Ain't Got No, I Got Life

2013年02月24日

Ain't Got No, I Got Life : Nina Simone




I ain't got no home, ain't got no shoes *1
私には家がない 靴がない
Ain't got no money, ain't got no class
お金がない 教室がない
Ain't got no fans, ain't got no students
ファンがいない 生徒がいない
Ain't got no work, ain't got no job
仕事がない 職がない
Ain't got no mind
知性がない

What have I got?
私には何があるの?
Why am I alive anyway? *2
なぜ私は生きてるの どういうこと?
Yeah, what have I got?
そうよ 私は何か持ってる?
Nobody can take away
誰からも取り上げられないものを

I got my hair, I got my head
私には髪がある 頭がある
I got my brains, I got my ears
脳がある 耳がある
I got my eyes, I got my nose
目がある 鼻がある
I got my mouth, I got my smile
口がある 笑顔がある

I got my tongue, I got my chin
私には舌がある あごがある
I got my neck, I got my boobs
首がある 乳房がある
I got my heart, I got my soul
心がある 魂がある
I got my back, I got my sex
背中がある 性がある

I ain't got no father, ain't got no mother
私には父親がいない 母親がいない
Ain't got no children, ain't got no faith
子どもがいない 信念がない
Ain't got no earth, ain't got no water
土地がない 水がない
Ain't got no ticket, ain't got no token *3
切符がない コインがない
Ain't got no mind
知性がない

What have I got?
私には何があるの?
Why am I alive anyway?
なぜ私は生きてるの どういうこと?
Yeah, what have I got?
そうよ 私は何か持ってる?
Nobody can take away
誰からも取り上げられないものを

I got my hair, I got my head
私には髪がある 頭がある
I got my brains, I got my ears
脳がある 耳がある
I got my eyes, I got my nose
目がある 鼻がある
I got my mouth, I got my smile
口がある 笑顔がある

I got my tongue, I got my chin
私には舌がある あごがある
I got my neck, I got my boobs
首がある 乳房がある
I got my heart, I got my soul
心がある 魂がある
I got my back, I got my sex
背中がある 性がある

I got my arms, I got my hands
私には腕がある 手がある
I got my fingers, Got my legs
指がある 脚がある
I got my feet, I got my toes
足がある つま先がある
I got my liver, Got my blood
肝臓がある 血がある

I've got life
私には命がある
I've got my freedom
私には自由がある
I've got the life
私には命がある

heart, soul, heart, soul
心 魂 心 魂


備考
  1. ain't got no = have not got no = have no
  2. anyway = anyhow : なんとしても、どうしても、どうせ、それでも、いずれにせよ。(強意として)いったい。
  3. token : バス・地下鉄・遊技機で用いる代用硬貨。補助紙幣、商品券、しるし、象徴


 アルバム 'Nuff Said!(1968年) 他に収録。オリジナルは1967年初演の Hair というロック・ミュージカルの Ain't Got No と I Got Life という二つの歌です。Wikipedia によればこのミュージカルは「1960年代のヒッピー、対抗文化、性革命の産物であり、歌のいくつかは反ベトナム戦争・平和運動を代表する讃歌となった」ということです。
 ニーナ・シモンの歌声はいつもある種の崇高さを感じさせます。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawasaki5600.blog64.fc2.com/tb.php/216-f9a88efd
    この記事へのトラックバック


    最新記事