気に入った洋楽の歌詞を和訳しています。

The Truth Beneath The Rose : Within Temptation



Give me strength to face the truth, the doubt within my soul
力を与えて。真実と向き合い、自分の魂の中の疑念と向き合う力を
No longer I can justify the bloodshed in his name *1
私はもう、神の名における流血と殺戮を正当化できない
Is it a sin to seek the truth, the truth beneath the rose? *2
罪なのだろうか。薔薇の下に隠された真実を捜し求めることは
Pray with me so I will find the gate to Heaven's door
私と共に祈って。そうすれば、私は天国への門を見つけられるだろう

I believed it would justify the means *3
私は信じていた。隠された真実が、この手段の正しさを証明するだろうと
It had a hold over me *4
私はそれに支配されていた

Blinded to see the cruelty of the beast
獣のような残酷さに目をつぶっていた
It is the darker side of me
それは私の中にある暗愚と邪悪のためだ
The veil of my dreams deceived all I have seen *5
夢という名の覆いが、全てのものに対し私の目を欺いていた
Forgive me for what I have been, forgive me my sins
許して下さい、過去の私を。許して下さい。私の罪を

Pray for me 'cause I have lost my faith in holy wars
私のために祈って。私は聖戦の大義を失ってしまったのだから
Is paradise denied to me 'cause I can't take no more?
楽園への扉は私には閉ざされているのだろうか。もう私は何も得られないのだろうか
Has darkness taken over me, consumed my mortal soul? *6
闇が私に成り代わってしまったのだろうか。不死の魂ですら滅ぼされたのだろうか
All my virtues sacrificed, can Heaven be so cruel? *7
私の美徳はすべて生贄として捧げられた。神はそれほどに残酷であり得るのか

I believed it would justify the means
私は信じていた。隠された真実が、この手段の正しさを証明するだろうと
It had a hold over me
私はそれに支配されていた

Blinded to see the cruelty of the beast
獣のような残酷さに目をつぶっていた
It is the darker side of me
それは私の中にある暗愚と邪悪のためだ
The veil of my dreams deceived all I have seen
夢という名の覆いが、全てのものに対し私の目を欺いていた
Forgive me for what I have been, forgive me my sins
許して下さい、過去の私を。許して下さい。私の罪を

I'm hoping, I'm praying
私は望んでいる。祈っている
I won't get lost between two worlds
私は、二つの世界の間で迷子になりたくはない
For all I have seen the truth lies in between *8
私が見てきたものにかかわらず、真実はその二つの間にある
Give me the strength to face the wrong that I have done
与えて下さい。自分がなした悪事と向き合う強さを
Now that I know the darkest side of me *9
今や私は自分の最も暗い部分を知っているのだから

How can blood be our salvation *10
血が私たちの救済であり得るはずがない
And justify the pain that we have caused throughout the times
この時代に私たちが惹き起こした苦痛を、血が正当化し得るはずがない
Will I learn what's truly sacred? *11
何が本当に神聖であるのかを私は学ぶだろうか?
Will I redeem my soul, will truth set me free? *12
私は自分の魂の過ちを償うだろうか? 真実は私に自由をもたらすだろうか?

Blinded to see the cruelty of the beast
獣のような残酷さに目をつぶっていた
It is the darker side of me
それは私の中にある暗愚と邪悪のためだ
The veil of my dreams deceived all I have seen
夢という名の覆いが、全てのものに対し私の目を欺いていた
Forgive me for what I have been, forgive me my sins
許して下さい、過去の私を。許して下さい。私の罪を


備考
  1. justify : 正しいとする、弁明する、疑いを晴らす、正当化する
    blooshed : 戦争・革命における流血・殺戮、負傷による出血
    ※ユダヤ・キリスト・イスラム教徒であれば、この his は唯一神を指すと受け取るのが普通だろうと思う。ただし、この歌詞全体を例えば恋愛などの隠喩だと受け取ればまた違ってくるのだろう。
  2. under the rose : 内緒で、密かに、秘密に
  3. ※この it が何を指すのか正確に分からなかったので、ここは意訳であり、間違っている可能性がある。
    means : 手段、方法、媒介、資力、財力、金、
  4. have a hold on : 人を支配する(人に影響する)力がある、弱点・急所を握っている、死命を制する
  5. veil : 女性の顔覆い、ベール、とばり。見せ掛け、仮面、かこつけ、口実
    under the veil of religion : 宗教の名に隠れて
    deceive : 欺く、だます、惑わす、希望を裏切る
  6. take over : 引き継ぐ、前のものに代わって優勢になる、連れて行く
    consume : 消費・消耗する、使い果たす、浪費する
    mortal : 死を免れない、死すべき、死の、致命的な。甚だしい、ひどい。生かしておけない、容赦できない。魂を滅ぼす、地獄行きの。死を賭した、必死の
    ※ soul は「永遠の生」を内包する概念なのでこれに mortal をつけるのは単純には言語矛盾だが、永遠の生を持つ魂ですら消滅させるほどの「darkness = 闇」という意味合いなのだろう。
  7. virtue : 美徳、善、徳、廉直、高潔、貞操、純潔、美点、長所
    sacrifice : 神に生贄として捧げる、犠牲にする、投げ打つ、捧げる
  8. for all : ~にもかかわらず、~を考慮してみると、~だけれども
  9. now that : 今や~だから、~からには、~した現在では、~する以上は、~した上では、~した今となっては
  10. How can ~ ? : どういうわけで、なぜ、どういうつもりで、どうして
  11. sacred : 宗教的な、神聖な、尊い、不可侵な
  12. redeem : 過失・欠点を償う・埋め合わせる、~を欠点から救う、名誉・権利等を回復・挽回する、身請けする、神が人を罪から救う

 within temptation heart of everything

 2007年のアルバム "The Heart of Everything" より。

Comments 4

Noe  
Re:The Truth Beneath The Rose

こんにちは。こちらにもお邪魔します。
この歌詞・・・いたたた、痛い、自分が痛すぎる。
自分があてはまりすぎます・・・。
宗教的な意味ではもちろんなく、個人的に戦って、それを引きずってます。
それがTitaniumの逆解釈にもなっているのですが。

工場日記さんの選曲は知らない曲がほとんどですが、印象強いものが多いです。

2015/02/26 (Thu) 18:56 | EDIT | REPLY |   
Kalavinka  
Noe 様

 コメントありがとうございます。この歌の「神」や「戦争」は恋愛等に関する個人的な心情を表現するために比喩的に使われているのだろうと、訳している時から感じていました。ただ、その時の私の心情がそのような解釈を拒んでいたため、この記事ではあえて解釈や説明などを加えず、ほぼ直訳の日本語歌詞を載せるだけにしていました。
 Noe さんはこの歌詞に「痛み」を感じたのですね。実は、私も以前このバンドの他の歌を採り上げた時に鈍い痛みを感じ訳すのが少しつらかったことがあります。作詞者はいずれもシャロン・デン・アデルだろうと思いますが、彼女は人の心そして自分の心を抉るのが上手なのかもしれませんね。

2015/02/27 (Fri) 19:43 | EDIT | REPLY |   
Noe  
信義と犠牲

>恋愛等に関する個人的な心情を表現するために比喩的に使われているのだろうと、訳している時から感じていました
そうでしたか。自分はこちらの和訳を読んで、
文字通り、唯一絶対神の名のもとでの戦争を指しているのかと思いました。

で、自分は自分の経験を入れ込んで和訳したのですが
「浮気を疑って探偵事務所を訪れた妻」「その結末」みたいです。
全然そんなんじゃないんですが(泣き笑い)。
http://noelani.seesaa.net/article/414714727.html

嘘だとわかった上で嘘を通したほうがいいこともある。それは思います。
自分にはそれができなかったけれど。

2015/02/28 (Sat) 12:06 | EDIT | REPLY |   
Kalavinka  
Noe 様

 この歌そして当ブログまでご紹介下さり有難うございます。自分の好きな歌をまた多くの人に知ってもらえる機会が得られることはとても嬉しいです。
 「嘘を通したほうがいいこと」…確かにそれはあるのでしょう。人生は無数の決断の繰り返しです。それが正しいかどうかなど誰にも分からないのではないかと思います。私個人は後悔ばかりの過去を背負っているのですが、今を生き前に進むためには過去を自分なりに清算しなければなりません。それを適当にごまかしながら過ごしている自分にとって、Noe さんの記事はいろいろと考えさせられるものでした。深く心に沁みました。ありがとうございます。

2015/03/01 (Sun) 23:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply