Another Brick In The Wall

2013年03月26日




★ Another Brick In The Wall (Part 1) ★ : Pink Floyd

Daddy's flown across the ocean *1
父さんは海の彼方に飛んで行ってしまった
Leaving just a memory
ただ一つの思い出だけを残して
A snapshot in the family album *2
家族のアルバムのスナップ写真
Daddy, what else did you leave for me?
父さん。他には何も残してくれなかったのかい?
Daddy, what d'ya leave behind for me? *3
父さん。死んで何を残してくれると言うんだい?
All in all it was just a brick in the wall *4
全体からすれば、壁の中のただ一つの煉瓦に過ぎないんだ
All in all it was all just bricks in the wall
全体からすれば、どれも壁のなかの煉瓦に過ぎないんだ


★ The Happiest Days Of Our Lives ★

"You! Yes, you! Stand still, laddie!" *5
「お前! そうだ、お前! 立ってろ、動くな、坊主!」

When we grew up and went to school
私たちが成長し学校へ行くようになると
There were certain teachers who would hurt the children in any way they could *6
そこには必ず教師たちがいて、成し得るあらゆる方法で子どもたちを傷つけようとした
By pouring their derision upon anything we did *7
私たちが何をしても嘲笑を浴びせた
And exposing every weakness *8
あらゆる弱点をさらしものにした
However carefully hidden by the kids
子どもたちがどんなに注意深く隠そうとしても

But in the town, it was well known
だが、町ではよく知られていた
When they got home at night
彼らも、夜家に帰れば
Their fat and psychopathic wives would thrash them within inches of their lives *9
いつも、太った精神病質の奥さんに死ぬほど鞭打たれるんだ


★ Another Brick In The Wall (Part 2) ★

We don't need no education
私たちは教育を必要としない
We don't need no thought control *10
私たちは思想統制を必要としない
No dark sarcasm in the classroom *11
要らない。教室でのどす黒い刺すような愚弄の言葉は
Teachers, leave them kids alone *12
教師たちよ。子どもたちを放っておけ
Hey! Teacher! Leave them kids alone!
おい! 教師よ! 子どもたちを放っておけ
All in all it's just another brick in the wall *13
全体からすれば、それはいくらでも代わりのきく壁の中の煉瓦に過ぎない
All in all you're just another brick in the wall
全体からすれば、君はいくらでも代わりのきく壁の中の煉瓦に過ぎない

We don't need no education
僕たちに教育はいらない
We don't need no thought control
僕たちに思考の支配はいらない
No dark sarcasm in the classroom
教室での暗い愚弄と嘲りはいらない
Teachers, leave them kids alone
先生、子どもたちを放っておいて
Hey! Teacher! Leave us kids alone!
おい! 先生! 僕たちを放っておけ
All in all it's just another brick in the wall
全体からすれば、それはいくらでも代わりのきく壁の中の煉瓦に過ぎない
All in all you're just another brick in the wall
全体からすれば、あなたもいくらでも代わりのきく壁の中の煉瓦に過ぎない

"Wrong, Do it again!"
「だめだ。もう一度やれ!」
"If you don't eat yer meat, you can't have any pudding.
「肉を食べなければプリンはもらえないぞ。
How can you have any pudding if you don't eat yer meat?"
プリンがもらえるはずないだろ。肉を食べないなら」
"You! Yes, you behind the bikesheds, stand still laddie!" *14
「お前! そうだ、自転車置場の後ろのお前。立ってろ、動くな、坊主!」


備考
  1. fly-flew-flown : 飛ぶ
    ※この一行は、父親を戦争で亡くしたことを示すらしい。
  2. snap : ポキンと折る、パチンと鳴らす(閉じる・開く)、パクッとかむ、飛びつく、ひったくる
    snapshot : 簡易な手持ちカメラで気軽に撮られた写真
  3. d'ya = do you
    leave behind : 死後に残す、残して死ぬ、死後に与える、遺産を残す・遺贈する
  4. all in all : 要するに、全体で、かけがえのないもの・すべて、全面的に・完全に、全部ひっくるめて、総じて・概して言えば、全体から見ると、Everything being taken into account(thefreedictionary.com)
  5. still : 静止した、動かない、じっとしている、音のない、静まり返った、穏やかな、平穏な
    laddie : 若い男、少年
  6. certain : 確信して、するに決まっている・きっと~する、避けられない・きっと起こる、決まった・一定の、ある・さる、
  7. derision : あざけり、愚弄、侮蔑的(または)冷やかし・野次等の笑い、嘲笑
    deride : あざける、嘲笑う、馬鹿にする
  8. expose : さらす、陳列する、見せる、歯をむき出す・感情をさらけ出す、あばく・暴露する・ばらす
  9. psychopathy : 反社会的人格障害。ただし、昔は「精神病質」的な意味合いで使われていた。
    thrash : 強く打つ・鞭打つ、腕・足を振り回す、ばたばたさせる
    within an inch of : ~に極めて近く、~の一歩手前まで、危うく~するところで
  10. thought : 思考(思索)活動の所産・思想、考え・思いつき、思考力・考える力、思索・思考・考えること
  11. sarcasm : 人を傷つける意図で発される皮肉を込めた切りつけるような言葉。あざけり、皮肉、いやみ。ギリシャ語 sarkazein(肉を裂く) が語源。
    ※この言葉に適切な日本語が思い当たらない。
  12. alone : 一人で、孤独で(一人ぼっちで悲しいという含みはなく中立的)、独立して、ただ~だけで
    leave ~ alone : ~をそのままにしておく、干渉(邪魔)をしない
  13. another : もう一つの、別の、異なった
    just another : どこにでもあるありきたりの
  14. bikeshed : 自転車置場


 1979年のアルバム The Wall より。ロックスター・ピンクの半生を描いたコンセプトアルバムということですが、私自身は昔アルバムを持っていたにも関わらず歌詞をあまり読まずその趣旨をこれまでよく知らないままでした。ただ、とくに Another Brick In The Wall (Part 2) に見られるような扇動的な感じが好きで、意味も考えずよく聞いていました。



最新記事