21 Guns

2017年01月29日

21 Guns : Green Day




Do you know what's worth fighting for,
何が戦うに値するものなのか分かっているのか?
When it's not worth dying for?
それが死ぬに値しないものだとしたら?
Does it take your breath away *1
それは息をのむほどに素晴らしいのか?
And you feel yourself suffocating? *2
それで息苦しさを感じているのか?
Does the pain weigh out the pride, *3
その "痛み" は "誇り" を押しつぶすほどのものなのか?
And you look for a place to hide?
だから隠れる場所を探しているのか?
Did someone break your heart inside?
お前の心は誰かに壊されてしまったのか?
You're in ruins. *4
もうぼろぼろじゃないか

※ One, 21 guns, *5
1人の人間。21の銃
Lay down your arms, give up the fight. *6
武器を置け。戦いをやめろ
One, 21 guns,
1つの発砲。21の礼砲
Throw up your arms into the sky, you and I. ※ *7
両手を高く上げろ。お前も、そして俺も

When you're at the end of the road
道が行き止まりになった時
And you lost all sense of control, *8
自分の思うようにできる感覚をすべて失ってしまった時
And your thoughts have taken their toll *9
自分の考えが多くの犠牲と被害をもたらしてしまった時
When your mind breaks the spirit of your soul.
理性と知性が魂と精神を破壊する時
Your faith walks on broken glass,
お前の信義は砕けたガラスの上を歩いているんだ
And the hangover doesn't pass. *10
過去の遺物が行き去ることはないが
Nothing's ever built to last, *11
どんな建造物も永遠にもつことはない
You're in ruins.
お前は廃墟となってしまったんだ

※~※

Did you try to live on your own,
一人で生きようと思ったと言うのか?
When you burned down the house and home?
お前が家と家庭を燃やしたあの時?
Did you stand too close to the fire,
立つ場所が火に近過ぎたからだと言うのか?
Like a liar looking for forgiveness from a stone?
まるで、物言わぬ墓石に許しを請うふりをする嘘つきと同じだな

When it's time to live and let die *12
「自分は生きる。他人は死ね」と一旦言ってしまえば
And you can't get another try,
もう、お前はやり直すことはできないんだ
Something inside this heart has died,
この心の中の何かが死んでしまった
You're in ruins.
お前はもう廃墟となってしまった

One, 21 guns,
1人の人間。21の銃
Lay down your arms, give up the fight.
武器を置け。戦いをやめろ
One, 21 guns,
1つの発砲。21の礼砲
Throw up your arms into the sky.
両手を高く上げろ

※~※


備考
  1. take a person's breath away : (美しさ等が驚き等で)人に息をのませる
  2. suffocating : 窒息するような、息苦しい、息の詰まるような
  3. weigh : {他} 重さを量る、量り分ける。重くする、圧する、つぶす、押し下げる。評価する、慎重に考慮する、比較検討する
  4. in ruins : 荒廃して、廃墟となって、破滅して
  5. gun : 火器、銃砲、大砲。銃器、拳銃。射撃手、砲手。礼砲、祝砲、弔砲、号砲。
    21 gun salute : 21発の礼砲。米国では、大統領、元大統領、外国元首を称えるため、とくに新大統領の就任、元大統領の葬儀などで敬礼として行なわれる。元々は軍艦が寄港する際に攻撃の意志のないことを港に知らせるために使われた。
    ※ここでは、"21 guns" が "礼砲" なのか単に "21丁の銃" なのかは明確ではない。"guns" と複数形なのは次の "arms" と韻を踏ませるためだろうから、それをもって礼砲ではないとは言い切れない。
    ※ "One" は "一つ" という意味だが、この文脈からは、何が一つなのかを明確に示すことは難しい。
  6. lay down one's arms : 武器を捨てる、矛を収める、降伏する、武装を解く、戦いをやめる、休戦する
    give up : ~を諦める、見切りをつける。~をやめる、中断する、捨てる。~を譲る、引き渡す、放棄する、手放す
  7. throw up one's arms(or hands) : 両腕を挙げる、降伏する、絶望して諦める、掌を上に向け両手を上げる(どうしようもないという身振り)
  8. control : 支配、管理、管制、指揮、統制、抑制、制御
  9. toll : 使用料、運賃。犠牲、代償、損失、損害、被害、死傷者数
    take one's toll : 大損失(被害・打撃)をもたらす、死者を出す、犠牲者を出す、人命を失わせる
  10. hangover : 二日酔い、薬の副作用。(過去の)遺物、残存物、後遺症、余波。(興奮の後の)失望感、意気消沈
    pass : 通過する、通り越す、通り過ぎる、追い越す。時が過ぎ去る、経つ。苦痛・出来事が去る、終わる。事が起こる、生じる。推移・変化する、~の状態になる。
  11. ever : いつも、常に、絶えず。いつか、かつて、これまでに。いったい、そもそも、まったく(ない)、決して(ない)
    last : 続く、継続する。もつ、持ちこたえる
  12. Live and let live. : [諺] 自分も生き、他人も生かせ。互いに許しあい尊重し合い生きよ。互いに邪魔せずにやっていけ。互いに干渉せずに好きなようにさせよ。
    ※イギリスの映画(1973年)と原作小説(1954年) "Live And Let Die (007 死ぬのは奴らだ)" はこの諺をもじったもの。


 2009年のアルバム "21st Century Breakdown" より。このアルバムはクリスチャンとグロリアという二人の若者を主人公にして、経済・社会・宗教・政治等現代アメリカの抱える諸問題を物語形式で描いているコンセプトアルバムです。
 そのため、この曲の歌詞も意味が多重に込められているようです。私見では大きく三つの意味があるように思えました。1つ目は、恋愛や家族等の人間関係の崩壊を嘆き、その再生を願う心情。2つ目は、敵を殺し味方を殺された経験を持つ戦争帰還兵が PTSD に苦しむ様子、あるいは戦争で死んだ兵士への鎮魂。そして3つ目は、当時のアメリカ政権に対する批判、具体的には2001年1月から2009年1月まで大統領を務めたジョージ・W・ブッシュに対する批判及び比喩的な弔辞です。2001年9月に同時多発テロを蒙ったアメリカは、同年10月のアフガン侵攻から始まって、その後泥沼のイラク戦争へと突入していきます。この歌のいちばんの主旨はおそらく「反戦」なのだろうと思います。ただ、それを直接的表現を避けながら人間関係の悩みなどを含意させた言葉の使い方、聞く者の想像を膨らませるイメージの喚起力は、見事なものだと思います。残念な事ですが、翻訳ではこのような言葉の豊かさを上手く再現できませんでした。

Basket Case

2016年12月06日

Basket Case : Green Day *1







Do you have the time to listen to me whine *2
ちょっと時間あるかい。泣き言を聞いてくれないか
about nothing and everything all at once *3
意味の無い事もあるかもしれないがとにかく全部話すから
I am one of those melodramatic fools *4
俺は、メロドラマの主人公みたいに何も考えられない馬鹿なんだ
Neurotic to the bone, no doubt about it *5
骨の髄まで神経症なんだ。絶対そうだ

Sometimes I give myself the creeps *6
時々、自分自身に虫唾が走る
Sometimes my mind plays tricks on me *7
時々、自分の心が自分をだます
It all keeps adding up, I think I'm cracking up *8
そんなのが全部合わさって、気が変になりそうだ
Am I just paranoid, or am I just stoned *9
俺は妄想病なのか? ただ酔っぱらってるだけなのか?

I went to a shrink to analyze my dreams *10
精神科に行ったよ。夢を分析してもらった
She says it's lack of sex that's bringing me down *11
女医が言うには、気が滅入るのはセックスが足りないからだって
I went to a whore, he said my life's a bore *12
娼婦の所へ行った。"彼" は言うんだ。つまらない人生ねって
So quit my whining, 'cause it's bringing her down *13
わたしまで気が滅入るから泣き言はやめてって

Sometimes I give myself the creeps
時々、自分自身に虫唾が走る
Sometimes my mind plays tricks on me
時々、自分の心が自分をだます
It all keeps adding up, I think I'm cracking up
そんなのが全部合わさって、気が変になりそうだ
Am I just paranoid, a ya-ya-ya
俺は妄想病なのか? そうだ、きっとそうなんだ

Grasping to control, so I better hold on *14
気持ちを抑えられるようになってきた。このまま頑張って持ちこたえないと

Sometimes I give myself the creeps
時々、自分自身に虫唾が走る
Sometimes my mind plays tricks on me
時々、自分の心が自分をだます
It all keeps adding up, I think I'm cracking up
そんなのが全部合わさって、気が変になりそうだ
Am I just paranoid, or am I just stoned
俺は妄想病なのか? ただ酔っぱらってるだけなのか?


備考
  1. basket case : 両腕・両脚を切断された人(第一次大戦時に使われた)。まったく無力の人、ノイローゼの人、精神異常者、無気力な人、無能力者。故障して動かないもの、どうしようもない事態
  2. whine : すすり泣く、哀れな声を出す、犬がクンクン鳴く。めそめそと愚痴をこぼす、泣き言を言う、弱音を吐く、訴えるように泣く、駄々をこねる
  3. nothing and everything : 慣用句ではない。直訳すると「無と全」だが、おそらく「意味のある事でもないことでも全部」というような意味だろうと思う。
    all at once : 一度に揃って、一斉に、みんな一緒に、同時に。突然、出し抜けに
  4. melodrama : メロドラマ、感傷的通俗劇。扇情的・情緒的な悲劇風ドラマ
  5. neurotic : 神経症患者、ノイローゼ患者、神経過敏な人
    to the bone : 骨の髄まで、深く、徹底的に、ぎりぎりまで
    no doubt about it : 疑う余地がない、絶対間違いない、本当にその通りだ
  6. give a person the creeps : 人をぞっとさせる
  7. play a person a trick : 人をだます
  8. add up : 合計する、足し算する。計算が合う、意味をなす、辻褄が合う
    crack up : くじける、屈する、参る、気が変になる、崩壊する、自白する、大笑いする、激突する
  9. paranoid : 偏執症患者。被害妄想症患者
    stoned : マリファナでハイになった、朦朧とした。ひどく酔った
  10. shrink : 縮む、縮ませる、小さくなる、小さくする。しりごみ、収縮、精神科医、精神分析医(妄想で膨らんだ頭を縮ませるというイメージ)
  11. bring down : 撃ち落とす、撃ち倒す、しとめる。下げる、減少させる。がっかりさせる、意気阻喪させる、気分を沈ませる、落ち込ませる、落胆させる、気を滅入らせる
    ※前行の夢分析と併せるとフロイト派精神分析の型にはまった診断と治療を皮肉っているようにも見える。
  12. bore : 退屈な(うんざりさせる)人・物・事
  13. ※文脈から "whore = he = her" は同一人物だろう。これは、ボーカルの Billie Joe Armstrong がバイセクシャルであることを示すものかもしれないが、精神科医の例と同様に誰か他人に頼ることでは自分の問題は解決できない、他人は当てにできないということの暗喩なのかもしれない。
  14. grasp : しっかりと握る、ぎゅっとつかむ、しがみつく、機会をつかむ
    control : 支配する、指揮・監督する、感情などを抑制する、機械などを制御する
    better : [副詞] さらに良く(上手に、優れて、好ましく、ふさわしく、適切に、多く、大きく)
    had better : ~した方が身のためだ、~しないと困ったことになる・ひどい目に遭う・まずい事になる
    ※この歌詞では "I had better → I'd better → I better" と "had" が省略されているのではないかと思う。
    hold on : しっかりつかまる、固定する。その場を持ちこたえる、持続する、踏ん張る


 1994年のアルバム "Dookie" より。ボーカルのビリー・ジョー・アームストロングがかつてパニック障害だった時の経験を元に作った歌だそうです。

Echo : GUMI(Megpoid)

2015年08月10日




The clock stopped ticking forever ago
時計はずっと昔に時を刻むのを止めた
How long have I been up?
どのくらい寝ないでいるだろう?
I don't know
分からない
I can't get a grip, but I can't let go *1
しっかりとつかむことができない。かと言って、手を離すこともできない
There wasn't anything to hold onto though *2
そもそもすがりつけるものなど何もなかった

Why can't I see, why can't I see?
なぜ見えないんだろう、なぜ見えないんだろう?
All the colors that you see?
誰でも見える色が全然見えない
Please, can I be, please, can I be
お願い。いいですか?
Colorful and free? *3
いろんな色になってもいいですか、思うままにしてもいいですか?

※ What the hell's going on?!
いったい何が起こってるんだろう?
Can someone tell me please?
誰か教えてくれる?
Why I'm switching faster than the channels on TV? *4
なぜ私はテレビのチャンネルよりも速く移り変わっているんだろう
I'm black, then I'm white, no
黒になり、そして白になる。ああ違う
Something isn't right
何かが間違ってる
My enemy's invisible, I don't know how to fight
敵が見えない。どう戦ったらいいのか分からない
The trembling fear is more than I can take *5
震える恐怖が大きすぎて、耐えられそうにないけど
When I'm up against the echo in the mirror ※ *6
私は、鏡の中の投影にこうして対峙している

Echo-o-o-o-o-o-o-o
そして共鳴する

I'm gonna burn my house down into an ugly black
私は家を焼くだろう。崩れ落ちた家は醜い黒になるだろう
I'm gonna run away, now, and never look back
私は逃げ出すだろう。もう、決して振り返らないだろう

And never look back
決して振り返らない

※~※


備考
  1. grip : 掴む事、握る事。握力。支配力、統御力、統制力
    get a grip : 気を落ち着かせる、冷静になる、気をしっかり持つ
  2. hold onto : つかみ続ける、手を離さない、すがりつく、しがみつく
  3. colorful : 色彩に富んだ、変化・波乱に富んだ、華やかな、生き生きした、派手な
  4. switch : 交換する、取り替える。変更する、転じる、乗り換える。電気器具のスイッチを入れる・切る(on,off)
  5. tremble : 震える、身震いする。恐れる、びくびくする。
  6. up against : (困難・障害・問題に)ぶつかって、直面して。(敵などと)対戦して、接触して、接近して


 GUMI は音声合成ソフトの音声データベース商品 Megpoid(めぐっぽいど)のイメージキャラクターの名称です。Megpoid には歌手・声優の中島愛の声を録音して作成された音源が収録されています。この歌は Crusher-P という人が Megpoid を使って制作したもので、初出は2014年10月にニコニコ動画に投稿されたものだそうです。
 歌詞の内容は、自我が崩壊するほどの恐ろしい精神状態を表しており、この深刻さはサブカルチャーでよく見られるただ格好いい言葉だけを並べた空疎なものではないように思えます。しかし、健康な精神状態の人間が本物の狂気を表すことはとても難しいので、私の勘違いで狂気とは別の感情や精神状態を表したものなのかもしれません。作詞のモチーフが分かればもう少し理解が及ぶのでしょうが、役に立つ情報が見つけられませんでした。
 この歌とは関係ありませんが、冒頭の動画と同じく『魔法少女まどか☆マギカ』の映像を編集した動画でとても良く出来たものを見つけたので下に貼り付けておきます。なお、曲の作者はゲーム音楽などの作曲家らしいです。





最新記事