Home : AURORA

2016年09月30日




Lost in the moment again *1
また、今という時の中に迷っている
Stuck where the road has no end *2
終わりのない道の途上で動けなくなっている
Keeping the thought in our minds
私たちは皆、気持ちを心の内にしまい込んでいる
One day life will be kind
いつの日か人生は穏やかなものになるだろう

We are not alive
私たちは生きているんじゃない
We are surviving every time
いつでも生き延びようとしているんだ
Oh we are not alive
私たちは生きているんじゃない
Only dreams inside our minds
ただ心の内で夢を見る
We are home, we are home, home *3
私たちは家にいる
We are home, we are home, home
安息の場所にいる

Endless days of complaints *4
終わりなく続く不平と愚痴の日々
Forcing the light to our veins *5
血管に火を押しつけながら
Keeping the hope in our minds
私たちは皆、希望を心の内にしまい込んでいる
One day life will be kind
いつの日か人生は穏やかなものになるだろう

We are not alive
私たちは生きているんじゃない
We are surviving every time
いつでも生き延びようとしているんだ
We are home, we are home, home
私たちは家にいる
We are home, we are home, home
安息の場所にいる

Wrapped inside a cocoon made of flesh and bones
肉と骨でできた繭に包まれている
Doesn't really matter where you come from *6
あなたがどこで生まれたかなどどうでもいい
We are home, we are home, home
私たちは家にいる。安息の場所にいる

Calm again, calm again *7
穏やかさが戻った
I feel warm again, I'm reborn again
また以前のような温かさを感じる。私は生まれ変わった
I am warm inside, for a little while
私の内側は温かい。少しの間は
I'm fine
私は大丈夫だ

We are not alive
私たちは生きているんじゃない
We are surviving every time
いつでも生き延びようとしているんだ

Wrapped inside a cocoon made of flesh and bones
肉と骨でできた繭に包まれている
Doesn't really matter where you come from
あなたがどこで生まれたかなどどうでもいい
We are home, we are home, home
私たちは家にいる。安息の場所にいる

Wrapped inside a cocoon made of flesh and bones
Doesn't really matter where you come from
We are home, we are home, home


備考
  1. lose-lost-lost : なくす、失う、落とす。負ける、敗れる。死なれる、死別する。迷う、見失う。途方に暮れさせる
  2. stick-stuck-stuck : 突き刺す、刺し込む、ピンで留める。貼り付ける、くっつける。動けなくする、立ち往生させる
  3. home : 自宅、家、我が家、生家。家庭、家庭生活。故郷、本国。避難・休息・安息の場所、拠り所
  4. complaint : 不平、苦情、小言、愚痴、泣き言
  5. force : 強要する、強制する、余儀なく~させる、強いる。押し進める、押し込む、無理やり詰め込む。~を~に押しつける
    vein : 静脈、血管。昆虫の翅脈、植物の葉脈。鉱脈、水脈。一時的な気分・気持ち。スタイル、手法
    ※この一行は意味が分からない。"light" は「光」なのかもしれないが「火」の方が「苦痛」や「不安」を呼び起こしやすいと思いそちらを訳語にした。
  6. ※出身地を尋ねる場合は (1)"Where are you from?" または (2)"Where do you come from?" と現在形を使い、「どこから来たのか」を問う場合は "Where did you come from?" と過去形を使う。ただし、(2) は紛らわしいため出身を問うのは (1) の方が一般的らしい。この歌詞の場合は「出身地、生まれた所」のように思えるが、はっきりとは分からない。
  7. calm : 静かな、穏やかな、無風の。平静な、落ち着いた。平穏な、平和な


 2016年のデビューアルバム "All My Demons Greeting Me as a Friend" より。
 歌詞の意味はよく分かりません。全体を通して漠然と感じる内容は、環境にうまく適応できない「私たち」も、繭に包まれて今の窮状を乗り切り、いつの日か生まれ変わることによって穏やかに生きることができるようになる、そして、そのために私たちには "home" が必要だ、というような事です。他のいくつかの歌にも割とよく登場する "home" は Aurora Aksnes にとって特別思い入れの強い言葉なのではないかと思います。

I Lived

2016年09月27日

I Lived : OneRepublic




Hope when you take that jump, you don't fear the fall *1
跳ばなければならない時に落ちるのを恐れないような人間になってほしい
Hope when the water rises, you built a wall
洪水の時には自ら土嚢を積んでほしい
Hope when the crowd screams out, they're screaming your name
群衆から大きな声で名を呼ばれてほしい
Hope if everybody runs, you choose to stay
他の皆が逃げてもそこに留まって頑張ってほしい
Hope that you fall in love, and it hurts so bad
恋をしてほしい。そして、心の痛みを深く感じてほしい
The only way you can know is give it all you have *2
それが「すべてを捧げて精一杯頑張ること」を知るいちばんの方法だから
And I hope that you don't suffer but take the pain
傷つき苦しんではほしくないが、痛みから逃げないでほしい
Hope when the moment comes, you'll say
そして、その時が来たら、きみはこう言うんだ

I, I did it all. I, I did it all
やった。やったぞ。すべてやった
I owned every second that this world could give
この世が与えてくれたすべての時間を自分のものにした
I saw so many places, the things that I did
いろいろな所を見た。様々な経験をした
With every broken bone, I swear I lived *3
いろいろな苦難と一緒に、僕は本当に生きたんだ

Hope that you spend your days, but they all add up *4
何をして日々を過ごしてもいい。ただ、その日々を意味あるものにしてほしい
And when that sun goes down, hope you raise your cup
そして、日暮れには祝杯を上げられるようになってほしい
Oh, I wish that I could witness all your joy and all your pain *5
ああ。きみの喜びも悲しみも、そのすべてをずっと見守ることができればいいのに
But until my moment comes, I'll say
でも、その時が来たら、私はこう言おう

I, I did it all. I, I did it all
やった。やったぞ。すべてやった
I owned every second that this world could give
この世が与えてくれたすべての時間を自分のものにした
I saw so many places, the things that I did
いろいろな所を見た。様々な経験をした
With every broken bone, I swear I lived
いろいろな苦難と一緒に、私は本当に生きたんだ
With every broken bone, I swear I

I, I did it all. I, I did it all
I owned every second that this world could give
I saw so many places, the things that I did
With every broken bone, I swear I lived

I swear I lived


備考
  1. ※冒頭の "Hope" は、"I hope …" の "I" が省略されている。
  2. ※ここは上の行から続いているが、この行の構文が分からない。一応、"(It is) the only way for you to know [giving it all you have]." で、"It" は、前行の "it = 恋愛すること" だろうと判断し、想像で意訳している。間違っているかもしれない。なお、"give it all" は下記のように慣用句なのでこの "it" はとくに何かを指しているわけではない。
    Give it all you've got. : 全力を尽くせ。精一杯頑張れ。ベストを尽くせ
  3. A broken bone is the stronger when it is well set. : うまくつながれば折れた骨はより丈夫になる、という意味の慣用句。「雨降って地固まる」と訳されることが多い。
    swear : 神に誓う
    I swear ~. : 本当に~だ、嘘じゃない、等の意味を言う時の砕けた表現。「誓う」という日本語ほどの堅苦しさはない。
  4. spend one's days : 日々を過ごす、日々を費やす、毎日を送る
    add up : 計算が合う、帳尻が合う、辻褄が合う。意味をなす、納得がいく、なるほどと思える、合点がいく
  5. "I wish … could witness …." は仮定法で「現実にはかなえられない」という思いを含意している。


 2014年のアルバム "Native" に収録。Wikipedia によればボーカルのライアン・テダーは、四歳の息子のために書いた歌だと語っているそうです。ただ、親子関係をほのめかす表現は *5 だけなので、一般に誰かが誰かと自分自身を励ます歌詞だと受け取っても不自然ではありません。ライアン・テダーはワンリパブリックの若いファンたちへも歌いかけているのでしょう。

Love Love Love : Of Monsters and Men

2016年09月22日




Well, maybe I'm a crook for stealing your heart away *1
私は泥棒なのかもしれない。あなたの心を盗んだのだから
Yeah, maybe I'm a crook for not caring for it *2
詐欺師なのかもしれない。あなたの心を大切に扱わなかったのだから
Yeah, maybe I'm a bad, bad, bad, bad person
私は、悪い、悪い、悪い人間なのかもしれない
Well, baby, I know
分かってるわ

And these fingertips will never run through your skin
この指先があなたの肌を滑ることはもうないでしょう
And those bright blue eyes can only meet mine *3
だけど、私の目にとまるのはその鮮やかな青い瞳だけ
across the room filled with people that are less important than you
人のあふれるこの部屋の中で、あなたほど大事な人は他にいない

Oh, 'cause you love, love, love when you know I can't love
あなたは愛してくれるのだから。私があなたを愛せないと知っていながら
You love, love, love when you know I can't love
You love, love, love when you know I can't love you

So I think it's best we both forget before we dwell on it *4
お互いに忘れることがいちばんだと思う。離れられなくなる前に

The way you held me so tight all through the night 'til it was near morning *5
明け方までずっと抱きしめてくれたあの夜。…やはり、いつかきっと離れられなくなる

'Cause you love, love, love when you know I can't love
あなたは愛してくれるのだから。私があなたを愛せないと知っていながら
You love, love, love when you know I can't love
You love, love, love when you know I can't love you

Oh, 'cause you love, love, love when you know I can't love
You love, love, love when you know I can't love
You love, love, love when you know I can't love you


備考
  1. maybe : もしかすると、ひょっとすると、ことによると、あるいは~かもしれない。perhaps と同義だがより日常会話的。probably よりもかなり低い可能性を表す。
    crook : 不正直な人、詐欺師、泥棒、悪漢。曲がったもの、鉤状のもの。柄の曲がった杖。屈曲、捻れ、湾曲
  2. care for : 気遣う、心配する、案じる。思いやる、親身になる、親切にする。世話をする、面倒を見る、大事にする。好む、愛する、望む
  3. meet : (目・耳に)触れる、見える、聞こえる
    A horrible sight met her eyes. : 恐ろしい光景が彼女の目にとまった
  4. dwell on : ~をつくづく(くよくよ)考える。詳しく(長々と)述べる、書く。~離れない、まとわりつく、まつわる
  5. The way S + V. : (接続詞的に)~のように、~によれば、~から判断すれば、~なので


 2012年のデビューアルバム "My Head Is an Animal" より。
 歌詞で想定されている物語はどのようなものか定かではありませんが、冒頭の動画では牛頭人身の怪物ミノタウロスが竜あるいは大海蛇に叶わぬ恋をしたという物語のようです。



最新記事