Ain't Got No, I Got Life

2013年02月24日

Ain't Got No, I Got Life : Nina Simone




I ain't got no home, ain't got no shoes *1
私には家がない 靴がない
Ain't got no money, ain't got no class
お金がない 教室がない
Ain't got no fans, ain't got no students
ファンがいない 生徒がいない
Ain't got no work, ain't got no job
仕事がない 職がない
Ain't got no mind
知性がない

What have I got?
私には何があるの?
Why am I alive anyway? *2
なぜ私は生きてるの どういうこと?
Yeah, what have I got?
そうよ 私は何か持ってる?
Nobody can take away
誰からも取り上げられないものを

I got my hair, I got my head
私には髪がある 頭がある
I got my brains, I got my ears
脳がある 耳がある
I got my eyes, I got my nose
目がある 鼻がある
I got my mouth, I got my smile
口がある 笑顔がある

I got my tongue, I got my chin
私には舌がある あごがある
I got my neck, I got my boobs
首がある 乳房がある
I got my heart, I got my soul
心がある 魂がある
I got my back, I got my sex
背中がある 性がある

I ain't got no father, ain't got no mother
私には父親がいない 母親がいない
Ain't got no children, ain't got no faith
子どもがいない 信念がない
Ain't got no earth, ain't got no water
土地がない 水がない
Ain't got no ticket, ain't got no token *3
切符がない コインがない
Ain't got no mind
知性がない

What have I got?
私には何があるの?
Why am I alive anyway?
なぜ私は生きてるの どういうこと?
Yeah, what have I got?
そうよ 私は何か持ってる?
Nobody can take away
誰からも取り上げられないものを

I got my hair, I got my head
私には髪がある 頭がある
I got my brains, I got my ears
脳がある 耳がある
I got my eyes, I got my nose
目がある 鼻がある
I got my mouth, I got my smile
口がある 笑顔がある

I got my tongue, I got my chin
私には舌がある あごがある
I got my neck, I got my boobs
首がある 乳房がある
I got my heart, I got my soul
心がある 魂がある
I got my back, I got my sex
背中がある 性がある

I got my arms, I got my hands
私には腕がある 手がある
I got my fingers, Got my legs
指がある 脚がある
I got my feet, I got my toes
足がある つま先がある
I got my liver, Got my blood
肝臓がある 血がある

I've got life
私には命がある
I've got my freedom
私には自由がある
I've got the life
私には命がある

heart, soul, heart, soul
心 魂 心 魂


備考
  1. ain't got no = have not got no = have no
  2. anyway = anyhow : なんとしても、どうしても、どうせ、それでも、いずれにせよ。(強意として)いったい。
  3. token : バス・地下鉄・遊技機で用いる代用硬貨。補助紙幣、商品券、しるし、象徴


 アルバム 'Nuff Said!(1968年) 他に収録。オリジナルは1967年初演の Hair というロック・ミュージカルの Ain't Got No と I Got Life という二つの歌です。Wikipedia によればこのミュージカルは「1960年代のヒッピー、対抗文化、性革命の産物であり、歌のいくつかは反ベトナム戦争・平和運動を代表する讃歌となった」ということです。
 ニーナ・シモンの歌声はいつもある種の崇高さを感じさせます。

Sinnerman

2012年10月13日

Sinnerman : Nina Simone




Oh Sinnerman, where you gonna run to? *1
罪びとよ、どこへ逃げるつもりだ
Where you gonna run to?
どこへ逃げるつもりだ
All along dem day *2
あの日からずっと

Well I run to the rock, please hide me *3
俺は岩に逃げる。岩よ、俺を隠してくれ
I run to the rock, please hide me, Lord
岩よ、俺を隠してくれ
All along dem day
あの日からずっと

But the rock cried out, I can't hide you
しかし、岩は叫んだ。お前を隠すことはできない
The rock cried out, I ain't gonna hide you guy *4
岩は叫んだ。お前を隠すつもりはない
All along dem day
あの日からずっと

I said, "Rock, what's a matter with you rock?"
岩よ、どうしたんだ?
"Don't you see I need you, rock?"
分からないのか。お前が必要なんだ
Lord, Lord, Lord
主よ、主よ
All along dem day
あの日からずっと

So I run to the river, it was bleedin' *5
俺は川に逃げる。川は血に染まっていた
I run to the sea, it was bleedin'
俺は海に逃げる。海は血に染まっていた
All along dem day
あの日からずっと

So I run to the river, it was boilin' *6
俺は川に逃げる。川は煮えたぎっていた
I run to the sea, it was boilin'
俺は海に逃げる。海は煮えたぎっていた
Along dem day
あの日からずっと

So I run to the Lord, please hide me Lord
俺は主のもとへ逃げる。主よ、俺を隠してくれ
Don't you see me prayin'?
見えないのか。俺の祈りが
Don't you see me down here prayin'?
見えないのか。ここで俺が祈っているのが

But the Lord said, "Go to the devil"
しかし、主は言った。悪魔のもとへ行け
He said, "Go to the devil"
主は言った。悪魔のもとへ行け
All along dem day
あの日からずっと

So I ran to the devil, he was waitin'
俺は悪魔のもとへ逃げた。悪魔は待っていた
Ran to the devil, he was waitin'
悪魔のもとへ逃げた。悪魔は待っていた
All on that day
あの日からずっと

I cried, power (Power to da Lord)
俺は叫んだ。力を!(主よ、力を)
Bring down (Power to da lord)
与えてくれ(主よ、力を)
I cried, power (Power to da Lord)
俺は叫んだ。力を!(主よ、力を)

Well I run to the river, it was boilin'
俺は川に逃げる。川は煮えたぎっていた
I run to the sea, it was boilin'
俺は海に逃げる。海は煮えたぎっていた
All along dem day
あの日からずっと

So I ran to the Lord
俺は主のもとへ逃げた
I said, "Lord hide me, please hide me"
主よ。俺を隠してくれ。お願いだ
"Please help me"
頼む、助けてくれ
Along dem day
あの日からずっと

He said, "Child, where were you when you oughta been prayin'?" *7
子よ。祈るべき時にお前はどこにいた?
I said, "Lord, Lord, hear me prayin'"
主よ、主よ。俺の祈りを聞いてくれ
"Lord, Lord, hear me prayin', Lord, Lord, hear me prayin'"
主よ、主よ。聞いてくれ。主よ、俺は今祈っている
All along dem day
あの日からずっと

Sinnerman you oughta be prayin'
罪びとよ。祈り続けろ
Ought a be prayin'
祈り続けるがいい
All on that day
あの日からずっと

I cried, power(Power to da Lord)
俺は叫んだ。力を!(主よ、力を)
Go down(Power to da Lord)
降りてきてくれ(主よ、力を)
Power(Power to da Lord)
力を!(主よ、力を)

Power, Power, Lord
力を、力を。主よ
Don't you know I need you Lord?
分からないのか。あなたが必要なんだ、主よ
Don't you know that I need you?
分かってくれ。あなたが必要なんだ
Power, Lord!
主よ、力を!


備考
  1. ※ sin は「宗教上の罪、神の意思に反する行為」を指し、転じて「道徳的な罪」という意味でも使われる。一方、crime は「法律上の罪、重い法律違反、犯罪」、offence は「法律・慣習に対する違反、軽い犯罪、悪事」などの意味で使われる。
    gonna = going to
    ※黒人英語では is, are はよく省略されるのでここでは gonna = are going to = will だろう。
  2. all along : ずっと、いつも、初めから、~に沿ってずっと、~伝いに
    ※ dem = them なのでここは those days か that day なのだろうが、よく分からない。
  3. 『黙示録』7-15,16「地の王たち、高官、千卒長、富める者、勇者、奴隷、自由人らはみな、ほら穴や山の岩かげに身を隠した。そして、山と岩にむかって言った。"さあ、我々をおおって、御座にいます御方と子羊の怒りからかくまってくれ"」
  4. ain't gonna = am not going to = will not
  5. 『出エジプト記』7-20,21「モーセとアロンは…(中略)…杖を上げてナイル川の水を打つと、川の水はことごとく血に変わった。川の魚は死に、川は臭くなり、エジプト人は川の水を飲むことができなくなった」
  6. 『イザヤ書』64-1,2「ああ、あなたが天を裂いて降りて来られると、山々は御前で揺れ動くでしょう。火が柴に燃えつき、火が水を沸き立たせるように、あなたの御名はあなたの敵に知られ、国々は御前で震えるでしょう」
  7. oughta = ought to :(義務・責任・正当)すべきである、せねばならない、当然である。程度は must>ought>shuld の順に強い。


 ニーナ・シモン(1933ー2003)はアメリカのジャズ歌手。この歌は1966年のアルバム Pastel Blues に収録されています。
 Sinnerman(または Sinner Man)はアメリカに古くから伝わる黒人霊歌なので多くの歌手が歌っていますが、ニーナ・シモンの歌唱と演奏は疾走感と緊張感が並はずれており、異様な高揚を感じます。歌詞は多分にキリスト教的なのでよくは理解できません。黒人奴隷を支配する白人の罪をなじるもの、あるいは罪を犯した黒人は神からも見放される運命だという嘆き、などの感想を持ちました。




最新記事