World On Fire

2014年09月03日

World On Fire : Sarah McLachlan




Hearts are worn in these dark ages *1
この暗い時代に多くの心が擦り切れ疲れ果てている
You're not alone in these stories pages *2
この物語の中にいるのはあなただけじゃない
The light has fallen amongst the living and the dying *3
生きる者たちにも死にゆく者たちにも、等しく日は落ちてしまった
And I'll try to hold it in, yeah, I'll try to hold it in *4
私はこれを心に留めていたいと思う。心の内にしまっていようと思う

※ The world is on fire
世界は火に焼かれており
It's more than I can handle *5
それは私には扱いきれないほど大きい
I'll tap into the water *6
それでも私は水栓を開けよう
Try and bring my share *7
自分の役目を果たしたい
Try to bring more
もっと何かをもたらしたい
More than I can handle
自分が扱える以上のものを
Bring it to the table *8
何か役立つことを
Bring what I am able ※ *9
できる限りのことを

I watch the heavens but I find no calling
空を見上げる。けれども、天命は見つからない
Something I can do to change what's coming
私に何ができるだろうか。今起きようとしている事を変えるために
Stay close to me while the sky is falling
私の近くにいて。だって、天が落ちようとしているのだから
I don't wanna be left alone, don't want to be alone
私は一人にはなりたくない。一人にはされたくない

※~※

Hearts break, hearts mend, love still hurts *10
心が砕け、心が癒え、そして、愛がまた傷つける
Visions clash, planes crash
幻想が衝突する。飛行機が衝突する
Still there's talk of saving souls *11
今もなお、魂は救われるなどと言う声がある
Still the cold is closing in on us *12
今もなお、孤立は私たちに迫ろうとしているのに

We part the veil on our killer sun *13
私たちは、有害な太陽光を遮る帳を切り裂く
Stray from the straight line on this short run *14
短距離走のような短い真っ直ぐな道からも外れてしまう
The more we take the less we become
奪えば奪うほどに私たちは小さくなる
The fortune of one man means less for some
一人の富は誰かの欠乏を意味するのだから

※~※


備考
  1. wear : 身につける、着用してすり切らす・すり減らす、侵食する、疲労させる・やつれさせる
  2. not alone in ~ : ~において[主語は]独りではない、~しているのは[主語]だけではない、[主語]だけが~しているのではない
  3. amongst = among : 3つ以上のものの間で(「2つのものの間で」は between)
    ※ここで between ではなく amongst が使われているのは単に音節上の都合なのかもしれないが、仮にそうであっても living と dying は複数の生と死を意味するのだろうと思いこのように意訳したが、間違っているかもしれない。
  4. hold in : 感情などを抑制する、隠す、閉じ込める、記憶に留める、支える・保持する、拘束する
    ※ hold it in は「この悲しみを忘れてはならない」または「この怒りを外に出してはならない」だろうと思い、ここでは両義を込めて曖昧に訳したが、いずれも間違っているかもしれない。
  5. handle : 手を触れる、手で扱う・いじる、事を処理する、人・問題を扱う、あしらう、統御・操縦する、操る
  6. tap : 飲み口を開けて液体を出す、栓を抜く、刻み目をつけて樹液を出す、せきを切る
    tap into : 入り込む、活用する、開発する、人に取り入る・近づく
    ※ここでは上の fire からの連想で「火を消すための水を出す」というニュアンスだろうと思ったが、"tap off" ではなく "tap into" なので間違っているかもしれない。
  7. bring : 持って来る、連れて来る、もたらす、来させる
  8. bring to the table : 食卓に持ち込む→有益なものを提供する
  9. ※ここは Bring what I am able to do で、bring を指す to do が省略されているのではないだろうか。
  10. ※ここは動詞を自動詞ととるか他動詞ととるかで意味合いが微妙に変わるが、ここでは、自分の感覚に合うように意訳している。
  11. talk : 世評、噂
    There's talk of ~ : ~という話だ、~の噂がある
  12. cold : 寒さ、寒気、冷気、風邪、孤立、無視
    close in : 接近する、押し寄せる、包囲する、迫る
  13. part : ばらばらにする、壊す、割る、裂く、切る、分割する、分ける
    ※この一行は、紫外線を吸収して生態系を保護するオゾン層をフロン等の化学物質の放出により人間が破壊していることを指し、そしてそれは、人間を殺すのは私たち人間であるという隠喩ではないだろうか。
  14. stray : 道からそれる、道に迷う、群れからはぐれる
    ※ run は「走ること、逃走、競争、走る行程、走行」だが、ここでは「短い一生」も示唆するように見える。


 2003年のアルバム Afterglow より。サラ・マクラクランはこの歌を2001年の米同時多発テロに対する "response(応答・反応・返答・感応)" として作ったと各所で語っているそうです(http://www.songfacts.com/detail.php?id=4010)。
 また、通常プロモーションビデオを一本制作するのに15万ドルかかる(本当かなと思えるほど高額ですが)そうなのですが、冒頭の動画は15ドルで制作し、残りの予算約15万ドルを複数の基金などに寄付したそうです。動画の中では、例えばロサンゼルスで制作アシスタントを一人雇うのに一日200ドルかかるがエチオピアでは同じ金額で100人の子供が一学期学校に通える、一日分の化粧と整髪の料金5000ドルでアフガニスタンでは145人の少女が一年間学校に通える、といったことを説明しています。
 私は欧米でよく見られる慈善行為をあまり好きではありません。最近流行っているバケツの氷水をかぶる映像などは見ていて吐き気を催します。ただ、この動画に関しては私たちが知っておくべき事柄を分かりやすく伝えるのに有効な役割を果たしていると思います。そして、"World On Fire" も、深く考えて作られた美しい歌詞だと思います。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawasaki5600.blog64.fc2.com/tb.php/262-d5e4fe7b
    この記事へのトラックバック


    最新記事