Talkin' Bout A Revolution : Tracy Chapman

2015年01月05日




Don't you know, they're talkin' bout a revolution
知らないの? みんなが革命の話をしてるよ
It sounds like a whisper *1
聞こえるよ。ささやくような声が

While they're standing in the welfare lines *2
生活保護の支給を待つ列に並びながら
Crying at the doorsteps of those armies of salvation *3
救世軍の戸口で泣きながら
Wasting time in the unemployment lines *4
失業手当を待つ列で時間を無駄にしながら
Sitting around waiting for a promotion *5
昇進を待って無為にぼんやりと時を過ごしながら

Don't you know, they're talkin' bout a revolution
知らないの? みんなが革命の話をしてるよ
It sounds like a whisper
聞こえるよ。ささやくような声が
Poor people gonna rise up and get their share
貧しい人たちが立ち上がろうとしてる。自分の分け前を得ようとしてる
Poor people gonna rise up and take what's theirs
貧しい人たちが立ち上がろうとしてる。自分のものを取り戻そうとしてる

Don't you know, you better run, run, run, run, run *6
分からないの? 逃げ出した方がいいよ
Oh, I said you better run, run, run, run, run, run
ねえ。早く逃げなよ

'Cause finally the tables are starting to turn, talkin' bout a revolution *7
だって、ついに形勢が逆転し始めてるんだよ。みんな革命の話をしてるんだから

While they're standing in the welfare lines
生活保護の支給を待つ列に並びながら
Crying at the doorsteps of those armies of salvation
救世軍の戸口で泣きながら
Wasting time in the unemployment lines
失業手当を待つ列で時間を無駄にしながら
Sitting around waiting for a promotion
昇進を待って無為にぼんやりと時を過ごしながら

Don't you know, theyre talkin' bout a revolution
知らないの? みんなが革命の話をしてるよ
It sounds like a whisper
ささやくような声だけど

And finally the tables are starting to turn, talkin' bout a revolution
とうとう形勢が逆転し始めたんだ。みんな革命の話をしてるんだから
Yes, finally the tables are starting to turn, talkin' bout a revolution, oh no
そう。ついに立場がひっくり返り始めたんだ。革命の話をしてるんだから……でも…


備考
  1. whisper : ささやく、耳打ちする、ひそひそ(こそこそ)話す、木々・水・風がささやくような音を立てる
  2. welfare : 幸福、繁栄、福利、生活保護
  3. salvation : (神学で)罪と罰からの救い、損害・危険・破壊からの救済・救出・保護
    The Salvation Army : 1865年に英ロンドンで設立されたプロテスタントの宗派団体。世界126カ国で伝道、福祉、教育、医療などの事業を行なっている。日本では宗教法人救世軍、社会福祉法人救世軍社会事業団として活動している。
  4. unemployment : 失業、失業者数、失業手当
  5. sit around : 何もしないでぼんやりと座って過ごす、目的なくのらくら過ごす、無駄に怠けて過ごす
    promotion : 昇格、昇進、助長、助成、促進、増進、販売促進、販促の商品、宣伝、宣伝用パンフ
  6. ※この run が「逃げる」なのか普通に「走る、急ぐ」なのかは分からなかった。訳文では you を「革命で追い落とされる富裕層」と解しているが、「走る」であればこの一文は you を自分と同じ貧困層とし「君も早く走り出した方がいい→革命に参加せよ」という意味になるのだろうと思う。
  7. turn the tables : 形勢・局面を逆転させる、立場を逆にする


 1988年のデビューアルバム "Tracy Chapman" より。
 現実問題としてアメリカでは暴動は起きても革命は起き得ないだろうと思います。システムを突き崩せるだけの思想が無いからです。この歌を作ったトレイシー・チャップマンも当時同じように思っていたのではないかと感じます。身の回りの貧困に心を痛めながらも、努力の方向を見出せず無為に過ごす人間たちに対する憤り、あるいは生きていくために無為に過ごさざるを得ない自分たちの境遇に対する憤りが伝わってくるような歌詞だと思います。
 この歌詞の主題は「革命の話をするのではなく現実的な行動を起こせ」ということだと思いますが、「ついにテーブルがひっくり返り始めている」という歌詞からは、現実には無理だろうという諦念、それでもいつかはそうなって欲しいという諦め切れない願望・希望の両方を感じました。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawasaki5600.blog64.fc2.com/tb.php/274-a1f77946
    この記事へのトラックバック


    最新記事