Wreath : Perfume Genius

2017年11月03日




Burn off every trace
すべての痕跡を焼き払い
I wanna hover with no shape
姿形もなくして宙を舞いたい
I wanna feel the days go by
日々が過ぎるのを感じたい
Not stack up
一所に積み重なることなく

Running up that hill *1
あの丘に駆け上って
I'm gonna call out every name
すべての名前を呼び上げよう
Until the one I'm meant to take
私の運命の人が
Sends her dove *2
彼女の鳩を送ってくれるまで

I see the sun go down
夕日が見える
I see the sun come up
朝日が見える
I see a light beyond the frame
「枠」の遙か向こうに光が見える
I see the sun go down
沈む太陽が見える
I see the sun come up
また昇る太陽が見える
I see a wreath upon the grave
墓石にかけられた花冠が見える

Needless, free
必要が無い。制約が無い
No light, no sound
光が無い。音が無い
Gone and spent
過ぎ去り尽くされ
I'm high, I'm out
気分は最高。私は抜け出した

I see the sun go down
夕日が見える
I see the sun come up
朝日が見える
I'm moving just beyond the frame
この「枠」の向こうに進もう
I see the sun go down
沈む太陽が見える
I see the sun come up
また昇る太陽が見える
I see a wreath upon the grave
墓石にかけられた花冠が見える

Burn off every trace
すべての痕跡を焼き払い
I wanna hover with no shape
姿形もなくして宙を舞いたい
I wanna feel the days go by
日々が過ぎるのを感じたい
Not stack up
一所に積み重なることなく

Running up that hill
あの丘に駆け上って
I'm gonna peel off every weight
重みをすべて脱ぎ去ろう
Until my body gives away *3
この体が私を手放し
And shuts up
黙り込むまで

I see the sun go down
夕日が見える
I see the sun come up
朝日が見える
I'm moving just beyond the frame
この「枠」の向こうに進もう
I see the sun go down
沈む太陽が見える
I see the sun come up
また昇る太陽が見える
I see a wreath upon the grave
墓石にかけられた花冠が見える


備考
  1. ケイト・ブッシュの "Running Up That Hill" という曲は、男と女がその役割を交換することができるならもっと互いに理解し合えるのではないかという思いを歌っており、それを敷衍すると女である自分の殻を脱ぎ捨てたいという心情も込められている歌にも見える。
  2. dove : 鳩。純潔、柔和、愛情、平和、聖霊。
  3. ※マイク・ハドレアスは同性愛者であることで十代の頃から数々の迫害を受けており、また、クローン病という難病に罹っている。"my body" という言葉にはそうした自らの肉体に対する違和感が込められているように見える。彼自身はあるインタビューでこのことを「自分の体に "betray 裏切る・背く" されたように感じる」と語っている。


 2017年のアルバム "No Shape" より。パヒューム・ジーニアス(本名 Mike Hadreas)を知ったのは五年前でこのブログにコメントをいただいた方に教えてもらいました。その時には、暗く繊細で、壊れやすいガラス細工のような危うい印象を持ったことを覚えています。今年発表されたアルバムには、繊細さはそのままに洗練されたポップな明るさを得て、何かを突き抜けて転生したかのような美しい歌が並んでいます。
 曲名の wreath は肉体的な死を超えてなお存在する魂の美しさを象徴しているのでしょうか?

Make Me Wanna Die : The Pretty Reckless

2017年02月17日




Take me I'm alive
早く連れて行って。私はまだ生きてる
Never was a girl with a wicked mind *1
昔は性悪な女なんかじゃなかった
But everything looks better when the sun goes down
でも今は、日が沈んでからの方がすべて素晴らしく見える

※ I had everything
何でも持ってた
Opportunities for eternity *2
永遠の魂を得る機会だって何度もあった
And I could belong to the night ※ *3
一方で、夜に生きることもできた

Then your eyes, your eyes
そして、あなたの目。あなたの目
I can see in your eyes, your eyes
私にはあなたの目の中に見える。あなたの目の中に

☆ You make me wanna die
あなたは私を死にたくさせる
I'll never be good enough *4
きっと私では駄目なのだろう
You make me wanna die
あなたは私を死にたくさせる
And everything you love will burn up in the light
あなたの愛するものはすべて光の中で燃え尽きてしまうのだろう
And every time I look inside your eyes
あなたの目を覗き込む度にいつも
You make me wanna die ☆
私は死にたくなる

Taste me, drink my soul
私を味わって。私の魂を飲んで
Show me all the things that I shouldn't know
知るべきでないことすべてを教えて
When there's a blue moon on the rise ※
青い月が昇る頃に

※~※

Then your eyes, your eyes
そして、あなたの目。あなたの目
I can see in your eyes, your eyes
私にはあなたの目の中に見える。あなたの目の中に
Everything in your eyes, your eyes
あなたの目の中に見えるすべてが……

☆~☆

I would die for you my love, my love
あなたのためなら死ねる。愛する人よ
I would lie for you my love, my love (You make me wanna die)
あなたのためなら嘘も吐く(あなたがそうさせる)
I would steal for you my love, my love (You make me wanna die)
あなたのためなら盗みもする(あなたがそうさせる)
And I would die for you my love, my love
あなたのために死にたい
We'll burn up in the light
私たちは光のなかで燃え尽きるだろう
And every time I look inside your eyes
あなたの目を覗き込む度に
I'm burning in the light, look inside your eyes
私は光の中で燃え尽きるだろう。あなたの目を覗き込み
I'm burning in the light, look inside your eyes
光の中で燃え尽きるだろう。あなたの目を覗き込み
You make me wanna die
あなたは私を死にたくさせる


備考
  1. wicked : 悪い、邪悪な、悪意のある、意地悪い、たちの悪い
  2. opportunity : 適時、好機、機会
    eternity : 永遠、永劫、無限、無窮、不朽、不死、永遠の存在。死後の魂の永遠性、不滅
  3. belong to : ~に所属する、~の一員である、~の支持者・味方・信奉者である、~の住人である
  4. good enough : 十分に良い、結構間に合う、まあまあの、それでいい


 "The Pretty Reckless" はニューヨークのロックバンドでこの歌は2010年のデビューアルバム "Light Me Up" に収録されています。ボーカルの "Taylor Momsen" は1993年生まれで冒頭の動画撮影当時はまだ16歳だったそうです。歌詞の内容は一方通行的な恋愛感情を表しているのでしょうが、言葉の選び方が吸血鬼や地獄等を連想させ、無理して背徳感を出そうとしている感じもします。

※この記事は、2015年9月22日に掲載したものの再掲です。

Try : P!nk

2017年02月17日




Ever wonder about what he's doing *1
彼が何をしてるか疑ったことない?
How it all turned to lies *1
どうしてすべてが偽りに変わったのかと驚いたことない?
Sometimes I think that it's better to never ask why
私は時々思う。疑問を持たない方がいいのかなって

Where there is desire, there is gonna be a flame
欲望がある所には、炎が生じる
Where there is a flame, someone's bound to get burned *2
炎がある所では、誰かが必ず燃やされる
But just because it burns, doesn't mean you're gonna die
ただ、燃やされ焦がされたところで、死ぬわけじゃない
You gotta get up and try try try *3
立ち上がってやり直さなきゃ

Funny how the heart can be deceiving *4
可笑しくない? 心ってなぜ欺くんだろう?
More than just a couple times
それも二度や三度じゃない
Why do we fall in love so easy, even when it's not right
なぜ簡単に恋に落ちるんだろう。それが間違った時でさえも

Where there is desire, there is gonna be a flame
欲望がある所には、炎が生じる
Where there is a flame, someone's bound to get burned
炎がある所では、誰かが必ず燃やされる
But just because it burns, doesn't mean you're gonna die
ただ、燃やされ焦がされたところで、死ぬわけじゃない
You gotta get up and try try try
立ち上がってやり直さなきゃ

Ever worry that it might be ruined
心配したことない? すべてがだめになるんじゃないかって
And does it make you wanna cry?
そのせいで泣きたくならない?
When you're out there doing what you're doing
じゃあ、泣き終えた後、何をするつもり?
Are you just getting by? *5
ただやり過ごすだけ?
Tell me are you just getting by by by
ねえ。ただ傍らにどけて通り抜けるだけなの?

Where there is desire, there is gonna be a flame
欲望がある所には、炎が生じる
Where there is a flame, someone's bound to get burned
炎がある所では、誰かが必ず燃やされる
But just because it burns, doesn't mean you're gonna die
ただ、燃やされ焦がされたところで、死ぬわけじゃない
You gotta get up and try try try
立ち上がってやり直さなきゃ

You gotta get up and try try try
立ち上がってやり直すの。何度でも


備考
  1. ever : いつも、常に、絶えず、いつまでも、いつか、かつて、これ(今)までに、いったい、おおよそ、ともかく
    ※ Ever wonder about は what ~ と how ~ の両方にかかり、doing のイントネーションが上昇調なので全体が疑問文をなしていると思われる。主語は省略されている。
  2. bound(bind の過去分詞形): 縛られた、禁固された、閉ざされた、拘束された
    be bound to do : ~する義務がある、きっと~する、~する運命にある、~する決心をしている
    burn : 燃える、燃やす、焼く、焼かれる、火傷させる、(愛憎・欲望等が)燃える、焦がれる
  3. gotta = have got to = have to : 1. [義務] しなければならない 2. [必然] ~にちがいない、~のはずだ
    ※日本語の「べし」に「しなければならない」と「する運命にある」という両義があるのと似ている。日本語の「べし」はだいたい文脈で判断できるが、英語の have to については一般的な判断基準が分からない。この歌詞では文脈から「義務」あるいは「そうした方がいい」という「当為」だろう。
  4. deceive : 欺く、だます、惑わす
  5. get by : 通り抜ける、困難に勝って生き残る、うまくやり遂げる、どうにか切り抜ける


 2012年のアルバム "The Truth About Love" より。おそらく恋愛を扱った歌詞ではあるのでしょう。しかし、この歌詞から "fall in love" のたった三語を隠すだけで、この歌は違った様相を呈すように見えます。例えばこの三語の代わりに mistake などの単語を入れて全体を見渡してみると、人生の苦難、生き方の衝突、嘘と真実、挫折や失敗、そしてそれを乗り越える希望を歌っているように聞こえるのではないかと思います。
 また、歌詞では冒頭だけが I で後は you となっているため、自分自身に言い聞かせているともとれるし、you あるいは聞く人すべてに語りかけているようでもあります。そのため、この和訳ではあえて I と you が表れない訳文にしました。

※この記事は、2013年3月8日に掲載したものの再掲です。



最新記事