Sunny Road

2008年12月12日

Sunny Road : Emiliana Torrini




Wrote you this.
あなたへ。
I hope you got it safe.
元気でいるといいけれど…。
It's been so long.
とても長い時間がたったね。
I don't know what to say.
何て言えばいいかしら。
I've travelled 'round through deserts on my horse. *1
わたし、馬に乗って、ずっと荒野を旅してきたの。
But jokes aside, *2
なんて冗談はさておき、
I wanna come back home.
あなたの元へ帰りたいの。
You know that night.
覚えてるかな、あの夜。
I said i had to go.
わたしは「行かなくちゃ」って言った。
You said you'd meet me on the sunny road.
あなたは「また、日の当たる道で会えるよ」って言った。

It's time, meet me on the sunny road.
今がその時よ。日の当たる道でわたしに会って。

I never married, never had those kids.
わたしは結婚しなかった。子どもも持たなかった。
I loved too many. *3
恋はたくさんしたよ。
Now heaven's closed its gates.
だから、天国の門は閉ざされてる。
I know I'm bad to jump on you like this. *4
こんな風にあなたに飛びかかるような真似も、悪いと思ってる。
Some things don't change.
でも、こういう性格、変えられないみたい。
My middle name's still 'Risk'.
わたしのミドルネームは今でも「危険」なの。
I know that night.
わたしはよく覚えてる。あの夜のこと。
So long long time ago.
とても遠い昔のこと。
Will you still meet me on the sunny road ?
まだ、あなたは日の当たる道でわたしに会ってくれる?

It's time, meet me on the sunny road.
今がその時なの。日の当たる道でわたしに会って。

Well, this is it. *5
もう終わりにするね。
I'm running out of space. *6
書くスペースがなくなっちゃった。
Here is my address and number just in case. *7
いちおう、住所と電話番号書いておくね。
This time as one we'll find which way to go.
わたしたちがどんな道を見つけるか、これで決まると思うの。
Now come and meet me on the sunny road.
わたしに会いに来て。日の当たる道で。


備考
  1. desert : 砂漠、荒野 (同じ綴りの別の単語では、功罪、報い、肉親を棄てる、等の意味を持つ)
  2. aside : わきに、かたわらに
    aside from : ~は別として、~はさておき
  3. I loved の対象は手紙の相手ではなく他の複数の男だと思われる。
    もし手紙の相手ならば too much と書くような気がする。
  4. jump on : 人に飛びかかる、激しく非難・攻撃する
  5. This is it : これだ、いよいよ来るぞ
    That's it : そこだ、まさしくそれだ、これでおしまい
  6. run out of : ~を使い果たす、(品物を)切らす
    space : 空間、余白、紙面
  7. (just) in case : 万一に備えて、~するといけないので


 エミリアナ・トリーニの2005年のアルバム Fisherman's Woman より。日本語で書くと「漁師の女」ですね。渋いです。
 サニーロードは歌詞が昔の恋人(?) に向けた手紙の形式をとっています。生ギターだけの伴奏で感情を抑えて淡々と語るように歌う彼女の声は、聞いていると寂しいような温もりのあるような不思議な感覚を覚えます。訳し終えて読み直してみると歌の雰囲気に訳文の文体が若干合わないように思えましたが、私には女性の文体は無理なのでこれくらいが限界です。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawasaki5600.blog64.fc2.com/tb.php/18-8911ae6c
    この記事へのトラックバック


    最新記事