Make Me Wanna Die : The Pretty Reckless

2017年02月17日




Take me I'm alive
早く連れて行って。私はまだ生きてる
Never was a girl with a wicked mind *1
昔は性悪な女なんかじゃなかった
But everything looks better when the sun goes down
でも今は、日が沈んでからの方がすべて素晴らしく見える

※ I had everything
何でも持ってた
Opportunities for eternity *2
永遠の魂を得る機会だって何度もあった
And I could belong to the night ※ *3
一方で、夜に生きることもできた

Then your eyes, your eyes
そして、あなたの目。あなたの目
I can see in your eyes, your eyes
私にはあなたの目の中に見える。あなたの目の中に

☆ You make me wanna die
あなたは私を死にたくさせる
I'll never be good enough *4
きっと私では駄目なのだろう
You make me wanna die
あなたは私を死にたくさせる
And everything you love will burn up in the light
あなたの愛するものはすべて光の中で燃え尽きてしまうのだろう
And every time I look inside your eyes
あなたの目を覗き込む度にいつも
You make me wanna die ☆
私は死にたくなる

Taste me, drink my soul
私を味わって。私の魂を飲んで
Show me all the things that I shouldn't know
知るべきでないことすべてを教えて
When there's a blue moon on the rise ※
青い月が昇る頃に

※~※

Then your eyes, your eyes
そして、あなたの目。あなたの目
I can see in your eyes, your eyes
私にはあなたの目の中に見える。あなたの目の中に
Everything in your eyes, your eyes
あなたの目の中に見えるすべてが……

☆~☆

I would die for you my love, my love
あなたのためなら死ねる。愛する人よ
I would lie for you my love, my love (You make me wanna die)
あなたのためなら嘘も吐く(あなたがそうさせる)
I would steal for you my love, my love (You make me wanna die)
あなたのためなら盗みもする(あなたがそうさせる)
And I would die for you my love, my love
あなたのために死にたい
We'll burn up in the light
私たちは光のなかで燃え尽きるだろう
And every time I look inside your eyes
あなたの目を覗き込む度に
I'm burning in the light, look inside your eyes
私は光の中で燃え尽きるだろう。あなたの目を覗き込み
I'm burning in the light, look inside your eyes
光の中で燃え尽きるだろう。あなたの目を覗き込み
You make me wanna die
あなたは私を死にたくさせる


備考
  1. wicked : 悪い、邪悪な、悪意のある、意地悪い、たちの悪い
  2. opportunity : 適時、好機、機会
    eternity : 永遠、永劫、無限、無窮、不朽、不死、永遠の存在。死後の魂の永遠性、不滅
  3. belong to : ~に所属する、~の一員である、~の支持者・味方・信奉者である、~の住人である
  4. good enough : 十分に良い、結構間に合う、まあまあの、それでいい


 "The Pretty Reckless" はニューヨークのロックバンドでこの歌は2010年のデビューアルバム "Light Me Up" に収録されています。ボーカルの "Taylor Momsen" は1993年生まれで冒頭の動画撮影当時はまだ16歳だったそうです。歌詞の内容は一方通行的な恋愛感情を表しているのでしょうが、言葉の選び方が吸血鬼や地獄等を連想させ、無理して背徳感を出そうとしている感じもします。

※この記事は、2015年9月22日に掲載したものの再掲です。

Try : P!nk

2017年02月17日




Ever wonder about what he's doing *1
彼が何をしてるか疑ったことない?
How it all turned to lies *1
どうしてすべてが偽りに変わったのかと驚いたことない?
Sometimes I think that it's better to never ask why
私は時々思う。疑問を持たない方がいいのかなって

Where there is desire, there is gonna be a flame
欲望がある所には、炎が生じる
Where there is a flame, someone's bound to get burned *2
炎がある所では、誰かが必ず燃やされる
But just because it burns, doesn't mean you're gonna die
ただ、燃やされ焦がされたところで、死ぬわけじゃない
You gotta get up and try try try *3
立ち上がってやり直さなきゃ

Funny how the heart can be deceiving *4
可笑しくない? 心ってなぜ欺くんだろう?
More than just a couple times
それも二度や三度じゃない
Why do we fall in love so easy, even when it's not right
なぜ簡単に恋に落ちるんだろう。それが間違った時でさえも

Where there is desire, there is gonna be a flame
欲望がある所には、炎が生じる
Where there is a flame, someone's bound to get burned
炎がある所では、誰かが必ず燃やされる
But just because it burns, doesn't mean you're gonna die
ただ、燃やされ焦がされたところで、死ぬわけじゃない
You gotta get up and try try try
立ち上がってやり直さなきゃ

Ever worry that it might be ruined
心配したことない? すべてがだめになるんじゃないかって
And does it make you wanna cry?
そのせいで泣きたくならない?
When you're out there doing what you're doing
じゃあ、泣き終えた後、何をするつもり?
Are you just getting by? *5
ただやり過ごすだけ?
Tell me are you just getting by by by
ねえ。ただ傍らにどけて通り抜けるだけなの?

Where there is desire, there is gonna be a flame
欲望がある所には、炎が生じる
Where there is a flame, someone's bound to get burned
炎がある所では、誰かが必ず燃やされる
But just because it burns, doesn't mean you're gonna die
ただ、燃やされ焦がされたところで、死ぬわけじゃない
You gotta get up and try try try
立ち上がってやり直さなきゃ

You gotta get up and try try try
立ち上がってやり直すの。何度でも


備考
  1. ever : いつも、常に、絶えず、いつまでも、いつか、かつて、これ(今)までに、いったい、おおよそ、ともかく
    ※ Ever wonder about は what ~ と how ~ の両方にかかり、doing のイントネーションが上昇調なので全体が疑問文をなしていると思われる。主語は省略されている。
  2. bound(bind の過去分詞形): 縛られた、禁固された、閉ざされた、拘束された
    be bound to do : ~する義務がある、きっと~する、~する運命にある、~する決心をしている
    burn : 燃える、燃やす、焼く、焼かれる、火傷させる、(愛憎・欲望等が)燃える、焦がれる
  3. gotta = have got to = have to : 1. [義務] しなければならない 2. [必然] ~にちがいない、~のはずだ
    ※日本語の「べし」に「しなければならない」と「する運命にある」という両義があるのと似ている。日本語の「べし」はだいたい文脈で判断できるが、英語の have to については一般的な判断基準が分からない。この歌詞では文脈から「義務」あるいは「そうした方がいい」という「当為」だろう。
  4. deceive : 欺く、だます、惑わす
  5. get by : 通り抜ける、困難に勝って生き残る、うまくやり遂げる、どうにか切り抜ける


 2012年のアルバム "The Truth About Love" より。おそらく恋愛を扱った歌詞ではあるのでしょう。しかし、この歌詞から "fall in love" のたった三語を隠すだけで、この歌は違った様相を呈すように見えます。例えばこの三語の代わりに mistake などの単語を入れて全体を見渡してみると、人生の苦難、生き方の衝突、嘘と真実、挫折や失敗、そしてそれを乗り越える希望を歌っているように聞こえるのではないかと思います。
 また、歌詞では冒頭だけが I で後は you となっているため、自分自身に言い聞かせているともとれるし、you あるいは聞く人すべてに語りかけているようでもあります。そのため、この和訳ではあえて I と you が表れない訳文にしました。

※この記事は、2013年3月8日に掲載したものの再掲です。

Sober : P!nk

2016年10月24日




I don't wanna be the girl who laughs the loudest
なりたいわけじゃない。大きな声で笑う女になんて
Or the girl who never wants to be alone
一人でいられない女になんて
I don't wanna be that call at 4 o'clock in the morning *1
なりたいわけじゃない。朝の四時に電話する女になんて
'Cos I'm the only one you know in the world that won't be home
「今この世界で私一人だけなんだ。家にいたくないって思うのは」などと言う女

Ah, the sun is blinding
ああ、目が眩むほど太陽がまぶしい
I stayed up again *2
また夜明かしした
Oh, I am finding *3
だんだん分かってきた
That's not the way I want my story to end
私は、私の物語をこんな風に終わらせたくはない

I'm safe up high, nothing can touch me *4
ここは安全。高くて昂揚する。何も私に触れることはできない
But why do I feel this party's over?
なのに、なぜパーティーが終わったように感じるんだろう?
No pain inside, you're my protection *5
酔っているから心に痛みはない。あなたが守ってくれているから
But how do I feel this good sober? *6
でも、どうやったらこの気持ち良さを素面の時も感じられるんだろう?

I don't wanna be the girl who has to fill the silence
なりたいわけじゃない。沈黙を埋めないと気がすまない女になんて
The quiet scares me 'cos it screams the truth *7
でも、静けさが怖い。だって、静けさは真実を叫ぶから
Please don't tell me that we had that conversation
お願いだから、昔の話なんて持ち出さないで
'Cos I won't remember, save your breath, 'cos what's the use? *8
思い出したくないの。何言っても無駄よ。何の役に立つの?

Ah, the night is calling
ああ、夜が呼んでいる
And it whispers to me softly, "Come and play"
私に優しく囁く。おいで、遊ぼうよ
Ah, I am falling
ああ、落ちていく
And If I let myself go I'm the only one to blame
このままだと、結局悪いのは自分だけ

I'm safe up high, nothing can touch me
ここは安全。高くて昂揚する。何も私に触れることはできない
But why do I feel this party's over?
なのに、なぜパーティーが終わったように感じるんだろう?
No pain inside, you're like perfection
心に痛みはない。あなたは完璧に見える
But how do I feel this good sober?
でも、どうすればこの良さを素面でも感じられるんだろう?

※ I'm coming down, coming down, coming down *9
落ちていく。冷めていく
Spinning 'round, spinning 'round, spinning 'round
ぐるぐる回る
I'm looking for myself,,,, sober ※
自分自身を探している。素面の自分を
※~※

When it's good, then it's good, it's so good till it goes bad
今はいい。そう、今はいいけれど、いつか悪くなる
Till you're trying to find the you that you once had *10
そして、その時、かつて持っていた「自分」を見つけ出そうとし始める
I have heard myself cry, "Never again"
これまでずっと自分自身の泣き声を聞いてきた。二度としない、という叫びを
Broken down in agony just tryna find a friend *11
苦痛に打ちひしがれて、ただ一人の友を見つけようともがいていた

☆ I'm safe up high, nothing can touch me
ここは安全。高くて昂揚する。何も私に触れることはできない
But why do I feel this party's over?
なのに、なぜパーティーが終わったように感じるんだろう?
No pain inside, you're like perfection
心に痛みはない。あなたは完璧に見える
But how do I feel this good sober? ☆
でも、どうすればこの良さを素面でも感じられるんだろう?

☆~☆

Will I ever feel this good sober?
いつかこの気持ちよさを、素面でも感じられるようになるだろうか?
Tell me, No no no no no pain
教えて。痛みが麻痺するほどの酔い
How do I feel this good sober?
どうすればこの良さを素面でも感じられるんだろう?


備考
  1. ※この "that call" が、「その電話」なのか、"someone that calls" あるいは "that who calls" と "that" が「人」を表すものなのかはよく分からなかったが、意味としては「そういう電話はしたくない、そういう電話をするような人間になりたくない」ということだろうと思う。
  2. stay up : 寝ずに起きている、夜遅くまで起きている、徹夜する。(屋根などが)落ちずに持ちこたえる、上方に取り付けられたままである
  3. find : 発見する、見つけ出す。努力して知る、見つける、得る。看破する、見抜く。分かる、気づく、知る。
  4. ※ "high" は酒や薬による高揚感を表す。
  5. ※ "feel no pain" には「痛みを感じない、痛覚がない」の他に「酔っている、酔って気持ちがいい、感覚が無くなるほど酔っている」という意味もある。
    protection : 保護、擁護、後援。保護者、防護物
    ※この "you" は酒や薬、あるいは恋人など、"I" が依存している対象を指している。
  6. sober : 酔っていない、素面の。禁酒している、薬物を断っている。静かな、落ち着いた。厳格な、謹厳な。慎重な、抑制された。穏健な、均衡のとれた。くすんだ、地味な。地道な、地に足が付いた
    ※ "sober" は形容詞あるいは動詞なので、この一文は文法構造が分からない。"sober" を副詞的にとらえ「素面の時にこれを良いと感じる」、あるいは "sober" を名詞的にとらえ「素面の状態をこのように良く感じる」などの意味だろうと解釈した。
  7. scare : 怖がらせる、怯えさせる、びっくりさせる、驚かせる
  8. save one's breath : 無駄口をきかない、余計な事は言わない、口出しせず黙っている、議論に加わらない、(言っても無駄だと)議論を避ける
  9. come down : 下がる、降りて来る、撃墜される、落ちる、降る、落ちぶれる、壊れる。麻薬から冷める、麻薬が切れる、恍惚感がなくなる
  10. ※ "the you" と定冠詞が付いているのは、"that you …" で特定された "you" であることを強調しているのだろう。
    ※ "till" は「~までの間」だが、ここでは前行の "till" と同じものなので、このような訳文にした。
    ※ここの "you" は語りかけている相手を不特定多数とし、ひいては "I" と同一だととらえ「誰だって、あなただってそうでしょ」という感じの言い回しだろう思うがよくは分からない。このような視点あるいは人称の唐突な転換は英語の歌によく見られるが、未だにその意味がよく分からない。
  11. agony : 激しい苦痛、苦悶。激しい感情、興奮
    tryna = trying to
    ※ここの "a friend" は、今まで結果的には「良き友」ではなく酒などの依存対象だったのだろうと思われる。


 2008年のアルバム "Funhouse" より。MTVのインタビューでピンクはこの歌について次のように語っています。
「 "Sober" という歌は、実際とても暗い歌なの。ある日私の家でパーティーを開いていたんだけど、私はそこにいたくなくなってしまって。それに、みんないなくなって欲しくて…。そんな時、"How do I feel this good sober?" という言葉を思いついたの。それはアルコールに限った事じゃなくて、私たちが持っているいろいろな悪徳・悪癖・悪習といったもの。私たちは現実の自分から逃れよう、"本当の自分" を見つけようとする。それでこういう悪習に手を出すわけね。でもそれは私たちを真実から遠く引き離してしまう。私が考える "sober" は、何にも依存せずにただ私だけでいて、この心地良さを感じるにはどうしたらいいかという事なの」
 ピンクのこの言葉に基づけば、この歌詞に込められた主題は、現実の自分が本当の自分でないように思え、"地味だが堅実で穏やかな精神状態 = sober" になりたいのに、なぜか上手く行かないという無力感や渇望感などの心情、さらには何故か現実の自分を否定してしまう心情なのではないかと思います。
 この歌は数年前に知人から教えてもらいました。初めてピンクという歌手を知った歌です。そして、今でも彼女の歌の中でいちばん好きです。



最新記事