With or Without You

2009年12月31日

With or Without You : U2




See the stone set in your eyes *1
君の瞳には石がはめられ
See the thorn twist in your side *2
君の身体には棘が巻かれているが
I wait for you
僕は君を待つ

Sleight of hand and twist of fate *3
策略か巡り合わせか
On a bed of nails she makes me wait *4
運命の女神は僕を針のむしろに座らせる
And I wait without you
そして僕は一人で待つ

With or without you
君といるのがいいのか、いない方がいいのか

Through the storm we reach the shore
嵐を抜け僕達は岸へとたどり着く
You give it all but I want more *5
君は精一杯やっているが、僕にはもの足りない
And I'm waiting for you
そして僕は君を待っている

With or without you
君といるのがいいのか、いない方がいいのか
I can't live
僕は生きて行けない
With or without you
君と一緒でも、一緒でなくても

And you give yourself away *6
君はすべてを投げ打って自身を差し出してくれたけれども

My hands are tied, My body bruised *7
僕の両手は縛られ、僕の身体は傷つけられている
She's got me with nothing to win *8
運命の女神は僕に、何一つ勝ち取るものも与えず
And nothing left to lose
失うものすら一つとして残してくれない

And you give yourself away
君がすべてを投げ打ってくれたのに

With or without you
君がいても、いなくても
I can't live
僕は生きて行けない
With or without you
君と一緒でも、一緒でなくても


備考
  1. set in : はめ込む、台につける、宝石をちりばめる
  2. thorn : 植物のとげ
    twist : 撚る、より合わせる、巻きつける、からませる
    side : 横腹、わき腹
  3. sleight of hand : 手先の早業。手品、奇術。ペテン、策略。
    twist : ねじれ、より、ゆがみ、ひねり。事件などの意外な展開。
    twist of fate : 思い通りにならない運命。運命のいたずら。めぐり合わせ。
  4. bed of nails = bed of thorns : 針のむしろ、つらい境遇
    she : Fate は時に擬人化され「運命の女神」という意味を持たせることもある
  5. give it all : 自分の持っているすべてを出し切る、全力を出し切る
  6. give oneself away : 正体を明かす、内心をさらけ出す、真実を話す、馬脚を現す、正体がばれる。隠そうとしていることが外に表れてしまう、あるいは表すことを意味する。
    give away : ただで与える、ただであげる、贈る、寄付する
  7. bruise : 打ち傷をつける、あざをつける、傷つける
  8. has got = got : ~を…の状態にする


 1987年のアルバム The Joshua Tree より。
 この歌詞は聞く人により様々な解釈ができるように作られています。ネットで調べたところ、おおまかに次のような解釈が成り立つようです。
1.アイルランド人の男とイギリス人の女の許されない恋愛。「瞳に石をはめられ」「身体に棘を巻かれている」のは彼女の意思ではなく、彼女を取り巻く状況を指します。そして、give yourself away は、それらをすべて捨ててでも彼女自身を彼に差し出そうとしている、と解釈できます。
2.男の愛情に応えてくれない女。「石のような瞳」「身体を守る棘」は彼女の意思によるものであり、give yourself away は、拒絶の意思を男にさらけ出すと解釈できます。この場合 *4 と *8 の she は you と同一人物ととらえた方が良さそうです。
3.ボノのバンド及びメンバーに対する葛藤。ボノはかなり敬虔なカトリック教徒であるらしく、U2 の活動と自らの信仰心について悩むことがあったそうです。with or without you は、信仰をとるかバンドをとるかという葛藤だと解釈できるのだそうです。
4.純粋に宗教的な歌だとする解釈。歌詞中の I と You は神とイエスであり、重層的に意味が込められているとの解釈です。
 掲載した和訳は上記の1.の解釈によるものです。アイルランド、イギリスにおいては現実に起こりうる状況だと思われます。日本人の私たちには分かりにくい感覚でしょうが、イースター蜂起血の日曜日事件IRA のテロリズムなどを知ると理解の一助にはなるかもしれません。
 改めて歌詞を見ると、はじめ「僕」は「君」がすべてを投げ打って自分の元に来ることを「待って」おり、彼女の努力も「物足りなく」感じています。しかし、ついに彼女がそうしたものの、自分を取り巻く状況も極めて厳しく "I give myself away" と言えない自分を責め、 苦悩しているのではないでしょうか。


 <関連記事>
   ☆ This is A Rebel Song : Sinéad O'Connor

Sleep Now in the Fire : Rage Against The Machine

2009年12月26日




The world is my expense *1
この世界は私が買う
It's the cost of my desire *2
世界は私の欲望の代価である
Jesus blessed me with its future *3
神は私を祝福し、私は未来を与えられた
And I protect it with fire *4
私は、私の世界を火によって守る

So raise your fists and march around
やりたければ拳を突き上げて練り歩くがいい
Just don't take what you need
無駄だ。お前たちが望むものは手に入らない
I'll jail and bury those committed *5
私は、妙な主義にかぶれた連中は投獄し、葬る
And smother the rest in greed *6
そして、他の連中は息苦しいほどの貪欲で満たしてやる

Crawl with me into tomorrow *7
私の前に這いつくばって、明日へと進め
Or I'll drag you to your grave
さもなければ、お前たちを墓場へと引きずってやろう
I'm deep inside your children
私は、お前たちの子どもの心に奥深く入り込んでいる
They'll betray you in my name *8
子どもたちは、私のためにお前たちを裏切るであろう

Hey, hey, sleep now in the fire
だから、火の中で眠れ

The lie is my expense
偽りは私のものであり
The scope of my desire *9
私の欲望のはけ口である
The party blessed me with its future
政党は私を祝福し、私は未来を与えられた
And I protect it with fire
そして、私はそれを火によって守る

But I am the Nina, the Pinta, the Santa Maria *10
しかし、私は、ニーナ号、ピンタ号、サンタマリア号である
The noose and the rapist, the fields overseer
絞首縄であり、強姦者であり、現場監督である
The agents of orange, the Priests of Hiroshima *11
ベトナムの枯葉剤商人であり、ヒロシマの司祭である
The cost of my desire, sleep now in the fire *12
わが欲望の代価よ。火の中で眠れ

Hey, hey, sleep now in the fire
そうだ。さあ、火の中で眠れ

For it's the end of history *13
歴史は終わっており
It's caged and frozen still
檻に閉じ込められ、凍りついているのだから
There is no other pill to take *14
飲むべき薬は他にはない
So swallow the one that made you ill
だから、お前たちを病ませるものを、一気に飲み込め

Maria, the Pinta, the Santa Maria
聖マリアであり、ピンタ号であり、サンタマリア号である
The noose and the rapist, the fields overseer
絞首縄であり、強姦者であり、現場監督である
The agents of orange, the Priests of Hiroshima
ベトナムのオレンジ商人であり、ヒロシマの司祭である
The cost of my desire, sleep now in the fire
わが欲望の代価よ。火の中で眠れ

Sleep now in the fire
さあ、火の中で眠れ


備考
  1. expense : 出費、支出、金・時間等を費やすこと、失費
  2. cost : 代価、値段、原価
  3. bless : 人が~を清めて神に捧げる。人が人を祝福する。人が神を賛美する。神が人を守護する。
    its : it は「私の欲望の代価である世界」または「世界が私の欲望の代価であること」を指していると思う。
  4. fire : この「火」は、「武器、軍隊、戦争」などを象徴していると思われる
  5. committed : ある主義・主張に打ち込んでいる、傾倒している。明確な政治意識を持った
  6. smother : 息苦しくする、窒息させる。キス・贈り物・親切などで、息もつけないようにする
    smother in : 包み込む、くるむ
  7. crawl : 這う、ゆっくりと進む
    crawl into : こそこそ歩き回る。人にこそこそ取り入る、ぺこぺこする
  8. betray : 敵に売る、裏切る、背く、密告する
    in God's name : 神の名にかけて、神に誓って、絶対に
  9. scope : 知力・研究等の範囲、領域、視野。見通し、余地、機会、はけ口。
  10. the Nina, the Pinta, the Santa Maria : ニーナ号、ピンタ号、サンタマリア号。1492年、コロンブスが大西洋横断に使った船の名前。
  11. agent : 代行業者、代理店、販売外交員。化学的変化を起こさせるもの、薬品。~剤。
    Agent Orange : ベトナム戦争で米軍が用いた枯葉剤。猛毒のダイオキシンを含むこの薬剤は、多数の奇形児の出産をもたらし戦後も長きに渡りベトナム人を苦しめた。
    priest : カトリック・英国国教会の司祭。一般に、聖職者。
    ※原爆投下前、プロテスタントの従軍牧師が広島への爆撃機、カトリックの従軍司祭が長崎への爆撃機の成功を祈り出撃を祝福した。両聖職者ともに、後年このことを後悔し、自己批判している。
  12. 文脈から、「欲望の代価=世界=人間=お前たち」だと思われる
    fire : *4 に加えて、ここでは「不平等、対岸の火事、社会的混乱」等のイメージも伺える
  13. The End of History : フランシス・フクヤマ『歴史の終わり』(1992年)に見られるような資本主義は完成されたシステムであり革命的な変化はありえないという考え方を指すのではないだろうか。
  14. no other A so B : おそらく「B以外にはAはない」という感じではないだろうか。


 アルバム The Battle of Los Angeles(1999年)に収録。
 歌詞中の「私」は、アメリカ国家あるいはアメリカ型資本主義、そしてそれを支えるキリスト教の教義を指しているものと思われます。隣人の不幸も顧みず、際限のない欲望の実現へと人々を駆り立てる経済システムへの批判と、その最大の体現者である米国の歴史的な蛮行への批判がなされています。
 新大陸を侵略、原住民を駆逐し、アフリカ人を奴隷化し、世界中の紛争を監視し、猛毒の枯葉剤をまき、原爆を落とす。アメリカの繁栄はこれらの残酷な行為を代償とすることで成り立っているのだと言っているように思えます。
 冒頭の動画は『ボウリング・フォー・コロンバイン』で有名なマイケル・ムーアによって撮られたそうです。撮影はニューヨーク証券取引所の前で無許可で行われ、演奏後彼らは警察に逮捕されます。

The Foggy Dew

2009年12月10日

The Foggy Dew : The Chieftains & Sinéad O'Connor




As down the glen one Easter morn to a city fair rode I *1
復活祭の朝、峡谷を馬でくだり、祭りの市へと向かう途上
There armed lines of marching men in squadrons passed me by *2
武装した騎兵隊が列をなして、私を追い越す
No pipe did hum, nor battle drum did sound its loud tatoo *3
笛も吹かず、戦いの太鼓を打ち鳴らすこともない
But the Angelus bells o'er the Liffey swells rang out in the foggy dew *4
ただ、朝の祈りの鐘が、霧のたちこめたリフィー川に鳴り渡る

Right proudly high in Dublin town hung they out the flag of war *5
ダブリンの町に、まさしく誇り高く、彼らは戦いの旗を掲げる
'Twas better to die 'neath an Irish sky than at Suvla or Sud-El-Bar *6
アイルランドの空の下で死ぬ方がいい。スーヴラ湾やサデルバの村で英軍に従うよりは
And from the plains of Royal Meath strong men came hurrying through *7
やがて、由緒あるミースの平原から、強者たちが駆けつけた
While Britannia's Huns with their long range guns sailed in through the foggy dew *8
今まさに、ブリタニアの蛮族が長距離砲を構えて霧の中を来航しようとしている

※ Oh the night fell black, and the rifles' crack made perfidious Albion reel *9
夜が黒く降り来たり、轟く銃声に不実のアルビオンがよろめきうろたえる
In the leaden rain, seven tongues of flame did shine o'er the lines of steel *10
鉛の雨の中、七つに割れた炎の舌が、鋼鉄の戦線に光を浴びせる
By each shining blade a prayer was said, that to Ireland her sons be true
閃く一太刀ごとに祈りを捧げる。「アイルランドよ。汝が息子らに真実を」
But when morning broke, still the war flag shook out its folds in the foggy dew *11
闇が曙光に破れてもなお、戦いの旗は朝靄に振り広げられた

'Twas England bade our wild geese go, that "small nations might be free" *12
イングランドは我らがワイルド・ギースに出兵を命じた。「小国たちに自由を」
Their lonely graves are by Suvla's waves or the fringe of the great North Sea
彼らの墓は、遥か寂しいスーヴラ湾岸や北海の果てに打ち捨てられている
Oh, had they died by Pearse's side or fought with Cathal Brugha *13
彼らもピアースの傍らで死にカハル・ブルハとともに戦いたかったであろうに
Their graves we'd keep where the Fenians sleep, 'neath the shroud of the foggy dew *14 ※
彼らの墓は我らが守ろう。フェニアンの戦士が眠るこの地で、この霧に包んで

Their bravest fell and the requiem bell rang mournfully and clear *15
彼らが遺した勇敢な毛皮。哀しく澄んだ音で鳴り響く鎮魂の鐘
For those who died that Eastertide in the springing of the year *16
春の萌え出ずる復活祭の日々に死んだ彼らのためだ
While the world did gaze with deep amaze at those fearless men but few
世界中が深い驚きで見つめていた。この類まれな恐れを知らぬ者たちを
Who bore the fight that freedom's light might shine through the foggy dew
戦いに倦むことなどあろうか。この深い霧の向こうから自由の光が差し込むまでは

As back through the glen I rode again and my heart with me fell sore *17
峡谷を戻りながら、私の心は悲しくいらだっていた
For I parted then with valiant men whom I never shall see 'more *18
私は勇壮な彼らと別れ、もはや二度と会うことはない
But to and fro in my dreams I go and I kneel and pray for you *19
しかし、私は夢の中だろうと現実だろうと、いつでも、跪いて君たちのために祈る
For slavery fled a glorious dead when you fell in the foggy dew *20
隷属を避け栄光ある死を望んだ君たちの思いに。この深い霧の中で


 ・上の動画の歌唱では ※~※ の2小節は省略されている。


備考
  1. glen : スコットランドやアイルランド山間の峡谷
  2. squadron : 騎兵大隊
  3. tatoo : 帰営らっぱ(太鼓)。強く早くトントンと打つこと。
  4. Angelus : 聖母への信心とイエス降誕の感謝のため朝、昼、夕に行う祈り。bell はその時を告げる鐘。
    o'er = over
    swell : [動・名] ふくれる、はれる、増水する、増加する、音が高まる、感情が高まる
    dew : 露、しずく、新鮮さ、さわやかさ
  5. hang out : 看板・旗等を掲げる、出す
  6. 'Twas = It was
    'neath = beneath : 下に。(比較的あらたまった言い方)
    Suvla Bay : スーヴラ湾。第一次大戦中の1915年、アンザック(Australian NewZealand Army Corps)がトルコに上陸した場所。オーストラリアとニュージーランドは当時イギリスの半植民地(事実上の独立国ではあった)で、アンザックはイギリス軍の一軍団として募兵された。
    Sud-El-Bar = Sedd el Bahr : トルコのガリポリ半島先端にある村の名前。サデルバという表記が適切かどうかは不明。上記同様トルコ上陸作戦の一舞台となった場所。
  7. Meath : ミース。アイルランド東部の州名。Royal Meath は古代アイルランド王に由来する通称。
  8. Britannia : ローマ時代にローマの属州だったイギリス南部の名称。
    Hun : フン族。4~5世紀に欧州を侵略したアジアの遊牧民。転じて、破壊者、野蛮人
  9. Albion : アルビオン。グレートブリテン島の古名で「白い島」の意(同島南部海岸の絶壁が白く見えることから)。
    reel : よろめく、ぐらつく、よろよろする、戦列が浮き足立つ、しりごみする、動揺する
  10. ※『使徒行伝』2章3・4節「また、舌のようなものが炎のように分かれて現れ、ひとりびとりの上にとどまった。すると、一同は聖霊に満たされ、御霊が語らせるままにいろいろの他国の言葉で語りだした」
    ※「七つの舌」はイースター蜂起の独立宣言に署名した首謀者七名(全員銃殺刑)を指しているのかもしれない。
  11. shake out : ちりなどを振って落とす、~を振り広げる
    fold : しわ
  12. bid - bade - bidden : 命令する、指図する
    Wild Geese : 16~18世紀にヨーロッパ大陸で活動したアイルランド傭兵。ここでは、おそらく第一次大戦で英軍がアイルランド人を徴兵あるいは募兵したことを指しているのだろう。
  13. Pearse : パトリック・ヘンリー・ピアース。イースター蜂起の中心人物。5月3日に銃殺刑。
    Cathal Brugha : カハル・ブルハ。蜂起では南ダブリン部隊の副指揮官、後にIRAの参謀長、暫定政府の国防大臣を務める。アイルランド内戦中に重傷を負い1922年7月7日死亡。
  14. Fenian : 2~3世紀頃のアイルランドの伝説的戦士団。または、アイルランド独立をめざした19世紀の秘密結社。
    shroud : 死者を包む経帷子。覆う物。
  15. fell : 獣皮、毛皮
    mournful : 悲しみに沈んだ、悲しげな、哀調を帯びた、哀悼の、死者を悼む
  16. Eastertide : 復活祭の季節
    spring : 生える、芽を出す、発生する、曙光などが見えてくる
  17. sore : 痛い、ヒリヒリする、おこっている、いらいらさせる、悲嘆に暮れた
  18. valiant : 雄雄しい、勇壮な、剛勇の
    'more : any-more (もはや、これ以上)の略称だろうか。
  19. to and fro :(二点間を)あちらへこちらへ、前後に、行ったり来たり
    kneel : 跪く
  20. slavery : 奴隷であること、隷属の身分
    flee : 逃げる、逃れ去る、身を避ける


 チーフタンズは1962年に結成されたアイルランドのバンドで、伝統音楽、民間伝承曲を発掘し現代的に編曲、紹介し続けています。この歌は1995年発売のアルバム The Long Black Veil に収録されています。ゲストボーカルに、スティング、ミック・ジャガー、ヴァン・モリソンなどを招いた豪華なアルバムです。
 この歌のメロディは元々アイルランドに伝わるもので別の歌詞があったようですが、1919年にイースター蜂起の歌として作り直され発表されました。作詞はアイルランドの司祭 Canon Charles O’Neill、楽譜の所有者が Kathleen Dallat だとされています。
 内容は、1916年に起きたアイルランドのイースター蜂起事件をもとにしています。4月24日から7日間続いた武装蜂起は、イギリス、アイルランド合わせて400人以上の死者を出した後、鎮圧され、指導者たちは逮捕、処刑されます。しかし、この後アイルランド市民の間で独立への機運が高まり、本格的な独立戦争へと進んでいくことになります。1921年に英連邦下でアイルランド自由国を設立、そして、1949年には英連邦から離れた完全独立国家となったのですが、北アイルランドの領有をめぐって両国の緊張は継続し、いまだ完全な解決にはいたっていません。
 こういう歌を歌うこと、そして聞くことにどういう意味があるのだろうか、と自問することがあります。このアルバムが発売された1995年には、アイルランド、イギリス双方のテロ活動は以前よりも沈静化し、1998年には両国の間で北アイルランドの領有に関する一応の合意がなされています。そのような中で、こういうナショナリズムを鼓舞するような音楽を発表することにどれほどの意義があるのでしょうか。ただ、彼らが自らの国の歴史を知ることは必須でしょうし、また私のような外国人にアイルランドの歴史を知らしめるという意味はあるかもしれません。


 <関連記事>
   ☆ The Wind That Shakes the Barley : Dolores Keane
   ☆ Zombie : The Cranberries
   ☆ Sunday Bloody Sunday : U2



最新記事