Serenade

2010年09月23日

Serenade : Emiliana Torrini





New world for me
私にとっての新しい世界が
Picturesque in its stance *1
絵のように美しく立ち現れる
Midnight calling
真夜中が呼んでいる
Moonlight shadows start to dance
月影が踊り始める

For the dark finds ways of being engraved in the light *2
闇は光に彫り刻まれた生き場所を見つけ
And the heart bears indentations of yesterdays hurting child *3
心は子どもの頃の傷を負い続けるけれども
And now we will run with smiles
もう私たちは微笑みながら走り出そう
Tomorrow will heal the night soul
明日という日が夜の魂を癒やすだろう
Morning comes
朝は必ず来るのだし
Midnight make fast with the sun *4
真夜中は太陽ときつく結ばれているのだから
I can hear my name, be reborn *5
私の名を呼ぶ声が聞こえる。甦りの声が
On the cloud within the sky beneath the dawn
夜明けの空の雲の上に

Oh I
だから私は
Serenade the dawn *6
夜に歌う
Serenade the dawn
暁の歌を


備考
  1. picturesque : 絵のような、美しい、画趣に富む、生き生きした、個性に富む
    stance : 足場、足の位置、心情的・思想的な姿勢・態度・立場、肉体的な姿勢・構え
  2. engrave : 彫刻を施す、彫り刻む、刻み込む
  3. bear : マーク・痕跡等を身につける・帯びる、関係・称号・意味等を持つ、心に持つ・抱く、支える、義務・責任を負う、耐える、我慢する
    yesterdays : 過去
    yesterday's : 昨日の
    indentation : ぎざぎざをつけること、ぎざぎざ、へこみ、くぼみ、圧痕、字下げ
  4. fast : 固着した、ぐらつかない、しっかりした、固く締まった(結び目など)、心の変わらぬ
  5. reborn : 生まれ変わった、再生した、生き返った
  6. serenade : [名] 夜、恋人の部屋の外で歌う(奏でる)こと、またその歌・曲
          [動] (人のために)セレナーデを歌う(奏でる)


 2005年のアルバム Fisherman's Woman より。
 詩的な歌詞で聞く人により解釈がわかれそうな気がしますが、ここでは、傷ついた心とその再生を願う歌だと解しました。そして、歌詞中に「私たち」とあること、serenade が「誰か人のために歌う」という意味を持つことなどから、傷ついた心は自分自身のことであると同時に歌いかける相手のことでもあると思います。「あらゆる傷ついた心のために私は歌う」と感じました。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawasaki5600.blog64.fc2.com/tb.php/100-9269a4c0
    この記事へのトラックバック


    最新記事