Will You Dance?

2008年12月28日

Will You Dance? : Janis Ian




Someone is waiting over by the window
窓際に身を乗り出し、待っている人
Just beyond the stairwell someone's crying *1
階段の踊り場で泣いている人
Drowning in the words of the Prophets that are written for the dead and the dying *2
死者と瀕死者のために書かれた預言書の言葉に溺れて、
Someone's lying *3
嘘をつこうとしている人
No one's buying *4
誰も信じはしない

Someone is dying
死にかけている人
Panic in the streets can't get no release someone escaping *5
街に満ちた恐怖から逃げられない人
Waiting on a line for the holy revolution parading illusion *6
聖なる革命が幻想をふりまくのを待ちながら、
Someone's using most amusing *7
享楽にのめり込む人

Will you dance?
踊りましょう
Will you dance?
踊りましょうよ
Smell of caviar and roses
キャビアと薔薇の香りがするでしょ
Teach your children all the poses *8
あなたの子どもたちに教えてあげて。見かけだけでも
how familiar are we all... *9
私たちがどんなに仲良くしてるかを

Will you dance?
踊りましょう
Will you dance?
踊りましょうよ
Light fantastic in the morning
朝の光は幻のようにきれいよ
How romantic to be whoring *10
みだらになるのも素敵なことよ
Boring though it may be
退屈するかもしれないけれど
Who'll survive if you and I should fall? *11
あなたと私が死んだら、誰が生き延びるというの?

Someone is bleeding crimson in the night *12
暗闇の中、深紅の血を流す人が、
Strangers, in the light a sudden meeting
光が当たり、通りすがりの人と突然出会うことだってある
Greeting one by one
一人一人と挨拶を交わしながら
every life runs flashing before those dashing eyes *13
あなたの魅力的な目の前を、あらゆる人生が走り去るの
Will you dance?
踊りましょう
Will you dance?
踊りましょうよ
Take a chance on romance and a big surprise?
ロマンスや思いがけない運命を手に入れるのよ

Stop. *14
やめて


備考
  1. beyond : ~を越えて、~の向こうに
    stairwell : 階段吹き抜け、階段とその中心の井戸状の空間
  2. prophet : 預言者
    the Prophets : 旧約聖書の預言書
  3. lie - lied - lied - lying : 嘘をつく
    lie - lay - lain - lying : 横になる、埋葬されている
  4. buy : 買う、意見を受け入れる、賛成する、信じる
  5. panic : 訳の分からない不意の恐怖、恐慌
    release : 解放、釈放
  6. wait on a line : 列に並ぶ
    parade : 列をなして行進させる、見せびらかす
  7. use : 使う、消費する、習慣的に使う(タバコを吸う、麻薬をやる)
  8. all the : ~だけ
    pose : 姿勢、気構え、見せかけ
  9. familiar : 親しい、親密な、性的な関係にある
  10. whore :(動)売春する (名)売春婦、淫婦
  11. fall : 落ちる、転ぶ、転落する、堕落する、死ぬ
  12. bleed : 出血する
    crimson : 深紅の、臙脂色の
    ※ crimson はエンジムシを砕いて作る顔料。血を連想させ、暴力、勇気、苦痛などのイメージをもつ。
  13. flash : 光を放つ、突然現れる、さっと通る、あっという間に過ぎる
    dashing : 勢いのある、格好いい、いかした、おしゃれな、魅力的で自信にあふれている
  14. この Stop は、ピアノの演奏が終わる直前に聞き逃すほどの小さい声でささやかれている。


 ジャニス・イアンの1977年のアルバム Miracle Row(日本盤は「奇跡の街」)に収められています。
 こういう「詩」としての完成度の高い歌詞は、和訳するのがとても難しいです。初めて読んだ時は何を歌っているのかほとんど理解できませんでした。訳し終えた今でも、分からないという意味では変わりないわけですが、何度も読むうちに自分なりに想像はできるようになりました。
 1960年代後半から、世界的に若者の反乱が起きていました。社会主義や革命という言葉がまだ生気を放っていた時代です。日本でも大学紛争を中心にさまざまな闘争が行われていました。ジャニス・イアンが当時どういう思想を持っていたのかは分かりませんが、この歌詞からは、革命に敗れ夢をあきらめた者の悲哀を感じます。「聖なる革命を待っている」というフレーズがいちばん心に残ります。
 しかし、歌が終わり伴奏の終わる最後になってささやかれる Stop. という言葉は、何を意味しているのでしょうか?


2009.6.12 追記
 オレンジさんのコメントを機に、訳文を一部修正しました。以前よりは少しよくなったと思います。
 この歌は女性が男性に語りかけているものだと無意識に思っていたのですが、改めて読み直してみると女性が女性に歌いかけているように思えるようになりました。訳文もそれに合わせました。
 ただ、まだ内容には自信がありません。


2012.6.26 追記
 花みつさんに教えていただいた CSN&Y の Teach Your Children(下記コメント欄参照)の歌詞を下に載せます。1970年に発表され、1971年のイギリス映画『小さな恋のメロディ』でも使われたんですね。知りませんでした。1年以上も過ぎて今さらという感じもしますが、花みつさん、ありがとうございました。

Teach Your Children : Crosby, Stills, Nash & Young




You, who are on the road must have a code that you can live by.
あなたのような道の途上にある人間は、生きていくための規範を持たなくちゃいけない
And so become yourself because the past is just a good bye.
そうやって自分というものを作らなくちゃ。なぜなら、過去はただ過ぎ去るものなんだから
Teach your children well, their father's hell did slowly go by,
あなたの子どもによく教えるんだ。父が地獄である時代は少しずつ過ぎ去ったと
And feed them on your dreams, the one they picks the one you'll know by.
あなたの夢を子どもに伝えるんだ。それを彼らが受け取ることであなたが(彼らを)理解するかもしれない
Don't you ever ask them why, if they told you you would cry,
「なぜ?」と尋ねるのはよくない。子どもがそれに答えればあなたが泣くことになる
So just look at them and sigh and know they love you.
ただ彼らを見て静かに息を吐いてごらん。そうすれば彼らがあなたを愛していることが分かる

And you, of the tender years can't know the fears that your elders grew by,
君のような若い世代は、年長者たちが育った時代の恐怖を知らない
And so please help them with your youth, they seek the truth before they can die.
だから君の若さで彼らを助けなくちゃ。彼らは死ぬ前に真実を探そうとしてるんだ
Teach your parents well, their children's hell will slowly go by,
君の親たちによく教えるんだ。子どもたちが地獄である時代は少しずつ過ぎ去ろうとしていると
And feed them on your dreams, the one they picks the one you'll know by.
君の夢を彼らに伝えるんだ。それを彼らが受け取ることで君が(彼らを)理解するかもしれない
Don't you ever ask them why, if they told you, you would cry,
「なぜ?」と尋ねるのはよくない。彼らがそれに答えれば、君が泣くことになる
So just look at them and sigh and know they love you.
ただ彼らを見て静かに息を吐いてごらん。そうすれば彼らが君を愛していることが分かる


 コメントで花みつさんが仰っているように、この歌が作られたのはヒッピー、ドラッグ、フラワーチルドレン(反戦運動)など若者の大人への抵抗文化が花開いた時代です。しかし、薬物による死は取締りの強化を招き、反戦運動も1975年のベトナム戦争終結とともにしぼみ、これらの動きも徐々に衰えていきました。この歌は世代間の対立に対して互いの対話と理解を促がす内容となっています。father's hell は子から見て親が口やかましいだけの鬼みたいに見えること、children's hell は親から見て反抗期の子が手のつけれられない獣のように見えることを暗喩しているのでしょうか。
 作詞者のグラハム・ナッシュは1942年生まれなので1970年当時28歳です。ジャニス・イアンは1951年生まれなので1970年当時19歳。この二人が同世代と呼べるのかどうかは分かりませんが、同じ時代を生きていたとは言えるでしょう。グラハム・ナッシュの健全で前向きな歌に比べると、ジャニス・イアンの歌はやはりシニカルで暗い感じがします。これは、1970年と1977年と言う時代の違いに加え、二人の性格や嗜好、あるいは思想の違いが表れているのだと思います。

 <関連記事>
  ☆ Johnny, I hardly knew ye : Janis Ian

2000 Miles

2008年12月22日

2000 Miles : The Pretenders




"He's gone 2000 miles" *1
「父さんは2000マイルの彼方に行ってしまったの」
"It's very far"
「とても遠いところよ」
The snow is falling down
雪が舞い降り
Gets colder day by day
寒さが日ごとに増し
I miss you
寂しさが募る

The children will sing *2
子どもたちは歌うだろう
"He'll be back at christmastime" *3
「クリスマスには父さん帰ってくるよね」

In these frozen and silent nights
こんな凍った静かな夜には
Sometimes in a dream you appear
ときどき夢にあなたが現れる
Outside under the purple sky diamonds in the snow sparkle
外では、紫の空の下、ダイヤモンドの雪がきらめいている
Our hearts were singing
夢の中、私たちの心は歌っていた
It felt like christmastime
クリスマスのような気分だった

2000 miles is very far through the snow *4
2000マイルは雪の向こう側、天空の彼方
I'll think of you
私はずっとあなたを思っている
Wherever you go
たとえあなたがどこにいても

"He's gone 2000 miles"
「父さんは2000マイルの彼方に行ってしまったの」
"It's very far"
「とても遠いところよ」
The snow is falling down
雪は降り続き
Gets colder day by day
日ごとに寒さが募る
I miss you
あなたに会いたい

I can hear people singing
人々が歌っているのが聞こえる
It must be christmastime
もうクリスマスが来たのだろうか
I hear people singing
人々が歌っている
It must be christmastime
クリスマスが来てしまったのね


備考
  1. He has gone : 現在完了形のこの言い回しは、彼がいなくなって戻ってこないこと、あるいは死んでしまったことを示しているように見える。また He と you が混在しているのは、He は誰かに(おそらく子どもたちに)伝えた言葉、you は独白ではないかと思う。だから、冒頭の2行は子どもたちに伝えた言葉と解釈して訳した。
  2. the : [所有格代名詞の代用] the wife : うちのかみさん the children : 私の(私たちの)子どもたち
    ※冠詞は難しいので上の説明は当てはまらないかもしれないが、第3連5行目に Our hearts とあるので children は歌い手と「彼」の子どもではないかと思う。幼い子どもたちに父親はクリスマスには帰ってくるとごまかしていたのかもしれない。
  3. christmastime : クリスマス季節。クリスマスイブから元日までの期間。
    ※ここの He が冒頭の He と同じかどうかはよくわからないが、*1 と *2 の解釈通りに訳してみた。
  4. 2000マイルの彼方とは、雪の向こう、すなわち天空=天国を指しているのではないかと思う。


 プリテンダーズは1979年にレコードデビューしたイギリスのロックバンドです。「2000マイルズ」は1984年の Learning to Crawl というアルバムに収録されています。
 クリスマス・ソングでいちばん好きな曲です。


 <関連記事>
   ☆ Fairytale of New York : The Pogues & Kirsty MacColl

Heart Of Gold

2008年12月21日

Heart Of Gold : Neil Young




I want to live.
俺は生きている実感をつかみたい
I want to give. *1
この身を捧げてでも
I've been a miner for a heart of gold. *2
俺はずっと美しい黄金の心を掘り起こそうとしてきた
It's these expressions I never give. *3
それは、今の俺にはどんな言葉でも言い表せない
That keep me searching for a heart of gold. *4
だから、俺は黄金の心を探し続ける
And I'm getting old.
そうしながら年老いていくんだ
Keeps me searching for a heart of gold.
黄金の心を探し続けて
And I'm getting old.
年をとっていく

I've been to Hollywood.
俺はハリウッドにも行った
I've been to Redwood. *5
レッドウッドにも行った
I crossed the ocean for a heart of gold.
黄金の心を求めて海も渡った
I've been in my mind, it's such a fine line. *6
自分の心の中も探求した。だが、それはとても頼りない道筋だった
That keeps me searching for a heart of gold.
だから、俺は今でも黄金の心を探し続ける
And I'm getting old.
そうして年老いていくんだ
Keeps me searching for a heart of gold.
黄金の心を探し続けて
And I'm getting old.
年をとっていく

Keep me searching for a heart of gold.
今でも黄金の心を探している
You keep me searching for a heart of gold.
お前のために、俺は黄金の心を探し続けるんだ
And I'm getting old.
そうしながら年をとっていく
I've been a miner for a heart of gold.
俺は、ずっと心の黄金を探す鉱夫なんだ


備考
  1. give : 与える、努力等を捧げる
    He gave his life to the study of history. : 彼は一生を歴史研究に捧げた
  2. miner : 鉱山業者、鉱山労働者
    mine : 採掘する
    a heart of gold : 美しい心、純潔・高潔な人
    ※ of は「~でできた、素材が~である」ことを表す
  3. expression : 表現、言い回し
    ※ここの It は a heart of gold を指している
  4. That は、前行の一文を指している
  5. ※レッドウッドは、カリフォルニア州にあるレッドウッド国立州立公園のことだろうか? 高さ100m近くまで成長するアメリカスギが群生するらしい。ハリウッドがアメリカの富と繁栄の象徴とすれば、レッドウッドは自然と野生の象徴だろうか。
  6. fine : 見事な、完成された、雄大な、健康な、元気な、細い、繊細な、鋭敏な、美しい
    a fine line : 製図の細線


 ニール・ヤングは、1945年、カナダ・トロント生まれ。1966年に Buffalo Springfield というバンドでデビューして以来、大ヒット曲こそないものの常に第一線で活躍し続けています。
 ハート・オブ・ゴールドは1972年のソロアルバム Harvest に収録されています。私はこの曲を遠い昔二十歳くらいの頃によく聴いていました。単純なメロディと単純な歌詞ですが、まだ若く純真だった私は深く感銘を受けたものです。
 あらためて歌詞を読んでみると、歌詞の終盤になって唐突に You という単語が出てきます。歌詞の前半ではこの男は自分だけのために「黄金の心」を探していたのでしょうが、時が経ち、彼にも大切な人が現れたのでしょうか。そして、これからはその人のために美しい心を探す旅に出ようとしているのでしょうか。



最新記事