2000 Miles

2008年12月22日

2000 Miles : The Pretenders




"He's gone 2000 miles" *1
「父さんは2000マイルの彼方に行ってしまったの」
"It's very far"
「とても遠いところよ」
The snow is falling down
雪が舞い降り
Gets colder day by day
寒さが日ごとに増し
I miss you
寂しさが募る

The children will sing *2
子どもたちは歌うだろう
"He'll be back at christmastime" *3
「クリスマスには父さん帰ってくるよね」

In these frozen and silent nights
こんな凍った静かな夜には
Sometimes in a dream you appear
ときどき夢にあなたが現れる
Outside under the purple sky diamonds in the snow sparkle
外では、紫の空の下、ダイヤモンドの雪がきらめいている
Our hearts were singing
夢の中、私たちの心は歌っていた
It felt like christmastime
クリスマスのような気分だった

2000 miles is very far through the snow *4
2000マイルは雪の向こう側、天空の彼方
I'll think of you
私はずっとあなたを思っている
Wherever you go
たとえあなたがどこにいても

"He's gone 2000 miles"
「父さんは2000マイルの彼方に行ってしまったの」
"It's very far"
「とても遠いところよ」
The snow is falling down
雪は降り続き
Gets colder day by day
日ごとに寒さが募る
I miss you
あなたに会いたい

I can hear people singing
人々が歌っているのが聞こえる
It must be christmastime
もうクリスマスが来たのだろうか
I hear people singing
人々が歌っている
It must be christmastime
クリスマスが来てしまったのね


備考
  1. He has gone : 現在完了形のこの言い回しは、彼がいなくなって戻ってこないこと、あるいは死んでしまったことを示しているように見える。また He と you が混在しているのは、He は誰かに(おそらく子どもたちに)伝えた言葉、you は独白ではないかと思う。だから、冒頭の2行は子どもたちに伝えた言葉と解釈して訳した。
  2. the : [所有格代名詞の代用] the wife : うちのかみさん the children : 私の(私たちの)子どもたち
    ※冠詞は難しいので上の説明は当てはまらないかもしれないが、第3連5行目に Our hearts とあるので children は歌い手と「彼」の子どもではないかと思う。幼い子どもたちに父親はクリスマスには帰ってくるとごまかしていたのかもしれない。
  3. christmastime : クリスマス季節。クリスマスイブから元日までの期間。
    ※ここの He が冒頭の He と同じかどうかはよくわからないが、*1 と *2 の解釈通りに訳してみた。
  4. 2000マイルの彼方とは、雪の向こう、すなわち天空=天国を指しているのではないかと思う。


 プリテンダーズは1979年にレコードデビューしたイギリスのロックバンドです。「2000マイルズ」は1984年の Learning to Crawl というアルバムに収録されています。
 クリスマス・ソングでいちばん好きな曲です。


 <関連記事>
   ☆ Fairytale of New York : The Pogues & Kirsty MacColl



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawasaki5600.blog64.fc2.com/tb.php/21-7db8d8dc
    この記事へのトラックバック


    最新記事