Waltzing Back

2013年03月05日

Waltzing Back : The Cranberries




Who gave them the right, *1
誰があいつらに正義を与えたの?
Waltzing back into your life, your life, your life? *2
踊るように軽やかにあなたの人生にまた入り込もうとしている
Now I feel fear,
恐ろしい
I wish that they'd never come here, here, here.
あいつらがここに来なければいいのに

What they're gonna do, what they're gonna say, *3
あいつらは何をしようとしてるの? 何を唱えようとしてるの?
Taking you away from my life, my life, my life?
あなたを私から連れ去ろうとしている
What they're gonna do, what they're gonna say,
あいつらは何をしようとしてるの? 何を唱えようとしてるの?
Taking you away from my life, my life, my life?
あなたを私から連れ去ろうとしている

Who gave them the right,
誰があいつらに正義を与えたの?
Turning it back into light, light, light? *4
また戦の火をつけようとしている
Then I felt fear,
恐ろしい
I wish that they'd never come here, here, here.
あいつらがここに来なければいいのに

What they're gonna do, what they're gonna say,
あいつらは何をしようとしてるの? 何を唱えようとしてるの?
Taking you away from my life, my life, my life?
あなたを私から連れ去ろうとしている
I don't wanna know, I don't wanna say, *5
分かりたくないし、言いたくもない
I don't wanna say, 'cause it's your life, your life, your life.
口を出したくない。なぜならあなたの人生だから

Who gave them the right, the right, the right?
誰があいつらに正義を与えたの? 権利を与えたの?


備考
  1. right : 正当な要求・資格・理由、権利、正しさ、公正さ、正当性、正義
  2. waltz : ワルツを踊る、活発(軽快に)歩く・動く・進む、大胆に近づく
    waltz in : 簡単に(軽快に・たやすく)入り込む
  3. say : 口に出す、言う、意見を述べる、主張する、祈りなどを唱える
  4. turn ~ back : 逆さにする、ひっくり返す、裏返す、追い返す、後退させる、撃退する
    light : 光、光線、明るさ、輝き、日光、昼間、発光体、照明、火、火花、点火(発火)物、turn on(off) the light : 電灯をつける(消す)
    ※ it と light が何を指すのかよく分からないので想像で意訳した。light に戦争という意味はない。おそらく関係ないだろうが、旧約聖書(イザヤ書 5-7, 5-20)に次のような言葉がある。
    「万軍の主のぶどう畑はイスラエルの家であり、主が喜んでそこに植えられた物は、ユダの人々である。主はこれに公平を望まれたのに、見よ、流血。正義を望まれたのに、見よ、叫び。」
    「わざわいなるかな、彼らは悪を呼んで善といい、善を呼んで悪といい、暗きを光とし、光を暗しとし、苦きを甘しとし、甘きを苦しとする。」
  5. ※ここの say はあなたの行動に「口を出す、意見する」という意味だと思うが、don't wanna の感覚がよく分からない。ただ「言っても無駄だから言わない」か「あなたの人生に私が口を出す権利はない」のどちらかだろうとは思う。


 1992年のデビューアルバム Everybody Else Is Doing It, So Why Can't We? より。
 説明の少ない歌詞で意味がとりにくいですが、大切な人を誰かに奪われる危惧を歌っていることは分かります。個人的には徴兵を思い浮かべたのでそのような感じの訳文になりましたが、英文でははっきりとは書かれていませんから、聞く人により想像できる状況は異なるのでしょう。もし、これが「戦争は踊りながら(歌いながら)たやすく人の心に入り込んで来る」という隠喩であるとすれば、私もまさしくその通りだと思います。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawasaki5600.blog64.fc2.com/tb.php/219-4d799fd0
    この記事へのトラックバック


    最新記事