White Flag Warrior

2015年01月24日

White Flag Warrior : The Flobots feat. Tim McIlrath




We request to negotiate
我々は交渉を要請する
We come to you unarmed
我々は非武装でそちらへ行く
We desire to communicate
我々は相互理解を望む
You cannot do us harm *1
お前たちが我々に危害を加えることは不可能だ

They want sacrifice, they hatch schemes *2
彼らは生贄を欲する。悪巧みを謀る
And ask me to follow their path to the afterlife *3
そして、私に言う。あの世への道を彼らに付いて来いと
I've got an appetite for nice things and pipe dreams *4
私にも欲望はある。いいものが欲しい、夢を見たい
That my enemies could be blasted by *5
だが、その欲望は私の敵たちを破砕し得るはずなのだ

New metaphors, views that are better for you *6
新奇な物の言い方や物の見方の方がお前たちにはいいのだろうが
can't survive if I'm your competitor,
私が競争相手ならお前たちは生き延びられない
Rise together or fight separate wars *7
共に立ち上がれ。さもなければ、各々の戦争を戦え
I pray I'm never forced to be a predator *8
私は神に請い願う。強いられて奪略者にならぬようにと

Spectres spectate we won't last *9
妖怪たちが見物している。我々は持ち堪えられないだろう
They're glad to hate when gladiators breathe their last *10
剣闘士が息を引き取る時、彼らは満足しながら残念がる
Scream en masse when the dreams do clash *11
夢と夢がぶつかり合う時、一団となって叫び声をあげる
Like the swords in the wars, let me bleed on that
戦いで抜かれる剣のように私の血を戦いにぶちまけろ

But they feed on that, say we need strong backs *12
だが彼らは戦いに餌を与える。我々には強い支えが必要だ
Call us weak if we don't redeem contracts *13
もし我々が誓約を果たさなければ、弱虫と呼ぶがいい
But the feast won't last when the beast attacks *14
だが獣が襲来すれば祝宴は続かない
The sons and the fathers will be free at last *15
息子たちと父親たちは最後には自由になるだろう

This is love, it's not treason *16
これは愛である。反逆ではない

They see sharks in the estuary *17
彼らは入り江に鮫を見ると
They claim the arch is Bartholomew's *18
この門はバーソロミューのものだと主張する
They say war is necessary
彼らは戦争は必要だと言う
But we say war is child abuse
だが我々は言う。戦争は子供の虐待だ

※ We'd rather make our children (We request to negotiate)
我々は子供たちを
Martyrs than murderers (We come to you unarmed) *19
人殺しにするくらいなら殉教者にしたい
We'd rather make our children (We desire to communicate)
我々が子供たちになって欲しいのは
White Flag Warriors ※
白旗の戦士だ

Take to the core we're the ones we've been waiting for *20
問題の核心を捕らえろ。我々自身こそ我々がずっと待ち望んでいた者なんだ
We hold steady, steady on the step of door
我々は保持している。入り口への踏み段の第一歩を
The type of you are matadors and matadors are capable *21
お前たちは闘牛士だ。闘牛士は有能なんだ
Forgive the debts and settle scores and test the metal and the ore *22
貸しは許してやれ。借りは返せ。そして、金属と鉱石を検査しろ

What's your plan got to do with me?
私に何をさせようというつもりだ?
If the bell tolls, let freedom ring
鐘を鳴らすのなら、自由の音を響かせろ
And find the new ways if we must be king
そして、新しい道を見つけろ。もし我々が王となる運命であるのなら
Instead of leading the young to our suffering
若者を我々の苦難へと導くのではなく

The past test of this, now scream back in heaven
過ぎ去った昔のこの試練が、今また天国で悲鳴を上げている
For testing us like Wednesdays at eleven *23
毎水曜日の11時に私たちをテストしようとする
Want to recruit and train us to act evilly? *24
私たちを入隊させ邪悪な行いを訓練させたいのか?
Save it for the shooting range, and smack DVDs *25
そんなものは射撃場やスマックDVDのためにとっておけ

Won't study war no more this millennium
この千年紀の時代にもう戦争など学ぶことはない
It's never again for me or anyone
私にとっても誰にとっても二度といらない
So think harder when you refer to us *26
だから我々のことを引き合いに出すなら真剣に考えてからにしろ
Rather make our children martyrs than murders
子供たちを殺人者にするくらいならむしろ殉教者にせよ

This is love. This is not treason
これは愛だ。反逆ではない

They shell dwellings to quell the shellings *27
彼らは砲撃を鎮めるために住宅を砲撃する
And lift taboos and seduce the cowards *28
禁忌を解き、臆病者をそそのかす
They say we're too yellow bellied *29
彼らは「お前たちも臆病だ」と言う
But we say we're the new superpower
だが我々は言う。我々は新しい「力を超えた力」だと

※~※

We seek ways to not be liable *30
我々は踏み外さない道を探し求める
We claim to speak for a higher truth
我々はより高い真実のために発言することを要求する
We stand opposed to the homicidal *31
我々は殺人に反対する立場に立つ
We tell you, you are fireproof
我々はお前たちに告げる。お前たちは火に負けることはない

※~※

We'd rather make our children
我々は子供たちを……

Give to us your courage
我々にあなたの勇気を与えてください
Ask us what you will demand from us a sacrifice
「生贄として要求するなら何がいいか」と我々に尋ねてください
But do not make us kill
けして我々に殺させないでください


備考
  1. harm : 害、損害、危害、害悪
  2. for : ~の報酬として、返礼に、~と交換に、引き換えに
    sacrifice : いけにえ、捧げ物、供犠、犠牲、犠牲的行為
    hatch : 卵を孵化する、悪事を密かに謀る・企てる
    scheme : 陰謀、たくらみ、計画、企画、案、施策
  3. path : 踏み均されてできた道、小道、歩道、台風・月の通り道・軌道、文明・思想・行動の方向・指針
  4. appetite : 食欲、生理的・物質的欲望、精神的欲求、性向、好み
    pipe dream : 夢想、空想的な話、夢物語
  5. blasted : ひどい、いまいましい、呪われた、しなびた・枯れた、台無しの
    blast : 爆破する、しぼませる・枯らす、ぶちこわす・台無しにする、呪う
  6. metaphor : 隠喩
    view : 考え、見解、意見、見方、考察、目的、意向、見通し、見込み、風景、景色、眺め、視覚、視界
    ※この二行は文の構造や語句の意味が正確には分からなかったので、想像で訳した。
  7. separate : 離れた、ばらばらの、関連のない、独立した、別個の、個々の、個別の、それぞれの
  8. predator : 捕食者、捕食動物、肉食動物、略奪する人、人を食い物にする奴
  9. spectre = specter : 恐ろしいもの、不安の元、幽霊、妖怪、お化け
    spectate : 観戦する、観戦者としてそこにいる、見物する
  10. hate : 憎む、嫌悪する、残念に思う、悲しむ
    ※ "be glad to hate" の意味が分からず想像で意訳した。
    gladiator : 古代ローマの剣闘士・剣奴、討論の専門家・論客、ボクサー・格闘家
  11. en masse : 一団となって、一緒に、共に、揃って、大挙して、総括して、まとめて
  12. back : 背、体の背部(手足の甲など)、背後の支え、背骨、耐え得る力
  13. redeem : 償う、埋め合わせる、回復する、挽回する、身請けする、誓約・義務を履行する
    contract : 契約(書)、約定、請負(仕事)
  14. feast : 饗宴、祝宴、宗教的な祝祭、祭礼、(比喩的に)ごちそう・喜ばせるもの・保養・楽しみ
  15. ※おそらくこの一文は旧約聖書創世記でアブラハムがわが子イサクを神への生贄にしようとした話を元にしている。
  16. treason : 国家・政府に対する反逆(罪)、大逆(罪)
  17. estuary : 大河の河口、河口にできた入り江
  18. ※この一文は全く意味が分からない。
  19. martyr : 殉教者、信仰・主義・大義に殉ずる人
  20. core : 芯、核心、中心部
    to the core : 徹底的に、骨の髄まで
  21. matador : 最後に剣で止めを刺す主役の闘牛士
    ※ここは英文そのものが間違っているような気がする。
  22. forgiveness of debt : 債務免除
    settle the score : 仕返しする、恨みを晴らす、報復する
    ore : 鉱石、貴金属、金
  23. Wednesdays : 毎水曜日に、水曜日ごとに
  24. evilly : 悪く、不道徳に、邪悪に
  25. smack : バトルラップの大会の名称。ラッパーたちの討論を収めたDVDの販売活動から始まった。
  26. refer to : 言及する、触れる、引き合いに出す、引用する、~を…と言う
  27. shell : 殻・鞘から取り出す、砲撃する、弾丸を浴びせる
    dwelling : 住居、住宅、住所、居住
    quell : 反乱・騒擾を鎮める、鎮圧する
  28. seduce : 若い未熟な人を誘惑する、唆す、誘い込む
    coward : 臆病者、意気地なし、卑怯者
  29. yellow belly : 臆病者、腰抜け(臆病であるトカゲの腹が黄色いことから)
  30. liable : しがちで、たぶん~する、しそうな、法に服すべき、免れ得ない、病気にかかりやすい
  31. homicidal : 殺人(犯)の、殺人を犯す傾向・癖のある


 2010年のアルバム "Survival Story" より。歌詞の英語原文が間違っている可能性が高く意味の分からない所も多いので、おそらく誤訳や作詞者の意図を損ねる日本語表現が含まれています。ただ、これでも全体の趣旨はある程度伝わるだろうと思い、掲載することにしました。(CDジャケットには "lyrics at www.flobots.com" と記されているのですがそこでは見つけられませんでした。どなたか正しい歌詞を知っている方がいましたら教えていただけると幸いです。)
 この歌詞のような考え方に反対する人も多いかと思います。それこそ、臆病者、腰抜けと呼ばれそうな気もしますが、私はこの歌詞に共感します。作詞者はレナード・コーエンの "Story of Isaac" の歌詞から刺激を受けて書き始めたそうです。歌詞の一部に見られるユダヤ・キリスト教的な色合いはそのためなのでしょう。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawasaki5600.blog64.fc2.com/tb.php/278-56c92675
    この記事へのトラックバック


    最新記事