Death To The Storm

2012年12月08日

Death to The Storm : Joe Henry




There's a song we used to know
かつては知られたこの歌
A kind of weary blues
くたびれたブルース
Some broken tune from long ago
昔からの調子はずれだが
Some of us still like to use
今でも使いたがる者もいる

It hangs up high in the rafters *1
天井から吊るされたまま
Like smoke it has no form
煙のように形をなさず
Keep it all hid like laughter
すべてを隠した笑いのように
And sing out death death to the storm
死を歌う。嵐へと向かう死を

Death to the storm
嵐へと向かう死を

We keep it all hid like laughter
俺たちはすべてを隠し、笑う
And sing out death death to the storm
そして死を歌う。嵐へと向かう死を

I've caught my rage in the making *2
俺は自らの怒りを捕まえて成功した
Alive here in my hand
生きたままこの手に
But it bent the rod to breaking
しかし、それは折れるまでに棹をたわませた
And still i'm a hungry hungry man
そして、今でも俺は飢えた者だ

The trouble is so underrated *3
困難は見くびられ過ぎる
I've been battered rusted whored *4
俺は滅多打ちにされ、錆付き、身を売った
Calling all the great ill fated *5
呪われた災厄ばかりを呼んだ
Who bring death death to the storm
死をもたらす者。嵐へと向かう死を

Death to the storm
嵐へと向かう死を

We call upon the great ill fated
俺たちは呪われた災厄を呼ぶ
Who bring death death to the storm
死をもたらす者。嵐へと向かう死を

A line of cars is rolling westbound *6
車線はうねりながら西へ向かう
A dark river just begun
黒く深い川は始まったばかりだ
The tramps are huddled in their best now *7
今が盛りだとばかりに重い足音が重なり響く
Like a funeral in the sun *8
真昼の葬列のように

A man waits on orange crates *9
男はオレンジの箱を待っている
His meager eyes go soft and warm *10
やせ細った目が優しく温かくなる
As women wade the deep parade *11
女たちは行列をかき分けて進む
Cheering death death to the storm *12
死を喝采している。嵐へと向かう死を

Death to the storm
嵐へと向かう死を

As women wade the deep parade
女たちは行列をかき分けて進む
Cheering death death to the storm
死を喝采している。嵐へと向かう死を


備考
  1. raffer : 屋根の垂木、梁(はり)
  2. catch : 捕まえる、間に合う、見つける
    the making : 成功・発展の原因・手段
  3. underrate : 安く見積もる、過小評価する、見くびる
  4. whore : 売春する、買春する、金や欲得の為に妥協する・信用を汚す
  5. ill : 難儀、面倒、不幸、災難、悪、危害、病気、不快
  6. rolling : なだらかに起伏している、うねうねとした、横揺れする
    westbound : 西行きの
  7. tramp : 放浪者、無宿人、重い足どり、重い足音、徒歩(旅行)
    huddle : ごちゃごちゃに積み上げる、ぎっしり集める、詰め込む、体を丸く縮こませる
  8. funeral : 葬式、葬儀、葬列
  9. crate : 枠箱、木枠、酒壜等のケース、棺おけ
  10. meager : 食事の質が劣る、量が不足している、貧弱な、乏しい、やせ細った
  11. wade : 水の中を歩く、雪・泥・草の中をやっと通る、苦労して進む、やっと切り抜ける
  12. cheer : 喝采する、声援する、歓呼する、励ます、元気付ける


 2009年のアルバム Blood From Stars より。
 分かりにくく、いろいろな解釈ができそうです。嵐、怒り、西に向かう車、葬列、オレンジなどの言葉を眺めていると、スタインベックの『怒りの葡萄』を思い出します。1939年に出版されたこの小説は1930年代大恐慌下のアメリカが舞台で、農業の機械化・資本主義化と苛烈な砂嵐に土地を追われた中部の農民たちが豊かな土地カリフォルニアを目指すという物語です。苦難の末に辿り着いたカリフォルニアは夢と希望の地ではなく、彼らは低賃金労働に酷使され悲惨な生活を強いられます。タイトルは神の人間に対する怒りを示す聖書の言葉で、人間の愚かさ一般を描いているとも読めますが、当時のアメリカ社会批判あるいは資本主義批判という性格の強い小説です。ジョー・ヘンリーのこの歌は、2007年のサブプライムローン問題、2008年のリーマンブラザースの破綻などに始まる世界的金融危機を背景にして、大恐慌を思い起こせ、立ち止まって深く考えろと歌っているように、私には見えます。
 一人の男と複数の女が登場するので、女たちを泣かせてきた男の遍歴と後悔とも解釈できるかもしれません。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawasaki5600.blog64.fc2.com/tb.php/191-0195d994
    この記事へのトラックバック


    最新記事