Óró sé do bheatha 'bhaile

2016年05月31日

Óró sé do bheatha 'bhaile : Sinéad O'Connor




※ Óró, sé do bheatha bhaile(Oh-ro, welcome home)
お帰りなさい
óró, sé do bheatha bhaile(Oh-ro, welcome home)
お帰りなさい
óró, sé do bheatha bhaile(Oh-ro, welcome home)
お帰りなさい
anois ar theacht an tsamhraidh.(Now that summer's coming!) ※
もうすぐ夏が来る

'Sé do bheatha, a bhean ba léanmhar(Hail, oh woman, who was so afflicted,) *1
苦しめられた彼女を声を上げて歓迎しよう
do bé ár gcreach tú bheith i ngéibhinn(It was our ruin that you were in chains,) *2
あなたが囚われたことは我らの破滅に等しかった
do dhúiche bhreá i seilbh meirleach(Our fine land in the possession of thieves...) *3
我らの美しい土地が盗人のものになった
's tú díolta leis na Gallaibh.(While you were sold to the foreigners!) *4
あなたが異国の者たちに従わされている間に

※~※

Tá Gráinne Mhaol ag teacht thar sáile(Gráinne Mhaol is coming over the sea,) *5
グラニュウェルが海を越えて戻って来る
óglaigh armtha léi mar gharda,(Armed warriors as her guard,)
彼女を護衛する武装兵は
Gaeil iad féin is ní Francaigh ná Spáinnigh(They are Gaels, not French nor Spanish...) *6
皆ゲール人だ。フランス人でもスペイン人でもない
's cuirfidh siad ruaig ar Ghallaibh.(and they will rout the foreigners!) *7
彼らが異国の者たちを完全に打ち負かすだろう

※~※

A bhuí le Rí na bhFeart go bhfeiceam(May it please the King of Miracles that we might see,) *8
どうか、神よ。我らに見せて下さい
muna mbeam beo ina dhiaidh ach seachtain(Although we may live but one week after,) *9
たとえ我らの命があと一週間しかないとしても
Gráinne Mhaol agus míle gaiscíoch(Gráinne Mhaol and a thousand warriors...)
グラニュウェルと千人の兵士たちが
ag fógairt fáin ar Ghallaibh.(Dispersing the foreigners!) *10
異国の者たちを雲散霧消させる様を

※~※

◎歌詞は Wikipedia より引用。原文はゲール語で右の括弧内はその英訳。和訳は括弧内の英文を翻訳した。

備考
  1. hail : 挨拶する、歓迎する、熱烈に是認する。喝采を送る。
    Hail to the king! : 国王万歳
    afflict : ひどく苦しめる、悩ます、さいなむ
  2. ruin : 遺跡、廃墟。崩壊・荒廃した物、状態。崩壊、没落、滅亡、衰亡、破滅。
    a person's ruin : 破壊・滅亡・没落・破滅させるもの(その原因)
    Alcohol was his ruin. : 彼は酒で身を滅ぼした
  3. be in the possession of ~ : (物が)~に所有されている
    be in possession of ~ : (人が)~を所有している
    thief : 泥棒、盗人
  4. sell : 売り込む、宣伝する。納得させる、受け入れさせる
    ※ここでの "were sold" は「売られた」では文脈が通じないと思い、"sell" を上のような意味だと判断して訳したが間違っているかもしれない。
  5. Gráinne Mhaol : Grace O'Malley(グレイス・オマリー, 1530-1603)の通り名。ゲール語の発音を英語表記すると "Granuaile"。元はアイルランドの一部族の族長の娘だったが、長じて海賊の首領になり「海賊女王」の異名を馳せるほど恐れられた。敵対するイギリスの女王エリザベス1世と一対一で交渉したことでも有名。
  6. Gael : ゲール人。中央アジアからヨーロッパへ渡来したケルト系民族。アイルランドやスコットランドに現存する。
  7. rout : 敗走させる、完全に打ち負かす、完敗させる、圧勝する、大勝する
  8. May it please you. : 御意にかないますように
    May it please your Majesty. : 御意にかないますように、恐れながら陛下に申し上げます
    the King of Miracles = Rí na bhFeart : ゲール語で "神" を表す言葉らしい。
  9. but : [副] ただ、ほんの、たった、つい。ただ~するだけ、少なくとも~、ともかく~
  10. disperse : 四方に散らす、散り散りにする。雲・霧を消散させる。


 2002年のアルバム "Sean-Nós Nua" より。アイルランドの伝承歌であるこの曲はその起源ははっきりとしていません。"Óró, sé do bheatha bhaile" のコーラス部分は、元々は花婿が花嫁を自分の家に迎え入れる "hauling home" という儀式で歌われていたという説があります。その後この曲にはさまざまな歌詞が付与されて歌われてきたようです。
 掲載した歌詞は、アイルランドの民族主義者でイースター蜂起の指導者の一人であるパトリック・ピアスが20世紀になって書いた比較的新しいものです。この歌詞の元になるものとして、イギリス名誉革命の反革命勢力であるジャコバイトを題材にしたバージョンの歌詞もあり、対イギリス抵抗歌として歌われていました。パトリック・ピアスは、その歌詞を一部使いながら、女海賊としてイギリス商船を恐れさせエリザベス女王と対等に渡り合ったグラニュウェルを主役にして、同じくイギリスに対する抵抗の歌にしています。『麦の穂をゆらす風』という映画でも印象的に使われていました。

   

 <関連記事>
  ☆ The Wind That Shakes the Barley : Dolores Keane

Come Walk With Me

2016年05月23日

Come Walk With Me : M.I.A.




※ There's a thousand ways to meet you now
あなたに会うのには幾千もの方法がある
There's a thousand ways to track you down *1
あなたを追いかけるには幾千もの方法がある
Whatever you said and done
あなたが過去に何を話し、何をしたとしても
There's a thousand ways to make it count *2
今を価値あるものにするには幾千もの方法がある
There is nothing that can touch me now
何者も私に触れることはできない
You can't even break me down *3
ましてやあなたが私を壊すことなどできない
Everytime you think of some
例外はない。あなたが何を考えたとしても
It's already been did it and done *4
それはすでに誰かによって考えられたこと

Can I be your best friend?
私はあなたの一番の友達になれるだろうか
Can I make it to the end? *5
私は最後までやり抜くことができるだろうか
Can you give me some of what you went and gave them? *6
あなたが彼らに与えたもののいくらかでもあなたは私に与えてくれるだろうか
Come walk with me
私と一緒に歩きなさい
You ain't gotta shake it, just be with me *7
腰を振って踊らなくてもいい。ただ、私と共にいればいい
You ain't gotta throw your hands in the air
手をひらひらと振って踊らなくてもいい
'Cause tonight we ain't acting like we don't care ※
今夜私たちは馬鹿のふりをする必要はないのだから

It's cool, it takes two, so I'm gonna still fux with you *8
私たちはもう大丈夫。悪いのはあなただけじゃない
It's cool, it takes two, so I'm gonna still fux with you
だからこれからも私はあなたと付き合っていく

(Almost There) *9
(あともう少しだ)

※~※

Trying to feel like what that feels like
どんな感じなのか私も感じてみたいと思う
When someone makes you feel alright
誰かが自分をいい気分にさせてくれる、その感じを
We can take the same path tonight
私たちは今夜同じ道を行ける
For the ride I got plenty of time
そのために私はいくらだって時間を取れる

What doesn't kill us makes us stronger *10
死にさえしなければどんな辛い事も私たちを強くしてくれる
That's how my roads getting longer and longer
そんな風に私の道はこれからもずっと続いていくだろう
My tracks are less traveled here to Uganda
私の足跡はあまり人が辿らない。ウガンダへと続く道のように
Can we touch base just to discuss agenda *11
連絡を取り合いましょう。問題について話し合うために

Can I be your best friend?
私はあなたの一番の友達になれるだろうか
Can I make it to the end?
私は最後までやり抜くことができるだろうか
Can you give me some of what you went and gave them?
あなたが彼らに与えたもののいくらかでもあなたは私に与えてくれるだろうか
Come walk with me
私と一緒に歩きなさい
You ain't gotta shake it just be with me
腰を振って踊らなくてもいい。ただ、私と共にいればいい
You ain't gotta throw your hands in the air
手をひらひらと振って踊らなくてもいい
'Cause tonight we ain't acting like we don't care
今夜私たちは馬鹿のふりをする必要はないのだから

It's cool, it takes two, so I'm gonna still fux with you
私たちはもう大丈夫。悪いのはあなただけじゃない
It's cool, it takes two, so I'm gonna still fux with you
だからこれからも私はあなたと付き合っていく

Back, ba-back, ba-back. Ba-back, ba-back, ba-back
Back, ba-back, ba-back. Ba-back, ba-back, ba-back

Power, power, power, power. Back, ba-back, ba-back
Power, power, power, power. Back, ba-back, ba-back
Power, power

M.I.A. comin' back
M.I.A. は戻って来た
With POWER, POWER
力を得て


備考
  1. track down : 見つけ出す、追い詰める、追跡して捕らえる、突き止める、探し出す
  2. count : {自動詞} 数える、順に数え上げる。~に値する。価値がある、大切である
    make it count : 今を大切にする、毎日を一生懸命生きる、今を価値あるものにする、大切に一日を生きる
  3. break down : 壊す、押しつぶす、解体する、破壊する
  4. ※この一行は文法構造が分からない。この訳文は "It has already been done." を訳したものである( "It" は前行の "some" を指していると解釈した)。原文とは若干ニュアンスが異なるかもしれない。
  5. make it to the end : 最後までやり抜く、最終地点に到達する(たどり着く)、
  6. go and (do) : ~しに行く、~する(強調)、愚かにも(不運にも・意外なことに)~してしまう、わざわざ~する
  7. ain't gotta = have not got to = don't have to : ~する必要はない、~しなくてもよい
    ※ここからの3行は「細かいことは気にしないで、悩み事なんて忘れて、さあ踊ろう」というようなポップ音楽に対し、頭を使って考えるべき事が沢山あるはずだと批判する歌詞なのだろうと思う。
  8. cool : ここでは多分「OK、はい、大丈夫」等の意味ではないだろうか。また "We are cool." だと「私たちはもう仲直りしている、大丈夫」という意味もあるらしい。
    it takes two (to tango) : タンゴを踊るには二人必要→何らかの悪い状況において、両者ともに責任がある、悪いのは一人だけじゃない、等の意味で使われる
    fux with = fuck with : 人にちょっかいを出す、人を怒らせる、邪魔をする、関わる
  9. almost there : 目的地にもう少しで到着する、成功・完成・目標まであと一歩だ、もうすぐだ、ほとんどすぐそこだ、もう一息だ
  10. ※この一行は英語でよく使われる言い回しらしいが、原典はニーチェの『偶像の黄昏』である。本来の意味は「死ぬことさえなければ、それが苛酷なものであれ、どんな経験も人を強くするものだ」ということらしい。
  11. touch base : 連絡を取る、意見を聞くために話す、ちょっとした話し合いをする
    agenda : 議事日程、議題、協議事項、予定案
    Agenda 21 : 1992年の国連地球サミットで採択された、21世紀に向け持続可能な開発を実現するために各国、国際機関が実行すべき行動計画。


 2013年のアルバム "Matangi" より。彼女の書く歌詞はいつも分かりにくい感じがします。この歌も同様で、大まかな趣旨としてはおそらく、限りある時間しかない私たちは貴重な今を精一杯悔いのないように生きるべきだというような感じではないかと思うのですが、あまり確信を持てません。また、冒頭の公式動画ではヒンズーの神々、とくにヴィシュヌ神(四本の腕に円盤、棍棒、法螺貝、蓮華を持つ)とその化身であるクリシュナ神(横笛を持つ)が主に描かれていますが、それとこの歌詞がどのように関係しているのかもよく分かりません。ヒンズーの三大神、宇宙を創造するブラフマー、宇宙を維持するヴィシュヌ、宇宙を破壊するシヴァのうち、ヴィシュヌを動画の主役とした事には何か意味があるのかもしれませんが、私の知識では理解が及びません。

Future People

2016年05月14日

Future People : Alabama Shakes




Some want to see those who've gone above *1
会いたい人は誰? 天に召された人?
Friends that they've lost, people they've loved
失った友だち? かつて愛した人たち?
I'd rather meet the me on down the road *2
もしも願いがかなうのならば、私は未来の私に会いたい
To lead me through the fog
この霧の中を導いてもらうために
Wouldn't ask for more
それより多くは求めない

Children, take or leave it *3
子供たちよ。選択肢は限られている。後はあなたが決めるだけ
Come on people, you got to give a little, get a little *4
与えるのはほんの少しでいい。手に入れるのもほんの少しでいい
And see it like future you people
そして、未来のあなたの目で物事を見なさい

Some things could be seen from above
天高くからこそ見えるものもある
Threads of design don't trip me up *5
幾筋もの糸からなる見取り図があれば私は躓かない

Children, take or leave it
子供たちよ。選択肢は限られている。後はあなたが決めるだけ
Come people, you've got to give a little, get a little
与えるのはほんの少しでいい。手に入れるのもほんの少しでいい
And see it like future you people
そして、未来のあなたの目で物事を見なさい

Listen to teacher *6
教師の言葉に耳を傾けなさい
Imagine the sound
その響きを心に思い描きなさい
And listen loud
しっかりと聞きなさい
And then you'll reach the top
そうすれば、あなたは頂上に辿り着けるだろう


備考
  1. ※直訳すると「死んだ人間に会いたいという人もいる。失った友達に会いたいという人もいる。かつて愛した人に会いたいという人もいる」となる。少し冗長なので上のように意訳したが、意味合いが作詞者の意図からずれてしまったかもしれない。
    above : 上に、高い所に、頭上に、階上に、天に、上位に
  2. would rather : (~よりも)むしろ~したい(するほうがよい)、~であればいいのだが
    the : おそらく「限定」を表す定冠詞だろうと思う。
    down the road = in the future : 将来
  3. Take it or leave it. : これを受けるか、嫌なら諦めるかだ。受け取るかどうか決めろ。条件は出した、後はお前次第だ。これでいやならやめておけ。
  4. got to = have got to = have to : ~しなければならない
  5. thread : 糸、ガラス・金属の細線。筋道、脈絡。細い糸状のもの
    design : 略図、見取り図、設計図。意匠、図案、デザイン、模様。計画、企画。意向、意図、目的
    ※ "threads of design" は普通は「図案化された織物、布地」「糸によるデザイン」等をイメージさせる言葉だろうと思うが、この歌詞の文脈ではその比喩の使い方がよく分からない。ここでは、一応「物事を多面的に捉え高所から俯瞰すればより正しい認識が得られる」という意味合いで訳したが、大きく誤訳しているかもしれない。
    trip up : 躓かせる、転ばせる、足をすくう、揚げ足を取る、失敗させる、妨害する
  6. ※この "teacher" が何を意味しているのかはよく分からない。文字通りの「学校の教師、先生」なのか、あるいは何かの比喩なのだろうか?


 アラバマ・シェイクスは2009年に米アラバマ州で結成されたロックバンドです。この歌は彼らの2015年のアルバム "Sound & Color" に収録されています。
 歌詞は抽象的なので、私の英語力では作詞者の本意がよく理解できません。とくに、子供たちと教師を登場させている意図がよく分かりません。ただ、個人的には、目前の物事だけに囚われないで、未来へと伸びる長い時間の感覚を持つこと、また、世界的あるいは宇宙的な規模で鳥瞰できる広い視野を持つことの大切さを言っているように感じました。想像で訳している部分もあるので、全体的な趣旨が間違っている可能性もあります。翻訳は参考程度にお読み下さい。



最新記事