War : Frankie Goes To Hollywood

2014年11月23日




Oh no, there's got to be a better way
駄目だ。他にもっといい方法があるはずだ
Say it again, there's got to be a better way
もう一度言おう。他にもっといい方法があるはずだ
Yeah, what is it good for? War
どんないいことがあるんだ? 戦争なんて

Man has a sense for the discovery of beauty
人間は美しさを見つけようとする感覚を生来持っている
How rich is the world for one who makes you for us to show *1
私たちに見せるためにそれを作った神にとって、世界はどれほど豊かなのだろう
Beauty must have power over man, war *2
美は人間を支配する力を持っているはずだ
After the end of the war I want to devote myself *3
戦争が終わったら、私はこの身を捧げたい
To my thoughts for five to ten years and to writing them down *4
五年も十年もかけてずっと考え続け、それを書き下ろすことに


War has caused unrest among the younger generation *5
戦争は若い世代に不安を呼び起こした
Induction then destruction, who wants to die? *6
徴兵、それは破滅。誰が死にたいと思う?

Wars come and go what remains are only the values of culture *7
戦争はただ通過するものである。存続するのは文化の価値である


Then of course there is revolutionary love
そして、もちろん革命的な愛も存在する
Love of comrades fighting for the people and love of people *8
人民のために戦う同志愛、そして人民そのものへの愛
Not an abstract people but people one meets and works with
いや、抽象的な人民ではなく、出会い共に働く人々という意味での人民だ
When Che Guevara talked of love being at the center of revolutionary endeavor, *9
革命的努力の中心には愛が存在するとゲバラが語った時
he meant both
彼の言う愛はその二つを意味していたのだ
For people like Che or George Jackson or Malcolm X *10
ゲバラやジョージ・ジャクソン、マルコムXのような人にとって
Love was the prime mover of their struggle
愛こそが彼らの奮闘の原動力だった
And love cost them their lives, love coupled with immense pride *11
一方で、愛は彼らの人生に犠牲を強いる。愛は果てしのない自尊心と結びついていた
Love coupled with immense pride
愛は果てしのない自尊心と結びついていた


Give it to you on top, now *12
さあ、それを今君にあげよう

War, I despise 'cos it means destruction of innocent lives
戦争。俺はそれを軽蔑する。それは無垢な命たちの破壊を意味するから
War, means tears to thousands of mothers how
戦争。それは、幾千もの母親にとって涙を意味する
When their sons go off to fight and lose their lives
彼女の息子たちが戦いに行き命を落とすのだから

I said, war, good god, now, what is it good for? *13
戦争。何と忌々しい。戦争のどこに良いことがある?
Absolutely, nothing
絶対に何もない
Say it again, war, what is it good for?
もう一度言おう。戦争に何かいいことがあるか?
Absolutely, nothing, listen to me
絶対にない。俺の言うことを聞け
War, it ain't nothing but a heart breaker
戦争は心を砕くものだ。それ以外の何物でもない
War, friend only to the undertaker, war
戦争。それは葬儀屋の友

War, war, war, war
戦争
War, what is it good for?
その何がいい?
Absolutely nothing
何もない
Say it, war, good god now, what is it good for?
戦争。何と忌々しい。戦争のどこが良い?
Absolutely nothing, say it, war
絶対に何もないんだ

Oh no, there's got to be a better way
駄目だ。もっといい道があるはずだ
Say it again, there's got to be a better way
もっといい方法がある
Yeah, what is it good for?
それのどこにいい事がある?
War, what is it good for?
戦争のどこにいい事がある?


備考
  1. ※この一文は構造と代名詞の指す対象がよく分からない。基本文が「one にとって世界はどれほど豊かなのだろう?」という疑問文で「one は us に見せるために you を作った者である」と一応読解したが、肝心の you が何を指すのかが分からない。また、one を「作るもの=造物主=神」と読んだのだが、これも本当はよく分からないので、この一文の翻訳は誤っている可能性が高い。
  2. power over ~ : ~に対する権力・支配力・権威
  3. devote oneself to ~ : ~に専念する、一身を捧げる、熱愛する
  4. for : ~の間(ずっと)
  5. unrest : 不安、心配、社会的・政治的動揺
  6. induction : 聖職・公職への就任・就任式、出産の誘発、誘導、帰納(法)、事実・証拠の提示・提出、秘訣の手引き・伝授、徴兵・入隊式
    then : あの時、その頃、さっき、その後、それから、その次に、それに、その上、さらに、その場合には、それなら、それゆえ、従って、またある時には
  7. come and go : 行ったり来たりする、行き交う、往来する、見えたり隠れたりする、移り変わる、移り行く
    ※この一行は Wars come and go. で一文が終わっていると判断したが、間違っているかもしれない。
    remain : 依然として~のままである、相変わらず~の状態である、ある場所に留まる、残留する、存続する、残っている
  8. comrade : 職業・利害・苦労を共にする同僚・仲間・僚友、団員・党員・同志、共産党員
  9. Che Guevara : Ernesto Rafael Guevara de la Serna(1928-67) の愛称。アルゼンチン生まれの革命家、政治家。キューバ革命のゲリラ指導者で、革命後のキューバで大臣職に就くが、回りの政治家たちから孤立し再びアフリカ、南米の革命運動に関わる。1967年にアンデス山中でボリビア政府軍により射殺された。
    endeavor : 努力、試み
  10. George Jackson(1941-71) : ブラックパンサー党の指導者の一人。
    Malcolm X(1925-65) : 黒人公民権運動活動家。アフリカ系アメリカ人統一機構創立者。
  11. immense : 非常に大きな、計り知れない、果てしのない、すごい、素敵な、すばらしい
  12. ※ "on top" の意味が分からなかったのでここではこれを無視して訳してある。
  13. Good God : 驚き、怒り、喜び、安堵、悲しみなどを表す間投詞


 1984年のアルバム Welcome To The Pleasuredome より。オリジナルは Edwin Starr の1970年のヒット曲でベトナム戦争に対する反戦歌です。作詞・作曲はモータウンレコードのプロデューサーであるノーマン・ホィットフィールドとバレット・ストロング。FGTH の歌詞は一部が省略されており、またイントロの語りの部分の多く(斜体字の箇所)はオリジナルにはないものです。斜体字部分の前半( *7 まで)はエーリッヒ・フロムの著書 "The Anatomy of Human Destructiveness"(邦訳『破壊 人間性の解剖』)中に引用されたアドルフ・ヒトラーの言葉、後半は「反精神医学」を唱えた精神科医デビッド・クーパーの著書 "The Grammar of Living"(邦訳なし)中の文章だそうですが、確認していないので正否は不明です。この引用の意図からは1970年前後の左翼思想を感じます。
 深刻な不況に陥っていたイギリスで1979年にマーガレット・サッチャーが首相に就任し、規制緩和と福祉制度圧縮により経済の立て直しを図ります。その結果製造業は大きな打撃を受け失業者、貧富の格差は増大する一方、金融業は伸び国全体としての経済力は上がります。「鉄の女」と呼ばれた彼女は外交政策でも強い態度を取り続け、1982年にはアルゼンチンが不法に占拠したフォークランド諸島を武力で奪還し、1991年の湾岸戦争時にも積極的にアメリカに協力しイラクへの軍事攻撃に参加しました。ちなみに、彼女の経済・外交政策ととても似た政策をとったのが2000年代の小泉政権だと思います。
 FGTH のこのアルバムは、ビデオや音作り等外見のキワモノぶりとは裏腹に、実はその内容は愛、反戦、自由等を真正面から主題に掲げ、純粋さや率直さを真っ直ぐに打ち出した極めて真面目なものです。サッチャー政権に真っ向から反旗を翻す姿勢は、イギリスでは知りませんが当時の日本では恐らく人気を得られないであろう左翼思想を体現したものですが、このレコードは何故か日本でもそこそこ人気があったような記憶があります。
 下の動画はオリジナルのエドウィン・スターの歌で、私は今日初めて聞きました。素晴らしい歌だと思います。

  



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawasaki5600.blog64.fc2.com/tb.php/268-a9659e57
    この記事へのトラックバック


    最新記事