This Is The Life

2010年12月26日

This Is The Life : Amy Macdonald




Oh the wind whistles down the cold dark street tonight
風が吹き降りる。冷たく暗い夜の通りに
And the people they were dancing to the music vibe *1
人々はみな踊っていた。音楽の霊気に当てられ
And the boys chase the girls with the curls in their hair
男の子たちは巻き毛の女の子たちを追いかけ
While the shy tormented youth sit way over there *2
恥ずかしがりな悩める若者は通りの向こうに座っている
And the songs they get louder each one better than before
彼らの聞く歌は日増しにうるさくなる。一つひとつはいいのだけれど

And you're singing the songs thinking this is the life
そしてあなたはこの歌を歌い続ける。これが生きることだと思いながら
And you wake up in the morning and your head feels twice the size
そして朝目覚めた時あなたは頭が倍にふくれたように(重く)感じる
Where you gonna go? Where you gonna go?
あなたはどこへ行こうとしてるの? どこへ行こうとしてるの?
Where you gonna sleep tonight?
あなたは今夜どこで眠るつもりなの

So you're heading down the road in your taxi for four *3
そう。あなたはタクシーで道を行く。四時に向かって
And you're waiting outside Jimmy's front door *4
そして外で待ち続ける。ジミーの家の前で
But nobody's in and nobody's home 'til four *5
でも誰も家になんかいない。四時になるまで

So you're sitting there with nothing to do
だからあなたはここで座り続ける。することもなく
Talking about Robert Riger and his motley crew *6
ロバート・ライガーと彼の手下たちについて(一人)語り続ける
And where you're gonna go?
あなたはどこへ行こうとしてるの?
And where you're gonna sleep tonight?
あなたは今夜どこで眠るつもりなの?

And you're singing the songs thinking this is the life
あなたは歌う。これが生きることだと思いながら
And you wake up in the morning and your head feels twice the size
朝目覚めると頭が倍にふくれたように重い
Where you gonna go? Where you gonna go?
あなたはどこへ行こうとしてるの? どこへ行こうとしてるの?
Where you gonna sleep tonight?
あなたは今夜どこで眠るつもりなの?


備考
  1. vibe = vibration : 振動、震え、心の動揺、感じ、雰囲気、直感的に感じられる放射物・霊気
  2. torment : 苦しめる、悩ます、責める、拷問にかける
  3. head for : ~に向かって進む
    ※ heading for 4 とつながっているように見える
    down the road : 道に沿って
    ※なお taxi は「酔っている」というイメージを伴う言葉らしい
  4. front door : 正面玄関の入り口
  5. ※ここでは in と home は同じ意味で使われているのではないか。
  6. Robert Riger : 酔ったボーイフレンドが買ってきたぬいぐるみに Robert, Riger という名前をつけた経験があるらしい
    motley : 雑多の、混成の、さまざまな色の混じった、まだらな服を着た
    motley crew : 寄せ集めの仲間・軍団的な意味合いの言葉
    Mötley Crüe : モトリー・クルー。米ヘビメタ・バンド。セックス・ドラッグ・アルコールで有名。


 エイミー・マクドナルドは英スコットランド出身(1987年生まれ)のシンガー・ソングライターです。この歌は2007年の同名の初アルバムに収録されています。
 歌い、踊り、酔い、女の子を追いかける刹那的な生き方をやや自省をこめて批判的に歌っているように見えます。
 life はとても訳しにくい単語です。生命、人生、生活などの日本語に共通するものは「生」という漢字ですが、ただ life には「生まれる、生起する」という意味はないようです。命あるものが生き続けることが life なのでしょうが、簡潔な漢語を見つけられなかったのでこの訳文では「生きること」という冗長な言葉になってしまいました。

Fairytale of New York

2010年12月23日

Fairytale of New York : The Pogues & Kirsty MacColl




It was Christmas Eve babe in the drunk tank *1
あれもクリスマスだったよ。飲んだくれて留置所に入れられた
An old man said to me, won't see another one
年寄りが言うんだ。「もう新入りは見たくないぞ」
And then he sang a song "The rare old mountain Dew" *2
そして歌いだしたのが『古い酒』
I turned my face away and dreamed about you
俺は顔をそむけて、お前の夢を見たんだ

Got on a lucky one, came in eighteen to one
ついてるぞ、18倍だ!
I've got a feeling this year's for me and you
俺は思ったね。今年は俺とお前の年だって
So happy Christmas, I love you baby
だからハッピークリスマス。愛してるよ
I can see a better time when all our dreams come true
いい目が見られるさ。俺たちの夢がかなえばな

They've got cars big as bars
このバーくらいの大きな車を手に入れた人だっているよ
They've got rivers of gold
金を川ごと手に入れたって人だってね
But the wind goes right through you
だけどあんたにはただ風が吹き抜けていくだけ
It's no place for the old
年寄りには場所がないんだよ
When you first took my hand on a cold Christmas Eve
あんたが初めてあたしの手をとったのも寒いクリスマスイブだった
You promised me Broadway was waiting for me
あんたは約束したんだ。ブロードウェイがあたしを待ってるんだってね

You were handsome
あんた男前だった
You were pretty, Queen of New York City
お前だって可愛かった。ニューヨークの女王だった
When the band finished playing they howled out for more *3
バンドが演奏をやめても、みんな騒ぎまくってたな
Sinatra was swinging, all the drunks they were singing
シナトラがスイングして、酔っ払いたちが歌ってた
We kissed on a corner, then danced through the night
キスをして、二人で夜通し踊ったね

The boys of the NYPD choir were singing "Galway Bay" *4
警察の合唱隊が『ゴルウェイ湾』を歌ってた
And the bells were ringing out for Christmas day
クリスマスの鐘が鳴ってた

You're a bum, you're a punk *5
この飲んだくれ! 役立たず!
You're an old slut on junk lying there almost dead on a drip in that bed *6
年増の淫売! 点滴を打ってないと死にそうなヤク中!
You scumbag, you maggot, you cheap lousy faggot *7
クズ! うじ虫! 汚らしいホモ野郎!
Happy Christmas your arse *8
ハッピー・クリスマス、糞ったれ
I pray God it's our last
神様どうかもう終わりにして

The boys of the NYPD choir still singing "Galway Bay"
警察の合唱隊は今でも『ゴルウェイ湾』を歌ってる
And the bells are ringing out for Christmas day
クリスマスの鐘が鳴ってる

I could have been someone
ひとかどの何者かになれるはずだったんだけどな
Well so could anyone
そりゃ何かにはなれるでしょうよ
You took my dreams from me when I first found you
あんたはあたしの夢を奪ったんだ。初めて会った時にね
I kept them with me babe
お前の夢はちゃんととってあるよ
I put them with my own
俺の夢と一緒にな
Can't make it all alone, I've built my dreams around you
俺は一人じゃだめだから。俺はお前のために夢を作ったんだ

The boys of the NYPD choir were singing "Galway Bay"
警察の合唱隊が『ゴルウェイ湾』を歌ってた
And the bells were ringing out for Christmas day
クリスマスの鐘が鳴ってた


備考
  1. drunk tank : 酔っ払い収容所(留置所)
  2. The rare old mountain Dew : アイルランドのフォークソング。mountain dew はスコッチウィスキーのこと。
  3. howl : 遠吠えする、泣きわめく、大笑いする、飲み騒ぐ
  4. Galway Bay : アイルランド西海岸の入り江。同名の望郷の歌がある
  5. bum : 浮浪者、なまけ者、飲んだくれ
    punk : 青二才、若造、ガキ、チンピラ、役立たず
  6. slut : だらしのない女、ふしだらな女、売春婦
  7. maggot : うじ、蛆虫
    lousy : しらみがたかった、しらみだらけの、きたない、けがらわしい
    faggot : 肉だんご、ホモ
  8. arse(英) = ass(米) : 尻、けつ


 ポーグスは1982年に結成されたイギリスのケルティックパンク・バンドです。この歌は1988年のアルバム If I Should Fall from Grace with God に収録されています。
 『ニューヨークのおとぎ話』と題されたこの歌は、成功を夢見てアイルランドからニューヨークへ来た男女の挫折とささやかに残る希望を歌っているように見えます。


 <関連記事>
   ☆ 2000 Miles : The Pretenders

For You

2010年12月17日

For You : Bruce Springsteen




Princess cards she sends me with her regards *1
彼女は魔法の挨拶状を送ってくる
Barroom eyes shine vacancy, to see her you gotta look hard *2
誘うような目は虚ろに輝き、誰も彼女の本性を見ることはできない
Wounded deep in battle, I stand stuffed like some soldier undaunted to her Cheshire smile *3
闘いに深く傷ついた俺はいつまでも立ち尽くす。不撓不屈の兵士のように。彼女の意味不明な微笑にも屈しない
I'll stand on file, she's all I ever wanted *4
俺は耐え続ける。彼女は俺の求めていたすべてを持ってる
But you let your blue walls get in the way of these facts *5
でも、きみという存在がこのことに対する防壁だった
Honey, get your carpetbaggers off my back *6
お願いだから、きみの邪推を俺の背中から引き離してくれ
You wouldn't even give me time to cover my tracks *7
きみは俺に隠し立てをする暇も与えてくれなかった
You said, "Here's your mirror and your ball and jacks" *8
きみは言った。「ほら、あなたの鏡に、ボール、おもちゃよ(早く持って出て行って)」
But they're not what I came for, and I'm sure you see that too
そんなもののために俺は来たんじゃない。きみも分かってるはずだ
I came for you, for you, I came for you, but you did not need my urgency *9
俺はきみのために来たんだ。でも、きみは俺の追い詰められた思いを必要としなかった
I came for you, for you, I came for you, but your life was one long emergency *10
俺はきみのために来たんだ。でも、きみの人生はずっと非常事態の連続だった
And your cloud line urges me, and my electric surges free *11
きみの曇り顔は俺の心を駆り立て、俺の電圧は乱高下する

Crawl into my ambulance, your pulse is getting weak
俺の救急車に乗ってくれ。きみの脈は弱くなり続けてる
Reveal yourself all now to me girl while you've got the strength to speak *12
すべてを今俺にさらけ出してくれ。しゃべる力が残っているうちに
'Cause they're waiting for you at Bellevue with their oxygen masks *13
病院では酸素マスクを用意してきみを待ってるが
But I could give it all to you now if only you could ask
俺はきみが頼みさえすれば、すべてをきみのために尽くす
And don't call for your surgeon, even he says it's too late *14
だから医者なんか呼ぶな。たとえ手遅れだと言われたとしたって
It's not your lungs this time, it's your heart that holds your fate
これはきみの肺のせいじゃないんだ。今はきみの心が運命をつかんでいるんだ
Don't give me money, honey, I don't want it back
金なんかいらない。返さなくていいんだ
You and your pony face and your union jack *15
きみときみの可愛い顔ときみのユニオンジャックだけでいい
Well, take your local joker and teach him how to act *16
そうだきみの地元のおどけ者を呼んで来いよ。彼にジョークを教えてやろう
I swear I was never that way even when I really cracked *17
俺だったらどんなに滅入った時だってそんな風にはしないってね
Didn't you think I knew that you were born with the power of a locomotive
分かるだろ? きみは機関車のような力を持って生まれてきたんだ
able to leap tall buildings in a single bound?
高いビルだってひとっ跳びだろ?
And your Chelsea suicide with no apparent motive *18
自殺する動機なんてないはずだ
You could laugh and cry in a single sound
きみは笑いながら泣くことができただろ

And your strength is devastating in the face of all these odds *19
きみの強さはとてつもなく、こんな困難にも堂々と立ち向かえる
Remember how I kept you waiting when it was my turn to be the god
分かってくれ。どんなにきみを待たせたことか。今度こそ俺がきみの救い主になることを

You were not quite half so proud when I found you broken on the beach *20
きみはそんなに高慢じゃなかった。浜辺で弱りきったきみに出会った時には
Remember how I poured salt on your tongue and hung just out of reach
分かってるよ。どんなにか俺はきみの言葉を塩漬けにして手の届かないところにかけてしまったか
And the band they played the homecoming theme as I caressed your cheek *21
どこかのバンドがホームカミングのテーマを弾いていたね。俺はきみの頬をなでていた
That ragged, jagged melody, she still clings to me like a leech. *22
あの時の荒削りで粗雑な旋律は今でも蛭のように俺にしがみついている
But that medal you wore on your chest always got in the way
でも胸に勲章をさげたようなきみの態度がいつからか邪魔をし始めた
like a little girl with a trophy so soft to buy her way *23
トロフィーのためにうまく立ち回る少女のようだった
We were both hitchhikers but you had your ear tuned to the roar *24
俺たちはいずれもヒッチハイカーだった。でも、きみの耳は爆音に馴らされた
of some metal-tempered engine on an alien, distant shore *25
どこか遠くのよそ者の乗るエンジン音だった
So you left to find a better reason than the one we were living for
そしてきみは去った。二人の暮らしよりもより良い生きる理由を見つけるために
And it's not that nursery mouth I came back for *26
ただ、そんな子どもじみたことを言うために戻ってきたんじゃない
It's not the way you're stretched out on the floor *27
まさかきみがこんな床に倒れることになるなんて
'cause I've broken all your windows and I've rammed through all your doors *28
たしかに俺はきみの窓を割り尽くし、きみの扉を叩きこわしてしまったけれども
And who am I to ask you to lick my sores? *29
俺の傷をなめてくれと頼むようなことを俺はきみにしているんだろうか?
And you should know that's true
きみはそう思っているに違いない
I came for you, for you, I came for you, but you did not need my urgency
俺はきみのために来たんだ。でもきみは俺の追い詰められた思いを必要としなかった
I came for you, for you, I came for you, but your life was one long emergency
俺はきみのために来たんだ。でもきみの人生はいつでも非常事態の連続だった
and your cloud line urges me, and my electric surges free
そしてきみの曇り顔は俺の不安を駆り立て、俺の電圧を乱高下させる


備考
  1. princess card trick : 観客が心に念じたカードを当てるメンタルマジックの一種
    regard : 注意、関心、心配、心遣い、尊重、尊敬、好意、敬意
    regards : 手紙などで敬意・愛情を表す挨拶言葉
  2. barroom : ホテルなどの酒場、バー
    bedroom eyes : 色目、誘惑するような目、ベッドに誘うような目
    gotta = have got to = have to
  3. stuff : 詰め物をする、詰め込む、押し込む、積み込む
    Get stuffed! :(苛立ち・怒り・軽蔑等を表す)うせろ、かまうな、もうたくさんだ、いやだ
    undaunted : 恐れない、臆しない、剛胆な、不撓不屈の
  4. Cheshire : チェシア(イングランド北西部の州)
    Cheshire cat :『不思議の国のアリス』に登場する笑う猫
    grin like a Cheshire cat : 意味もなくにやにや笑う
    on file : 綴じられて、整理されて
  5. walls : 防壁、城壁、器官の内壁
    blue walls : 性欲の高まった女性器。blue balls に対応するスラング
    get in the way : じゃまになる
  6. carpetbag : 絨毯地で作った昔の旅行鞄
    carpetbagger : 南北戦争後南部に移住した北部人。敗北した南部で搾取・略奪をもくろむ共和党員。関係ない場所にきて利益を得ようとする外部の人間を侮蔑する意味合いで使われる。
  7. cover one's tracks : 不正行為の証拠を隠す、跡をくらます、足跡を隠す
  8. jack : ジャッキ
    jacks : ゴムまりをつきながら jack stone(羊の趾骨等)をひろう子どもの遊び
  9. urgency : 切迫、緊急、急迫
  10. emergency : 非常時、緊急事態
  11. cloud : 顔・額に漂う曇り、暗影
    line : 顔などのしわ、すじ
    urge : 駆り立てる、追い立てる、せきたてる
    surge : 波打つ、電流・電圧が急増する(激しく変動する)
    free : 自由気ままに、制限・障害がなく
  12. reveal : 現す、示す、見せる、明かす、もらす、暴露する、あばく
  13. Bellevue Hospital Center : ニューヨークにある総合病院。精神病院として有名。
  14. even : ~でさえ、~ですら、~までも
  15. pony : 小型の
    ※なぜここに union jack(英国国旗)があるのか分からないが、彼女のトレードマーク的な意味合いなのかもしれない
  16. joker : 冗談を言う人、おどけ者、やつ、野郎
  17. cracked : 弱る、まいる、神経が参る
  18. The Hotel Chelsea : 作家や音楽家などが好んで住むことで有名なニューヨークの古いホテル。自殺・他殺等の事件が複数回起きているらしい
  19. devastating : 荒廃させる、打ちのめす、圧倒的な、破壊的な
    odds : 見込み、勝ち目、優劣の差、不平等
    against all the odds : 困難に立ち向かって
  20. not half : 少しも~でない、まったく~でない
    broken : けがをした、傷ついた、打ちひしがれた、衰弱した
  21. homecoming : アメリカの高校や大学で秋に行なわれる行事。ダンスパーティーが催される
    caress : 愛撫する、やさしくなでる
  22. ragged : 耳障りな、荒削りの、雑な
    jagged : ぎざぎざの、むらのある、耳障りな
    cling to : しがみつく、ぴったり寄り添う
    leech : 蛭(ヒル)
    ※なぜここに唐突に she が現れるのか分からなかったので melody の代名詞と強引に解釈して訳した
  23. buy one's way : 金で自分の道を開く
  24. hitchhiker : 誰かや何かに依存して前に進もうという生き方を暗示しているように思える
    roar : 猛獣の吼え声、爆音、轟き
  25. temper : 焼き入れする
    shore : 岸、浜、磯、海岸地方
  26. nursery : 育児室、託児所、保育園
  27. stretch out : [他] のす、大の字に倒す
  28. ram : 打ち込む、突き当てる、激突させる、激しく連打する
  29. sore : さわると痛い所、腫れ物、ただれた所


 1973年のアルバム Greetings From Asbury Park, N.J. より。
 男女の出会いと別れ、再会を歌ったもののようです。暗喩が多くイメージが拡散するタイプの歌詞なので意味がとりにくくまた細かい状況が記されていないので定かではありませんが、浮気や価値観の相違、お互いの未熟さなどによる別離、女の精神的な病、男の強い愛情などが表されているように思えます。
 とくに始めの7行は訳が間違っているかもしれません。この訳文では冒頭4行の she と5行以降の you を違う人物と解釈しています。you が男の恋人であり、she の4行は男が別の女に心惹かれていると解しました。ネットでいろいろな人の解釈を読みましたが、探した限りではすべての人がこの she と you を同一人物と解しています。というよりもなぜ she と you を使い分けているのかを説明している人が一人もいませんでした。全体の構成から言うと同一人物と解した方が訳しやすく、また英語ではこういう視点の変え方は普通なのかもしれませんが、私にはよく理解できなかったので、誤りかもしれませんが別人として訳してみました。どなたか正しい読み方が分かる方がいらしたら教えていただけると幸いです。



最新記事