Starring Role : Marina & The Diamonds

2017年11月02日




You're hard to hug, tough to talk to *1
気軽にハグもできない。話をするのも大変
And I never fall asleep when you're in my bed
それに、全然眠れない。一緒のベッドにいる時
All you give me is a heartbeat *2
あなたがくれるのは心臓の鼓動だけ
I've turned into a statue *3
まるで銅像にでもなったみたい
And it makes me feel depressed
だから私は落ち込んでしまう
'Cause the only time you open up is when we get undressed
だって、あなたが私に心を開くのは二人が裸の時だけだから

You don't love me, big fucking deal *4
あなたは私を愛していない。そう、一大事よ
I'll never tell you how I feel
でも、私は自分のこんな気持ちをあなたに言うつもりはない
You don't love me, not a big deal
あなたは私を愛していない。でも、大した事じゃないわ
I'll never tell you how I feel
こんな気持ち、あなたには絶対言わない

It almost feels like a joke to play out a part *5
こんな役を最後まで演じるのはまるで冗談みたいね
When you are not the starring role in someone else's heart
他の誰かさんの心にとっては、あなたも主役じゃないのだから
You know I'd rather walk alone, than play a supporting role
私もいっそ一人で歩く方がいいのかしら。脇役を演じているよりも
If I can't get the starring role
私も主役になれないのだとしたら

Sometimes I ignore you, so I feel in control
時々あなたが見えないふりをすると、自分の思うままでいられる気がする
'Cause really, I adore you, and I can't leave you alone *6
なぜなら、私は本当にあなたを好きだから。あなたを一人にはしておけないから
Fed up with the fantasies that cover what is wrong *7
夢物語の空想はもううんざり。でも、嫌な事を覆い隠してはくれる
Come on, baby, let's just get drunk, forget we don't get on *8
ねえ、二人とも酔ってしまおうよ。仲良くできない事なんて忘れて

You like my dad, you'd get on well
あなた、私の父は好きよね。きっと仲良くできるんでしょうね
I send my best regards from hell *9
最高に嫌味な挨拶を伝えておいてあげる

It almost feels like a joke to play out a part
こんな役を最後まで演じるのはまるで冗談みたいね
When you are not the starring role in someone else's heart
他の誰かさんの心にとっては、あなたも主役じゃないのだから
You know I'd rather walk alone, than play a supporting role
私もいっそ一人で歩く方がいいのかしら。脇役を演じているよりも
If I can't get the starring role
私も主役になれないのだとしたら

I never sang for love, I never had a heart to mend
私は愛を求めて歌ったことなどない。心を痛めて治したことなどない
Because before the start began, I always saw the end
なぜなら、初めの一歩を踏み出す前から、私はずっと終わりだけを見ていたのだから
Yeah, I wait for you to open up, to give yourself to me
そう。私は待っている。あなたが心を開くのを。すべてを私に捧げるのを
But nothing's ever gonna give, I'll never set you free
でも、私には何も捧げられることはないだろう。私はあなたを自由にしないのだから
Yeah, I'll never set you free
そう。私はあなたを決して自由にはしない

It almost feels like a joke to play out a part
こんな役を最後まで演じるのはまるで冗談みたいね
When you are not the starring role in someone else's heart
他の誰かさんの心にとっては、あなたも主役じゃないのだから
You know I'd rather walk alone, than play a supporting role
私もいっそ一人で歩く方がいいのかしら。脇役を演じているよりも
If I can't get the starring role
私も主役になれないのだとしたら

The starring role
主役には


備考
  1. tough : 丈夫な、頑丈な。固い、噛み切れない。不屈の、辛苦に耐えられる。乱暴な、喧嘩っ早い。(状況等が)つらい、きつい、厳しい
  2. ※前行から続くこの部分は、想像だが、セックスの後自分だけさっさと眠ってしまう彼に対する心情的な物足りなさを表しているのではないだろうか。
  3. ※ "have turned" と完了形なのは仮定法で婉曲や比喩を表しているのではないだろうか。
  4. big fucking deal : 超重大なこと、すごく大事なこと、一大事。実際には、反語的に「どうでもいい、大した事じゃない、それがどうした」等の意味で使われる事が多いらしい。
    ※ここでは上のどちらの意味で用いているのかよく分からない。両方が含まれる、あるいは変化の激しい屈折した心情を表しているのかもしれない。
  5. play out : 行動に表す、最後まで演じる、尽きる、疲れ果てる
    play a part : 役を演じる、芝居をする、~に関与する
  6. adore : 深く敬慕・敬愛する、熱愛する、崇拝する、大好きである
  7. feed : 食物・餌を与える、授乳する、精神的な糧を与える。飼う、養う、育てる。燃料・材料を供給する、給油する
    be fed up : ~にいらいらする、うんざり・飽き飽きする。満腹する
  8. get on : 仲良くやっていく、親しくする、成功する、仕事が捗る
  9. regard : 敬意、尊敬。考慮、顧慮。注視、凝視。好意、好感。敬意・愛情を表す挨拶、よろしくとの伝言
    A from hell :(名詞 A を修飾する形容詞として)ひどく不快な、いやみな、地獄の、最悪の、最低の、いんちきの、偽の


 2012年のアルバム "Electra Heart" より。
 この歌の圧巻は終盤の "I never sang for love" からの5行で、主題もここに凝縮されているようです。自分を軽い遊び相手としか思っていない男に対する恨みよりも、他人に対する自分の執着心の強さを嘆いている歌のように思えます。

Animals : Martin Garrix

2017年10月17日




We are the fuckin' animals
俺たちはただのけだものさ


 2013年に発売された曲です。作曲時マーティン・ギャリックスはまだ16歳だったそうです。こういう人を天才と言うのでしょうか。記事としてはまた手抜きで歌詞が一文しかありません。"fucking" という言葉は善悪、好悪さまざまな使われ方をし、私には適切に訳すことは無理なのですが、一応動画を見た上でこんな感じかなと訳してあります。あくまで参考程度の訳文だと思って下さい。動画の初めの方で時計が掲げられ、それが時を刻むような効果音が使われているのは「このような "fuckin' 最低で最高な事" ができるのは今のこの僅かな間だけであり俺たちに残されている時は限られている」と言っているような感じがします。

Don't Look Down : Martin Garrix feat. Usher

2017年09月21日

Towel Boy


Towel Girl



Is your head spinning? *1
目が回ってクラクラしないか?
Is your heart racing?
心臓が空回りしないか?
Is there fire in your veins?
血管に火がつかないか?
Are your bones burning?
骨が燃えてしまわないか?
Is your skin yearning?
肌が恋焦がれないか?
Cause you're driving me insane
俺はそうだよ。君が俺を狂わせるからだ

I kinda feel like I, feel like I saw the light
感じるんだ。何かを。そう、光が見える感じだ
You got me way up, a thousand miles *2
君は俺を天に昇らせる。千マイルの彼方まで
Can we stay right here in this atmosphere *3
俺たち、大気圏に留まれるかな?
Like we're flying out in space?
宇宙まで飛んでしまうんじゃないか?

Don't look down
下は見なくていい
Up this high, we'll never hit the ground
ここまで高く来れば、地面に落ちることなんかないさ
Don't look down
下は見なくていい
See that sky, we're gonna reach it now
あの空を見てみなよ。今にも手が届きそうじゃないか
Do you feel the lightning inside of you?
自分の中に稲妻が光るのを感じないか?
Will you follow through if I fall for you? *4
もし君への恋に落ちたら、どこまでもついて来てくれるかい?
Don't look down
下は見なくていいよ
Up this high, we'll never hit the ground
こんなに高くなれば、地面まで落ちることなんかないさ

Are your hands shaking? *5
手が震えてるのか?
Are your fists breaking?
拳が砕けそうなのか?
Are you climbing over walls?
壁を乗り越えようとしてるのか?
Are the times changing?
時代は変わりつつあるのか?
Is the noise fading?
不快な雑音は消えつつあるのか?
Cause I wanna get it out *6
俺はそうだよ。心の中のもやもやを全部吐き出したいんだ

I kinda feel like I, feel like I saw the light
感じるんだ。何かを。そう、光が見える感じだ
You got me way up, a thousand miles
君は俺を天に昇らせる。千マイルの彼方まで
Can we stay right here in this atmosphere
俺たち、大気圏に留まれるかな?
Or are you afraid to fall?
それとも、落ちるのが怖いかい?


Don't look down
下は見なくていい
Up this high, we'll never hit the ground
ここまで高く来れば、地面に落ちることなんかないさ
Don't look down
下は見なくていい
See that sky, we're gonna reach it now
あの空を見てみなよ。今にも手が届きそうじゃないか
Do you feel the lightning inside of you?
自分の中に稲妻が光るのを感じないか?
Will you follow through if I fall for you? *7
もし君のために落ちたら、最後までついて来てくれるかい?
Don't look down
下は見なくていいよ
Up this high, we'll never hit the ground
こんなに高くなれば、地面まで落ちることなんかないさ

Don't look down
下は見るな

Do you feel the lightning inside of you?
自分の中に稲妻が光るのを感じないか?
Will you follow through if I fall for you?
もし君のために落ちたら、最後までついて来てくれるかい?
Don't look down
下は見なくていいよ
Up this high, we'll never hit the ground
こんなに高くなれば、地面まで落ちることなんかないさ


備考
  1. ※冒頭の5行は「君」に恋する自分の心の状態を大げさに表現しており、「俺はこうなんだが、君は同じじゃないのか?」と聞いているのだろう。
  2. way : [副詞] とても、ずっと、はるかに、遠くに
    ※ "get me up" は「起こす」という意味もあるが、ここでは「高い所に置く、持ち上げる、連れて行く」等の意味だろうと思う。
  3. ※1行目 "I", 2行目 "me" と自分一人の事だったはずなのに、この3行目で急に "we" と二人の事になっているのは、相当に妄想が昂じているのだろう。
  4. fall for : 好きになる、惚れる、恋する。だまされる、引っ掛かる、はまる
    ※ "fall" は本来「落ちる」なので "fall for you" は「君のために落ちる」とも解釈できるのではないだろうか。
  5. ※歌詞冒頭の5行はいかにも恋愛感情の高まりという感じの表現だったが、対句になっているこの5行は少し雰囲気が異なっているように見える。恋愛の相手ではなく何かを頑張っている人物を励ましているような感じがする。
  6. get it out : 悩み・苦しみ・悲しみなどを打ち明ける、心に溜まっているものを吐き出す
  7. ※ここは *4 と全く同じ文だが、直前の歌詞が冒頭とは違うために、恋愛要素を無くして訳している。もしかしたら、誤訳になるのかもしれない。


 マーティン・ギャリックスは1996年生まれのオランダのDJ、音楽プロデューサー、アッシャーは1978年米テネシー州生まれの歌手、俳優、ダンサーです。この歌は2015年に発表されています。
 訳し始めた時は恋愛感情の高揚感を表した歌詞だと思ったのですが、途中から少し分からなくなってきました。一見恋愛感情の能天気さを歌っているように見えますが、何かに立ち向かったり目的達成に努力したりする他人や自分を励ます意図で書かれているようにも感じます。ちなみに、冒頭の二つの動画は少々品がありませんが、タオルボーイとタオルガールが最後に "ボーイミーツガール" 状態になるところが微笑ましいです。



最新記事