Mrs. Robinson

2013年02月24日

Mrs. Robinson : Simon and Garfunkel




And here's to you, Mrs. Robinson *1
あなたに乾杯。ミセス・ロビンソン
Jesus loves you more than you will know
イエスはあなたを愛していますよ。あなたが思っているよりも
God bless you, please, Mrs. Robinson
神があなたを祝福されますように。ミセス・ロビンソン
Heaven holds a place for those who pray *2
天国は場所を与えますよ。神に祈る人には

We'd like to know a little bit about you for our files *3
私たちはあなたのことを少し知りたい。記録として保存するためにね
We'd like to help you learn to help yourself
あなたを手伝いたい。あなたが自力でできるようになるよう
Look around you, all you see are sympathetic eyes *4
まわりを見てごらんなさい。見えるでしょう、あなたに共感する目が
Stroll around the grounds until you feel at home *5
庭でも散歩するといいですよ。気分が楽になるまで

And here's to you, Mrs. Robinson
あなたに乾杯。ミセス・ロビンソン
Jesus loves you more than you will know
イエスはあなたを愛していますよ。あなたが思っているよりも
God bless you, please, Mrs. Robinson
神があなたを祝福されますように。ミセス・ロビンソン
Heaven holds a place for those who pray
天国は場所を与えますよ。神に祈る人には

Hide it in the hiding place where no one ever goes
隠しなさい。どこか誰も来ない所に
Put it in your pantry with your cupcakes *6
食料庫に入れなさい。カップケーキと一緒に
It's a little secret just the Robinsons' affair *7
それは小さな秘密。たかだかロビンソン家の事件
Most of all you've got to hide it from the kids *8
大事なのは、子どもたちに隠すことです

Koo-koo-ka-choo, Mrs. Robinson *9
すばらしいですよ。ミセス・ロビンソン
Jesus loves you more than you will know
イエスはあなたを愛していますよ。あなたが思っているよりも
God bless you, please, Mrs. Robinson
神があなたを祝福されますように。ミセス・ロビンソン
Heaven holds a place for those who pray
天国は場所を与えますよ。神に祈る人には

Sitting on a sofa on a Sunday afternoon
日曜の午後はソファにくつろいだり
Going to the candidate's debate *10
立候補者の討論会に行ったり
Laugh about it, shout about it when you've got to choose *11
笑い飛ばしたり喚いたりしなさい。そうして、あなたは選択しなければならない
Every way you look at it you lose
どの道を見たってあなたは迷うのです

Where have you gone, Joe DiMaggio *12
どこへ行ってしまったの? ジョー・ディマジオ
Our nation turns it's lonely eyes to you
私たち国民は寂しい目をあなたに向けているのに
What's that you say, Mrs. Robinson?
何を言ってるんですか? ミセス・ロビンソン
Jolting Joe has left and gone away *13
強打者ジョーは去ってしまい、とっくに死んでますよ


備考
  1. Here's to : (人・健康・成功・幸運などに)乾杯
  2. hold : 手で持つ、つかむ、保持する、保有する、収容できる、入れる、席を確保する
  3. file : 書類等の整理保存用具、綴じ込み、書類一式
  4. sympathetic : 同情的な、思いやりのある、共感する、好意的な
  5. stroll : ぶらつく、散歩する、旅して回る、流浪する
    grounds : 建物の周囲の庭園、芝生、敷地、構内
  6. pantry : 食料品や食器の置いてある部屋
  7. affair : 事、出来事、事務、業務、問題、関心事、不倫、情事、スキャンダラスな事件
  8. most of all : いちばん、とりわけ、中でも、殊に、この上なく、
  9. Koo-koo-ka-choo = Coo coo ca choo : 一般的には特定の意味はない。60~70年代のスラングでは、状況や文脈によって意味が変わったり、その "使い方の自由度" からこの言葉自体に「自由」という意味、あるいは「良い、素晴らしい」等の意味を持たせて使われることもあったらしい。(www.urbandictionary.com より)
  10. candidate : 立候補者、志望者
  11. 've got to = have got to = have to
  12. Joe DiMaggio : 1936年~51年に大リーグで活躍した野球選手。1914-99。この歌が作られた1967年頃は現役引退後だが、死んではいない。
  13. jolt : 急に揺する、がたがた揺さぶる、強打でふらふらにする、驚かす・ショックを与える


 1967年の米映画『卒業』の挿入曲として使われた歌です。アルバムとしては1968年の Bookends に収録されています。
 マイク・ニコルズ監督に映画のための新曲を請われたポール・サイモンは時間がなかったため手持ちの歌を見せました。それが「ミセス・ルーズベルト」というこの歌で、過去を懐古する内容のものでした。ニコルズ監督はこれを見て「これは今からミセス・ロビンソンだ。ルーズベルトじゃなくてね」と言ったそうです(http://en.wikipedia.org/wiki/Mrs._Robinson)。
 ミセス・ルーズベルトとは第32代米大統領フランクリン・ルーズベルト(1882-1945。任期1933-45)の夫人エレノア・ルーズベルト(1884-1962)のことです。彼女は夫の大統領時代の政策に大きな影響力を持ち、夫の死後も民間の運動家として政治的活動に携わり、女性の地位向上や人種差別反対などに力を注ぎました。アメリカでは、おそらく今日でも、歴代ファーストレディで最も尊敬されている人物なのではないでしょうか。この歌とは関係ありませんが、黒人オペラ歌手マリアン・アンダーソンが人種差別によりワシントン憲法記念館でのコンサートができなくなった時、開催のために手助けしたのもエレノア・ルーズベルトです。
 元歌はおそらくミセス・ルーズベルトとジョー・ディマジオを古き良きアメリカの象徴とみなして書いたものだろうと推測できますから、この歌詞におけるミセス・ロビンソンも肯定的に描かれているのだろうと思います。ただ、私は映画を昔一度だけそれも適当に見ただけなので内容をよく覚えていません。そのため、映画の中のミセス・ロビンソンの位置づけがこの歌詞とどのように関連しているのかが分かりません。
 歌詞だけから判断すると「あなたの過ちや迷いは未来を閉ざしているわけではない。古き良き時代はもう戻らないが、迷いながらも選択し続けるしかないのだ」というように思えました。ミセス・ルーズベルトの元々の歌詞と新しく付け加えられたミセス・ロビンソンの歌詞が混在して全体として多少の不自然さが出ているためかもしれませんが、妙に皮肉っぽい歌詞にも見えます。やはり、よく分かりません。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawasaki5600.blog64.fc2.com/tb.php/215-f95377a3
    この記事へのトラックバック


    最新記事