Dark Paradise

2015年07月26日

Dark Paradise : Lana Del Rey




All my friends tell me I should move on
友達はみんな言う。前に進みなさいと
I'm lying in the ocean singing your song
私は広い海に浮かび、あなたの歌を歌っている
That's how you sang it
こんな風にあなたも歌っていたよね
Loving you forever can't be wrong
あなたを永遠に愛するのが悪いことであるはずがない
Even though you're not here, won't move on
ここにあなたはいないけれども、私はここから動かない
That's how we played it
こんな風に私たちは無邪気に遊んだよね

And there's no remedy for memory, your face is like a melody *1
思い出を救う手段はない。あなたの顔は美しい旋律のよう
It won't leave my head
この頭から離れない
Your soul is haunting me and telling me that everything is fine *2
あなたの魂が私につきまとう。そして「大丈夫だよ」と語りかける
But I wish I was dead
でも、できることならば私は死にたい

Every time I close my eyes, it's like a dark paradise *3
目を閉じればいつでも、ここは暗闇の楽園になる
No one compares to you
誰もあなたには適わない
I'm scared that you won't be waiting on the other side
私は怖い。あなたがあちらの世界で私を待っていないのではないかと
Every time I close my eyes, it's like a dark paradise
目を閉じればいつも、ここは暗闇の楽園になる
No one compares to you
誰もあなたとは比べられない
I'm scared that you won't be waiting on the other side
私は怖い。あなたがあちらの世界で私を待っていないのではないかと

All my friends ask me why I stay strong
友達がみんな私に問う。なぜ意固地に留まっているのかと
Tell 'em when you find true love, it lives on
彼らに教えてあげたい。本当の愛を見つければ、それが生きる糧になるのだと
That's why I stay here
だから私はここに留まるのだと

And there's no remedy for memory, your face is like a melody
思い出を救う手段はない。あなたの顔は美しい旋律のよう
It won't leave my head
この頭から離れない
Your soul is haunting me and telling me that everything is fine
あなたの魂が私につきまとう。そして「大丈夫だよ」と語りかける
But I wish I was dead
でも、できることならば私は死にたい

※ Every time I close my eyes, it's like a dark paradise
目を閉じればいつでも、ここは暗闇の楽園になる
No one compares to you
誰もあなたには適わない
I'm scared that you won't be waiting on the other side
私は怖い。あなたがあちらの世界で私を待っていないのではないかと
Every time I close my eyes, it's like a dark paradise
目を閉じればいつでも、ここは暗闇の楽園になる
No one compares to you
誰もあなたとは比べられない
But there's no you, except in my dreams tonight
でもあなたはもういない。この夜の私の夢の中以外には

I don't want to wake up from this tonight ※
目覚めたくない。今夜からは

There's no relief, I see you in my sleep *4
この苦しみを和らげるものはないけれど、眠りにつけばあなたに会える
And everybody's rushing me, but I can feel you touching me
みんなが私を急かそうとするけれど、あなたが私に触れているのが感じられる
There's no release, I feel you in my dreams *5
この束縛から解放されることはないけれど、夢の中ではあなたを感じられる
Telling me I'm fine
私に言ってくれる。「大丈夫だよ」と

※~※


備考
  1. remedy : 矯正手段、改善方法、救済(策)。医薬品、薬の服用、病気の手当て
  2. haunt : しばしば訪れる、よく行く、足繁く通う。絶えず心に浮かぶ、付きまとう。幽霊がよく現れる、出没する
  3. paradise : 天国、エデンの園、楽園、安楽、至福
  4. relief : 緩和、軽減、除去、安堵、安心。苦痛・悩みなどを軽減・緩和するもの・方法。救済、救援。息抜き、気晴らし
  5. release : 釈放、解放、救出。除去、取り除き、取り外し


 2012年のアルバム "Born To Die" より。

Chocolate Jesus

2015年07月20日

Chocolate Jesus : Tom Waits




Well I don't go to church on Sunday
日曜に教会なんか行かない
Don't get on my knees to pray
跪いて祈ったりしない
Don't memorize the books of the Bible
聖書の暗記なんかしない
I got my own special way
僕には僕のやり方があるんだ
I know Jesus loves me
きっとイエスはまだ僕を愛してるよ
Maybe just a little bit more
たぶん、あとほんの少しくらいは
I fall down on my knees every Sunday
僕が毎日曜に倒れるように跪くのは
At Zerelda Lee's candy store
ゼレルダ・リーのお菓子屋さんだ

※ Well it's got to be a chocolate Jesus
そうだよ。チョコレートのイエスに決まってるだろ
Make me feel good inside
心底僕を気持ちよくさせてくれるのは
Got to be a chocolate Jesus
絶対チョコレートのイエスだよ
Keep me satisfied ※
僕を満足させてくれるのは

Well I don't want no Anna Zabba
ピーナッツバターなんていらない
Don't want no Almond Joy
アーモンド・ココナッツもだめだ
There ain't nothing better suitable for this boy
この僕にふさわしいものは他にはないんだ
Well it's the only thing that can pick me up better than a cup of gold
マシュマロチョコ以上に僕を元気にしてくれる唯一のもの
See only a chocolate Jesus satisfy my soul
見てくれ。チョコレート・イエスこそが僕の魂を満足させてくれるんだ

When the weather gets rough and it's whiskey in the shade
天気が荒れてくると日陰がウィスキー色になる
It's best to wrap your savior up in cellophane
「救い主」はラップで包んであげるのがいちばんいい
He flows like the big muddy but that's ok
彼が泥の川みたいに溶け流れても大丈夫さ
Pour him over ice cream for a nice parfait
アイスクリームにかけてやれば立派なパフェになる

Well it's got to be a chocolate Jesus
チョコレート・イエスに決まってるんだ
Good enough for me
僕はそれで十分なんだ
Got to be a chocolate Jesus
絶対チョコレート・イエスだよ
Good enough for me
僕はそれでいいんだ

※~※


 トム・ウェイツは米カリフォルニア州出身(1949年生まれ)のシンガーソングライターです。この歌は1999年のアルバム "Mule Variations" に収録されています。曲中に鶏の鳴き声が入っていますが、それはこのアルバムがレコーディングスタジオではなく外部の音が入り込むような部屋で録音されたためだそうです。
 "chocolate Jesus" なるチョコは私は見たことがありませんが、画像検索するといろいろヒットするのでそういう製品があるのだろうと思います。チョコレートのイエスに心酔する子供の心情に託したこの歌詞の本意がどのようなものか、まだ私には分かりません。ただ、挫けそうな心を立ち直らせるための方法は、他人から見れば下らないおかしなものであってもいいんだ、人は皆それぞれ違うやり方を持っていていいんだ、というような考え方は伝わってくるように思います。
 冒頭の音源を探している時に、彼の奇妙な魅力が伝わるライブ動画を見つけたので下に貼っておきます。

   

Turn Loose The Mermaids

2015年07月18日

Turn Loose The Mermaids : Nightwish




A kite above a graveyard grey *1
薄明かりの墓地の上、凧が揚がっている
At the end of the line far far away
この世の終点のような遙か遠くの地で
A child holding on to the magic of birth and awe *2
私は誕生と畏怖の魔術にしがみついている

Oh, how beatiful it used to be
昔の美しい日々が偲ばれる
Just you and me far beyond the sea
あなたと私でこの海を越えて来た
The waters, scarce in motion
近海の水は大きく動くことなく
Quivering still
静かに揺れている

At the end of the river the sundown beams *3
川の終わりの場所で、日暮れ時の光がさしている
All the relics of a life long lived *4
すべての遺物に。長く生きた生命の残骸に
Here, weary traveller rest your wand *5
さあ、疲れた旅人よ。もう杖を置きなさい
Sleep the journey from your eyes *6
眠りなさい。これからの旅はあなたの目から始まる

Good journey, love, time to go
良い旅。愛。過ぎ行く時
I checked your teeth and warmed your toes *7
私はあなたの歯を調べ、あなたのつま先を温めた
In the horizon I see them coming for you *8
地平線に見える。あなたを迎えに来る彼らが

The mermaid grace, the forever call
人魚の優美。永遠の呼び声
Beauty in spyglass on an old man's porch *9
古びた玄関先の望遠鏡に映る美しい姿
The mermaids you turned loose brought back your tears *10
あなたが自由にした人魚たちが、あなたの涙を取り戻してくれた

At the end of the river the sundown beams
川の終わりの場所で、日暮れ時の光がさしている
All the relics of a life long lived
すべての遺物に。長く生きた生命の残骸に
Here, weary traveller rest your wand
さあ、疲れた旅人よ。もう杖を置きなさい
Sleep the journey from your eyes
眠りなさい。これからの旅はあなたの目から始まる


備考
  1. grey = gray : 灰色、薄墨色、薄明かり、薄暮
  2. hold on to : つかんで離さない、持ち続ける、しがみつく
    ※ "a child" が「神の子=人間」なのか単純に「子供」なのか分からない。また、具体的に誰を指すのかも分からなかったので、ここは想像で「自分」として意訳している。
  3. sundown : 日暮れ時、日没(時)
    beam : 光・電波等を発する、ニコニコ笑う、顔を輝かせる
  4. relic : 歴史的遺物、遺跡、遺構。過去の習慣などの遺風、なごり。残存物、残骸、遺骨、遺体。遺品、形見、記念物
  5. rest : 休ませる、休ませて元気を回復させる。置く・載せる・もたせかける
    wand :(柳のような)しなやかな細い枝。魔法使いなどの杖・棒、魔法の杖
  6. sleep : [他] (場所が人を)泊められる、~人宿泊できる。(~の時を)眠って過ごす、眠ってある状態にする
    ※ "from your eyes" がどこに掛かっているのか分からないので、ここの訳は間違っているかもしれない。
  7. ※この歌は祖父が亡くなった時の体験が元になっていると作詞者 Tuomas Holopainen が述べている。祖父が逝去する直前、祖母は最後に祖父の歯を確かめつま先を温め「良い旅を。愛する人よ。またすぐに会いましょう」と言った。(http://www.songfacts.com/detail.php?id=24774)
  8. come for : ~の目的で来る、取りに来る・迎えに来る、迫って来る・向かって来る
  9. porch : 張り出し玄関。玄関前で突き出た庇のある空間。
  10. turn loose : 抑制・を解く、自由にさせる
    bring back : 取り戻す、(持ち主に)返す、(人に)持って帰る。思い出させる


 2011年のアルバム Imaginaerum より。備考欄 *7 から推測すると、この歌は人生の終わりとそれに伴う惜別あるいは愛による結びつきなどを主題にしているように見えます。ただ題名にも使われている mermaid が何を示しているのかが分かりにくいと思います。ヨーロッパの伝説では「人魚」は航海や漁において嵐、不漁、難破などをもたらす不吉なものであると同時に、人間を惹きつけ惑わす魅力を持つ存在のようです。ここから、この歌詞では、人生における過去の失敗や後悔、挫折、苦難あるいは恋愛における裏切りや憎悪などを隠喩しているのではないかと感じました。そして、それらをすべて解放することによって安らかな旅を続けられると歌っているように思います。



最新記事