Billionaire

2010年08月27日

Billionaire : Travie McCoy (feat. Bruno Mars)




I wanna be a billionaire so fuckin' bad
億万長者になりたいな、マジで
Buy all of the things I never had
今まで持てなかった物が何でも買えるだろうな
I wanna be on the cover of Forbes magazine
フォーブスの表紙を飾ってさ
Smiling next to Oprah and the Queen *1
オプラや女王の隣で微笑んでさ

Oh every time I close my eyes
目を閉じればいつも
I see my name in shiny lights
光り輝く俺の名前が見える
Yeah, a different city every night
そう、毎晩違う町に行ってさ
Oh I - I swear, the world better prepare for when I'm a billionaire *2
そう、きっとだ。みんな備えといた方がいいぜ。俺が億万長者になるんだからさ

Yeah, I would have a show like Oprah
そしたらオプラみたいに自分のショーを持って
I would be the host of
ホストを務めるんだ
Everyday Christmas, give Travie a wish list
毎日がクリスマスだ。俺に「欲しいものリスト」をよこしな
I'd probably pull an Angelina and Brad Pitt *3
それから、アンジェリーナとブラッド・ピットに倣って
And adopt a bunch of babies that ain't never had shit *4
貧しい子どもらを束にして養子にしてやる

Give away a few Mercedes like "here lady, have this"
ベンツくらいくれてやるよ。「お嬢さん、もって行きな」ってね
And last but not least grant somebody their last wish *5
終いには誰のどんな願いだって聞いてやるさ
It's been a couple months since I've single so
一人になってもう二ヶ月だ
You can call me Travie Claus minus the Ho Ho *6
独り身の笑えないサンタ・トラヴィって呼んでいいぜ
Haa, get it?
分かった?

I'd probably visit where Katrina hit
カトリーナの被災地にだって行くさ
And damn sure do a lot more than FEMA did *7
もちろん政府よりもすごい救援をするぜ
Yeah, can't forget about me stupid *8
愚か者として名が残るんだろうな
Everywhere I go Imma have my own theme music *9
どこに行く時も俺自身のテーマ曲をかけようか

Oh, every time I close my eyes
目を閉じればいつだって
(what chu see, what chu see bro?)
(何が見えるんだ?)
I see my name in shiny lights
輝く光の中に自分の名前が見える
(uh huh)
(ハハ)
Ahh, yeah yeah
本当だぜ
(what else?)
(他には?)
A different city every night
毎晩違う町に行くんだ
Oh I - I swear, the world better prepare
きっと、みんな備えた方がいい
(for what?)
(何に対して?)
For when I'm a billionaire
俺が億万長者になることに対してだよ
When I'm a Billionaire
俺が億万長者になる時のために
(let's go)
(さあ、行こう)

I'll be playing basketball with the President
大統領ともバスケットをする仲さ
Dunking on his delegates *10
奴の代議員をやっつけてやるよ
Then I'll compliment him on his political etiquette *11
それで奴の政治手法に明からさまなお世辞を言うのさ
Toss a couple milli in the air just for the heck of it *12
「面白半分で数百万ドルも投げ捨てるのに
But keep the fives, twentys, tens and bens completely separate *13
5ドル札、20ドル札、10ドル札、100ドル札、几帳面に分けてるんですね!」

Yeah, I'll be in a whole new tax bracket *14
俺はまったく新しい税率区分に入るんだろうな
We in recession but let me take a crack at it *15
今は不景気だけど俺にやらせてみろよ
I'll probably take whatevers left and just split it up *16
余分な金は全部使って、分配するぜ
So everybody that I love can have a couple bucks *17
だから、俺の愛するみんなに幾ばくかの金が行き渡るってことさ

And, not a single tummy around me would know what hungry was *18
それで、俺の周りでは腹を空かせる奴なんて一人もいなくなるんだよ
Eating good, sleeping soundly *19
たくさん食べて、ぐっすり眠って
I know we all have a similar dream
みんな、夢見るものは同じだろ
Go in your pocket, pull out your wallet, put it in the air and sing
ポケットを探れ。財布を取り出せ。空に放れ。そして、歌え

I wanna be a billionaire so fuckin' bad
億万長者になりたいよ。本気で
(So bad)
(マジで)
Buy all of the things I never had
持ってないもの何でも買える
(Buy everything, haa)
(何でもな)
I wanna be on the cover of Forbes magazine
フォーブスの表紙を飾りたい
Smiling next to Oprah and the Queen
オプラや女王の隣で微笑むのさ
(What up Oprah? Haaa!)
(オプラだって? は?)

Oh every time I close my eyes
目を閉じればいつだって
(what chu see, what chu see bro?)
(何が見える?)
I see my name in shiny lights
光り輝く俺の名前さ
(what else?)
(他には?)
A different city every night
毎晩違う町にいる
I - I swear, the world better prepare
きっと、みんな備えた方がいいぜ
(for what?)
(何に?)
For when I'm a billionaire
俺が億万長者になることにだよ
When I'm a Billionaire
億万長者になる時のためにだよ

I wanna be a billionaire
なりたいな
so fuckin' bad
ほんとに


備考
  1. Oprah : オプラ・ゲイル・ウィンフリー。米の俳優、司会者、プロデューサー、慈善事業家。一時期世界で唯一の黒人億万長者だった。
  2. better : [副] いっそう良く、さらに多く
    ※ここは、had better の had が省略された形ではないか。
  3. pull a(人名): ~を模倣する、見習う。~と張り合う
  4. adopt : 意見・方針を採用する、養子縁組する、養子にする、政党が候補者として公認する
    bunch : ふさ、たば、一団、一群、牛馬の群れ
    ain't never had shit : 正確な意味が分からないので文脈から訳した
  5. not least : とくに、とりわけ、少なからず
    grant : 承諾する、許可する
    grant him a wish : 彼の願いを聞き届ける
  6. ho ho ho : ホーホー(サンタクロースの笑い声)。また ho は娼婦、尻軽女、女一般を表す。つまり Claus minus the ho は [サンタ]ー[女, 笑い声]=[独り身のサンタ, 笑えないサンタ] となる。
  7. FEMA : Federal Emergency Management Agency 連邦緊急事態管理庁。大災害に対応する政府機関。
  8. forget about : 忘れる
  9. Imma : I'm going to または I am a の略形
  10. dunk on [人] : やっつける、ぶちのめす
    delegate : 代理者、米大統領選の代議員
  11. compliment : 賛辞を述べる、お世辞を言う、ほめる、賞賛する
  12. milli : million (百万ドル)の略か?
    heck = hell
    just for the hell of it : ほんの冗談に、面白半分に
  13. bens : 百ドル紙幣。独立宣言起草委員ベンジャミン・フランクリンの肖像画より。
  14. tax bracket : 税率区分
  15. recession : 一時的不景気、景気後退
    take a crack at : こころみる、ためしてみる、やってみる
  16. split up : 分割する、分離する、分配する、分け合う
  17. buck : 雄ジカ。通貨ドルの俗称。
  18. not a (single) : たった一つの(一人の)~もない
    tummy : (幼児語)おなか、ぽんぽん。
  19. soundly : 健全に、しっかりと、ぐっすりと、充分に


 Travis McCoy [1981年生まれ] は、米ヒップホップグループ Gym Class Heroes のリード・ボーカリストです。この歌は Travie McCoy 名義で出したソロアルバム Lazarus(2010年)に収録されています。
 能天気な憧れと無邪気な良心とでも言うべき素直さにあふれた歌詞ですが、憧れも良心も直接に金に結びついているところが、いかにもアメリカ的です。かくいう私もいつもお金に困っているので、作詞者の気持ちはとてもよく分かります。


 <関連記事>
   ☆ American Life : Madonna
   ☆ Sweetest Girl (Dollar Bill) : Wyclef Jean (feat. Akon, Lil Wayne, Niia)

The View from The Afternoon

2010年08月20日

The View from The Afternoon : Arctic Monkeys




Anticipation has a habit to set you up *1
期待感がお前をその気にさせる
For disappointment in evening entertainment but
楽しい夜がいつも期待はずれでも
Tonight there'll be some love
今夜は愛が生れる
Tonight there'll be a ruckus yeah *2
今夜は大騒ぎできる
Regardless of what's gone before *3
前がどうだったかなんて関係ない

I want to see all of the things that we've already seen
俺が見たいのは皆がすでに見てきたことさ
The lairy girls hung out the window of a limousine *4
リムジンの窓から首を出してる着飾った女たち
And of course it's fancy dress *5
仮装パーティーにでも行くのか
And they're all looking proper good in bunny ears and devil horns in hell *6
完璧な彼女らは、うさぎの耳に悪魔の角までつけてる

Anticipation has a habit to set you up
期待感がお前をその気にさせる
For disappointment in evening entertainment but
楽しい夜がいつも期待はずれでも
Tonight there'll be some love
今夜は愛が生れる
Tonight there'll be a ruckus yeah
今夜は大騒ぎできる
Regardless of what's gone before
前がどうだったかなんて関係ない

I want to see all of the things that we've already seen
俺が見たいのは皆がすでに見てきたことさ
I want to see you take the jackpot out the fruit machine *7
お前がスロットで大当たりを出し
And put it all back in *8
そして、それを全部すってしまう
You've got to understand that you can never beat the bandit, no *9
それでやっと分かるんだ。機械にかないっこないってことが

And she won't be surprised, no she won't be shocked
彼女は驚きもしないし、まして衝撃なんて受けない
When she's pressed the star after she pressed the unlock *10
携帯のロックを解き、キーを押し
And there's verse and chapters sat in her inbox *11
受信トレイの長大な詩文を見ても
And all that it says is that you've drank a lot
ただお前が酔っ払ってることが分かるだけさ

And you should bear that in mind tonight, bear that in mind *12
だから、覚えておけ、今夜は
Yeah, you should bear that in mind tonight, bear that in mind
そうだ、覚えておけ、今夜は
You can pour your heart out but her reasoning will block *13
心の内をぶちまけてもいいが、彼女は論理的にそれをさえぎる
Owt you send her after nine o'clock *14
お前が9時以降に何を送ろうとも

Anticipation has a habit to set you up
期待感がお前をその気にさせる
For disappointment in evening entertainment but
楽しい夜がいつも期待はずれでも
Tonight there'll be some love
今夜は愛が生れる
Tonight there'll be a ruckus yeah
今夜は大騒ぎできる
Regardless of what's gone before
前がどうだったかなんて関係ない

And she won't be surprised, no she won't be shocked
彼女は驚きもしないし、まして衝撃なんて受けない
When she's pressed the star after she pressed the unlock
携帯のロックを解き、キーを押し
And there's verse and chapters sat in her inbox
受信トレイの長大な詩文を見ても
And all that it says is that you've drank a lot
ただお前が酔っ払ってることが分かるだけさ

And you should bear that in mind tonight, bear that in mind
だから、覚えておけ、今夜は
Yeah, you should bear that in mind tonight, bear that
そうだ、覚えておけ、今夜は

You can pour your heart out around three o'clock
3時くらいに心の内をぶちまけるがいいさ
When the 2 for 1's undone the writer's block *15
その頃には安酒も抜けて、まともな言葉が書けるようになってるだろう


備考
  1. anticipation : 予想、期待、予感、虫の知らせ、将来を見越すこと、人の行動を見越した先制行動
    habit : 癖、習慣、習性、常用癖
    set up : 元気づける、鼓舞する、喜ばせる、はしゃがせる
  2. ruckus : 騒ぎ、乱闘、論争
  3. regardless of : ~に頓着なく、~にかかわらず、~を気にせず
  4. lairy : 派手に着飾った、めかしこんだ
  5. fancy dress : 仮装服、一風変わった服
  6. good and proper : まったく、完全に
  7. jackpot : 多額の賞金、大当たり
    fruit machine : スロットマシーン
  8. put back : 元へ戻す(返す)、後方へ移す(向ける)、時計の針を戻す、後退させる
  9. beat : 相手・敵を負かす、相手にまさる、克服・打破する
    bandit : 山賊、盗賊、ならず者
    one armed bandits : レバー一本で客を一文無しにするところから、スロットマシーンのことを「片腕の山賊」と言うらしい。
  10. star : star-key (*…アスタリスク)のことか?
  11. verse : 詩、韻文、詩節、連、詩の一行
    chapter : 章、(比喩的に)重要な一区切り
    chapter and verse : 聖書の正確な引用、確かな根拠・典拠・情報(源)、(副詞的に)正確かつ詳細に
    inbox : 受信トレイ
  12. bear … in mind : …を覚えている、心に留めておく
    <Bear in mind (that) I'm a beginner. 断っておくけど僕は初心者だよ>
  13. pour : 言葉・気持ちなどを吐露する、ぺらぺらしゃべる
    reasoning : 推論、推理、論法、論理的根拠
  14. owt = anything
  15. 2 for 1 : 一つの値段で二つ買えるということ。または「二詞一意」。強調の修辞技法。二語を and で結び複雑な概念を表す。(ウィキペディアより)
    undo : はずす、あける、開く、ゆるめる
    writer's block : 作家が文章を書けなくなること。


 デビューアルバム Whatever People Say I Am, That's What I'm Not (2006年)に収録。
『午後からの光景』と題されたこの歌は、夜に対する期待感と失望感が繰り返される日常をやや自虐的に綴っているように思えます。最後の一行がよく理解できないのですが、ネットで調べたところ 2-for-1 を安売りの酒と解する人が多かったため、それに順じて訳してみました。特定の一人についての歌ではなく、歌い手も含めた多くの人間に見られる「光景」を表した歌だろうと思います。

I Must Go

2010年08月04日

I Must Go : Tommie Young




I must go where he leads me
行かなければ。神が導くところへ
I must follow till we are all of free
ついて行かなければ。私たちすべてが自由になる日まで

Voices, visions made my decision *1
あなたの声と姿が私を決心させた
For I hear my father calling me
聞こえる。神が私を呼んでいる
Chains can't bind me and fear is behind me
鎖も私をしばることはできない。私の前に恐れはない
For I hear my father, he is calling me
なぜなら、私には神の声が聞こえるから。神が私を呼んでいるのだから

I must go where he leads me
行かなければ。神が導くところへ
I must follow till we are all free
ついて行かなければ。私たちすべてが自由になる日まで

Life he gave me
生命は神が与えてくれたもの
Men can't stain me *2
支配者も私を傷つけることはできない
Oh I am a child of destiny, oh destiny *3
私は、運命の子なのだから。

I must go where he leads me
行かなければ。神が導くところへ
I must follow till we are all of free, all of free
ついて行かなければ。私たちすべてが自由になれるまで。皆が自由に

Life he gave me
生命は神が与えてくれた
Men can't enslave me *4
誰も私を奴隷にはできない
For I am a child of destiny, oh destiny, destiny, destiny
私は神意を授かった子どもなのだから


備考
  1. vision : 視覚、見ること、幻視、幻影、見えるもの、光景
  2. man : 黒人から見た権力者、白人(社会)、体制
    stain : 汚す、傷つける
  3. destiny : 運命、宿命、必然(性)、天命、神意
  4. enslave : 奴隷にする、とりこにする


 一昨年まで箱根駅伝中継番組のエンディングテーマ曲として使われていたため知っている人も多いと思います。
 この歌は1978年にアメリカで制作されたテレビドラマ A Woman Called Moses の中で使われたそうです。当時アナログ盤のサントラも発売されていたそうですが、残念ながらCD化はされていません。
 Wikipedia によるとこのドラマは Harriet Tubman [1820or1821-1913] という実在の人物を題材にした物語だそうです。奴隷として生まれ奴隷として育った彼女は、幼い頃から様々な主人たちに殴られ鞭打たれ、ある時鈍器で頭を打たれた後遺症で頭痛、痙攣、幻覚などに一生苦しめられることになります。1849年に雇い主の家から脱走した彼女は、その後 Underground Railroad と呼ばれる脱走奴隷を手助けする地下ネットワークの組織化に尽力するようになり、数多くのアフリカ人たちを解放することに生涯を捧げます。彼女の働きはめざましく、後に、ヘブライ人をエジプトから脱出させた預言者モーゼに喩えられるほど有名になったようです。
 私はもともと駅伝やマラソン等の実況中継番組は見ないのですが、ここ数年友人の影響で箱根駅伝だけは見ていました。4,5年前に初めてこのエンディングテーマを聞いた時には選手たちの真摯な努力によく合う曲調と歌声に感動を覚えたものです。
 できればこのテーマ曲を復活してもらえないかと常日頃思っています。


 <関連記事>
   ☆ A Woman Called Moses : Tommie Young
   ☆ Miracles : Arrested Development



最新記事