The Kids Aren't Alright

2016年03月31日

The Kids Aren't Alright : The Offspring




When we were young the future was so bright
俺たちが幼かった頃、未来はとても輝いてた
The old neighborhood was so alive
隣近所も昔はとても生き生きしていた
And every kid on the whole damn street *1
この町のどこに住む子供たちもみんな
Was gonna make it big and not be beat *2
ビッグになろうと思ってた。ぐうたら者になろうなんて奴はいなかった

Now the neighborhood's cracked and torn *3
今じゃこの界隈はぼろぼろに壊れてる
The kids are grown up but their lives are worn *4
子供たちは成長はするが、その人生は擦り切れ疲れ切っている
How can one little street
こんな小さな町が、どうやって
Swallow so many lives?
こんなに多くの命を飲み込むんだ?

※ Chances thrown
チャンスは投げ捨てられる
Nothing's free *5
この世にタダで手に入る物など無いからだ
Longing for what used to be *6
大人になって初めて分かる。何も知らなかった子供の頃のすべてを思い焦がれる
Still it's hard
それなのに、それでも
Hard to see
どうしても理解できない
Fragile lives, shattered dreams *7 ※
人生は脆弱で、夢は初めから打ち砕かれていることを

Jamie had a chance, well she really did
ジェイミーはチャンスを掴んでいた。そこまでは本当だったのに
Instead she dropped out and had a couple of kids
彼女はそれを捨てて、高校を中退し、子供を二、三人産んだ
Mark still lives at home 'cause he's got no job
マークは今でも実家で暮らしている。仕事に就かないからだ
He just plays guitar and smokes a lot of pot
ただギターを弾き、マリファナを吸っているばかり

Jay committed suicide *8
ジェイは自殺した
Brandon OD'd and died *9
ブランドンは麻薬のやり過ぎで死んだ
What the hell is going on?
いったい何が起こってるんだ
The cruelest dream, reality *10
なんでこんなに残酷なんだ。夢も、現実も

[※~※]×2


備考
  1. damn : ひどい、忌々しい、忌まわしい。※ここではおそらく「強調」を表している。
  2. make it big : 事業等で大成功する
    beat : [形] 疲れきって、へとへとで、くたびれて、打ち負かされた、意気消沈した。[名] ろくでなし、浮浪者、のらくら者、居候
  3. crack : 鋭く鳴らす、鋭い音を立てて打つ。ひびを入れる、急激な音を立てて割る・砕く・つぶす
    tear-tore-torn : ずたずたに引き裂く・破る・ちぎる、もぎ取る、引きちぎる、むしり取る
  4. wear-wore-worn : 擦り切らす、擦り減らす、履き潰す。疲労させる、やつれさせる
  5. nothing is free : 無料の物など何もない
  6. long : 待ち望む、思い焦がれる、熱望する
    ※ここまでの3行は表現が曖昧なのでかなり想像で意訳している。世間知らずで無邪気だった子供が実社会の厳しさに打ち砕かれ、希望を失っていく過程を表しているのではないだろうか。
  7. fragile : 壊れ(砕け・折れ)やすい、もろい。実質のない、不十分な、薄弱な。華奢な、か細い、繊細な
    shatter : 打ち砕く、粉々に割る、壊滅させる、粉砕する。希望・幻想等を挫く。健康を害する。
  8. commit : 罪などを犯す、悪事を働く。委ねる、委任する。責任を持つ、約束する、誓う、明言する。全てを捧げる、全力を傾ける
  9. od = overdose : 麻薬を過剰摂取する、麻薬をやり過ぎて死ぬ
  10. cruel : 残酷な、残虐な、無慈悲な、非情な。厳しい、つらい、ひどい、苛酷な、悲惨な


 1998年のアルバム Americana(アメリカ民俗誌)より。

Running Up That Hill (A Deal with God)

2016年03月28日

Running Up That Hill (A Deal with God) : Kate Bush




It doesn't hurt me
痛くはないのよ
Do you wanna feel how it feels?
あなたもこれを感じてみたくない?
Do you wanna know, know that it doesn't hurt me?
知りたくない? 私のこの「痛くはない」感じを
Do you wanna hear about the deal that I'm making? *1
聞きたくない? 私がしようとしている「取引」について
You
あなたの事なのよ
It's you and me
あなたと私の事なのよ

And if I only could *2
もしできる事ならば
I'd make a deal with God
私は神とだって取引をする
And I'd get him to swap our places *3
彼と私を入れ替えて欲しい
Be running up that road
そうしたら、あの道を駆け上れるだろう
Be running up that hill
あの丘を駆け上れるだろう
Be running up that building
あの建物を駆け上れるだろう
See if I only could, oh *4
分かってる。もしできる事ならばの話よ

You don't wanna hurt me
あなたは私を傷つけたいわけじゃない
But see how deep the bullet lies *5
でも、見て。これほど深く突き通った弾丸を
Unaware I'm tearing you asunder *6
私も気づかずにあなたを引き裂いている
Oh, there is thunder in our hearts
私たちの胸の内には雷のような怒りがある
Is there so much hate for the ones we love?
私たち、そんなに大きな憎しみがあるの? 愛する相手に対して
Well tell me, we both matter, don't we?
私たち、二人とも大事でしょう? そうでしょう?
You
あなたの事なのよ
It's you and me
あなたと私の事なのよ
It's you and me won't be unhappy
不幸になろうとしているのは、あなたと私なのよ

And if I only could
もしできる事ならば
I'd make a deal with God
私は神とだって取引をする
And I'd get him to swap our places
彼と私の立場を入れ替えてもらう
Be running up that road
そうしたら、あの道を駆け上れるだろう
Be running up that hill
あの丘を駆け上れるだろう
Be running up that building
あの建物を駆け上れるだろう
Say, if I only could, oh *7
そうよ。もし、できる事だったらという仮の話よ

You
あなたの事
It's you and me
あなたと私の事
It's you and me won't be unhappy
あなたと私の事なの。不幸になろうとしているのは

Oh c'mon, baby, c'mon darling
だから、お願い
Let me steal this moment from you now
少しだけあなたの時間をちょうだい
C'mon, angel, c'mon, c'mon, darling
ねえ、お願いよ
Let's exchange the experience, oh
お互いの経験を交換しましょう

※ And if I only could
もし、できる事ならば
I'd make a deal with God
神とだって取引する
And I'd get him to swap our places
彼と立場を入れ換えてもらう
I'd be running up that road
そうしたら、私はあの道を駆け上れるだろう
Be running up that hill
あの丘を駆け上れるだろう
With no problems ※
何の問題もなく

[※~※]×2

So if I only could
もし、できる事ならば
Be running up that hill
あの丘を駆け上れるだろう
With no problems
何の問題もなく

If I only could, I'd be running up that hill
もしできる事ならば、私はあの丘を駆け上るのに、、、


備考
  1. deal : 取引、契約、協定、取り決め。密約、不正取引。取り扱い、待遇
  2. if only : ただ~でさえあればいいのだが
  3. swap : 交換する、取り換える
    place : 場所、所。空間。本来の場所、置場、居場所、持ち場。自分の家、住居、部屋。立場、位置、境遇。役目、役割、本分。
  4. ※ "see" は間投詞的に使われているのだろうが、正確なニュアンスは私には分からないので、ここは想像で訳してある。
  5. lie : 横たわる、埋葬されている、置かれている、ある、存在する、広がっている、伸びている
  6. asunder : ばらばらに、離れ離れに、隔たって、離れて
  7. ※ *4 と同様 "say" も間投詞だろうが、正確な意味は分からない。ただ "say" には「仮に~であれば」「たとえば」というニュアンスがあるそうなので、ここはそれに基づいて訳してあるが、間違っているかもしれない。


   


 1985年のアルバム "Hounds of Love" より。直上の動画は Within Temptation によるカバーで、私はこちらの方が格好良くて好きだったのですが、歌詞を訳し終えた今は、オリジナルの方が歌詞に込められた心情がよく表れているような気がします。"if I only could" や "I would make", "I would be" などの仮定法を使った言い回しは、現実にはできない事という諦めの感情が込められているのでしょう。しかし、それでも諦めきれない感情もあり、その複雑さがこの歌全体に悲しみと勇壮な決意の相反する雰囲気の両方を与えており、ケイト・ブッシュの歌はそれを上手く表現していると思います。
 この歌の題名は元々は "A Deal with God" だったのですが、レコード会社がキリスト教圏での否定的な反応を憂慮して曲名の変更を求めケイト・ブッシュがそれに応じて "Running Up That Hil" となったそうです。ただし、アルバム内の曲名リストではカッコ付きで元の曲名が付加されています。この歌についてケイト・ブッシュは、男と女は本当には分かり合えないものだから、もし、お互いの役割を交換することができるならお互いをもっと理解することができるだろうと思ったという趣旨を語っています。そして、その手段として「悪魔と取引をする」という言葉を思いつき、それならば悪魔ではなくいっそ「神」との取引の方がより強力な手段になると思い、"a deal with God" という歌詞を書いたそうです。


Don't Blame Your Daughter (diamonds)

2016年03月22日

Don't Blame Your Daughter (diamonds) : The Cardigans




Don't blame your daughter, that's just sentimental *1
あなたの娘を責めないで。あれは、ただ感情的になってただけ
And don't blame your mom for all that you've done wrong *2
あなたのお母さんを責めないで。あなたがやった悪い事を彼女のせいにしないで
Your dad is not guilty, you came out a little faulty *3
あなたのお父さんに罪はない。あなたが口にした事は少し間違っている
And the factory closed, so you can't hold them liable *4
工場は閉鎖されたのよ。誰かに責任があるとみなすことはできない
You come from an island, you're cutting diamonds with a rubbery knife *5
あなたは島の出身で、ゴムのナイフでダイヤモンドを削ろうとしている

Your autograph's worthless, so don't send me letters *6
あなたのサインなんて価値が無い。だから手紙なんて送らないで
And don't mail me cash cause your money is no good *7
お金も送らないで。そんな端金なんて何の役にも立たない
What's left in your mattress is holes and lack of love left *8
あなたのマットレスに残されたものは沢山の開いた穴。愛の不足が残したものは
Some hair from a horse and none of it is yours, man *9
いくらかの馬の毛。そして、そのどれもがあなたのものではない
You come from an island, you're cutting diamonds with a rubbery knife
あなたは島の出身で、ゴムのナイフでダイヤモンドを削ろうとしている

And the song you sing today wasn't always in your head
今日あなたが歌う歌は、昔からあなたの頭の中にあったものとは限らない
The words you're trying to say are the ones you should have said
あなたが言おうとしているのは、かつてあなたが言うべきだった言葉
They're glistening like diamonds, go out and find 'em *10
それらはダイヤモンドのように輝いている。外に出て、それらを見つけて
But don't blame your daughter
だけど、あなたの娘を責めないで

Read me your tombstone, tell me you're sorry *11
あなたの墓碑銘を読んで聞かせて。謝罪の言葉を聞かせて
Fax me your will, you owe me something still *12
遺書をファックスで送って。あなたはまだ私に借りがある
Blood is like water, the bath that you poured me
血は水のように流れ去るものよ。あなたが私にお湯をかけてくれた浴槽は
Has drained and it's gone, don't blame it on your son *13
もう水がすっかり流れ去ってしまった。(でも)それをあなたの息子のせいにしないで

And the song you sing today wasn't always in your head
今日あなたが歌う歌は、昔からあなたの頭の中にあったものとは限らない
The words you're trying to say are the ones you should have said
あなたが言おうとしているのは、かつてあなたが言うべきだった言葉
They're glistening like diamonds, go out and find 'em
それらはダイヤモンドのように輝いている。外に出て、それらを見つけて
But don't blame your daughter
だけど、あなたの娘を責めないで


備考
  1. blame : 非難する、責める、批判する
    sentimental : 理性的でなく感情的な、心情的な、感情からの。(物が)感傷をそそる、感傷的な。(人が)涙もろい、感傷的な
  2. blame A for B : B の責任を A に負わせる、B を A のせいにする
    ※この "mom" と次行の "dad" が何を意味しているかは曖昧。この訳文では「あなた」の母と父すなわち歌い手(娘)の祖母と祖父を指すものと解釈して訳してある。もしかしたら、歌い手が第三者で、1行目が両親に対して、2・3行目が娘に対して歌いかけているという解釈も成り立つのかもしれない。
  3. guilty : 有罪の、罪を犯した。犯罪的な、罪になるような。罪の意識で苦しむ、やましい、後ろめたい
    come out : (言葉が~として)口から出る
    faulty : 欠点のある、不完全な、道徳上非難すべき、考え方などが誤った、罪がある、責めを負うべき
  4. hold : (考え・思い・感情を)抱く、~であると思う・評価する・みなす
    liable : (負債・損害等に)法的責任がある、法的義務がある。(法等に)服すべき、~を免れ得ない。とかく~しがちで、~しそうな。(病気等に)かかりやすい、(疑い等の)余地がある
  5. ※ "island" の出身であることが何を意味するのかは分からない。古臭い伝統的な価値観や保守的な思想などを示唆するものだろうか。それとも、「あなた」の置かれた孤独な環境あるいは「あなた」自身の孤立的な性格などを示唆するものだろうか。
  6. autograph : 自筆の署名、自署、サイン。自筆、肉筆、自筆の原稿・手紙・楽譜
    worthless : くだらない、つまらない。価値の無い、無用の、役立たずの
  7. no good : 使い物にならない、役に立たない、価値の無い、無駄な、駄目な
  8. money under the mattress : 箪笥貯金
    ※「マットレス」は「現金を隠す場所」という連想が働く言葉。
  9. ※ horse-hair(馬のたてがみや尻尾の毛)は通気性、弾力性、耐久性などに優れ、高級なマットレスの詰め物や布張りの素材として使われることがある。
  10. glisten : (濡れた物・磨いた物等が)きらきら輝く、きらめく。
  11. ※ここは「あなた=父親」が死んだことを示唆する。
  12. ※ここは *6 の「手紙を送るな」に連動している。「ファックス」は、父親の生前は手紙すらいらないと言っていた娘が今は少しでも早く父親の言葉が欲しいと思っている心情を示している。
    will : 意志、意思。願望、意図。決意、意地。人に対する気持ち、態度。遺言、遺書
  13. ※ここで唐突に "son" が出てくる意味が分からない。普通に読めば歌い手(娘)の兄弟になるが、この4行全体が「息子」の視点で述べられていると解釈できなくもない。


 2005年のアルバム "Super Extra Gravity" より。
 歌詞の細部とくに備考 *2, *5, *13 の部分などはっきり分からない所もありますが、全体としては娘と父親の確執、娘の父親に対する複雑な心情を歌ったものだろうと思います。私の主観的な印象では、古臭く保守的で娘を自分の思い通りに育てようとする父親と彼の独善的な性格が嫌で家を出た娘の関係が思い浮かびました。"cutting diamonds with a rubbery knife" を父親の娘に対する性的虐待と解釈する意見が海外の掲示板でいくつか見られましたが、私はそうは思いません。曲名の副題にもなっている "diamond" は人と人との関係性とくに家族の絆、そしてそれを維持するために必要な「言葉」の隠喩ではないかと思います。



最新記事