Joshua Fit the Battle of Jericho

2012年10月27日

Joshua Fit the Battle of Jericho : Mahalia Jackson




※ Joshua fit the battle of Jericho, Jericho, Jericho *1
ジョシュアは戦った。ジェリコで。ジェリコで
Joshua fit the battle of Jericho, and the walls come tumblin' down ※ *2
ジョシュアは戦った。ジェリコで。そして、城壁は落ちた

Good morning sister Mary, good morning brother John
おはようメアリー。おはようジョン
Well I wanna stop and talk with you, wanna tell you how I come along *3
立ち止まって話をしないか。伝えたいんだ。私がどう生きているか

I know you've heard about Joshua, he was the son of Nun
ジョシュアのことは聞いたことがあるだろう。ヌンの息子だ
He never stopped his work until, until the work was done
彼は決して仕事をやめなかった。それが成し遂げられるまで
※ ~ ※

You may talk about your men of Gideon, you may brag about your men of Saul *4
勇士ギデオンはどうかって? サウル王はどうかって?
There's none like good old Joshua at the battle of Jericho
比べられるような者はいないよ。ジェリコの戦いのジョシュアには

Up to the walls of Jericho, he marched with spear in hand
ジェリコの城壁に着くまで、彼は槍を持って行進した
Go blow them ram horns, Joshua cried 'cause the battle is in my hands *5
牡羊の角笛を吹け。ジェリコは叫んだ。戦いは我が手中にある
※ ~ ※

They tell me, great God that Joshua's Spear was well nigh twelve feet long *6
言い伝えによれば、ああ主よ、ジョシュアの槍は12フィートもあった
And upon his hip was a double edged sword and his mouth was a gospel horn
そして、腰には両刃の剣、口には福音の角笛

Yet bold and brave he stood, salvation in his hand
大胆に勇猛に彼は立ち尽くす。救済は彼の手の中にあった
Go blow them ram horns Joshua cried 'cause the devil can't do you no harm
牡羊の角笛を吹け。ジョシュアは叫んだ。悪魔はお前たちを傷つけられない
※ ~ ※

Up to the walls of Jericho, he marched with spear in hand
ジェリコの城壁に着くまで、彼は槍を持って行進した
Go blow them ram horns, Joshua cried 'cause the battle is in my hands
牡羊の角笛を吹け。ジェリコは叫んだ。戦いは我が手中にある

Then the lamb ram sheep horns began to blow, the trumpets began to sound *7
子羊の角笛、牡羊の角笛。羊の角笛が吹かれた。らっぱが鳴った
Old Joshua shouted glory and the walls came tumblin' down
ジョシュアが神の栄光を讃え叫んだ。城壁は崩れ落ちた
※ ~ ※

 ☆動画で歌われているのは上の歌詞の一部で、また細部が異なっている。


備考
  1. fit : 米アパラチア地方の方言で fight の過去・過去分詞形らしいが、なぜそれが黒人霊歌の歌詞になっているのか不明。
     参考 http://artsandsciences.sc.edu/engl/dictionary/dictionary.html
        http://www.merriam-webster.com/dictionary/fit
  2. tumble : 倒れる、転ぶ、崩れ落ちる、崩壊する
  3. come along : やって来る、一緒に来る、うまく進む、やって行く、暮らしていく、現れてくる
  4. Gideon :『士師記』に載るヘブライ人の指導者・英雄。その名は破壊者を表す。
    brag : 自慢する
    Saul :『サムエル記』に載るイスラエル王国の初代王。
  5. ram : 去勢されていない牡羊
  6. nigh : ~の近くに、ほとんど~に近い
  7. lamb : 子羊
    sheep : 羊


 この黒人霊歌の歌詞は旧約聖書『ヨシュア記』にある "ジェリコ(エリコ)の戦い" が元になっています。エジプトで奴隷として扱われていたイスラエル人たちは預言者モーセに率いられてエジプトを脱出し、神に約束された地カナン(パレスチナ)を目指します。モーセの死後後継者となったジョシュア(ヨシュア)は神の命に従いヨルダン川を渡り、カナンの入り口に当たる城塞都市ジェリコ陥落を図ります。そして、ジェリコに侵入したイスラエル人たちは、男も女も老人も子どもも、牛、羊、ろばに至るまですべて(斥候を匿った遊女の家族を除いて)を殺します。ユダヤ・キリスト教の聖書にはこのような神の意思に基づく虐殺も記述されているのです。旧約聖書のこの記述にどの程度の歴史的事実があるのかは明らかでないようですが、約束の地カナンはこの戦いの後にも数多くの血に塗れた歴史を負います。バビロニアやローマ、イスラムなどの争い、十字軍。そしてイスラエル建国時からのユダヤとアラブの争いは今も続いています。
 アメリカの黒人奴隷たちは、自らの不幸と受難の克服をキリスト教の聖書の言葉に託して歌いました。それは彼らが聖書の言葉に救いを見出したからかもしれませんが、一方で白人に聞かれても構わないようにあえて聖書の言葉を使い真意を偽装したとも言えるそうです。たとえばこの歌詞では、何度も繰り返される the walls come tumblin down は表向きはジェリコの陥落ですが、隷属からの解放ともとれます。youtube でこの歌の動画をいろいろ見ました。白人だけで歌っているものもありとても美しい合唱だったのですが、彼らは果たしてどのような心情を込めて歌っているのだろうかと想像すると少し複雑な気分になりました。表向きの歌詞はどう見ても侵略の歌でしかありませんから。また、日本の中学校の合唱コンクールなどでもよく使われるそうですが、この歌に込められた屈折した心情を歌唱指導するのはとても難しいのではないかと心配になります。

      

 冒頭の動画を探している時に上の動画を見つけました。いつのものなのか分かりませんが、キング牧師の集会のようです。マヘリア・ジャクソンは相変わらず豪快に歌っています。この熱狂は新興宗教の集会みたいで少し気持ち悪いですが黒人公民権運動の高まりの熱気はこのようなものだったのでしょう。キング牧師の表情を見ると、この人は確かにカリスマらしい魅力のある顔をしていると思います。


Trouble of The World

2011年10月11日

Trouble of The World : Mahalia Jackson




Soon we'll be done *1
間もなく私たちは終わりを迎える
Trouble of the world *2
苦しみに満ちたこの世
Trouble of the world
苦しみに満ちたこの世
Trouble of the world
苦しみに満ちたこの世
Soon we'll be done
間もなく終わりを迎える
Trouble of the world
苦しみに満ちたこの世
Going home to live with God
故郷へ帰り神とともに生きよう

No more weeping and wailing *3
もう涙をこぼすことも泣き叫ぶこともない
No more weeping and wailing
涙をこぼすことも泣き叫ぶこともない
No more weeping and wailing
涙も嘆きもいらない
Going home to live with my Lord
故郷へ帰り主とともに生きよう

Soon we'll be done
間もなく私たちは終わりを迎える
Trouble of the world
苦しみに満ちたこの世
Trouble of the world
苦しみに満ちたこの世
Trouble of the world
苦しみに満ちたこの世
Soon we'll be done
間もなく終わる
Trouble of the world
苦しみに満ちたこの世
Going home to live with my Lord
故郷へ帰り主とともに生きよう

I want to see my mother
母さんに会いたい
I want to see my mother
母さんに会いたい
I want to see my mother
母さんに会いたい
Going home to live with God
故郷へ帰り神とともに生きよう

Soon we'll be done
間もなく私たちは終わりを迎える
Trouble of the world
苦しみに満ちたこの世
Trouble of the world
苦しみに満ちたこの世
Trouble, Lord, of this world
主よ。この世は苦しい
How soon we'll be done
どれだけ早く終わりを迎えられるだろう
with the trouble of the world
この世の苦しみによって
I'm goin' home to live with God
私は帰ろうとしている。神とともに生きるために


備考
  1. done : 済んだ、終了した、礼儀にかなった、慣習に従った、だめになった、へとへとに消耗した
    be done for : 落ちぶれる、だめになる、負ける、死ぬ、死にそうである、疲れきっている
  2. trouble : 悩み、苦しみ、不幸、心配、困難、難儀、面倒な事、紛争、もめごと
  3. weep : 涙を流す、泣く、悲しむ、嘆く霧を吹く、しずくをたらす、水が染み出る
    wail : 嘆き叫ぶ、声をあげて泣く


 マヘリア・ジャクソン(1911-1972)は米ルイジアナ州ニューオリンズ生まれ。ゴスペル、ジャズ、黒人霊歌の第一人者として活躍しました。
 trouble of the world という言葉は冒頭のスライドにあるような世界中の紛争、飢餓、災害の悲劇を指すものではありません。アフリカから拉致されて奴隷を強いられた黒人たちの私的な苦難が表されたものであり、いわば恨みつらみの心をを宗教的に浄化させたものだと言えるでしょう。現世での命が尽きても魂は永遠に生き続け天国での幸福が約束されるという観念、それも支配者である白人の宗教観念にすがらずには生きていけなかったかつてのアメリカの黒人たちの悲しみが、深く静かにこめられた美しい歌声です。



最新記事