香港 Hong Kong

2012年12月30日

香港 Hong Kong : テレサ・テン Teresa Teng(鄧麗君 Dèng Lìjūn)
作詞/荒木とよひさ, 作曲/三木たかし(lyrics by Araki Toyohisa, composed by Miki Takashi)




星屑を地上に蒔いたこの街のどこかに
思い出も悲しみさえもいまは眠っている
Now all memories and even sadness are sleeping
somewhere in this city scattered with stardust
この広い地球の上で暮らしてる人達
誰もみんな帰るところをもっているはず
All living people on this broad earth
should have a place to come back

あゝ人はまぼろしの夢を追いかけて
生きているだけならば儚すぎる
Oh a man's life is so evanescent
if he lives only to pursue a dream of illusion
何故にわたしは生まれてきたの
何故に心が淋しがるの
Tell me why I was born,
why I feel my heart lonly

銀色の翼をひろげまだ知らぬ異国へと
いつの日か旅立つならばそばに愛する人
I wish my love by my side
when I spread the silver wings to leave for an strange country someday
時が過ぎ時代が変わり若き日をふりむき
心だけが帰るところはきっとこの街
As time has passed and changed I look back on the young,
only my heart will come back to this home town

あゝ人は夢ごとの過去を懐しみ
かえがたい優しさに気付くけれど
Oh though everyone is stuck in the past dreams
and realize the kindness too precious to replace
何処へわたしはたどり着くの
何処へ心を連れてゆくの
Tell me where I'll arrive at,
where you'll take my heart

あゝ人はまぼろしの夢を追いかけて
生きているだけならば儚すぎる
Oh a man's life is so evanescent
if he lives only to pursue a dream of illusion
何故にわたしは生まれてきたの
何故に心が淋しがるの
Tell me why I was born,
why I feel my heart lonly


 テレサ・テンのファンではありませんが、この歌は昔から好きです。英文和訳も覚束ないのに英訳など無謀なことは承知していますが、日本と近隣諸国の対立が先鋭化しつつあるこの年の暮れに、国家の争いに翻弄された彼女の人生を象徴させるような歌詞を掲載したく思い、翻訳してみました。不自然かつ間違っているでしょうし当然まったく詩になっていません。どなたか間違いだけでも訂正していただけると幸いです。
 テレサ・テンは1953年台湾生まれ。両親が日本敗戦後に台湾に移住した外省人のため、親戚縁者のいる中国大陸への懐郷の思いを強く持っていたそうです。彼女の歌は1970年代半ばから大陸でも人気を得、中国共産党も彼女の「何日君再来」を日中戦争下の抗日歌として宣伝するようになる一方で、台湾=中華民国は反中共感情を煽る手段として彼女の歌を利用しました。
 1989年6月4日の天安門事件で中国共産党が民主化運動家たち数千人を虐殺したことに対し、彼女は香港での抗議集会に参加し中華人民共和国の民主化を訴えました。その後、中共に返還されることが決まっていた香港を離れ、フランスのパリへ移住します。中華人民共和国でのコンサート開催を願っていた彼女の望みはかなうことなく、1995年5月8日に気管支喘息の発作で夭逝します。

 下の映像は天安門事件の直後1989年6月21日に日本のテレビ出演予定を取りやめ香港から中継放送されたものです(http://www.epochtimes.jp/jp/2009/12/html/d15289.html)。動画の投稿者は台湾の人のようです。

 

 次の「テレサ・テンはなぜ泣くのか」と題された動画は、内容は上とほぼ同じですが、簡体字を使っていることもあり投稿者は大陸(中華人民共和国)の人だと思われます。大陸にも彼女のファンは多いそうなので不思議なことではありませんが、歌や音楽は国家間の争いを超える力があると信じます。

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawasaki5600.blog64.fc2.com/tb.php/199-a01819dd
    この記事へのトラックバック


    最新記事