Raise Hell

2012年11月28日

Raise Hell : Brandi Carlile




I've been down with a broken heart since the day I learned to speak
私は沈み、心砕かれてきた。言葉を覚えた日からずっと
The devil gave me a crooked start when he gave me crooked feet *1
悪魔が私にゆがんだ始まりをもたらした。曲がった足を与えられた時だ
But Gabriel done came to me and kissed me in my sleep *2
だがガブリエルが現れ、眠りの中の私にキスをした
And I'll be singing like an angel until I'm six feet deep *3
だから私は天使のように歌い続ける。6フィートの地下に埋められるまで

I found my self an omen and I tattooed on a sign *4
私は自分の中に予言を見つけ、その印に墨を入れた
I set my mind to wandering and walk a broken line *5
私は心を決めた。道をはずれよう、途切れ途切れの道を歩こうと
You have a mind to keep me quiet and although you can try
お前は私を静めようとするが、好きにすればいい
Better men have hit their knees and bigger men have died *6
より善き者たちは自分たちの膝を撃ち、より偉大な者たちは死んでしまった

I'm gonna raise, raise hell *7
起こそう。地獄を呼び起こそう
There's a story no one tells
誰も語らない物語がある
That you gotta raise, raise hell
だからお前が起こさねばならない。地獄を呼び起こさねば
Go on now ring that bell
さあ行け。あの鐘を鳴らせ

It came upon a lightning strike and eyes of bright clear blue *8
突然の雷光に輝くお前の両目は青く澄んでいた
I took that tie from around my neck and gave my heart to you *9
私は首に巻かれたタイをはずし、お前に私の心を与えた
I sent my love across the sea and though I didn't cry
私は海を越えて愛を送ったが、泣くことはなかった
That voice will haunt my every dream until the day I die
ただその声がいつも私の夢につきまとう。死ぬ日まで

I'm gonna raise, raise hell
起こそう。地獄を呼び起こそう
There's a story no one tells
誰も語らない物語がある
That you gotta raise, raise hell
だからお前が起こさねばならない。地獄を呼び起こさねば
Go on now ring that bell
さあ行け。あの鐘を鳴らせ

I dug a hole inside my heart to put you in your grave
私は心に穴を掘り、お前の墓としてお前を埋めた
At this point it was you and me, and mama didn't raise no slave *10
ここにいるのはお前と私だった。そして私の母は奴隷を育てたわけではない
You took my face in both your hands and looked me in the eye
お前は両手で私の顔を抱き、見つめた
And I went down with such a force that in your grave I lie
私は圧倒的な力に服し、お前の墓に横たわった

I'm gonna raise, raise hell
起こそう。地獄を呼び起こそう
There's a story no one tells
誰も語らない物語がある
That you gotta raise, raise hell
だからお前が起こさねばならない。地獄を呼び起こさねば
Go on now ring that bell
さあ、行け。あの鐘を鳴らせ


備考
  1. crooked : 物事が不正な、心の曲がった、腹黒い、ゆがんだ、湾曲した
    ☆ crooked foot は「偏見や差別」を示唆すると思われる。
  2. Gabriel : キリスト教ではミカエル、ラファエルと並ぶ三大天使の一人。神の言葉を伝える天使で、マリアの元に現れ受胎告知をする。
  3. six feet deep = six feet under : 埋葬されて、死んで。欧米の伝統的な埋葬では6フィートの地下に埋めるらしい。
  4. omen : 前兆、きざし、前ぶれ、予感、予言、予知
  5. set one's mind on : ~を心に決める
    wander : あてもなく歩き回る、道からそれる、仲間からはぐれる、脱線する、正道をそれる
    broken line : 破線
  6. ☆地に膝をぶつける、限界に達する→屈する、のイメージからこの1行は「失敗する、限界を迎える、諦める」という解釈もできそうである。
  7. raise : 上げる、立てる、起こす、生じさせる、出現させる
  8. come (up)on : 思いがけず出会う、偶然見つける、災難等がふりかかる、心に湧く
    come on : 上記の他に、来る、進軍する、攻めて来る、始まる、登場する、雨・雪が降り始める
  9. ※ took that tie from は社会的な見せかけの仮面を取り去って本来の自分を見せるという意味だろうか?
    ☆あるいは、首に巻かれた社会的な束縛や規制を振り払うという意味だろうか?
  10. ☆二重否定はおそらく否定の強調。raise は「子どもを育てる、養う」


 2012年のアルバム Bear Creek より。ブランディ・カーライルは1981年、米ワシントン州生まれのシンガー・ソングライターです。
 彼女のことはサイドバーお奨めサイトの「_: ̄⋯~ふらいんhU◇Gオクトパス~⋯ ̄:_」さんで知りました。動画の彼女があまりに格好良かったので衝動的にここでも紹介したくなってしまいました。が、やはり背景知識が足りずあまりうまくいきません。おそらく恋愛とそれに関わる人生観を主題にしているように見えるのですが、細部に分かりにくいところが残りました。
 彼女は同性愛者で自ら公言しているようなのですが、そのこととこの歌詞は関係がありそうにも思えます。


2012.12.2 追記
 *6 について調べているうちにたまたま下の歌が検索にヒットしました。直接関係はないだろうと思いますが、ブランディ・カーライルはカントリー歌手なのでおそらくジョニー・キャッシュを尊敬しているでしょうし、この歌を知っている可能性は高いと思います。無理やりこじつけるとすれば、*6 の善き者はキリスト教徒を偉大な者は非キリスト教徒を指し、そのどちらでもない「私」と「お前」が地獄を呼び起こすしかないのだ、と読めなくもありません。すなわち、道をはずれたキリスト教徒が宗教的価値観の偏狭な部分を否定しているのだろうかと解釈しました。下のコメント欄でも書きましたが、キリスト教の頑固な善悪の観念に異議を唱える歌詞ではないかと今のところ思っています。大きく勘違いしているかもしれませんので、違うと思われる方はご意見をいただけると有難いです。
 私はカントリーを好んでは聞きません。ジョニー・キャッシュも名前を知るだけです。カントリーはアメリカの演歌あるいは保守の象徴で、それを好むのも保守的な政治信条、宗教観念の強い層なのだろうと無根拠に偏見を持っていました。カントリーはアメリカのルーツ音楽の一つなので、ロックもその派生の一つと考えられるのに、今までそのように意識したことがありませんでした。"Raise Hell" との関連性は別として、個人的に自分のこれまでの無知と偏見を自戒するためにも有用かと思い、ジョニー・キャッシュの歌を紹介することにします。

Big Foot : Johnny Cash




But the land was already claimed by a people when the cowboy came and when the soldiers came. The story of the American Indian is in a lot of ways a story of tragedy, like that day at Wounded Knee, South Dakota. カウボーイや兵士が来た時、この地にはすでに所有権を主張する人々がいた。アメリカインディアンの物語は、サウスダコタのウーンディドニーのように、いろいろな意味で悲劇の物語なんだ。

Big Foot was an Indian chief of the Minneconjou band
ビッグフットはミニコンジュ団の酋長だった
A band of Minneconjou Sioux from South Dakota land
ミニコンジュ団はサウスダコタのスー族に属す
Big Foot said to Custer,"Stay away from Crazy Horse"
ビッグフットはカスター将軍に言った。「クレイジーホースに近づくな」
But Custer crossed into Sioux land, and he never came back across
だがカスターはスー族に侵攻し、二度と戻って来なかった

Then Big Foot led his people to a place called Wounded Knee
その後、ビッグフットは人々をウーンディドニーと呼ばれる場所に導いた
And they found themselves surrounded by the 7th Cavalry
そこで彼らは第七騎兵隊に包囲されたのだった
Big chief Big Foot, rise up from your bed
偉大なる酋長、ビッグフットよ。病床より立ち上がれ
Minneconjou babies cry for their mothers lying dead
ミニコンジュの赤子たちが母親を殺され泣いている

Big Foot was down with a fever when he reached Wounded Knee
ウーンディドニーに着いた時、ビッグフットは高熱に倒れていた
And his people all were prisoners of the 7th Cavalry
そして仲間たちはみな第七騎兵隊に捕らわれていた
Two hundred women and children and another hundred men
二百人の女たちと子どもたち、そして百人の男たちは
Raised up a white flag of peace, but peace did not begin
白旗を掲げたが、平和が訪れることはなかった

An accidental gunshot and Big Foot was first to die
偶発的に銃が暴発され、ビッグフットが初めに死んだ
And over the noise of the rifles you could hear the babies cry
鳴り渡る銃声の向こうに、赤子たちの泣き声が聞こえる
Big chief Big Foot, it's good that you can't see
偉大なる酋長、ビッグフットよ。あなたがそれを見られないのは幸いだ
Revenge is being wrought by Custer's 7th Cavalry
カスターを殺された第七騎兵隊には復讐は正義である

Then smoke hung over the canyon on that cold December day
煙が峡谷をおおった。十一月の寒い日だった
All was death and dying around where Big Foot lay
ビッグフットが横たわるまわりはすべて死者と瀕死者ばかり
Farther on up the canyon some had tried to run and hide
峡谷の上まで逃げ、隠れようとした者もいたが
But death showed no favorites, women, men, and children died
死は選り好みをしなかった。女も男も子どもも死んだ

One side called it a "massacre", the other a "victory"
一方はこれを「大虐殺」と呼び、他方は「勝利」と呼ぶ
But the white flag is still waving today at Wounded Knee
しかし、白い旗は今日も依然としてウーンディドニーに翻っている
Big chief Big Foot, your Minneconjou band
偉大なる酋長、ビッグフットよ。あなたのミニコンジュ団は
Is more than remembered here in South Dakota land
このサウスダコタの地で決して忘れられることはない


 この歌は1890年11月29日の「ウーンディドニーの虐殺」という事件を元にしています。Wikipedia によると先住民側120人の男、230人の女と子どもに対し、米軍側は約500人。先住民は90人の兵士と200人の女、子どもが死に、51人が負傷、米軍は25人が死に、39人が負傷、だそうです。クレイジーホースは1876年のリトルビッグホーンの戦いで、カスターの第七騎兵隊を破った時のリーダーの一人で、ビッグフットは彼の甥にあたります。以下のサイトで紹介されている本によると、米軍の死傷者の多くは自分たちの撃った弾によるものだそうです。誰かが落とした銃が暴発して突然に戦闘が始まり、キャンプ地を取り囲んでいた彼らはかなり混乱して銃弾がテントの向こうにいる味方に当たったということです(http://www.folkarchive.de/bigfoot.html)。
 ジョニー・キャッシュの歌詞は、先住民側の視点から書かれているように見えますが、米軍側を一方的に悪と決め付けた調子は感じられません。悲劇の歴史を正しく後世に伝えていくべきだという主張が伺えます。


2012.12.4 追記
 「_: ̄⋯~ふらいんhU◇Gオクトパス~⋯ ̄:_」の鳩井さんから助言をいただき、いくつか訳文の誤りを訂正しました。備考欄の ☆ の部分は鳩井さんからの助言を元に追加して書き込んだものです(私の主観が混じっているので文責は私にあります)。
 鳩井さんはこのアルバムについての Brandi Carlile のインタビューを読まれていました。その知識を背景として、向こう見ずになって自身の身を滅ぼす結果となっても、立ちはだかる壁にぶつかっていこう、というある種の宣戦布告あるいは人生に対する挑戦状、という感想を持たれたそうです。また、善悪に対する価値観やセクシュアルマイノリティとしての視点も反映しているだろうと思われたそうです。ただし、深く考えた結果ではなく、聞きながらなんとなくイメージしていたとのことです。


I Am A Rock

2012年11月25日

I Am A Rock : Simon And Garfunkel




A winter's day
ある冬の日
In a deep and dark December
深く暗い十二月
I am alone
僕は一人ぼっちで
Gazing from my window to the streets below
窓から見下ろしている
On a freshly fallen silent shroud of snow *1
初雪の白布に覆われた通りの静寂を
I am a rock
僕は岩だ
I am an island
僕は島だ

I've built walls
僕は壁を築いた
A fortress, deep and mighty *2
要塞は大きく強固だ
That none may penetrate *3
誰も侵入させない
I have no need of friendship, friendship causes pain
友情なんていらない。友情は苦痛の元だ
It's laughter and it's loving I disdain *4
笑い声や愛情なんてくだらない
I am a rock
僕は岩だ
I am an island
僕は島だ

Don't talk of love
愛なんて語るな
But I've heard the words before
でもその言葉は前に聞いたことはある
It's sleeping in my memory
今はただ記憶の中に眠っている
I won't disturb the slumber of feelings that have died *5
僕は感情の休眠を乱すつもりはない。それは死んでしまったのだ
If I never loved, I never would have cried
愛さなければ泣くこともなかったのに
I am a rock
僕は岩だ
I am an island
僕は島だ

I have my books
僕には本がある
And my poetry to protect me
僕を守ってくれる詩もある
I am shielded in my armor
僕は鎧に守られ
Hiding in my room, safe within my womb
子宮のように安全な部屋に隠れている
I touch no one, and no one touches me
僕は誰にも触れない。誰も僕に触れない
I am a rock
僕は孤岩だ
I am an island
僕は孤島だ

And a rock feels no pain
岩は痛みを感じない
And an island never cries
島は泣かない


備考
  1. shroud : 死者を包む経帷子、おおう物、家具などのおおい
  2. deep : 縦方向に深い、水平方向に奥行が深い、幅が広い
  3. penetrate : 光・音・弾丸等が突き通る、貫く。しみ通る、浸透する、入り込む。
  4. disdain : 軽蔑する、侮る、見くびる、価値がないと考える、潔しとしない
  5. disturb : 妨げる、乱す、じゃまする、混乱させる、当惑させる
    slumber : 眠り、うたた寝、無活動(静止・休止)状態


 この歌の初出は1965年のソロアルバム The Paul Simon Songbook ですが、1967年のアルバム Sound Of Silence にも収録されました。作詞者のポール・サイモンは1941年生まれなので、この歌を作ったのは23か24歳くらいでしょうか。何か人間不信に陥るような出来事があったのかもしれませんが、思春期あるいは十代後半であれば、程度の差こそあれ誰でも経験するような精神状態ではないかと思います。
 一連、二連と信念を強く歌い、三連でそれが綻びかけ、四連でかろうじて立て直し、最後の二行で自分に言い聞かせるように断定するという構成は、歌い手の繊細に揺れる心理をよく表していると思います。痛みを感じない、泣かない人間は普通にはあまりいないと思えるので、自分を岩だ、島だと言うのは子どもっぽい強がりあるいは不可能な願望に過ぎないと一蹴もできます。ですが、私はこの歌詞の断定口調に何故か惹かれます。うわべだけの人間関係は煩わしいし、深く交わって自己を侵されることも恐いという心情がよく理解できるからです。おそらく、私もこの歌詞の歌い手と似たような性向を持っているのでしょう。


Dangerous

2012年11月21日

Dangerous : Roxette




Oh, just a little bit dangerous
ああ彼女はちょっと危険さ

You pack your bag, you take control *1
行くのか。自分勝手だな
You're moving into my heart and into my soul
きみは俺の心に入り込む。俺の魂に入り込む
Get out of my way, get out of my sight
どいてくれ。俺の前から消えてくれ
I won't be walking on thin ice to get through the night
まっぴらだ。夜通し薄氷の上を歩くなんて
Hey, where's your work? What's your game?
どこで仕事するんだ。どんなゲームをするんだ
I know your business but I don't know your name
きみの仕事は知ってるのに、きみの名前も知らない

※ Hold on tight, you know she's a little bit dangerous
しっかりつかんでおけ。彼女はちょっと危険なんだから
She's got what it takes to make ends meet *2
彼女は借りを作らず生きていく術を持ってる
The eyes of a lover that hit like heat *3
男を熱に浮かせる恋人の目だよ
You know she's a little bit dangerous ※
分かってるだろ。彼女はちょっと危険なんだ

You turn around, so hot and dry *4
きみはくるくる変わる。情熱的でいてしかもそっけない
You're hiding under a halo, your mouth is alive *5
きみの姿は後光で見えないのに、声だけは生き生きとしてる
Get out of my way, get out of my sight
どいてくれ。俺の前から消えてくれ
I'm not attracted to go-go deeper tonight *6
更け行く夜に引き寄せられたりなんかしない
Hey, what's your word? What's your game?
どんな言葉を使うんだ。どんなゲームをするんだ
I know your business but I don't know your name
きみの仕事は知ってるのに、きみの名前も知らない
※ ~ ※

Hey, hey, hey, what's your word? What's your game?
どんな言葉を使うんだ。どんなゲームをするんだ
I know your business but I don't know your name
きみの仕事は知ってるのに、きみの名前も知らない
※ ~ ※

She's armed, she's extremely dangerous
彼女は武装してる。とてつもなく危険だ
She's got what it takes to make ends meet
彼女は借りを作らず生きていく術を持ってる
The eyes of a lover that hit like heat
男を熱に浮かせる恋人の目だよ
You know she's a little bit dangerous
分かってるだろ。彼女はちょっと危険なんだ
Oh, just a little bit dangerous
とにかく危ないんだって

S'agapo *7
愛してるよ
Hey, what's your word? What's your game?
どんな言葉を使うんだ。どんなゲームをするんだ
I don't know your name
俺はきみの名も知らない
Hey you, just a little bit dangerous
ねえ。きみは危険なのか
I don't know your name
きみの名も知らない


備考
  1. pack : 入れる、包む、詰める、包装する、持ち歩く、携帯する
    pack one's bags : 旅行支度をする、荷物をまとめる、やめる、不愉快な事情のために出て行く
  2. make ends meet : 生活の収支を合わせる、収入の範囲内でやっていく、やりくりする、借金なしで暮らす、分相応に暮らす
  3. hit : 打つ、たたく、嵐・病気などが人を襲う、内燃機関が燃料に点火する
    heat : 熱、熱さ、熱源、燃料、暖房装置、平熱より高い体温、感覚としての暑さ・炎暑・暑気、情熱・熱意・興奮、発情・盛り
  4. turn around : 回る、向きを変える、振り向く、逆さになる、裏返しになる、頭がふらつく
  5. halo : 光輪、後光、光背、太陽・月の回りに現れる暈(かさ)
    ※ギリシャ語 halos の語源は、脱穀場で牛を円周上に歩かせ穀物を踏ませることで脱穀を行なったことに由来する。
    mouth :『申命記』25-4「あなたは脱穀している牛に口輪をかけてはならない」…力を尽くしている動物が脱穀中の穀物をいくらか食べてしまうのを禁じてはならない→働く者が報酬を受けるのは当然という意味。
  6. attract : 引きつける、呼び寄せる、魅了する
  7. Sas agapo : ギリシャ語の Σας αγαπω をアルファベットに変えたもの。英語では I love you. にあたるらしい。


 1988年のアルバム Look Sharp! に収録。この歌についてのインタビューらしきものがありました。
 ペール「これは1987年の初ツアーの前に書いたんだ。She's armed and she's extremely dangerous のところは70年代初期のアクション映画からヒントを得たんだよ。ティーンエイジャー向けのポップロックとしてはなかなかの出来だろ」。マリー「ふーん」。ペール「ああ、きみはこれあんまり気に入ってなかったね。ドン・ジョンソンもそうだったよ。ちょうどレコーディング中だった彼にこの曲を送ってみたんだけど、送り返されちゃったんだ」。http://www.songfacts.com/detail.php?id=8609 より。ただし出典が明らかでないので事実かどうかは分かりません。ドン・ジョンソンは80年代の『特捜刑事マイアミバイス』で有名なアメリカの俳優・歌手です。
 ペールの言葉をもとにすると「危険な女」は例えばワンダーウーマンのような架空のキャラクターや女刑事あるいはギャングといった感じがしますが、純粋に歌詞だけを読んだ場合どうしても娼婦のイメージが浮かんできます。マリーがこの歌を気に入らないのはそのあたりに原因があるのかもしれません。




最新記事