Borders : M.I.A.

2017年02月19日




Freedom, 'I'dom, 'Me'dom
自由。"私は自由", "私の自由"
Where's your 'We'dom?
"私たちの自由" はどこにあるの?
This world needs a brand new 'Re'dom
この世界は新たな "再編された自由" が必要なのよ
'We'dom, the key
"私たち"…これが、鍵
'We'dom, the 'key'dom to life
"私たちの自由" こそが、"いのち" にとっての "鍵" となる
Let's be dem *1
だから、その "鍵" になろうよ
'We'dom smart phones
スマートフォンを自在に使える私たちは
Don't be dumb
押し黙っていてはいけない

Borders (What's up with that?) *2
国境(何なの。一体どうなってるの?)
Politics (What's up with that?)
政治(何なの。一体どうなってるの?)
Police shots (What's up with that?)
警官の発砲(何なの。一体どうなってるの?)
Identities (What's up with that?)
自分が他ではない自分であること(何なの。一体どうなってるの?)
Your privilege (What's up with that?)  *3
あなたに与えられた特別な権利と名誉(何なの。一体どうなってるの?)
Broke people (What's up with that?) *4
無一文の人たち(何なの。一体どうなってるの?)
Boat people (What's up with that?)
小舟で逃げ出す人たち(何なの。一体どうなってるの?)
The realness (What's up with that?) *5
現実(何なの。一体どうなってるの?)

The new world (What's up with that?)
新しい世界(何なの。一体どうなってるの?)
Am gonna keep up on all that *6
遅れないでついていこう。どんな事でも知り続けよう

※ Guns blows door to the system *7
銃は体制への扉を吹き飛ばす
Yeah fuck 'em when we say we're not with them *8
誰かと一緒にいたくないと言う時、本当は「奴らは糞ったれだ」と言ってるのよ
We're solid and we don't need to kick them *9
私たち良識ある人間は、誰かを蹴り飛ばしたりなんかする必要がない
This is North, South, East and Western ※
北であろうと南であろうと東であろうと "西欧" であろうと同じこと
※~※

Queen (What's up with that?)
女王(何なの。一体どうなってるの?)
Killin' it (What's up with that?) *10
超最高(何なの。一体どうなってるの?)
Slayin' it (What's up with that?) *11
超超最高(何なの。一体どうなってるの?)
Your goals (What's up with that?) *12
人生の目的(何なの。一体どうなってるの?)
Being bae (What's up with that?) *13
愛される人になること(何なの。一体どうなってるの?)
Making money (What's up with that?)
お金を稼ぐこと(何なの。一体どうなってるの?)
Breaking internet (What's up with that?) *14
ネットを騒がせること(何なの。一体どうなってるの?)
Love wins (What's up with that?)
愛は勝つ (何なの。一体どうなってるの?)
Living it (What's up with that?) *15
何かの為に生きること (何なの。一体どうなってるの?)
Being real (What's up with that?)
現実的であること (何なの。一体どうなってるの?)

[※~※]×2

☆ We're representing peeps, they don't play us on the FM *16
私たちはみんなの考えを代表してるのに、FMラジオじゃ流されない
We talking in our sleep, they still listen on a system *17
私たちが何を言っても寝言を言っているようなもの。人々は体制の声に耳を傾ける
We sittin' on a stoop where we get a scoop *18
玄関口に座りながら、最新情報が手に入る
This is how we keep it cool, this is how we do *19 ☆
こんなやり方で私たちは冷静さを保とうとしている。こんな事で
☆~☆

Egos (What's up with that?)
自我(何なの。一体どうなってるの?)
Your values (What's up with that?)
あなたの価値(何なの。一体どうなってるの?)
Your beliefs (What's up with that?)
あなたの信念(何なの。一体どうなってるの?)
Your families (What's up with that?)
あなたの家族(何なの。一体どうなってるの?)
Histories (What's up with that?)
様々な歴史(何なの。一体どうなってるの?)
Your future (What's up with that?)
あなたの未来(何なの。一体どうなってるの?)
My boys (What's up with that?)
私の彼氏(何なの。一体どうなってるの?)
My girls (What's up with that?)
私の彼女(何なの。一体どうなってるの?)
Freedom (What's up with that?)
自由(何なの。一体どうなってるの?)
Your power (What's up with that?)
あなたの "力" (何なの。一体どうなってるの?)

[※~※]×2

[☆~☆]×2

Gonna keep up on all that
最新動向を追い続けよう
Gonna be doing it like that
私はこれからもずっとそうしていく


備考
  1. dem = them (or they or their or those)
  2. border : 境界線、国境線、国境地帯。領土、領域。へり、縁、端、境。
    What's up with ~? : ~は一体どうなっているのか。~はどうしているか(元気か)、~はどうかしたのか
  3. privilege : (~する)特権、特典、名誉。(官職・地位等に伴う)特権、特典、免除特権、特別免除。(個人に与えられた)名誉、栄誉、光栄。(近代立憲政で国民に共通な)基本的権利
  4. broke : 無一文の、文無しの、破産した
  5. realness : 現実的であるまたは実在的である状態
  6. keep up on : (事情等に)通じているようにする、最新動向を把握する
    keep up : 上げたままにしておく、下がらないでいる、起きている、起こしておく、維持する、保持する、持続する、頑張り続ける、継続する、遅れずについていく、~し続ける
  7. blow : 吹き飛ばす。(風が)動かす、~の状態にする。(爆弾等が)爆破する、爆発させる。
  8. ※この "them" は「移民、難民」を指しているのではないだろうか。
  9. solid : 固体の、固形の。密で堅い、ぎっしり詰まった。立体の。しっかりした、堅固な。穏健な、実直な、真面目な、分別・良識のある。堅実な、手堅い。
  10. killin' it : とても上手くやること、とても上手く行くこと。最高であること、とても素晴らしいこと。
  11. slayin' it : おそらく *10 と同義。kill も slay も本来は「殺す」の意。ただし、検索すると "killin' it" はごく普通に見つかるが "slayn' it" だとあまりヒットしないので、あまり使われない言い回しなのかもしれない。
  12. goal : 目的、目標、目的地、行き先。決勝点(線)、得点場所、得点
  13. bae : インターネットスラングで「愛しい人、大好きなもの」。"baby, babe" から派生したと言われるが、"Before Anyone Else 誰よりも先に" という意味が込められているとも言われる。
  14. break the internet : 新しい表現なので明確な意味は不明。おそらく「ネットを騒がせる、ネットでいち早く話題になる」という意味合い。暗に「インターネットを壊す」というニュアンスもあるかもしれない。
  15. ※ "live it" は意味が分からなかったため想像で訳している。
  16. represent : 表す・象徴する・示す、代表・代理人を務める、代弁者として話す・行動する、
    peeps = people : みんな、人々、仲間、友達
  17. talk in one's sleep : 寝言を言う
  18. stoop : 玄関口、玄関前の階段
  19. keep it cool : 冷静でいる、落ち着いている


 2016年のアルバム AIM より。歌詞の細部にその意図がよく分からない所が散見するので定かではありませんが、おそらくテーマは移民や難民を排斥する思想に対する批判なのでしょう。これは彼女が初期から一貫して主張し続けているものです。

Come Walk With Me

2016年05月23日

Come Walk With Me : M.I.A.




※ There's a thousand ways to meet you now
あなたに会うのには幾千もの方法がある
There's a thousand ways to track you down *1
あなたを追いかけるには幾千もの方法がある
Whatever you said and done
あなたが過去に何を話し、何をしたとしても
There's a thousand ways to make it count *2
今を価値あるものにするには幾千もの方法がある
There is nothing that can touch me now
何者も私に触れることはできない
You can't even break me down *3
ましてやあなたが私を壊すことなどできない
Everytime you think of some
例外はない。あなたが何を考えたとしても
It's already been did it and done *4
それはすでに誰かによって考えられたこと

Can I be your best friend?
私はあなたの一番の友達になれるだろうか
Can I make it to the end? *5
私は最後までやり抜くことができるだろうか
Can you give me some of what you went and gave them? *6
あなたが彼らに与えたもののいくらかでもあなたは私に与えてくれるだろうか
Come walk with me
私と一緒に歩きなさい
You ain't gotta shake it, just be with me *7
腰を振って踊らなくてもいい。ただ、私と共にいればいい
You ain't gotta throw your hands in the air
手をひらひらと振って踊らなくてもいい
'Cause tonight we ain't acting like we don't care ※
今夜私たちは馬鹿のふりをする必要はないのだから

It's cool, it takes two, so I'm gonna still fux with you *8
私たちはもう大丈夫。悪いのはあなただけじゃない
It's cool, it takes two, so I'm gonna still fux with you
だからこれからも私はあなたと付き合っていく

(Almost There) *9
(あともう少しだ)

※~※

Trying to feel like what that feels like
どんな感じなのか私も感じてみたいと思う
When someone makes you feel alright
誰かが自分をいい気分にさせてくれる、その感じを
We can take the same path tonight
私たちは今夜同じ道を行ける
For the ride I got plenty of time
そのために私はいくらだって時間を取れる

What doesn't kill us makes us stronger *10
死にさえしなければどんな辛い事も私たちを強くしてくれる
That's how my roads getting longer and longer
そんな風に私の道はこれからもずっと続いていくだろう
My tracks are less traveled here to Uganda
私の足跡はあまり人が辿らない。ウガンダへと続く道のように
Can we touch base just to discuss agenda *11
連絡を取り合いましょう。問題について話し合うために

Can I be your best friend?
私はあなたの一番の友達になれるだろうか
Can I make it to the end?
私は最後までやり抜くことができるだろうか
Can you give me some of what you went and gave them?
あなたが彼らに与えたもののいくらかでもあなたは私に与えてくれるだろうか
Come walk with me
私と一緒に歩きなさい
You ain't gotta shake it just be with me
腰を振って踊らなくてもいい。ただ、私と共にいればいい
You ain't gotta throw your hands in the air
手をひらひらと振って踊らなくてもいい
'Cause tonight we ain't acting like we don't care
今夜私たちは馬鹿のふりをする必要はないのだから

It's cool, it takes two, so I'm gonna still fux with you
私たちはもう大丈夫。悪いのはあなただけじゃない
It's cool, it takes two, so I'm gonna still fux with you
だからこれからも私はあなたと付き合っていく

Back, ba-back, ba-back. Ba-back, ba-back, ba-back
Back, ba-back, ba-back. Ba-back, ba-back, ba-back

Power, power, power, power. Back, ba-back, ba-back
Power, power, power, power. Back, ba-back, ba-back
Power, power

M.I.A. comin' back
M.I.A. は戻って来た
With POWER, POWER
力を得て


備考
  1. track down : 見つけ出す、追い詰める、追跡して捕らえる、突き止める、探し出す
  2. count : {自動詞} 数える、順に数え上げる。~に値する。価値がある、大切である
    make it count : 今を大切にする、毎日を一生懸命生きる、今を価値あるものにする、大切に一日を生きる
  3. break down : 壊す、押しつぶす、解体する、破壊する
  4. ※この一行は文法構造が分からない。この訳文は "It has already been done." を訳したものである( "It" は前行の "some" を指していると解釈した)。原文とは若干ニュアンスが異なるかもしれない。
  5. make it to the end : 最後までやり抜く、最終地点に到達する(たどり着く)、
  6. go and (do) : ~しに行く、~する(強調)、愚かにも(不運にも・意外なことに)~してしまう、わざわざ~する
  7. ain't gotta = have not got to = don't have to : ~する必要はない、~しなくてもよい
    ※ここからの3行は「細かいことは気にしないで、悩み事なんて忘れて、さあ踊ろう」というようなポップ音楽に対し、頭を使って考えるべき事が沢山あるはずだと批判する歌詞なのだろうと思う。
  8. cool : ここでは多分「OK、はい、大丈夫」等の意味ではないだろうか。また "We are cool." だと「私たちはもう仲直りしている、大丈夫」という意味もあるらしい。
    it takes two (to tango) : タンゴを踊るには二人必要→何らかの悪い状況において、両者ともに責任がある、悪いのは一人だけじゃない、等の意味で使われる
    fux with = fuck with : 人にちょっかいを出す、人を怒らせる、邪魔をする、関わる
  9. almost there : 目的地にもう少しで到着する、成功・完成・目標まであと一歩だ、もうすぐだ、ほとんどすぐそこだ、もう一息だ
  10. ※この一行は英語でよく使われる言い回しらしいが、原典はニーチェの『偶像の黄昏』である。本来の意味は「死ぬことさえなければ、それが苛酷なものであれ、どんな経験も人を強くするものだ」ということらしい。
  11. touch base : 連絡を取る、意見を聞くために話す、ちょっとした話し合いをする
    agenda : 議事日程、議題、協議事項、予定案
    Agenda 21 : 1992年の国連地球サミットで採択された、21世紀に向け持続可能な開発を実現するために各国、国際機関が実行すべき行動計画。


 2013年のアルバム "Matangi" より。彼女の書く歌詞はいつも分かりにくい感じがします。この歌も同様で、大まかな趣旨としてはおそらく、限りある時間しかない私たちは貴重な今を精一杯悔いのないように生きるべきだというような感じではないかと思うのですが、あまり確信を持てません。また、冒頭の公式動画ではヒンズーの神々、とくにヴィシュヌ神(四本の腕に円盤、棍棒、法螺貝、蓮華を持つ)とその化身であるクリシュナ神(横笛を持つ)が主に描かれていますが、それとこの歌詞がどのように関係しているのかもよく分かりません。ヒンズーの三大神、宇宙を創造するブラフマー、宇宙を維持するヴィシュヌ、宇宙を破壊するシヴァのうち、ヴィシュヌを動画の主役とした事には何か意味があるのかもしれませんが、私の知識では理解が及びません。

Bad Girls : M.I.A.

2016年02月29日




※ Live fast, die young, bad girls do it well *1
好きなように生き、若くして死ぬ。悪い女はこれを上手にやる
My chain hits my chest when I'm bangin' on the dashboard *2
鎖が私の胸を叩いている。私の身体はダッシュボードに何度もぶつかっている
My chain hits my chest when I'm bangin' on the radio ※
鎖が私の胸を叩いている。ラジオでは私の歌が轟いている

☆ Get back, get down *3
退がって。伏せて
Pull me closer if you think you can hang *4
もっと私を引き寄せないと。私を吊るすことができると思うのなら
Hands up, hands tied
両手を上げて、縛らないと
Don't go screaming if I blow you with a bang *5 ☆
でも、悲鳴をあげないでね。もし私があなたを撃ち抜いたとしても

Suki suki *6
ハンドルを握っている
I'm coming in the Cherokee *7
私はチェロキーで、行く
Gasoline
ガソリンと共に
There's steam on the window screen *8
車の窓ガラスが曇っている
Take it, take it *9
我慢して。耐えて
Wheel's bouncing like a trampoline
トランポリンのように車輪が跳ねる
When I get to where I'm going, gonna have you trembling
私が行きたい所に達する時、あなたも身震いさせてあげる

※~※

Yeah back it, back it
そうよ。もっと退がって
Yeah pull up to the bumper game *10
お尻のバンパーにくっつけるんだから
Read the signal *11
この警告を察してよ
Cover me, cause I'm changing lanes
援護して。車線を変えるんだから
I had a handle on it *12
私が操ってるのよ
My life, I broke it
私の人生は私が自分で壊す
When I get to where I'm going, gonna have you saying it
私が望む所に行き着く時は、あなたにもそう言わせてあげる

※~※

☆~☆

Going up to bitch I'll see it for a million *13
売女と呼ばれるまで昇りつめる。それは、百万人の女のためよ
Accelerating fast I could do this in a second
急加速なんて一瞬でできる
Lookin' in the rear view, swagger going swell *14
すべてを後景にしながら、颯爽と駆け抜ける
Leavin' boys behind 'cause it's legal just to kill *15
男たちは置き去りにする。だって、女だけが合法的に殺されるのよ
Shift gear, automatic, damned if I do *16
ギアは自分で決める。オートマ? とんでもない。自動的に変えられるなんて真っ平
Who is gonna stop me when I'm coming through? *17
障害を跳ね除けて生き抜こうとする私を止めようとするのは誰?
What we've got left is just me and you
私たちに残されたものは、私とあなただけでしょ
But if I go to bed, baby, can I take you?
私がベッドに行く時は、一緒に行ってくれる?

☆~☆

※~※


備考
  1. live fast : 放埓な生活をする
  2. ※ chain は「ネックレス」だが「自分を拘束する鎖→女性を縛る社会慣習」も暗喩している。
    chest : 胸、胸郭、肺。蓋付きの頑丈な収納箱。胸中の思い
    ※ bang はここではおそらく「セックス」の意味だろうが、同時に「銃を撃つ→体制への反抗」も暗喩している。
    dashboard : 自動車のフロントウインドウ下、前席正面の内装部分
  3. get back : 取り戻す、取り返す。元の場所に戻す、送り届ける。後方へ下がる。戻る、帰って来る、返却される、復帰する、よりを戻す
    get down : 下げる、降りる、降ろす。身をかがめる、ひざまずく。倒す、撃ち落とす
  4. hang : 吊るす、掛ける、垂れ下がる、のんびりくつろぐ、たむろす、絞首刑にする、首を吊る
  5. blow : 吹き動かす、吹き倒す、吹きつける、吹きかける、楽器を鳴らす、口淫する
    bang : 轟音、ズドン(ドスン・バタン)という音。強打。強烈な興奮、麻薬注射。性交
    with a bang : ズドン(ドスン・バタン)と。上手く、成功して、華々しく
  6. ※ "suki" はアラビア語で "drive" と同義らしい。
    ※サウジアラビアは、世界で唯一女性の車の運転を法的に禁止している国である。
  7. Cherokee : ジープ・チェロキー。アメリカの自動車ブランド名。悪路走行用の四輪駆動車
    ※チェロキーは北米で侵略者である白人と戦い続けた先住民の一部族名である。また、バスク人の独立を目指す過激派組織「バスク祖国と自由(ETA)」のコマンド部隊指導者だったミゲル・ガリコイツ・アスピアス・ルビーナの通称がチェロキーという。スペインのフランコ独裁政権に抵抗する組織として1959年に結成された ETA はその主な活動は政治家やジャーナリスト、軍人、知識人、企業家などを標的とする暗殺や爆破などのテロリズムであり、とくに自動車爆弾を常套手段としていた。
  8. window screen : 窓につける網戸。ただし、ここでは車の窓ガラスを指しているのだろうと思う。
  9. take it : 分かる、理解する、我慢する、耐える
  10. pull up to : 追いつく、並ぶ
    pull up to a red light : 赤信号の手前で車を止める(手前まで車を寄せる)
    pull up to the door : 車を玄関に着ける(乗り入れる)
    bumper : 緩衝器、緩衝装置、車のバンパー。ぶつかる人。女性の尻
  11. signal : 合図、信号、信号機。メッセージ、意図、警告
  12. handle : 取っ手、ハンドル(車のハンドルは steering wheel)、柄。機会、手段。陰茎、乳房
    have a handle on : 把握する、理解する、操る、管理する
  13. go up to : ~まで上がる・増す、~の所に届く、~に及ぶ・達する、~の所へ行く、~に近寄る
    go up to 100 miles per hour : 最高速度は時速100マイルだ
  14. swagger : 威張った態度(行為)、肩を怒らせた歩き方、闊歩、自慢、自信たっぷりな態度、粋なこと
    swell : 粋な、気の利いた、風雅な、流行の服装をした。一流の、立派な、素敵な、素晴らしい
  15. ※サウジアラビアでは女性が婚外交渉を行なった場合、死刑にされることが多いらしい。
  16. shift : 位置や方向を変える、移す。同種の別の物に換える
    I'm damned if ~ : 断じて~しない、そんなことあるもんか
  17. come through : 通り抜ける、通り過ぎる、突き抜ける。やり遂げる、成し遂げる。生き延びる、生き抜く。切り抜ける、耐え抜く


 2013年のアルバム "Matangi" より。M.I.A. が幼少期を過ごしたスリランカは仏教国であり世界初の女性首相が生まれた国でもあるということで、女性の社会的地位は低くないそうです。しかし、インドのヒンズー教思想の性差別やカースト制度の社会階層差別に象徴されるように第三世界ではまだ女性の地位が低くいろいろな社会的差別が根深く残っている国が多いようです。
 そして、この歌で批判の標的とされているのはサウジアラビアの女性差別であるようです。女性の社会的自立を阻むために車の運転が法的に禁止されており、婚外交渉に対する刑罰の厳しさはもとより、女性の行動にはさまざまな慣習的規制があるそうです。冒頭の動画での M.I.A. は「女たちよ、自立せよ。今だ馬に乗って古臭い考えに囚われている男たちを置き去りにして、自らハンドルを握り、人生を駆け抜けろ」と呼びかけているように見えます。ただし、この歌詞は表面上、bang や blow など性的な表現が目立ち、また自らをビッチと呼ぶなど自分を露悪化または戯画化しているところがあり、聞き流しているとそのような政治社会的主張に気が付かない人もいるかもしれません。



最新記事