Cemeteries Of London : Coldplay

2008年09月03日




At night they would go walking 'til the breaking of the day. *1
夜明けまで、彼らは歩き回る
The morning is for sleeping.
朝は眠るためにある
Through the dark streets they go searching to see God in their own way.
暗い通りを通って、彼らは手慣れた方法で神を探す。
Save the nighttime for your weeping. *2
夜はあなたの涙のためにある
Your weeping.
あなたの涙のために

Singing la lalalala la lei
歌っている
And the night over London lay. *3
ロンドンを覆う夜とともに
So we rode down to the river
だから私たちは川を下って行った
where the Victorian ghosts prayed for their curses to be broken.
そこではビクトリア朝の幽霊たちが、かけられた呪いを破ろうと祈っている
We'd go underneath the arches where the witches are
私たちは魔女たちがいる門の下に行った
and they say there are ghost towns in the ocean.
魔女たちは言う。海の中には幽霊たちの街があるのだと。
The ocean.
海の中には
Singing la lalalala la lei
歌っている
And the night over London lay.
ロンドンを覆う夜とともに

God is in the houses and God is in my head... and all the cemeteries in London...
神は家々にいる。神は私の頭の中にいる。そして、ロンドンのすべての墓地にいる。
I see God come in my garden, but I don't know what he said.
私の庭に神が来るのがわかる。でも、彼が何と言ったかわからない
For my heart, it wasn't open. *4
私の心には、神の言葉は開かれていなかった
Not open.
開かれていなかった

Singing la lalalala la lei
歌っている
And the night over London lay.
ロンドンを覆う夜とともに
Singing la lalalala la lei
歌っている
There's no light over London today. *5
今日もロンドンには一条の光もない


備考
  1. they は幽霊たちを指しているのだろう。
  2. save の主語がよくわからない。また、この save は、「救う」なのか「節約する、貯える」なのか? they=幽霊が主語ならば「幽霊たちは人々が涙を流すために、夜の時間をとっておく」という意味か? あるいは、命令形の文で「夜はなくためにとっておけ」という意味か? 原文が2行目と韻を踏んでいるので、あいまいだが2行目と対句的な和訳にした。
  3. lay over : 塗る、かぶせる
  4. it は、前行の what he said を指している?
  5. today は、昼間のことも指しているのだろうか?


 Coldplay は i-pod の CM で知りました。にわかファンです。Viva la vida を聞いた友人が「U2 のボノかと思った」と言いました。昔 U2 が好きだった私は、それほど似ていると思わなかったのですが、調べてみると Coldplay 当人たちが U2 の影響を受けていると言っているようです。
 Cemeteries of London は、アルバム Viva La Vida Or Death And All His Friends の2曲目に入っています。暗くて、いい歌です。しかし、意味はよくわかりません。ネットで読んだインタビューで、ボーカルのクリス・マーティンが、
 ・川で溺れた魔女の伝説というのを聞いて作詞のきっかけにした
 ・真実をいくら探し求めても得ることは難しいということを書きたかった
といったようなことを話していました。…うろ覚えなので、違っているかもしれません。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawasaki5600.blog64.fc2.com/tb.php/1-d394ff5b
    この記事へのトラックバック


    最新記事