Children Don't You Get Weary

2013年05月15日

Children Don't You Get Weary : Bessie Griffin




Children, don't get weary *1
子らよ、倦むな
Don't
いけない
Don't you get weary
倦むな
Till your work is done
お前らの仕事が終わるまで

Children, don't get weary
子らよ、倦むな
No, no, oh
だめだ
Don't get weary
倦むな
Till your work is done
お前らの仕事が終わるまで

You know he died for you and me
お前らも知るように彼は私と汝らのために死んだ
Yes, He died upon the tree *2
そうだ。彼は木の下で死んだ
And he was not weary
そして彼は倦むことがなかった
Till the work was done
仕事が終わるまで

Walk and don't you get weary
歩め。倦むな
Walk and don't
歩め。そして
Walk and don't get weary
歩め。倦むな
Till your work is done
お前らの仕事が終わるまで

Singin', don't get weary
歌おう。倦むな
Singin', don't
歌おう。そして
Singin', don't get weary
歌おう。倦むな
Till your work is done
お前らの仕事が終わるまで

Singin', don't get weary
歌おう。倦むな
No, no, no, oh
だめだ。いけない
Don't get weary
倦むな
Till your work is done (Keep a-workin' till your work is done) *3
お前らの仕事が終わるまで(働き続けろ。お前らの仕事が終わるまで)


備考
  1. child : 子供、児童、特定の状況下の人・子孫・所産、親に対しての子
    children of Israel : イスラエルの子(ヘブライ人・ユダヤ人)
    child of the forest : 森の子(北米先住民)
    child of God : 神の子、信者
    weary : 疲れきった、へとへとになった、うっとうしい、あきあきしている、うんざりしている
  2. tree : 絞首台。とくに the Tree で「キリストの十字架」。
  3. ※ a-working の a は接頭辞で名詞や動名詞を副詞化・形容詞化し、補語を作る。古い言葉遣い。現代ではこの a は省略されて、文法的には working を現在分詞とみなすらしい。


 1960年のアルバム "Portraits in Bronze" より。
 黒人霊歌の歌詞は意味が二重に込められていると言われます。キリスト教の賛美歌をもとにした信仰的な意味合いの裏に、奴隷からの解放を願う心情が隠されているそうです。この歌では、イエスの信仰活動を引き合いにして自分たちの信仰生活を歌っていると同時に、過酷な綿花栽培労働や家事労働に耐えるための労働歌的な意味合い、そして最下層には、隷属から解放されたい(be done) という思いが歌われているように見えます。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawasaki5600.blog64.fc2.com/tb.php/234-2cef2f9b
    この記事へのトラックバック


    最新記事