Rolling In The Deep : Adele

2011年04月29日




There is a fire starting in my heart
私の心で燃え始めた火が
Reaching a fever pitch and it's bringing me out the dark *1
激情にまでのぼりつめ、私を暗闇から連れ出す

Finally I can see you crystal clear
ようやくあなたのことが分かった。水晶のようにくっきりと
Go ahead and sell me out and I'll lay your sheet bare *2
どうぞ私を裏切りなさい。そうすればあなたの本性が露になる
See how I'll leave with every piece of you *3
見るがいいわ。どのように私があなたのすべてを見捨てるか
Don't underestimate the things that I will do *4
見くびらない方がいい。私がしようとしていることを

There is a fire starting in my heart
私の心で燃え始めた火が
Reaching a fever pitch and it's bringing me out the dark
激情にまでのぼりつめ、私を暗闇から連れ出す

The scars of your love remind me of us
あなたの愛の傷跡は「私」が「私たち」だったことを思い出させる
They keep me thinking that we almost had it all
そして思い続けさせる。私たちがあと少しでうまくいきそうだったと
The scars of your love, they leave me breathless *5
あなたの愛の傷跡が私の息を止める
I can't help feeling *6
感情を抑えられない

We could have had it all
私たちはうまくいくはずだった
(You're gonna wish you never had met me)
(あなたは願うことになる。私に出会わなければよかったと)
Rolling in the deep
深い淵で転がり続け
(Tears are gonna fall, rolling in the deep)
(涙が落ちるでしょう。深淵で転がりながら)
You had my heart inside of your hands
あなたは私の心を手中にし
(You're gonna wish you never had met me)
(私と出会わなければよかったと思うでしょう)
And you played it to the beat
私の心をもてあそんだ。楽器でも弾くかのように
(Tears are gonna fall, rolling in the deep)
(涙が落ちるでしょう。深淵で転がりながら)

Baby, I have no story to be told *7
私には陰口をきかれるようなことは何もないのよ
But I've heard one on you and I'm gonna make your head burn
でも私はあなたについての話を聞いた。あなたの心を燃やすことになるでしょう
Think of me in the depths of your despair
私のことを思いなさい。絶望の深淵で
Making a home down there, as mine sure won't be shared *8
その深淵であなただけの家を作ればいい。もちろん私の家は使わせない

The scars of your love remind me of us
あなたの愛の傷跡は「私」が「私たち」だったことを思い出させる
(You're gonna wish you never had met me)
(私と出会わなければよかったと思うでしょう)
They keep me thinking that we almost had it all
そして思い続けさせる。私たちがあと少しでうまくいきそうだったと
(Tears are gonna fall, rolling in the deep)
(涙が落ちるでしょう。深淵で転がりながら)
The scars of your love, they leave me breathless
あなたの愛の傷跡が私の息を止める
(You're gonna wish you never had met me)
(私と出会わなければよかったと思うでしょう)
I can't help feeling
感情を抑えられない
(Tears are gonna fall, rolling in the deep)
(涙が落ちるでしょう。深淵で転がりながら)

We could have had it all
私たちはうまくいくはずだった
(You're gonna wish you never had met me)
(私と出会わなければよかったと思うでしょう)
Rolling in the deep
深い淵で転がり続け
(Tears are gonna fall, rolling in the deep)
(涙が落ちるでしょう。深淵で転がりながら)

You had my heart inside of your hands
あなたは私の心を手に入れ
(You're gonna wish you never had met me)
(私と出会わなければよかったと思うでしょう)
And you played it to the beat
私の心をもてあそんだ。楽器でも弾くかのように
(Tears are gonna fall, rolling in the deep)
(涙が落ちるでしょう。深淵で転がりながら)
Could have had it all
うまくいくはずだった
Rolling in the deep
深淵で転がりながら
You had my heart inside of your hands
あなたは私の心を手に入れ
But you played it with a beating
もてあそんだ。ビートを刻むように

Throw your soul through every open door
魂を捨てなさい。すべての扉を開けて
Count your blessings to find what you look for *9
悪い事ばかりではないと思って、探しものを見つけなさい
Turn my sorrow into treasured gold *10
悲しみを秘宝に変えるのよ
You'll pay me back in kind and reap just what you've sown *11
あなたは同じものを私に返すことになるの。因果応報というものよ

<中略(繰り返し)>

Could have had it all
うまくいくはずだった
(You're gonna wish you never had met me)
(私と出会わなければよかったと思うでしょう)
Rolling in the deep
深い淵で転がり続け
(Tears are gonna fall, rolling in the deep)
(涙が落ちるでしょう。深淵で転がりながら)
You had my heart inside of your hands
あなたは私の心を手に入れた

But you played it
でもあなたはそれをもてあそんだ
You played it to the beat
まるで楽器でも弾くかのように


備考
  1. fever pitch : 病的興奮、熱狂
  2. go ahead : やれっ、(相手を促して)どうぞ、(電話で)お話し下さい
    sell out :(人・主義を)売る、裏切る
    lay bare : 打ち明ける、暴露する、解明する
    bare : 裸の、露出した、ありのままの、あからさまな
  3. leave : 去る、離れる、別れる、やめる、放っておく、そのままにしておく、残しておく
    be left with ~ : ~が残る、~を押しつけられる
  4. underestimate : 過小評価する、みくびる
  5. breathless : [形] 息を切らした、息をつかないで、息もつけないほどの
  6. can help it doing : 避ける、制する、抑える、禁ずる
    can not help doing : ~せざるを得ない、~するのを止められない
  7. story : 物語、話、作り話、うわさ話
    tell stories : 作り話をする、うそをつく
  8. as : [接] ~のように、~の通りに、~に従って
  9. count : 数える、~を~と思う(みなす)
    blessing : 祝福、食事前後の祈り、天恵、幸福
    count one's blessings : (思わしくない時期に)いい事を思い起こす、自分の幸せな点を数え上げる、悪い事ばかりではないと思う
  10. treasure : 秘蔵(愛蔵)する、将来のためにとっておく、大事にする、熱愛する
  11. in kind : 本来の性質が、支払いが現金ではなく物品で、同種のもので
    reap as one has sown : まいた種を刈り取る、因果応報


 アデルは英ロンドン生まれ(1988年)のシンガー・ソングライターで2007年にレコードデビュー。この歌は2011年のアルバム "21" に収録されています。
 しばらく前にテレビで見て歌声に圧倒されました。すごい才能ですね。それに22歳とは思えないこの貫禄は何なのでしょう?

Wild Frontier : Gary Moore

2011年04月21日




I remember the old country they call the emerald land *1
俺は忘れない。緑の宝石と呼ばれる祖国を
And I remember my home town before the wars began
俺は忘れない。争いが始まる前の故郷を

Now we're riding on a sea of rage
今俺たちは怒りの海へ乗り出している
The victims you have seen
お前たちも見ただろう。犠牲者たちを
You'll never hear them sing again
お前たちはもう二度と聞くことができない。彼らが歌う
The Forty Shades Of Green *2
『四十の緑』を

We're goin' back to the wild frontier *3
俺たちは荒れた国境へ戻ろうとしている
Back to the wild frontier, it's calling
荒れた国境が呼んでいる

I remember my city streets before the soldiers came
俺は忘れない。兵士たちが来る前の我が町を
Now armoured cars and barricades remind us of our shame *4
装甲車とバリケードが俺たちの恥辱を思い出させる

We are drowning in a sea of blood
俺たちは血の海に溺れている
The victims you have seen
犠牲者たちを見てきただろう
Never more to sing again
彼らはもう二度と歌うことはない
The Forty Shades Of Green
『四十の緑』を

We're goin' back to the wild frontier
俺たちは荒れた国境へ戻ろうとしている
Back to the wild frontier, it's calling
荒廃した国境が呼んでいる

Those are the days I will remember
あの日々を俺は忘れないだろう
Those are the days I most recall *5
あの日々を俺は無限に思い起こす
We count the cost of those we lost *6
俺たちは失った彼らを悔やみ続ける
and pray it's not in vain
そして祈る。喪失を無駄にしてはならないと
The bitter tears of all those years
苦い涙のあの年月
I hope we live to see those days again *7
俺たちがもう一度あの日々をやり直せたらと思う

Now we're riding on a sea of rage
今俺たちは怒りの海に乗り出している
The victims you have seen
犠牲者たちを見てきただろう
You'll never hear us sing again
俺たちがまた歌うのを聞くことはできない
The Forty Shades Of Green
『四十の緑』を

And I remember a friend of mine
俺は忘れない。ある友を
so sad now that he's gone
彼を亡くした悲しみを
They tell me I'll forget as time goes on
時が経てば忘れると皆は言うが

We're goin' back to the wild frontier
俺たちは荒れた国境へ戻ろうとしている
Back to the wild frontier, it's calling
荒廃した国境が呼んでいる

Those forty shades of green are calling me back home
四十の緑が俺を故郷へと呼んでいる

Ooh, we're goin' back
俺たちは戻ろうとしている
back to the wild frontier
荒廃した国境へ
I'm goin' back
俺は戻ろうとしている
back to the wild frontier
荒廃した国境へ


備考
  1. old country : (移民の)本国、祖国
  2. shade : 色合い、色調、種々の色合い
    shades : いろいろな種類
    Forty shades of green : 米カントリー歌手ジョニー・キャッシュがアイルランドを歌った歌。緑色の種類が40種もあるという意味だろう。
  3. go back : 戻る、立ち返る、退却する、さかのぼる、回顧する
    frontier : 国境、辺境
  4. shame : 恥ずかしい思い、羞恥心、恥辱、恥、不面目、不名誉、ひどく残念なこと、つらいこと、ひどいこと、不幸
  5. most : many, much の最上級。最も多い、最も大きいことを表す。
    recall : 思い出す、想起する、呼び戻す、回収する、生き返らせる
  6. count the cost : 費用を見積もる、先の見通しをつける、事前に危険・損失などを考慮する、(愚かな行いなどの)悪い結果に苦しむ
  7. see : 遭遇する、経験する


 先日ゲイリー・ムーアの訃報を聞きました。2011年2月6日、休養先のスペインのホテルで亡くなったそうです。心臓発作とのことですが詳細は不明です。享年58歳。早すぎる逝去を哀悼します。


 彼は1952年4月4日北アイルランドのベルファストで生まれました。北アイルランドはグレートブリテン及び北部アイルランド連合王国の領土ですが、当時北アイルランドで生まれた者は自動的にアイルランド共和国の市民権が得られたそうです。彼の国籍がどうだったかはよく分からないのですが、彼が言う祖国とはアイルランドを指しています。長く連合王国の植民地だったアイルランドですが、北部にはブリテン島からの植民者も多く、この北アイルランドでは連合王国に留まることを望む人たちと独立を望む人たちの政治的な対立が続いています。この対立は1960年代に過激化し暴動やテロなどにより数多くの死傷者が出ています。歌詞にある the wars は一時は内戦と言えるほどの規模であったこれらの紛争の数々を指しているのでしょう。彼は16歳の時(1968年)ベルファストからアイルランドのダブリンに移ったそうです。イギリスとアイルランドの対立が先鋭化するのは1960年代後半からで血の日曜日事件は1972年に起きています。彼の子供時代の北アイルランドではそれなりに穏やかな社会生活が営めていたのでしょう。
 タイトルでもある wild frontier という言葉がいちばん訳しにくく、また意味が分かりにくいです。wild は「人に馴らされていない→野生の→未開の→荒れた」という意味がありますが、ここでは「争いにより物理的・精神的に荒れている、すさんでいる」というイメージで使われているのではないかと思いました。また、frontier は「開拓精神」などのプラスイメージを伴うものではなく単純にイギリスとアイルランドの国境地方という意味合いで使われているのではないかと考えました。この wild frontier をどうとらえるかによって歌全体に対する解釈がかなり変わってくるだろうと思います。私は、大人になってイギリスに住むようになった彼が子ども時代を過ごした北アイルランドの惨状に心を痛め、望郷の嘆きを表していると想像しました。明示されてはいませんが、戦い・争いを拒否しようという意志も表されているように見えます。


 <関連記事>
   ☆ This is A Rebel Song : Sinéad O'Connor
   ☆ Zombie : The Cranberries
   ☆ Sunday Bloody Sunday : U2

Sweetest Girl (Dollar Bill)

2011年04月10日

Sweetest Girl (Dollar Bill) : Wyclef Jean (feat. Akon, Lil Wayne, Niia)




Some live for the bill *1
ある者は金のために生きる
Some kill for the bill
ある者は金のために殺す
She wined for the bill, grind for the bill *2
彼女は金のために子犬のように鳴き、金のために腰を振る
(and she used to be the sweetest girl)
(彼女はとびきり可愛い子だった)
Some steal for the bill, if they got to pay they bill
ある者は金のために盗みを働く。金を支払わなければならないから
(and she used to be the sweetest girl)
(彼女はとびきり可愛い子だった)
Tonight Wyclef, Akon, Weezy on the bill *3
今夜はワイクリフ、エイコン、ウィージーの出番だ

High school she was that girl that make me do the hula hoop around the gym *4
高校の頃彼女のせいで体育館じゅうをフラフープして回ったもんだ
(Just to get a peek again, she's a 10) *5
(彼女の気を引くためさ。彼女は最高だった)

Never thought she would come and work for the president
まさか彼女が大統領のために働くようになるなんて
Mr. George Washington (where my money at?)
ミスター・ジョージ・ワシントン。ドル札のためさ(私のお金はどこ?)
She thought he'd call (where my money at?)
彼女は彼に呼ばれていると思った(私のお金はどこ?)
She had a good day, bad day, sunny day, rainy day
いい日もあれば悪い日もあった。日の当たる日も、雨の日も
All he wanna know is (where my money at?)
奴の知りたいことといえば(俺の金はどこだ?)
Closed legs don't get fed, go out there and make my bread
脚を閉じてたって食ってはいけない。外へ出て俺の飯を作って来い
All you wanna know is (where my money at?)
お前たちの知りたいことといえば(俺の金はどこだ?)
She ended up in a wrong car, bruised up, scarred hard *6
彼女は結局間違った車に乗り、傷つき、ひどい傷跡を残した
All you wanna know is (where my money at?)
お前たちの知りたいこと(俺の金はどこだ?)
She thought he'd call (where my money at?)
彼女は彼に呼ばれてると思った(私のお金はどこ?)

Cos I'mma tell you like Wu told me *7
お前たちに教えよう。ウータン・クランが俺に教えたように
Cash rules everything around me
金が。支配する。すべてを。俺のまわりでは
Singin' dollar dollar bill y'all *8
みんな歌え。ドル、ドル、ドル札

Pimpin' got harder, cos hoes got smarter *9
今じゃポン引きも大変だ。女たちも賢くなってるから
On the strip is something they don't wanna be a part of *10
ストリップなんてみんなやりたがらない
Rather be up in the club shakin' for some dub *11
クラブで腰をくねらしてる方がまだましだって。数十ドルのためだってな
For triple times the money and spending it like they wanna
(ピンはねもされず)三倍の金を好きに使えるから
They got they mind on they money, money on they mind *12
みんな、金に心を預け、心に金を預けている
They got they finger on the trigger, hand on the nines *13
引き金に指をかけ、銃を手にしているんだ
See everyday they feel the struggle, but staying on they grind *14
回りを見てみろ。誰もがもがいているが、しがない生活から抜けられない
And ain't nobody takin' from us, and that's the bottom line
誰も俺たちを救っちゃくれない。まさしくどん底さ

But I know there's a drop in the block *15
それでもこの町にだってわずかな金くらいはある
You move slow *16
お前らはこそこそ動いてるが
You getting' pressure from cops
警察は怖いんだろう
You don't know not to lay low *17
なりをひそめるということを知らないのか
Because 25 to life is no joke
25年の人生なんて洒落にならないぜ
To all my real gorillas thuggin' *18
俺の親友、最高にタフな連中だって
On top of corners every day strugglin' *19
毎日ぎりぎりの所でもがいてるんだ
All the beautiful women getting' money
きれいな女たちは皆稼いでるよ
Washin' them dollar bills like laundry
洗濯物のように自分をドル札で洗ってるんだ

Cos I'mma tell you like wu told me
お前たちに教えよう。ウータン・クランが俺に教えたように
Cash rules everything around me
俺のまわりでは金がすべてを支配する
Singin' dollar dollar bill y'all
歌おう。ドル、ドル、ドル札!

Money, money-money-money
金。金、金、金
It drives the world crazy
金が世界を狂わせる

She used to be (she used to be the sweetest girl)
彼女は昔(彼女はとびきり可愛い子だった)

She used to be the sweetest girl ever
あの頃彼女はとびきり甘く可愛い子だった
Now she like sour ameretta *20
今じゃ酸っぱいアマレットだ
She wears a dress to the T like the letter
Tの字みたいなドレスを着て
And if you make it rain she will be under the weather *21
お前たちが札びらをばらまく度に、彼女は貧しくなっていく
She used to run track back in high school
高校の頃彼女は学校裏のトラックで走っていた
Now she tricks on the track right by school *22
今じゃその校舎裏の路地で客をとっている
She takes a loss, cos she don't wanna see her child lose *23
わずかな金でも厭わない。子どもを失いたくないからさ
So respect her, I'll pay up for the time used
だから彼女に敬意を払え。そして時間分の金を払え

And then she runs to the pastor *24
彼女は牧師の元に駆け込む
And he tells her there will be a new chapter
「新しい章が始まるだろう」と彼は告げるが
But she feels no different after
彼女は変化を感じられない
And then she asks him… (Where my money at?)
それで彼女は彼に尋ねる…(私のお金はどこ?)

Cos I'mma tell you like wu told me
お前たちに教えよう。ウータン・クランが俺に教えたように
Cash rules everything around me
金が、支配する、すべてを、俺のまわりでは
Singin' dollar dollar bill y'all
歌おう。ドル、ドル、ドル札!

Some live for the bill
ある者は金のために生き
Some kill for the bill (where my money at?)
ある者は金のために殺し(俺の金はどこだ?)
She wined for the bill
彼女は金のために子犬のように鳴き
Grind for the bill (where my money at?)
金のために腰を振る(私のお金はどこ?)
Some steal for the bill, if they got to pay the bill (where my money at?)
ある者は金のために盗む。金を支払わねばならないから(俺の金はどこだ?)
Tonight Wyclef, Akon, Weezy on the bill
今夜はワイクリフ、エイコン、ウィージーの出番だ


備考
  1. bill : 勘定書、請求書、紙幣、札、100ドル札、貼り紙、ビラ、ポスター、プログラム、演目、演劇の出し物
  2. whine : クーンと鳴く、哀れっぽい(訴えるような)声を出す、泣き言・愚痴を言う
  3. on the bill : 出演している
  4. gym : 体育館
  5. peek : のぞき見、ちらっと見ること
    10 : 最高グレードの女性。十点満点の女。1979年の映画 "10" から流行りだした言葉らしい。
  6. end up : 終わる、~で終わる、最後に~になる、結局~になる
    bruise : 打撲傷を負わせる、さんざんに殴る、むちゃに乗り回す、傷つける、傷つく、あざができる
    scar : きずになる、きずあとを残して治る
  7. cos = cause = because : ~だから。(理由を示す)
    I'mma = I am going to
    Wu = Wu-Tang Clan : ヒップホップグループ、ウータン・クランに C.R.E.A.M. (Cash Rules Everything Around Me)という曲がある。
  8. y'all = you all : you の複数形。「みんな」「きみたち」「おまえら」等呼びかけとして使われる。
  9. pimp : 女を取り持つ男。ポン引き。
    hoe = whore : 売春婦、みだらな女
    smart : 明晰な、頭の切れる、抜け目の無い、悪賢い
  10. part : 関係、関与、仕事の分担・役割
  11. shake : 煽情的に腰を振る(踊る)
    dub : W (double-u) の省略形。20ドル。20ドル分の麻薬。
  12. ※ they mind, they money などはすべて所有格 their として使われているのだろう。
    get : (ある場所や状態に)至らせる
  13. nines : 9ミリ口径の拳銃
  14. grind : ひくこと、すり砕くこと、つらい単調な仕事、長い坂、毎日の決まりきった生活
  15. drop : [名] 滴下、一滴、急降下、落ちる仕掛け、オープンカー、(麻薬・盗品等の)秘密売買所
        [動] 落ちる、落とす、したたる、一撃で殴り倒す、金を使う、アルバムを発売する
    a drop in the ocean : 大海の一滴
    block : 街区、ブロック
  16. move : 行動する、活動する、生活する
    go slow : ゆっくり行く、控えめにする、あわてない、警戒する
    take it slow : 慎重にやる
  17. lay low : 滅ぼす、殺す、埋める、葬る、なりをひそめている
  18. thug : 凶漢、暴漢
    ※ただし thug という言葉は、ある種の人々にとっては単なる凶悪なギャングを指すのではなく特別な思い入れのある概念であるらしい。ここでは25歳で死んだ 2Pac を念頭に置いているように思える。詳しくは下記サイトを参照。
     http://www.2pacjapan.net/column/body0305.html
     http://www.urbandictionary.com/define.php?term=thug
  19. corner : 窮地、窮状
  20. ameretta = amaretto : アーモンド風味のリキュール
  21. make it rain : ストリップで雨のように札束を振り撒くこと
    under the weather : 金に困って、二日酔いで
  22. trick : だます、かつぐ、(売春婦が)~を客にする
  23. take a loss : 金銭的損失を被る
  24. pastor : 牧師。プロテスタントの教職者。


 ワイクリフ・ジョンは1972年ハイチ共和国生まれで、9歳の時家族と共にアメリカ・ニューヨークに移住しています。ヒップホップグループ、フージーズのリーダーとして活躍し、解散後はソロ活動を行なっています。この歌は2007年のアルバム "Carnival Vol.II : Memoirs of an Immigrant" に収録されています。
 経済至上主義の極まったアメリカらしい歌詞であるとともに、移民としての彼の自覚とハイチの社会情勢を背景にしているように見えます。
 冒頭の動画を探している時に下の動画を見つけました。2009年12月にノルウェーのオスロで開かれたノーベル平和賞コンサートの模様です。この年は就任後一年も経たないオバマ大統領が受賞したため「実績がない」などと批判された授賞でもありました。



 初めに歌われているのは「Diallo ディアロ」という題名で、アメリカで黒人が白人警官に虐殺された事件を扱ったものです。さらにこれに続けて貧しさゆえに身を売る女を描いた Sweetest Girl を歌うというのは、普通に考えれば祝いの席にはふさわしくない選曲でしょう。しかも、ノルウェー王族の目の前まで行き「俺の金はどこだ?」を「王女様はどちらですか?」と替えて歌うあたりは、いい度胸をしているとしか言いようがありません。「ここに集まっているお前たちに平和を語る資格があるのか? どこに平和がある? ふざけるな」と言いたいのかと解した私は思い込みが強すぎるでしょうか。オバマがどうとか言っているところもあり他にも歌詞を替えているようですが、悲しいかなリスニングの不得手な私にはよく聞き取れません。果たして彼の真意がどのようなものだったのか気になるところです。


 <関連記事>
   ☆ Diallo : Wyclef Jean
   ☆ Hips Don't Lie : Shakira feat. Wyclef Jean



最新記事