気に入った洋楽の歌詞を和訳しています。

The Wolf Is Getting Married : Sinéad O'Connor



I used to have no wolves around me
私の回りには狼はいなかった
I was too free, if that's possible to be
私は自由奔放だった。もしそんなものが存在するとして
No safety, is what I mean
そして安全もなかった。つまり
No solid foundation to keep me *1
私を守ってくれる固い拠り所もなかった

But the sun's peeping out of the sky *2
でも太陽が空に顔をのぞかせている
Where there used to be only gray
ただ灰色だった空に
The wolf is getting married *3
狼は結婚する
And he'll never cry again *4
もう彼が泣くことはないだろう

Your smile makes me smile
あなたの微笑みは私を微笑ませる
Your laugh makes me laugh
あなたの笑いは私を笑わせる
Your joy gives me joy
あなたの喜びは私に喜びをもたらす
Your hope gives me hope
あなたの希望は私に希望を与える

And the sun's peeping out of the sky
そして太陽が空に顔をのぞかせている
Where there used to be only gray
灰色一色だった空に
The wolf is getting married
狼は結婚しようとしている
And he'll never cry again
もう彼が泣くことはないだろう
Never cry again
二度と

Even if something terrible is happening
たとえ何か恐ろしいことが起きても
You laugh and that's the thing I love about you most, yeah
あなたは笑う。あなたのそういう所を私はいちばん愛する

Your smile makes me smile
あなたの微笑みは私を微笑ませる
Your laugh makes me laugh
あなたの笑いは私を笑わせる
Your joy gives me joy
あなたの喜びは私に喜びをもたらす
Your hope gives me hope
あなたの希望は私に希望を与える

And the sun's peeping out of the sky
そして太陽が空に顔をのぞかせている
Where there used to be only gray
灰色一色だった空に
The wolf is getting married
狼は結婚しようとしている
And he'll never cry again
もう彼が泣くことはないだろう


備考
  1. foundation : 基礎、基盤、土台、根拠、よりどころ
  2. peep : 隙間・穴からのぞく、草花・太陽が一部現れる・出始める
  3. ※ この場合の現在進行形は「近接未来」を表すものだろう。
  4. ※ cry wolf : 狼が出たぞと叫ぶ、虚報を伝えて人を騒がせる
    cry wolf too often : 嘘が多くて信用されなくなる
    ※ この he は直前の「狼」を指すのが自然だが、シネイド・オコナーを「狼」もしくはその眷属だと解釈した場合「彼女を危険な狼だと触れ回る人間はもう現れない」という意味にも解釈できるのではないだろうか。


 2012年のアルバム How About I Be Me (and You Be You)? より。
 詩的で様々な解釈が成り立ちそうな歌詞です。かつてシネイド・オコナーは、カトリック教徒でありながらローマ教皇を攻撃する危険人物だと広く思われていたようです。カトリック教会での児童虐待が明るみに出て2010年に教会が公にこれを認めたことにより、彼女の主張が真実であったことが世に知られました。he'll never cry again の he は、彼女を誹謗した多くの人間、彼女自身、虐待を受けていた子供たちのいずれにも解釈できそうな気がします。同様に wolf も、彼女自身ともとれるし、聖職者あるいは教会そのものともとれるように思えます。ただし、これは私的な解釈なので根拠も客観性もありません。彼女の経歴を知らない人が聞いた場合どのような印象を受けるのでしょうか。

Comments 0

Leave a reply