Titanium : David Guetta ft. Sia

2013年11月19日




You shout it out,
あなたが大声でわめこうと
But I can't hear a word you say
私には聞こえない
I'm talking loud, not saying much *1
私も大きな声を出してるけど、そんなの当然でしょ
I'm criticized but all your bullets ricochet *2
けなされたって、あなたの弾は全部跳ね返す
You shoot me down, but I get up *3
言葉で撃ち倒されたって、私は立ち上がる

I'm bulletproof, nothing to lose *4
私は弾丸を通さない。失うものもない
Fire away, fire away *5
いくらでも撃ちなさい
Ricochet, you take your aim *6
跳ね返してやる。狙いなさい
Fire away, fire away
いくらでも撃ちなさい
You shoot me down but I won't fall
いくら撃たれようと、私は倒れない
I am titanium *7
私はタイタニウム
You shoot me down but I won't fall
いくら撃たれようと、私は倒れない
I am titanium
私はタイタニウム

Cut me down *8
切りつけなさい
But it's you who'll have further to fall *9
でも、倒れるのはきっとあなたの方よ
Ghost town and haunted love *10
廃墟の町、幽霊に取りつかれた愛
Raise your voice, sticks and stones may break my bones *11
怒鳴りなさいよ。棒や石では体が傷つくけど、ただの言葉なんて全然平気よ
I'm talking loud, not saying much
私も大きな声を出してるけど、そんなの当然でしょ

I'm bulletproof, nothing to lose
私は弾丸を通さない。失うものもない
Fire away, fire away
いくらでも撃ちなさい
Ricochet, you take your aim
跳ね返してやる。狙いなさい
Fire away, fire away
いくらでも撃ちなさい
You shoot me down but I won't fall
いくら撃たれようと、私は倒れない
I am titanium
私はタイタニウム
You shoot me down but I won't fall
いくら撃たれようと、私は倒れない
I am titanium
私はタイタニウム

Stone-hard, machine gun *12
石のような硬い心の機関銃が
Firing at the ones who run
逃げる者たちを撃っている
Stone-hard, those bulletproof glass
石のような硬い心の防弾ガラスたちを

You shoot me down but I won't fall
いくら撃たれようと、私は倒れない
I am titanium
私はタイタニウム


備考
  1. That's not saying much. : そんなのは当然だ
  2. criticize : 人のあらさがしをする、~の理由で非難する、けなす、批評・批判する
    ricochet : 弾丸が壁で跳飛する、音が反響する
  3. shoot down : 撃ち落とす、撃ち殺す、論破する、こきおろす
  4. proof : 水・火・災害に耐えられる、弾丸を通さない、誘惑・議論に抵抗できる・負けない、強度試験済みの
  5. fire away : どしどしやる、どんどん話(質問)を続ける、始める、銃を撃ち続ける
  6. take aim : 狙いをつける、激しく非難する・指弾する
  7. titanium : タイタニウム、チタニウム、チタン。原子番号22の遷移金属元素。金、白金と同等の錆び難さ、鋼鉄以上の強度を持つ。質量が金・白金の三分の一以下、鋼鉄の半分以下と軽い。名称はギリシャ神話の巨神族タイタンに由来する。カオス(混沌)からガイア(大地の女神)、タルタロス(冥界)、エロス(愛の神)が生まれ、ガイアは、ウラノス(天空神)、ポントス(海洋神)を生む。ガイアはウラノスと結ばれ、天と地を創造し、地上の生き物を生み、海神オケアノス、地神クロノスなどのタイタン族の神々を生む。
  8. cut down : 打ち負かす、打ち倒す、破壊する、鼻柱をへし折る、切り伏せる、殺す
  9. further : [副] もっと遠く、さらに進んで、なおいっそう、それ以上に、その上、さらに言えば
    ※文法構造が分からないが、ここでは have to (当為・義務・運命)を修飾する副詞として使われていると解した。
  10. haunted : 幽霊のよく出る、取りつかれた、不安な
    ※この一行はこの前後との文脈がよく分からない。
  11. Sticks and stones may break my bones but names [words] will never hurt me. : [ことわざ] 杖や石では傷ついても、言葉で私を傷つけることはできない(侮辱や悪口は平気である)
  12. heart of stone : 石のように冷たい心、冷酷な心、無情
    ※ stone に「強い心」というニュアンスはないようで、ここの「硬い」も「かたくな、意固地、冷酷」という感じなのだろうと思うが自信はない。
    ※この三行を「stonehard machinegun が stonehard bulletproof glass を撃っている」と訳したが、これは意訳なので間違っているかもしれない。


 2011年のアルバム Nothing But The Beat より。
 デビッド・ゲッタは1967年フランス生まれのDJ、プロデューサー、シアは1975年オーストラリア生まれのシンガーソングライターだそうです。二人のことは知人のブログで知っていたのですが、この歌は先日ラジオで初めて聞き、美しい声と曲に一聴で気に入りました。題名の Titanium はチタンあるいはチタニウムという訳語が一般的なのでしょうが、巨神タイタンを想起させるタイタニウムの方がイメージが広がるのではないかと思いこの訳語を使いました。
 歌詞は基本的に一人称の自分語りをしているのですが、最後の備考 *12 のところだけが三人称の神の視点で鳥瞰的に書かれているように見えます。この歌は、回りの人間関係からの疎外に負けない強い精神を讃え励ます内容にも受け取れます。しかし、私の英語読解が誤っていなければという条件付ですが、この*12 の三行の示す内容とこれ以降の悲痛な叫びにも聞こえる歌唱とが相俟って、私には人間同士が攻撃をし合って優しさを失った硬い心が出来上がっていくという悲しみを歌っているように感じられます。タイタニウムは強い心の象徴であると同時に柔らかさを失った心を象徴させているのではないでしょうか。




最新記事