼女が気にすると思っている。気が狂ってるのか

Fools on parade
勢ぞろいした馬鹿が
Conduct a sing-along *19
愚か者の歌を唱和している


備考
  1. on parade : 俳優等が総出で、オンパレードで
    cavort :(馬などが)はねる、はねまわる。遊び戯れる、はしゃぎまわる
    carry on : 騒々しくふるまう、さわぐ、ふざける
  2. would rather : むしろ~した方がよいと思う
  3. hollow : へこませる、えぐる、へこむ、くぼむ
    stare : じっと見ること、凝視
  4. in the swim : 時流に乗っている、時勢に明るい、実情に通じている、仲間・隣人等と折り合いがよい
    out of the swim は上の反対。
    phantasm : まぼろし、幻影、幻想、(死者・不在者の)幻像、幽霊
  5. magnolia : 木蓮。モクレン属の各種花木。米ミシシッピ州の州花。南部美人の象徴。
    attempt : 企てる、試みる(通例未遂の場合に用いる)
  6. reputation : 評判、世評、うわさ
    tyke : 雑種犬、野良犬、ちびっこ、ガキ、田舎者、無骨者
  7. conclusion : 終結、終局、結論
    overture : 交渉開始、提案、建議、動議、序章、序曲
  8. giggle : クスクスと笑う
  9. fold :(両手、両腕、両足などを)組む
    indignant : 憤慨した、怒った
  10. squint : 横目で見る、目を細くして見る、それとなく(間接的に)触れる
  11. butler : 執事、使用人頭
    unveil : ベール(おおい)をとる、秘密などを明かす、示す、正体をあらわす
    unexpected : 予期しない、意外な、突然の
  12. reluctant : したがらない、いやがる、気が進まない、不承不承、いやいやながら、しぶしぶ
    embarrass : まごつかせる、当惑させる、気恥ずかしい(照れくさい・ばつの悪い)思いをさせる
    correct : 誤りを正す、訂正する、たしなめる、矯正する
  13. habitat : 生物をとりまく環境、動植物の生息地
  14. occupy : 占領する、占拠する、占有する、(受身形で)~に専心する、~で忙しい、心を占める
  15. at all : <否定・疑問・条件(時に肯定)などの意味を強める> 少しも、全然、いったい、いやしくも、ともかく、とにかく
  16. frolic : ふざけ戯れること、大浮かれ、歓楽、浮かれ騒ぎの宴会
  17. turn to : ページを見る、調べる
    scribble : [動・名] ぞんざいに書く、走り書き、殴り書き、わけのわからないことを書く、らくがき
  18. daft : 馬鹿な、愚かな、むこうみずな、気違いじみた、気のふれた
  19. conduct : ふるまう、行なう、導く、案内する、指揮する
    sing-along :(観客などによる)唱和、合唱。歌・合唱の集い


 2009年のアルバム Humbug に収録。
 「僕」と「彼女」はどちらも有名人で、何かのイベントかパーティーに出席しているような感じがします。"fools" はパパラッチに代表されるメディアに属す人間たち、"waiting eyes" は彼らの売る情報を待っている一般の人たち、と解釈してみました。
 "secret door" はどこにいても衆目とカメラにさらされる立場から抜け出し、誰にも干渉されない場所へ行きたいという比喩なのかと思いました。

※これは、2010年2月28日に掲載した記事の再掲です。

Wake Me Up : Avicii feat. Aloe Blacc

2017年02月15日




Feeling my way through the darkness
明かりのない道を進むようだ
Guided by a beating heart
導かれるのは心臓の鼓動
I can't tell where the journey will end
旅が終わる場所は言えないが
But I know where to start
始まりの場所は分かってる

They tell me I'm too young to understand
若すぎて分かっちゃいないと言われる
They say I'm caught up in a dream
俺は夢に捕らわれてるんだそうだ
Well life will pass me by if I don't open up my eyes *1
目を開けなければ人生は俺を素通りするだろう
Well that's fine by me *2
それで結構じゃないか

So wake me up when it's all over
だから、すべてが終わったら俺を目覚めさせてくれ
When I'm wiser and I'm older
俺がもっと賢く、もっと老成した頃に
All this time I was finding myself *3
これまでずっと俺は自分自身を見つけようとしてきた
And I didn't know I was lost
そして自分が道を見失っていることに気づかなかった

I tried carrying the weight of the world *4
世界の重さを支えようとしたが
But I only have two hands
この両手しかない
Hope I get the chance to travel the world
世界を旅する機会が欲しいが
But I don't have any plans
何の計画もない

Wish that I could stay forever this young
この若さを永遠に保てたらいいのに
Not afraid to close my eyes
目を閉じることは怖くない
Life's a game made for everyone
人生は万人のために作られたゲームだ
And love is the prize
その勝者には愛が与えられる

So wake me up when it's all over
だから、すべてが終わったら俺を目覚めさせてくれ
When I'm wiser and I'm older
俺がもっと賢く、もっと老成した頃に
All this time I was finding myself
これまでずっと俺は自分自身を見つけようとしてきた
And I didn't know I was lost
そして自分が道を見失っていることに気づかなかった

I didn't know I was lost
自分が迷ってしまっていることを分かってなかった
I didn't know
分かってなかった


備考
  1. pass … by : 機会を逃す、見逃す、見落とす、無視する、見て見ぬ振りをする
  2. fine by me : fine with me(私はいいですよ。結構です)の口語表現。肯定、否定の両義に使われる。
  3. all this time : 今まで、この(ある一定)期間中ずっと
  4. carry : 運ぶ、保持する、支える


 2013年のアルバム True より。アヴィーチーは1989年、スウェーデン生まれのDJ、音楽プロデューサー、アロー・ブラックは1979年、米カリフォルニア生まれのソウル歌手です。Wikipedia によると、曲、歌詞ともに複数の人物の共作と言えるようですが、最終的な歌詞を完成させたのはアロー・ブラックのようです。
 歌詞の内容は、英語の読解力不足のせいか私には理解が難しいです。実社会から乖離した夢見がちな思いを肯定する自分と否定する自分が共存しているといったところでしょうか。動画の田舎は実社会を都市は夢の世界を示し、姉妹はまわりの実社会から疎外あるいは差別される異邦人や少数派を象徴しているように見えます。確かに田舎は異質な者を疎外し、都市はそれを飲み込みます。最後に二人は夢の世界から戻らず、姉妹を見つめるおさげ髪の少女は彼らに憧れつつも実社会から逃避することができません。いろいろと考えさせられる動画です。

※これは、2013年10月28日に掲載した記事の再掲です。



最新記事