Sometimes I Feel Like A Motherless Child

2010年11月26日

Sometimes I Feel Like A Motherless Child : Marian Anderson



Sometimes I feel like a motherless child
時々自分が母のない子のように感じる
A long ways from home
家から遠く離れ
True believer
真正の信仰者は
A long ways from home
家から遠く離れ

Sometimes I feel like I'm almost gone
時々死にかけているように感じる
A long ways from home
家から遠く離れ
True believer
真正の信仰者は
A long ways from home
家から遠く離れ


Sometimes I Feel Like A Motherless Child : Bessie Griffin



Sometimes I feel like a motherless child
時には母のない子のように感じる
A long ways from home
家を遠く離れ

Sometimes I feel like I'm almost gone
時には今にも死にそうに感じる
Way up in the heavenly land
天国に上る途中のように
True believer
真実の信仰は
Way up in the heavenly land
天の国に導く


Sometimes I Feel Like A Motherless Child : Louis Armstrong



Sometimes I feel like a motherless child
時には母のない子のように思う

A long ways from home
家から遠く離れて
True believer
真の信仰者は
A long ways from home
家から遠く離れて

Yes, sometimes I feel like a motherless child
そうだ。時には母のない子のように思うよ
(Why?)
(なぜ?)
Why? 'Cause nothin' ever happens
なぜって? なんにも起きないからだよ
(Nothin'?)
(何も?)
Well nothin' good
何もいいことがないってことだよ
(So what's good?)
(いいことって?)
Well you know to have a ball, man
楽しいことに決まってるだろ
(You sick?)
(病気なの?)
No
いや
(Hungry?)
(空腹なの?)
No man
ちがう
I just had myself a whole mess of black eyed peas and rice
豆と米を一皿まるごとたいらげたばかりだ
(See what I mean?)
(言ってること理解してる?)
I did
分かってるよ
I am a long ways from home
俺は故郷から遠く離れ
But things could be worse, sure could
悪いことしか起きないんだ。きっとそうなんだ


 マリアン・アンダーソン(1897-1993)はメトロポリタン歌劇場で歌った初の黒人歌手として有名ですが、多くの黒人霊歌もレコーディングしています。ベシー・グリフィン(1922-1989)はニューオリンズ生まれのゴスペル歌手で、マヘリア・ジャクソンと比べられるほどの実力者でした。ルイ・アームストロング(1901-1971)は同じくニューオリンズ生まれのジャズトランペッター、歌手で、数多くのヒット曲を生みました。
 黒人霊歌はアフリカ音楽とキリスト教の賛美歌が融合したものと考えられ、奴隷とともにアメリカに渡り、後に教会音楽としてゴスペルと呼ばれる形式に発展していきます。奴隷たちは自分たちの言語や文化を奪われ欧米の言語と文化を強制させられてきました。支配者の言葉や宗教にすがるしかなかったアフリカ人たちの苦しみと悲しみは私の想像を超えています。奴隷たちの間で歌われていた黒人霊歌は暗い絶望的なものが多いのですが、19世紀半ばの奴隷解放とともに徐々に希望のこもる曲調の歌も増え、ゴスペルともなると明るく楽しい曲調が主流となります。
 この歌は、奴隷の夫婦間で生まれた子をよその家に売る常習に基づいていると言われ、また、祖国アフリカから引き離された悲しみを「母のない子」「故郷から離れ」という言葉で表しているとも言われます。ルイ・アームストロングの歌の後に交わされる掛け合いの語りは「どうせお前ら白人には理解できないだろう」という静かな怒りを表しているのだろうかと思いました。


 <関連記事>
   ☆ I Want Jesus To Walk With Me : Marian Anderson
   ☆ Trouble of The World : Mahalia Jackson



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawasaki5600.blog64.fc2.com/tb.php/110-02880d1f
    この記事へのトラックバック


    最新記事