Leave A Light On : Belinda Carlisle

2017年03月23日




Take my hand, tell me what you are feeling
この手をとって。あなたの感じていることを教えて
Understand this is just the beginning
分かってね。これはただの "始まり" なの
Although I have to go, it makes me feel like crying
私は行かなくちゃならないけど。私だって泣きそうになるけど
I don't know when I'll see you again
次にいつ会えるか分からないけど

※ Darling leave a light on for me *1
お願い。私のために灯りをつけたままにしておいて
I'll be there before you close the door *2
あなたが扉を閉ざしてしまう前に必ず戻るから
To give you all the love that you need
あなたに必要なだけの愛をあげるために
Darling leave a light on for me
お願い。灯りは消さないでおいて
'cause when the world takes me away *3
この世界が私を連れ去るその時まで
You are still the air that I breathe ※ *4
あなたはずっと私の生きる支えなの

☆ I can't explain
上手く説明はできない
I don't know just how far I have to go
どれくらい遠くまで行かなくちゃならないのかも分からない
But darling I'll keep the key, just leave a light on for me ☆
でもね。鍵はずっと持ってるから。だから、どうか灯りはつけたままでいて

Yes I know, what I'm asking is crazy
そう、分かってるわ。私の頼みは馬鹿げてる
You could go and just get tired of waiting
あなたは好きな所に行っていいのよ。待ちくたびれるのも当然
But if I lose your love, torn out by my desire *5
でもね。もしもあなたの愛を失ったら、私は自分の願望で引き裂かれてしまう
That would be the one regret of my life *6
この人生でただ一つの後悔となるでしょう

※~※
☆~☆

Just like a spark lights up the dark *7
暗闇を照らすたった一つの小さな火
Baby that's your heart
それこそが、あなたの心

[※~※]×2

Darling leave a light on for me
お願い。灯りはつけたままにして
I'll be there before you close the door
私はきっと戻るから。あなたが扉を閉ざしてしまう前に
I'll be all the love that you need
私がきっとなるから。あなたが必要とする愛に


備考
  1. ※ "leave the light on" は比喩表現で「あなたの心の中にわたしが戻れる場所を保っておいて」と言っているのだろう。
  2. ※上と同様に "close the door" は比喩的に「心を閉ざす」という意味だろう。
  3. ※ "the world" は「世界、人間、人類、世間の人々、この世、俗世間、社会、~界、宇宙、森羅万象」等だが、ここでは「現世」を表しているように思える。すなわち「命尽きるその時でも(その瞬間までも)」という意味ではないだろうか。
  4. ※直訳すると「あなたはずっと私が呼吸する空気だ」となる。想像で意訳してあるが、もしかしたら間違っているかもしれない。
  5. desire : 欲望、願望、願い。要望、要求。
  6. regret : 遺憾、残念、後悔。悲しみ、悲嘆、落胆、失望
  7. spark : 火花、火の粉。生気、活気。(才能等の)ひらめき。(宝石等の)輝き、きらめき。ほんの少し、わずか。火花放電、点火装置


 1989年のアルバム "Runaway Horses" より。
 何らかの事情で愛する男と一時的に別れなければならなくなった女の心情を歌っているのだろうと思いますが、その "事情" が具体的にどんなものなのかがなかなかうまく想像できません。とくに、「いつ会えるか分からない」、「説明できない」、「どのくらい遠くまで…かも分からない」などの歌詞が、その "事情" を分かりにくくしており、思わせぶりなものにしています。恋愛の障壁となるのは、例えばロミオとジュリエットのような家族に関わるもの、人種や宗教・文化など社会環境的なもの、病気や仕事など個人的な要因が絡むものなどがありますが、この歌詞にはどれもうまく当てはまらないような気がします。
 songfacts.com に「この歌は妻子を残してイラクへ行った兵士たちのために演奏されたことがある」というアメリカ人の投稿が寄せられていたのですが、たしかに、戦場に赴く兵士の心情を描いたものだと解釈するとすべての歌詞が矛盾なく理解できるように思えます。ただ、ベリンダ・カーライルに歌わせる作詞者の意図は違うところにあるのだろうと思います。やはり、納得のいく解釈は今の所思い付きません。
 ただ、一つだけ思い当たるのは、シンディ・ローパーの「タイム・アフター・タイム」という歌の心情と少し似ているように思えることです。この歌は自分の夢をかなえるために好きな恋人と泣く泣く別れ、その後もずっと彼のことを思い続けるという内容なのですが、ベリンダ・カーライルの歌ももしかしたら恋愛と自己実現とが一時的に両立できないという葛藤が描かれているのかもしれません。


 <関連記事>
  ☆ Time After Time : Cyndi Lauper

Born To Run : Bruce Springsteen

2017年02月15日




In the day we sweat it out in the streets of a runaway American dream *1
昼間俺たちは、アメリカンドリームが逃げた通りで働き、待ち侘びている
At night we ride through the mansions of glory in suicide machines *2
待望の夜、自殺機械に乗って栄光の高級住宅街を走り抜ける
Sprung from cages out on highway 9, *3
檻から解き放たれて9号線へ
Chrome wheeled, fuel injected and steppin' out over the line *4
クロムのホイールをはき燃料を詰めて、さあ出撃だ
Baby, this town rips the bones from your back
この町は俺たちを骨抜きにする
It's a death trap, it's a suicide rap *5
死の罠だ。自殺の呼び声だ
We gotta get out while we're young
若いうちに脱け出さなきゃならない
'cause tramps like us, baby, we were born to run *6
なぜって、俺たちのような放浪者は、走るために生まれてきたんだから

Wendy, let me in, I wanna be your friend
ウェンディ、中へ入れてくれ。友達になりたいんだ
I want to guard your dreams and visions
君の夢と希望を守りたいんだ
Just wrap your legs 'round these velvet rims *7
その両脚でこのベルベットのリムを包んでくれ
And strap your hands across my engines *8
その両腕で俺のエンジンを縛ってくれ
Together we could break this trap
二人で一緒にこの罠を破ろう
We'll run till we drop, baby we'll never go back *9
力尽き倒れるまで走ろう。後ろは振り返らない
Will you walk with me out on the wire? *10
一緒に出て行ってくれるかい? 綱渡りのようなこの危ない道を通って
`cause baby I'm just a scared and lonely rider
なぜって、俺は臆病で孤独なライダーだからさ
But I gotta find out how it feels *11
それでも俺はそれがどんな感じか見つけなくちゃならないんだ
I want to know if love is wild, girl, I wanna know if love is real
俺は知りたい。愛は野生の放縦なのか、それとも本質的な存在なのか

Beyond the palace hemi-powered drones scream down the boulevard *12
豪邸たちの上にエンジン音を轟かせ並木道を流す
The girls comb their hair in rearview mirrors
バックミラーには髪をすく女たち
And the boys try to look so hard
男たちは精一杯格好つけている
The amusement park rises bold and stark *13
遊園地が偉そうに、だがひっそりと立っている
Kids are huddled on the beach in a mist *14
靄の向こうの海辺では子どもたちが群れている
I wanna die with you, Wendy, on the streets tonight
ウェンディ、君と一緒に死にたい。この通りで、今夜
In an everlasting kiss
永遠のくちづけをしながら

The highway's jammed with broken heroes on a last chance power drive
大通りは壊れたヒーローたちでひしめき合っている。最後の走る機会とでもいうように
Everybody's out on the run tonight but there's no place left to hide
みんな走りに出てくるが隠れる場所はどこにもない
Together Wendy, we'll live with the sadness
ウェンディ。俺と一緒に、悲しみと共に生きよう
I'll love you with all the madness in my soul
俺は君を心から愛するよ
Someday girl, I don't know when, we're gonna get to that place
いつの日か。いつか分からないけど、俺たちはきっとその場所に行き着ける
Where we really wanna go and we'll walk in the sun
俺たちが本当に行きたい所。俺たちが太陽の下を歩ける所
But till then tramps like us baby we were born to run
でもそれまでは、俺たちのような放浪者は、走るために生まれてきたんだ

Oh honey, tramps like us, baby, we were born to run
俺たちのような放浪者は走るために生まれてきたんだ
Come on with me, tramps like us, baby, we were born to run
俺について来てくれ。走るために生まれてきたんだから


備考
  1. sweat : 汗をかく、一心に働く
    sweat it out :(結果等を)いらいら(はらはら)して待つ、耐える、我慢する
    ※ street は町中の通り、road は町と町をつなぐ道。
    runaway : [名・形] 逃亡(者)、脱走(者)
  2. mansion : 大邸宅、館、マンション
  3. spring - sprang - sprung : [他] 跳ねさせる、飛び上がらせる、飛び立たせる、跳ね返らせる、囚人を脱獄させる
  4. inject : 液体・気体を注射(注入)する
    step out : 勤務中に席をはずす、ちょっと外出する、遊び・パーティー・デートに出かける
  5. rap : コツン(トン)と叩くこと、その音。霊の叩く音、叱責・非難、告訴・告発、刑事責任、犯罪容疑、逮捕、懲役刑
  6. tramp : ドシンドシンと歩く(踏みつける)こと、徒歩旅行、徒歩旅行家、浮浪人、放浪者
  7. wrap : 包む、まとう、くるむ、巻く、巻きつける、表面をおおう
    rim : 縁、へり、リム(車輪の枠)、枠
  8. strap : 革紐で結びつける(締めつける・縛る)
  9. drop ; 滴が落ちる、ばったり倒れる、疲れて倒れる、へたばる
  10. wire : 針金、電線、電話線、有刺鉄線(網)、鉄条網、電話、操り人形の糸、綱渡りの綱
    ※ "out on a limb(枝先に身を乗り出して、一歩間違えれば危険な状態で、助けが無く孤立して)" という言い方もあるので、この "on the wire" は「危険を冒しても、危うい道だけど」などの意味だろうと推測して訳したが、間違っているかもしれない。
  11. gotta = have got to = have to : ~しなければならない
  12. palace : 宮殿、高官の官邸、豪邸、豪華な建物
    hemi- : 接頭辞。「半(half)」の意味。
    drone : 雄ミツバチ、のらくら者、ブーンと唸る音、持続低音
    scream : 汽笛などをピーッと鳴らす、ジェット機などがキィーンという音をたてる、飛行機・車がビュッと飛ばして行く
    boulevard : 広い並木道、遊歩道、大通り
  13. bold : 大胆な、豪胆な、ずぶとい、出過ぎた、不遜な、力強い、(線が)肉太の、際立った、目だった
    stark : 純然たる、全くの、くっきりした、素っ裸の、空漠(荒涼)とした、からっぽの、がらんとした、こわばった、硬直した
  14. huddle : ごちゃごちゃに積み重ねる、ごたごた集める


 1975年のアルバム Born To Run より。
 オートバイは死を誘う乗り物だと思います。「昨日はこのカーブを60キロで抜けられたから今日は65キロで行ってみよう。今日はこのルートを30分で行けるだろうか」などと馬鹿なことを思わせる何かがこの機械にはあります。ハイサイドを起こしかけたり、クルマと衝突したり、死ぬかと思ったことが何度もあります。オートバイに乗らなくなってもう20年近く経ちますが今でも機会さえあればまた乗りたいという気持ちは変わらずにあります。ブルース・スプリングスティーンの若い頃の歌にはよくクルマやオートバイが出てきますが、死の衝動と絡めて歌われていることが多いような気がします。彼の初期の歌は「死と生」が大きな主題だったのでしょう。
 このアルバムの頃から彼をアメリカの労働者階級の代弁者とみなす傾向が現れ始めます。高校を出て肉体労働に従事しアメリカンドリームとは無縁の生活を続ける人々の様々な思いを綴る。確かに彼の歌に多く見られる題材ですが、本来の彼の歌詞は、社会問題を扱うような第三者的・客観的なやり方ではなく思弁的・哲学的な傾向が強いのではないかと思います。この歌詞も「なぜ歌い手は自分を放浪者と規定するのか」「なぜ今住む所ではない、本来自分がいるべき場所を求め続けるのか」など、解釈に悩み、考えさせられるものがあります。

 おまけとして、エイミー・マクドナルドの素晴らしいカバーを紹介しておきます。

 


※この記事は、2011年10月15日に掲載したものの再掲です。

Locked Out Of Heaven

2017年02月13日

Locked Out Of Heaven : Bruno Mars




Never had much faith in love or miracles *1
"愛" や "奇跡" を信じたことなんてない
Never wanna put my heart on the line *2
自分の心を危ない何かに賭けたりしたくない
But swimming in your water is something spiritual *3
でも、きみの水の中で泳ぐのは、何か神聖な感じがするんだ
I'm born again every time you spend the night *4
きみと夜を過ごす度に、僕は生まれ変わる

※ 'Cause your sex takes me to paradise *5
なぜって、きみとのセックスは僕を楽園へ連れて行くから
Yeah, your sex takes me to paradise
きみは僕を桃源郷に導くんだ
And it shows, yeah, yeah, yeah *6
ほら、分かるだろ?

'Cause you make me feel like I've been locked out of heaven *7
きみといると、これまで僕は天国から閉め出されてた感じがするから
For too long, for too long ※
長い間、ずっと

You bring me to my knees, you make me testify *8
きみは僕を跪かせ、服従させる。誓わせる。白状させる
You can make a sinner change his ways *9
きみだったら、どんな罪びとでも改心させられるよ
Open up your gates 'cause I can't wait to see the light
その "門" を開けてくれ。早く "光" を見たい。待ち切れないよ
And right there is where I wanna stay
そこだけが僕がいたい所なんだ

※~※

Can I just stay here?
まだここにいていいかい?
Spend the rest of my days here? *10
残された日々をここで過ごしていいかい?

'Cause you make me feel like I've been locked out of heaven
きっと僕はこれまで天国から閉め出されていたんだ
For too long, for too long
とても長い間


備考
  1. have faith in : ~を信用・信頼する、~を信じている
  2. put ~ on the line : ~を危険にさらす、~を危険のあるチャンスに賭ける、危険を承知で思い切ってやってみる(この場合の line は "安全と危険、成功と失敗、こちらとあちら…等の境界線" を指す)
  3. spiritual : 精神の、霊的な、魂の、霊魂の、心霊の、宗教上の、神聖な、気高い、超俗的な
    ※ "water" は、女性器が濡れることとキリスト教の洗礼の両義なのだろう。
  4. spend the night with ~ : ~と一夜を共にする(セックスの婉曲表現)
    ※洗礼は、神の名によって人間の罪が許され新たな被造物として再生される儀式である。
  5. paradise : 極楽、楽園、エデンの園、至福の地、桃源郷、理想郷、天国
  6. … and it shows : ~であることが一目瞭然だ
  7. ※こんな天にも昇るような感覚を与えてくれたのはきみが初めてだと言っているのだろう。
  8. bring ~ to one's knees : ~を屈服・服従させる
    testify : 証言する、おごそかに宣言する、宣誓証言する、公然と宣言・告白・承認する
  9. この "sinner" と "his" は特定の誰かではなく一般論として "どんな罪人でも" という意味合いで使われている。ちなみに "sin" は法的な犯罪ではなく、宗教的あるいは道徳的な罪を指す言葉。
  10. ※ "rest of my days" は余命を示唆し、*1 の "love or miracles" も併せて、単に刹那的なセックスの快楽を描くにしては大げさな感じがする。全体の雰囲気として、おそらく下世話な感じではなく、"永遠の愛" や "高貴な精神性" がイメージされる歌詞なのではないだろうか。


 2012年のアルバム "Unorthodox Jukebox" より。Wikipedia によれば、ハワイで生まれ育ったブルーノ・マーズは、父親がプエルトリコ人とヨーロッパ系ユダヤ人の混血、母親がフィリピンからハワイに来た移民だそうです。プエルトリコとフィリピンではカトリック教徒が多いため、ブルーノ・マーズもカトリックを信仰している可能性は高いと思います。個人的には、宗教的な高揚感・幸福感と恋愛や性愛の恍惚感を同格に扱う感覚は大らかで好きですが、厳格なカトリックの教えでは許されないことなのではないかと思います。したがって、彼はそれほど熱心なカトリック教徒ではないのでしょう。



最新記事