Jeremy

2014年09月29日

Jeremy : Pearl Jam




At home
ジェレミーが家で
Drawing pictures
絵を描いている
Of mountain tops
山頂の絵だ
With him on top
頂上には自分自身と
Lemon yellow sun
レモン色の太陽
Arms raised in a V
両腕をV字に掲げている

Dead lay in pools of maroon below *1
下方には栗色の血だまりに死体が横たわる

Daddy didn't give attention
父親は注意を払わなかった
To the fact that mommy didn't care
母親が彼を気遣わなかったことを
King Jeremy the wicked *2
邪悪なジェレミー王は
Ruled his world
彼の世界を支配した

Jeremy spoke in class today *3
今日、教室でジェレミーがしゃべった!
Jeremy spoke in class today
今日、教室でジェレミーがしゃべった!

Clearly I remember
よく覚えている
Pickin' on the boy *4
あの頃、誰かをいじめることは
Seemed a harmless little fuck *5
無害で無邪気なものに思えた
But we unleashed a lion *6
でも、僕たちが解き放った
Gnashed his teeth *7
そのライオンは、怒りに歯噛みし
And bit the recessed lady's breast *8
奥に隠れる女の胸に噛み付いた
How could I forget
忘れられない
He hit me with a surprise left
彼は僕に不意打ちの左を食わせた
My jaw left hurting
このあごの痛みは今でも残っている
Dropped wide open *9
無意識に口が大きく開いてしまう
Just like the day
ちょうどあの日のように
Like the day I heard *10
銃声を聞いたあの日のように

Daddy didn't give affection
父親は彼に注意を払わなかった
And the boy was something mommy wouldn't wear *11
少年は母親にとって気に入らない服のようなものだった
King Jeremy the wicked
そして、ジェレミーは邪悪な王となり
Ruled his world
自分の世界を支配した

Jeremy spoke in class today
今日、教室でジェレミーがしゃべった!
Jeremy spoke in class today
今日、教室でジェレミーがしゃべった!

Try to forget this
こんなことは忘れてしまおう
Try to erase this
こんなことは消してしまおう
From the blackboard
黒板から


備考
  1. maroon : 栗色、海老茶色
  2. wicked : 悪い、邪悪な、たちの悪い、悪意のある、意地悪な、いたずらな
  3. ※この speak は意味が分からないが、しゃべるだけで驚かれるほど普段ジェレミーが無口で孤立していたことを示唆するものだろうか?
  4. pick on : あら捜しをする、酷評する、いじめる、苦しめる
  5. harmless : 害を及ぼさない、安全な、無害の、無邪気な、損害を受けない
  6. unleash : 革紐を解く、犬を解き放つ・逃がす、束縛を解く
  7. gnash : 怒りや苦痛で歯をきしませる・かみ鳴らす
  8. recess : 奥まった所に置く・隠す、凹所を作る、へこませる、埋め込む、休会・休校・休憩・中断させる
    ※ここではどういう意味合いで使われているのかよく分からないが、recessed lady は母親か教師を指しているように思える。
  9. drop : ある状態に自然になる
    drop open : 意図しないで開ける、無意識に開ける
    ※この一行の意味も正確には分からないが、ある種の「驚き」を表しているように見える。
  10. ※エディ・ヴェダーは中学時代に自殺した生徒を目撃はしていないが、発砲した銃声を聞いたらしい。ただし、そのこととこの歌詞が関係あるかは不明。
  11. おそらくこの比喩は、母親にとって息子は服や飾り物と同程度のもので、しかもお気に入りのものではなくお蔵入りしたようなものだったというような意味ではないかと思う。


 Pearl Jam の1991年のデビューアルバム Ten より。エディ・ヴェダーは、学校で拳銃自殺した高校生の新聞記事を読み、また自分の中学時代の似た事件を思い出して、この歌詞を書いたそうです。
 Wikipedia によれば、1991年1月8日、遅刻してきたこの少年は教師から入校許可証を事務室でもらってくるように言われます。一旦教室を出て戻って来た彼は拳銃を手にしていました。そして、黒板の前に立って「先生、僕は本当に欲しいものを手に入れたよ」と言い、教師と同級生の目前で銃口を口に差し込み引金を引きました。同級生は彼を "real quiet", "acting sad" と表していました。この英語のニュアンスははっきり分かりませんが、物静か、悲しげ、暗い……と言ったところでしょうか。
 冒頭の動画は元の物が放送禁止となり再編集されたもので、最後に少年が銃を口に差し込む場面等が消されている為、彼が教室内で銃を乱射したと誤解する人も多かったそうです。この歌詞は細部に分かりにくい所もあるためいろいろな解釈がされているようですが、個人的に印象に残ったのは、動画の冒頭と最後に「華氏64度、曇り」と表示される部分、「黒板から消してしまおう」という歌詞です。いずれも、彼が回りから疎外されており、彼がいてもいなくても世界は変わらずにあり続けるという悲しい現実を表すものです。また、「ジェレミーがしゃべった」ことが彼が自殺したことよりも同級生の関心の上位にあると示唆する歌詞も深く心に残りました。だから、エディ・ヴェダーはこの歌で、何が何でも自ら死ぬことだけはやめろと訴えているのだと思います。
 エディー・ヴェダーは第三者としてこのような歌詞を書いたわけですが、彼自身周りから疎外された経験があるらしく、かなり感情のこもった歌詞になっているようです。私はけしていじめられる人間にも問題があるとは考えませんが、平均的に見て、いじめられる人にはやはり他の平均的な人々に比べると変わった面を強く持っている傾向があるだろうと思います。そして、私が子供だった頃に比べ、現代はそのような人が生きにくい世の中だと思います。下に紹介する動画はいじめられた経験のある歌手が作ったものだそうですが、このような歌は拒絶反応を起こす人も多いのではないでしょうか。私は、好きです。

   

   


 <関連記事>
   ☆ Society : Eddie Vedder
   ☆ True Colors : Cyndi Lauper



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawasaki5600.blog64.fc2.com/tb.php/264-6dc240bb
    この記事へのトラックバック


    最新記事