Ditmas : Mumford & Sons

2017年07月02日




And in time
いつしか
As one reminds the other of the past
人は誰かを過去の人と思うようになる
A life lived much too fast to hold onto
人生は沢山の事が次から次へと生じ、一つにしがみついてはいられない
How am I losing you?
僕はどんな風に君を失うのだろう?

A broken house
壊れた家は
Another dry month waiting for the rain
またこれから乾いた一月、雨を待ち続ける
And I had been resisting this decay *1
こんな腐朽と衰退に僕はずっと抗ってきた
I thought you'd do the same *2
君も同じだと思っていた

※ But this is all I ever was
でも、これがこれまでの僕のすべてなんだ
And this is all you came across those years ago *3
そして、君がこの数年に出合ってきたことのすべてなんだ
Now you go too far *4
もう君はとても遠くに行っている
Don't tell me that I've changed because that's not the truth
僕が変わったなんて言わないでくれ。そんな事はないのだから
And now I'm losing you ※
僕は君を失おうとしている

Fragile sound *5
か細い響き
The world outside just watches as we crawl *6
外の世界は、僕たちが這うように進むのをただ見守るだけ
Crawl towards a life of fragile lines *7
か細い糸のような人生に向かって這い進むのを
And wasted time
無駄に時を費やした人生

And so I cry
だから、僕は泣くだろう
As I hold you for the last time in this life *8
君を抱くのがこの人生で最後となる時が来たら
This life I tried so hard to give to you
君にすべてを捧げようとしてきたこの人生で
What would you have me do? *9
君は僕がどうする事を望んでいるのだろう?

※~※

Where I used to end was where you start *10
いつだって僕の終着点は君にとっては始発点だった
You were the only one
君は僕にとって唯一の人だった
And now I see your eyes move too fast *11
今君の目はあちこちに動き回っている
You were the only one
唯一の人だった君なのに

Careful hands *12
気を使い、用心深くなったお互いの手と手
And wandering without that much to say
口数少なく、当てもなく歩き回る
Your words are empty as the bed we made *13
君の言葉は、今の僕たちのベッドのように空虚だ
Is there another way?
何か他に道はないのかい?
Oh love, is there another way?
愛しい人よ。何か他に道はないのかい?

※~※

And now I'm losing you
僕は今、君を失おうとしている


備考
  1. resist : 抵抗・反抗・反撃する。~に侵されない、~に耐える。~を我慢する
    decay : 腐敗、腐朽。虫歯。衰え、衰退、消滅、堕落
  2. would : ここではおそらく「過去における習慣、習性、反復的動作」を表す「きまって(よく)~したものだ、~するのであった」という意味だろうと思う。
  3. come across : 渡って来る、横切る。出くわす、ふと(偶然)見つける、見かける、遭遇する
  4. go too far : 度が過ぎる、度を超す、やり過ぎる、言い過ぎる、遠くに行き過ぎる
  5. fragile : 壊れ(折れ・砕け)やすい、もろい、弱い。華奢な、か細い、繊細な。実質のない、薄弱な、中身のない。虚弱な、元気のない、調子の悪い
    ※ "sound" は具体的に何の音を指しているのだろうか? 裏の意味としては彼らが作る「音楽」を指すのだろうが、表の「失恋の歌」としては曖昧でよく分からない。全体の文脈から「君」の声なのではないかと思うが確信は持てない。
  6. world : 世界、人類、人間、世間の人々、この世、世間、俗世、俗事、~界、宇宙、森羅万象、多数・多量・無限、天体・惑星
  7. line : 線。筋、縞、しわ。境界(線)、境、限界。輪郭、外形。進行方向、道筋、方向・方針。電話、電線。糸、紐、細綱。列、連続、行列。
  8. for the last time : 最後に、それを終わりとして、(それが最後になるように)今度こそきっぱり
  9. have + 人 + 動詞の原形 : ~に~してもらう、~に~させる。
    ※ have は「義務や立場的に自然・当然な事をさせる」という含意がある。一方 let は「許可する、したい事をさせてやる」、make は「強制する、無理にでもやらせる」という含意がある。
  10. used to do : 過去に~をしていた(現在はしていない)、以前は~だった(が今は違う)。過去の習慣や反復的・継続的な行動を表す。
  11. ※ "eyes move too fast" は正確な意味が分からない。彼女が目をきょろきょろさせて自分以外のものばかり見ていることを示唆するものだろうと思うが確信はない。
  12. ※ "careful hand" は通常「注意深い(用心深い)手つき」や「丁寧な仕事」、「人を気遣って世話をすること」等の意味になるのだろう。そのどれもそのままでは当てはまらないような気がする。「用心深い手つき」がいちばん近いように思えたのでそれを適用し、"hands" と複数形であることを根拠に二人の「手と手」であると想像して意訳してあるが、間違っているかもしれない。
  13. "as the bed we made" は「かつて僕たちが(一緒に)整えたベッドのように」なので、おそらく「前は同衾していたが今はそうではない」ことを示唆するものなのだろう。


 2015年のアルバム "Wilder Mind" より。曲名はニューヨーク・ブルックリンにある "Ditmas Park" という地区名でこのアルバムを録音したスタジオのある場所です。Park と言っても「公園」ではなく、古い家屋、町並みなどが歴史的遺物として保存されている地区を指しています。歌詞は表面的には失恋を表す内容でしょうが、バンジョーに象徴される素朴な音作りから電子機器を使った現代的な音作りへと変わってきたことに関するバンドとしての自己弁明の意味合いも込められているそうです。その場合歌詞の「君」はファンや評論家、メディアなどを指すことになるのでしょう。
 自分の恋愛感情を書き言葉にした経験がないため、このような歌詞の翻訳は非常に苦手です。特に男の書いた歌詞は他人の事なのに訳しているこちらが気恥ずかしくなってきます。ただ、Marcus Mumford の書く歌詞は適度に格調高く詩的な感じがします。英語の詩的な美しさはよく分からないのですが、なかなか詩才のある人なのではないでしょうか。

I'm A Ruin : Marina and the Diamonds

2017年05月04日




I know that I can't have it all
分かってる。すべて手に入れることなんてできない
But without you I am afraid I'll fall *1
でも、あなたがいないと、落ちそうで怖い
I know I'm playing with your heart *2
分かってる。私はあなたの心を弄んでいる
And I could treat you better but I'm not that smart *3
あなたを大切にするふりはできるけれど、私はそれほど賢くない

When it comes to love, you're an easy fight *4
殊恋愛に関しては、あなたは与し易い相手
A flower in a gun, a bird in flight *5
まるで銃口に挿された花。空を飛ぶ鳥
It isn't fair and it isn't right *6
だから、公平じゃないし、正しくない
To lead you on like it's all alright *7
「大丈夫だよ」と偽ってあなたに気を持たせるのは

I played with your heart
あなたの心を弄んだ
And I could treat you better but I'm not that smart
あなたを大切にするふりはできるけれど、私はそれほど賢くない
You still mean everything to me, to me *8
あなたは今でも私にとってのすべてなのだから
But I wanna be free
でも、私は "自由" でいたい

I'll ruin, yeah, I'll ruin you *9
破滅させる。私はあなたを滅茶滅茶にしてしまう
I've been doing things I shouldn't do
私はしてはいけない事ばかりしている

Yeah, uh huh, ooh, yeah *10
そう。でしょう? ええ、そうよ

It's difficult to move on
このままじゃ、先に進めない
When nothing was right and nothing's wrong
かつてはすべて上手く行かなかったのに、今は悪い事なんて何もない
You still can't look me in the eye *11
あなたはまだ私の目をまともに見られない
'Cause you've been bitten once and now you're twice as shy *12
一度私に噛まれているから、あなたはより一層臆病で用心深い

I've had my share of beautiful men *13
これまで自分に相応に素敵な人たちと付き合ってきた
But I'm still young and I wanna love again
でも、まだ若いし、もっと恋したい
It's difficult to say goodbye
「さよなら」を言うのは難しい
And easier to live a lover's lie
愛を偽って生きる方が容易い

And I've tried to say
言おうとはしてみた
Babe, I'm gonna ruin you if you let me stay
あなたと一緒にいると、私はあなたを滅茶滅茶にしてしまう
You still mean everything to me, to me
あなたは今でも私にとってのすべてよ
But I wanna be free
でも、私は "自由" でいたい

I'll ruin, yeah, I'll ruin you
破滅させる。私はあなたを滅茶滅茶にしてしまう
I've been doing things I shouldn't do
私はしてはいけない事ばかりしている

Yeah, uh huh, ooh, yeah
そう。でしょう? ええ、そうよ

It doesn't feel right and it doesn't feel fair
正しいとも思わないし、公平だとも思わない
When I'm planning to move on and you're still standing there
私は次に進もうとしてるのにあなたをまだここに留めたままのこの状況は
Don't wanna keep a secret but I don't know how to keep it fair, yeah
隠しておきたいわけじゃない。でも、どうするのが正しいのか分からない

I'll ruin, yeah, I'll ruin you
破滅させる。私はあなたを滅茶滅茶にしてしまう
I've been doing things I shouldn't do
私はしてはいけない事ばかりしている

But I don't wanna say goodbye
やっぱり、さよならは言いたくない
But, baby, I don't wanna lie
でもね。嘘もつきたくない
To lie, to lie to you
あなたに嘘なんて
I'm a ruin *14
私は破滅をもたらす女

Yeah, uh huh, ooh, yeah
そう。でしょう? ええ、そうよ


備考
  1. fall : 落ちる、降る、倒れる、転ぶ、滅びる、倒壊する、陥落する、破綻する、減少する、低下する、下落する、堕落する、罪を犯す、没落する
  2. play with : ~と戯れる、もてあそぶ、軽くあしらう。~と楽しく遊ぶ。~をおもちゃにする、~にいたずらをする、~をからかう
  3. treat : (人・動物等を)扱う、遇する。治療する、処置・手当てする。もてなす、歓待する、おごる、ご馳走する
    ※ "could treat you better" は後の "smart 賢い、利口な" から「上手に立ち回る、上手くあしらう」という感じに思えるが、"treat better" は「大切にする、大事にする」という語感が強いため、そこまで意訳することはできないように思い、「ふり」という言葉を付けたが、これでも意訳し過ぎかもしれない。なお、英文の構成では "I know that I could treat …" で、"could" と過去形なのは「仮定法」で「現実には大切に扱っていない」ことを示している。
  4. fight : 戦い、争い、喧嘩、格闘。競争、勝負。奮闘、闘争。論争、口論。
    ※ "fight" に「戦いの相手、敵」という意味は無いが、ここでは恋愛をゲームや試合、相手との駆け引きとして比喩的に「戦い易い相手、楽な試合」と言っているのだろう。次行の "flight" と韻を踏ませる必要性もあったのかもしれない。
  5. ※下の写真は Bernie Boston が1967年に撮影した "Flower Power" という作品で、その年のピュリツァ賞を受賞している。ベトナム反戦運動において州兵の向ける銃口に花を挿す若者が写されている。その下の動画は傑作と名高いアメコミ "Watchmen"(1986-7年出版) を原作とした実写映画(2009年)の冒頭部分。3分52秒からの場面に銃口に花を挿す少女が登場する。映画では歴史が改変されているため、少女の抵抗虚しく銃が発砲される。Marina & the Diamonds がこの写真や映画を知っているかどうかは不明だが、"flower in a gun" は銃に対する花の弱さを表しているように思える。"bird in flight" も同様に「無害なもの、危険のないもの」を表し、「あなた」が恋愛においては「私の敵ではない」と思える無害な男であると言っているのではないだろうか。
     Flower Power
     
  6. fair : 公平な、公正な。正々堂々とした、正当な、適正な。かなりの、まあまあの。晴天の、航行に好都合の。平らで滑らかな、汚点・欠点のない、きれいな。色白の、金髪の。丁寧な、まことしやかな、口先だけの。美しい、魅力的な。完全な、申し分のない
  7. lead ~ on : だます、誤り導く、~するように仕向ける、だまして~させる。だましたり調子のいいことを言って~をけしかける、その気にさせる。気を持たせる、実現可能性のない期待を抱かせる
  8. mean : 意味する、示す。~という結果になる、結果として~をもたらす。重要性を持つ。
  9. ruin : 破壊する、崩壊させる、荒廃させる。取り返しのつかないほど傷つける、台無しにする。破滅・破産させる
  10. huh? : ~でしょう?(他の意味もあるが、ここではおそらく相手の同意や意見を求めている)
  11. look ~ in the eye : 人の目をまともに見る、直視する、正視する、人の顔をじっと見る
  12. bite-bit-bitten : かむ、噛み付く、刺す、銜える。(人を)だます、困らせる、怒らせる
    ※ここでは「飼い犬に手を噛まれる→裏切られる、騙される」という感じではないだろうか。
    twice as ~ : ~が2倍である、2倍の~である、
    shy : はにかみ屋の、引っ込み思案の、内気な、恥ずかしそうな、臆病な。気が進まない、~を嫌がる、~に用心深い。疑い深い、信用しない。びくびくした
  13. have one's share of ~ : その人なりの~がある、それなりに~を引き受けている、取り分として~をもらう、それ相当のものがある
  14. ruin : 廃墟、遺跡。荒廃、破壊、崩壊。荒廃・破壊・破滅の原因。破産者、身を持ち崩した人、落ちぶれた人
    ※最後のこの4行はアルバム収録曲にはあるが、冒頭の動画では歌われていない。


 2015年のアルバム "Froot" より。
 恋愛の幸福や失恋の不幸、不実な相手への嘆きや恨みなど、いろいろな歌がありますが、このような複雑で微妙な、そして正直な心情を綴った歌詞はあまり聞いたことがないように思います。ごく大雑把に言うと、自分の不実を悔み相手に対する罪の意識を感じながらも、自分の心あるいは欲望に従いたいという葛藤や迷いが表されているのでしょうか。いわゆる "悪女" では(多分)ない為に、聞いていて心を動かされるものの何かもやもやした感じが残る歌です。

The New International Sound Pt.2 : GENER8ION + M.I.A.

2017年04月25日




M.I.A. you can wiki me *1
M.I.A. 意味はウィキに載ってる
I don't be no dummenee *2
私は物言えぬ白痴なんかにならない
Dumbing me is killing me
私を黙らせるのは私を殺すことと同じ
Like it can be that enemy *3
「いいね」ボタンだって敵になり得る
They come at me
そいつらがやって来て
They gonna meet my
私に会おうとすれば
People gonna cover me
みんなが私を守ってくれるだろう
The ones that can govern me
私を支配し動かせることと
Ain't the ones that can power me
私に力を与え、私を鼓舞できることは違う
It's the sun and moon
太陽と月こそが
That's turning me
私の進む向きを変えていく
If I get high it's burning me
気分が昂揚するのは、怒りで心が燃えている時よ
You can kill my privacy
私のプライバシーを殺すことはできるでしょう
But you can't kill that love in me
でも、私の中の "愛" を殺すことはできはしない

※ It's a game can't be tamed *4
これは勝ち負けを競うゲームよ。(私を)手なずけることなんてできない
Keep your fame and I'll keep my faith
あなたは名声と評判を守りなさい。私は信義と信念を守る
(Oh yeah you can keep it)
(ああ、あなたなら出来るでしょうね)
Store my name, say my name *5
私の名を保存しなさい。私の名を唱えなさい
Know my name, and I'll keep my faith (I'm gonna keep it)
私の名を知りなさい。私は私の信義と信念を守る (守り続ける)
Light it up, turn em on *6
光を当てなさい。彼らを刺激しなさい
That's when my powers gone (gonna keep it)
そうすれば私の力は失われる(守り続ける)
I take em off, turn em off, and my powers on ※ *7
でも、私は彼らを追い払い、興味を失わせる。そして、私の力はみなぎる

Pan 'em off, pan 'em,  *8
泥を洗い流しなさい

※~※

Pan 'em off, pan 'em, pan 'em off
泥を洗い流して、価値あるものを選別しなさい


備考
  1. wiki : ※このような英単語はないのでおそらく wikipedia のことなのだろうが、口語で wiki を動詞として使う際にどのような意味合いを持たすのが普通なのか分からない。ここでは一応「ウィキペディアで調べてみなさい」くらいの意味合いだろうと推測して訳した。
  2. ※ dummenee は辞書にもなくネットで検索しても単語としてヒットしない。dumm は英語の dumb と同根で「愚かな、馬鹿な、幼い」で dummen はその名詞形。接尾辞-ee は「~される(する)者」なので、dummenee はおそらく「愚か者」あるいは「黙らされる者」等の意味ではないだろうか。
  3. ※歌詞全体が "インターネット" を多分に意識したものに思えたのでこの "like" をフェイスブックの「いいね」ボタンだと判断したが、確証はないので間違っている可能性がある。
  4. tame : 飼い馴らす、手なずける。従順にさせる、おとなしくさせる。無気力にする、(熱意・関心を)なくさせる・くじく。(天然資源等を利用できるように)制御・管理する
  5. store : 蓄える、保管する、保存する、格納する。(データをメモリに)記憶する
  6. light up : 光を当てる、照らす、明るくする、点灯・点火する、タバコに火をつける、陽気にする、晴れやかになる、顔色がパッと明るくなる
    turn on : 電源を入れる、スイッチをオンにする、ガス・水道を出す、栓を開ける。(人を)引き付ける・刺激する・熱狂させる・興奮させる・夢中にさせる。
  7. take off : 身につけている物をはずす、服を脱ぐ。~から取り去る、取り除く。~から離す・移す・連れ去る。
    turn off : 電源を切る、スイッチをオフにする、ガス・水道を止める、栓を閉める。(人を)うんざりさせる・飽き飽きさせる、興味をなくす。~を追い払う、追い出す。
  8. pan off : 砂金等の高価な鉱物を分離するため、土砂等を選鉱鍋で洗ってより分ける


 2016年のアルバム "AIM" の "Deluxe version" にボーナストラックとして収録。GENER8ION はフランスのDJ・プロデューサー Surkin(Benoit Heitz)のプロジェクト名です。
 動画はベルギーの映像作家 Inigo Westmeier によって撮られた "Drachenmädchen (Dragon Girls)" という2012年のドキュメンタリー作品からの抜粋です。このドキュメンタリーは、生徒数が2万人を超えるという中国最大の武術学校である河南省の少林寺塔溝武術学校を舞台に、故郷の家族と離れ修行に励む三人の少女たちの姿を記録したものです。
 M.I.A. の書く歌詞は私にはいつも難解です。この歌もほとんど意味が分かりませんし誤訳もあるでしょうが、何らかの "戦う意志" を表したものだろうとは思います。



最新記事