気に入った洋楽の歌詞を和訳しています。

Cradle of Civilisation : Lowkey feat. Mai Khalil




I remember when I was growing up
まだ俺が子供だった頃だ
If my mother got angry or frustrated with me
母は、怒ってたのか俺に落胆してたのか
She'd say..."oh, esh ked heluwa el hurriya"
よく言ってた。オオ・イス・ケデルワ・エル・ハリヤ
And the basic translation of that is "Oh, how beautiful is freedom"
ごく大まかに翻訳すると「ああ、なんて自由は美しいのだろう」という意味だ
But where is freedom?
でも、自由なんてどこにあるんだ?

Oh, esh ked heluwa el hurriya
Close my eyes, I can still hear my ummi saying
目を閉じれば今でも母の声が聞こえる

Oh, esh ked heluwa el hurriya
But where is our freedom?
でも、俺たちの自由はどこにあるんだ?

This is for Baghdad, the place of my mother's birth
これはバグダッド、母が生まれた場所のために
The cradle of civilisation, for what it's worth
世界的な文明の発祥の地だよ。そんな言葉には何の価値もないが
The land I've never seen, culture I've never known
見たこともない国で、文化だって知らないが
Iraq is in my heart, my blood, my flesh and bones
イラクは俺の心にある。血と肉と骨にある
The air I've never breathed, fragrance I've never smelled
空気を吸ったこともない。香りを嗅いだこともない
The pride I never had, the nationality that I never felt
誇りを抱いたこともない。愛国心を感じたこともない
Saddam was bad, are the American's even more so?
サダムは悪だった。でも、アメリカはもっとじゃないのか?
They made me grow like I was missing part of my torso
俺は胴体しかない彫像の欠けた部分みたいに育てられたが
But I never picked up a grenade in my garden
でも俺は家の庭で手榴弾を拾うような経験はない
I never saw people I love die starving
愛する人たちが飢えて死ぬのを見たことはない
I never saw my family die through many years of sanctions
見たことはない。何年もの経済制裁のために家族が死に
While the ruler's family lived in palaces and mansions
その間支配者の一族が王宮や高級マンションで暮らすのを
I never had a family member kidnapped for a ransom
家族が身代金目的で誘拐されたことはない
Never lost a friend to violence that was random
出鱈目な手当たり次第の暴力で友人を失ったことはない
Bombings, occupation, torture, intimidation
爆撃、占領、拷問、脅迫
A million dead people doesn't equal liberation
百万の死者は解放と等価ではない

Oh, esh ked heluwa el hurriya
Close my eyes, I can still hear my ummi saying
目を閉じれば今でも母の声が聞こえる
Oh, esh ked heluwa el hurriya
Listen! Where is our freedom?
聞け。俺たちの自由はどこにある?

Forget division based on ethnicity or religion
民族や宗教の違いに基づく壁なんて忘れろ
Whether you Sunni, Shia, Kurdish or Christian
スンニ派だろうとシーア派だろうと、クルド人だろうとキリスト教徒だろうと
Pain is still pain if you're a person that's missing
痛みは同じ痛みなんだ。お前たちが迷い子であるならば
We all deserve a life in this earth that we live in
俺たちは皆、命を受けるに値する存在だ。俺たちが生きるこの地球で
Is there enough words that can say
これを充分に言い切れる言葉があるだろうか
How deeply Baghdad is burning today?
バグダッドは今日もどれほど激しく燃えているだろう?
And it's not about pity, hands out or sympathy
これは哀れみや施しや同情ではない
It's about pride, respect, honour and dignity
誇りであり尊敬であり名誉であり尊厳である
Babies being born with deformities from uranium
ウランによって赤ん坊たちは奇形を持って生まれる
Those babies aren't just Iraqi, they're Mesopotamian
この赤ん坊たちはただイラク人と呼ばれるべきではない。メソポタミア人なのだ
What I view on the news is making me shiver
ニュースで見る光景は俺を震えさせる
Cause I look at the victims and see the same face in the mirror
テレビに映る犠牲者の顔は、鏡に映る俺の顔とそっくりだからだ
This system of division makes it harder for you and me
この分離のシステムはお前と俺にとってますます厳しいものとなる
Peace is a question, the only answer is unity
平和は「設問」であり、唯一の「解答」は統一、協調、共感である
So many dreams about this place that I've never seen
まだ見たこともないこの地についてたくさんの夢がある
The place my family had to leave in the 70's
1970年代に俺の家族はこの地を去らねばならなかった

Oh, esh ked heluwa el hurriya
Close my eyes, I can still hear my ummi saying
目を閉じれば今でも母の声が聞こえる

Oh, esh ked heluwa el hurriya
Where is our freedom?
自由はどこにあるんだ?

It rains white phosphorus in Fallujah
ファルージャの町に白燐弾の雨が降る
This is for those that won't live to see the future
生きて未来を見ることができなかった人たちへと
Sorry that I wasn't there, sorry that I couldn't help
無念だ。自分がそこにいなかったことが。残念だ。助けられなかったことが
I'm sorry for every tear, sorry you've been put through hell
申し訳ない。あらゆる涙に対して。申し訳ない。地獄を経験させて
Still I feel like an immigrant,
今でも俺は移民のように感じる
Englishman amongst Arabs and an Arab amongst Englishmen
アラブ人の中ではイギリス人。イギリス人の中ではアラブ人
Like I said they never gave me the culture
前に言ったようにアラブの文化は与えてもらわなかったが
But they did give me Kubdad Haleb, Hakaka and Dolma
クッバハレブ、ハカカ、ドルマ(いずれも料理名)は与えてもらった
Ana isme Kareem
俺の名はカリム
Wa ohmre thalatha wa-'ishrun
年は23
Umi min Baghdad, wa abuya min Dover
母はバグダッド、父はドーバーの出身
And that's the combination that I carry on my shoulders
それが、俺の両肩に背負った結合体だ
Still I rep, till my death, till they kill and seal my flesh
俺はずっと象徴だ。死ぬまで。奴らが俺を殺しこの体を封印するまで
From now all the way back to Gilgamesh
現代からギルガメッシュの古代までいつの時代でも
Such a villainized and criticized nation
中傷され非難され続けてきた国
You will always be the cradle of civilisation
あなたはずっと「文明発祥の地」でしかないのだろう

Oh, esh ked heluwa el hurriya
Close my eyes, I can still hear my ummi saying
目を閉じれば今でも母の声が聞こえる

Oh, esh ked heluwa el hurriya
Where is our freedom?
自由はどこにあるんだ?

In my sleep, in my dreams, Motherland I can still feel you calling me
眠りの中で。夢の中で。母なる国よ。あなたが呼ぶ声を感じる
I can still feel you calling me
あなたの呼び声を今でも感じている


 2011年のアルバム "Soundtrack to the Struggle" より。
 歴史的な怨恨による争いは世界中に満ちています。アメリカの白人と黒人、イギリスとアイルランド、アラブとイスラエル、アフリカ諸国の内戦、日本と朝鮮・中国。争う者同士の相互理解と融和がいかに困難であるかはパレスチナ問題一つとってもよく分かります。イギリス人の父とイラク人の母の混血であるローキーは、イギリスにもアラブにも自分の居場所を見つけられないという苦悩を抱えているようです。しかし、アメリカが人種のサラダボールよりも人種の坩堝という呼称がふさわしいと言われるほど混血化が進み、国勢調査等での人種区分が困難になっていることなどを考えると、彼のような存在は異文化同士の対立を解消するための礎となる可能性を感じさせます。

Comments 2

-  
Re:Cradle of Civilisation

いつもいつも、大切な曲を和訳してくださり、ありがとうございます。

2015/02/02 (Mon) 14:52 | EDIT | REPLY |   
Kalavinka  
匿名様

 この程度の事しかできない自分に対して情けなさをいつも感じています。
 このような温かい言葉を頂けると、救われるような気持ちになります。ありがとうございます。

2015/02/03 (Tue) 15:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply